FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

足を滑らせて、トラックの荷台から落ちてしまった・・・いてててて。

ここんところずーと雨続きで作業もイマイチ乗れない状況ですが、ますます乗れない状況になってしまいました。(ToT)



積載車(1台積みの方)の上に載せた車の中を確認している際に、荷台の縁に乗せた足を滑らせて、約1メートル下に落下してしまいました。 (2台積みの2階からだったら、落下時の体勢によってはそれこそマジで命が危なかったかもしれない) 
 幸い下が土だったので大きなケガは無かった(右のヒジは打った)のですが、落下の際にぶつけたのか?ひねったのか?(瞬間のことで記憶が無いのですが)、左のモモを痛めてしまい、歩くのもビッコをひきながらで、立ったり座ったりができない状況になってしまいました。(腫れて痛い)
 マニュアル車のクラッチもちゃんと踏めない状況です・・・コレはまずい・・・。
 
 すぐに会社に常備の湿布を貼って様子を見ていましたが、膝が60度以上曲げられません。痛たたたっ!!

かなり作業が溜まっている状況で、こんなポンコツになってしまいかなり焦っています。
どうしよう・・・。一度医者に行ってくるべきか、でも車検も沢山溜まってしまっているので行かないわけにもいかないし、色々作業もあるし。  普段あまり病気や怪我など縁の無い私なので、まともに動けず途方にくれています。  
関連記事
  1. 2020/07/07(火) 23:46:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

10 前期型アルファード エンジンかからず・・・。  まさかの原因。

家の車です。



子供も大きくなってしまったので、最近はあまり使わなくなってしまいましたが、先日、母親が荷物を運びたいので使いたい(兄運転)というので、久しぶりにエンジンかけようとしたらバッテリー上がり(泣)
 仕方なく、会社に戻ってバッテリーを取ってきてからエンジン始動しようと思ったらなんと!
トヨタ車(ダイハツ社)お約束の、昔のリモコンキーあるあるの根元でバラバラに。
うそーん!? このタイミングで?

arfard_kagihason03.jpg

とりあえず始動確認しようとキーを回すが、一向にかからず。
メーター見ると燃料がカラっぽ?
またまた会社に戻って備蓄の燃料をとりにゆき、戻って注入。(アルファードは自宅の駐車場にアリ)

で、今度こそ!とやっても結果は同じ。  うそーん?!  マジで?
カラッぽ放置で燃料ポンプでもイカれたか?  または燃料ポンプリレーか??(道具らしい道具も持ってきていなかったので、とりあえずリレーの頭をコンコン叩いたり、折れたキーの中にあるイモビチップ(リモコン)をメーター付近に色々かざしたり、やったけど駄目。
(リモコンの電池切れがないか?はドアのロック/アンロックは普通にできていたのと、赤いランプが点いていたので問題ないだろうとのそのときの判断です)

こんな状況。  カギを回そうとがんばるが、メッチャ硬い・・・。これはカギは折れますわ・・・。なんでこんなに重いの???
昔からこの形状のキーは良く折れますが、キーケースの強度とイグニッションキーの重さにも難ありですよね。

arfard_kagihason02.jpg

色々やっていると偶然にもエンジンかかりまして、これは!と思ったのでそのまま会社にGO! 
とりあえず会社にくれば道具と診断機があるので、もう少し正確な判断ができるかもしれない。

会社の診断機にて確認すると、エラー「B2796」  イモビライザー通信異常3 とでました。

どうやら受信部でイモビ信号を受信していない様子。

ウチのアルファードは中古で買ったときからマスターキーは1個しかなく、万が一この1個が壊れてしまうと、カギの複製が色々大変&高額になってしまいます。  もはや、明日使える状況でもなんでもなくなってしまい、エンジン切ったら工場でもかからなくなってしまった状況。  うーむ、邪魔だしまずいなぁ・・・。 

arfard_kagihason07.jpg

そこで困った時のナガツマンにTEL。  忙しいのにすみません・・・。

色々と技術資料を送っていただけました。  アザース!!m(_ _)m

arfard_kagihason05.jpg

送っていただいたものの、大量の資料にめまいがしてきた・・・。  自分の家の車だから余計にヤル気がでない・・・。
イモビなどは専門分野ではないので、資料の半分は私にもちんぷんかんぷん。

色々作業の方法や流れを考えていた翌日、地元の修理屋の仲間が顔を出しに来たので聞いてみました。

「久しぶりに使おうかと思ったらバッテリー上がってるし、燃料カラだし、カギは折れるし、エンジンかからないし、もうどうにもならん・・・。  いっそのこと、古いし廃車も考えないとなぁ・・・」と話したところ、

友人メカ「ソレってトヨタの初期のイモビキー?  先日オレも同じような状況があったんですけど、折れたチップをカギの根元に接触して回してかからないですかね?」

早速やってみた・・・かかった!
えー!?マジ? 何で?  散々コラムの近くはリモコンかざしてやったよ?

「この初期のイモビ機能?はほぼ接触するくらいまで近づけないと認識しないんですよ。 オレも同じ状況になって、いろいろやってわかったんですけど・・・」と。

スマートキー感覚で近くにあれば良いというわけではなく、イモビの受信部がキーシリンダーの周りにリング状?についているようで、そこにほぼ接触している位置にないと検出しないんだそう・・・。  マジかー!?経験不足だったわぁ・・・・。
 完全に目からウロコ。

確かに資料にあるね。  受信アンプがコラム周辺にあると思っていました。 後期のアルファードからはそういうふうになっているようです。  前期はまだイモビやスマートキーになる過渡期だったからね。

arfard_kagihason06.jpg

色々と故障?と思わせるような要因があったので、かえって悩んでしまいました。

*バッテリーあがり
*燃料カラ
*キーが粉砕、リモコン脱落
*偶然にも1回かかる
*診断機でイモビ通信異常がでる
*メーターにキーの赤マーク点滅

かえって深く考えてしまいました・・・。

なので、悩んだ挙句に、壊れていなかったと・・・。(ガックリ。いやいや、イモビがマジで壊れていなかったので、ある意味逆にラッキーでした)
・・・これも経験ですね。

この位置だとちゃんと認識します。

arfard_kagihason04.jpg

余計な半日を使ってしまった・・・。



関連記事
  1. 2020/07/03(金) 09:32:39|
  2. 車ネタ
  3. | コメント:0

GTO 整備からの全塗装作業 その5

塗装の続きです。

先に塗装しましたドアやボンネット他を車体に組み上げ、今度は外側の塗装を行います。

画像はパールホワイト(イエロー系パール)を塗装完了したところです。



GTO_CLUCHkoukan_imamurasan102.jpg

ルーフのブラック塗装の塗り分け。
別途、A/Bピラーのガーニッシュもブラックパールで塗装してあります。
後ほど組み上げ。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan103.jpg

乾燥後進められる範囲で組み上げ。
十分な乾燥の後、研磨/ポリッシャーによる磨き作業となります。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan104.jpg

同系色の色のため、作業前と作業後とでの画像の変化は読み取りづらいですが、実車はクリアーも厚塗りしたテカテカ仕様になっています。  今までは塗装面も劣化してしまっていたので、かなり見違えるようになったと思います。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan105.jpg

つづく。



関連記事
  1. 2020/07/01(水) 01:21:54|
  2. オールペイント など。
  3. | コメント:4
次のページ