自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その5

掲載が放置状態だったミニカ チキチキマシーン計画ですが、画像がたまったままですのでこちらも掲載しておきたいと思います。  前回は全塗装が完了したところまででした。
 まだボディの磨き等も全然できていませんが、時間がないのでとりあえずそれは後回しです。w

太陽の下ではこんな感じ。 どピンクです。 すでにこの次点でオイラは恥ずかしくてのれません。
代車なので基本的に当方は乗りませんので安心安心・・・笑。

こういうのが好きな人にはご褒美ですが、それ以外にはバツゲーム以外でもなんでもないなぁ・・・。



ボンネット裏も、こだわり?でピンクです。 手を抜かずちゃんと塗装してますよ。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku44.jpg

ジャッカルさんの猛烈な圧力(?)と勢いで内装まで塗装しましょうとなりました。 あーもうどうにでもなれやっ!!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku45.jpg

すでに目がチカチカしてきた・・・・。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku46.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku59.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku47.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku48.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku49.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku50.jpg

ここまでくるともはや引くに引けない状況・・・・。
天井がベージュのままではどうにも中途半端感が否めない・・ので、

染めQの大きい方の缶を3本購入(アマゾンで4800円也。 高けぇ~こんなスプレーごときで・・・)。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku51.jpg

全然足りない・・・・。 でも1本1500円近くも出して追加発注するガッツは無かったので、このくらいで勘弁してやるぜ!(号泣)

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku52.jpg

つづく。
スポンサーサイト
  1. 2017/11/23(木) 11:10:53|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0

GTOのお色直し作業 その10

しばらく間があいてしまいましたが、ずいぶん前の作業分の掲載です。
前回まではリアフェンダーの仕上げ直しからの塗装まで完了していましたが、今回はリアウイングの仕上げ直しです。

GTタイプのウイングが装着されていましたが、ウイング部は塗装の劣化もほぼ有りませんでしたが、足の方がアルミ製のため腐食で塗装がめくれてきていました。 中途半端に剥がれているのもみっともないのと、このまま再塗装すると塗膜の厚さの関係上差し込みでの組み立てができないため、一旦古い塗装を剥離して再塗装となります。



剥離中。

hekirusan_GTO_shiage2017_124.jpg

アルミの地金がでてきました。

hekirusan_GTO_shiage2017_125.jpg

続いて取り付け部のステーも剥離

hekirusan_GTO_shiage2017_126.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_127.jpg

プラサフ(プライマーサフェーサー)にて塗装の密着を上げ、腐食の凹凸も綺麗にします。

hekirusan_GTO_shiage2017_128.jpg

下色のピンクを塗装。(赤色の発色アップの為)

hekirusan_GTO_shiage2017_129.jpg

ウイング側

hekirusan_GTO_shiage2017_130.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_131.jpg

ウイング再塗装完成。

hekirusan_GTO_shiage2017_132.jpg

続いてCピラー部のガーニッシュ(インナー側)の塗装。 ブラックに7色フレークでの塗装です。

hekirusan_GTO_shiage2017_133.jpg

ツヤツヤに復活。

hekirusan_GTO_shiage2017_134.jpg

リアゲート側の塗り分けも実施。

hekirusan_GTO_shiage2017_135.jpg

リアバンパー下部にリフレクターを埋め込んで欲しいとのご要望でしたので、持ち込まれたリフレクターを埋め込み処理中。
後付け感が無いようにできるだけ一体化(フラット化)しました。

hekirusan_GTO_shiage2017_138.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_139.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_137.jpg

全体的なキズ等も一緒に補修。

hekirusan_GTO_shiage2017_136.jpg

で塗装。  リアバンパーも完成。 マフラー出口の塗り分けを一部変更しました。

hekirusan_GTO_shiage2017_140.jpg

で、乾燥後に組み付け。

hekirusan_GTO_shiage2017_141.jpg


つづく。
  1. 2017/11/22(水) 01:40:41|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

スバル サンバーバン(TV1) エンジン載せ替え作業。 その2 エンジン始動まで

前回の続きです。
EN07系のF型エンジン(H13年よりV型からF型に戻ったようで、分類上はF型)ですが、H19年か20年ごろ?から、従来のカムポジションセンサーのみの認識の仕様から、クランクポジションセンサーも追加されたタイプに変更されているようです。
 ウィキペディアにEN07エンジンの遍歴が詳しく乗っていますのでご参考に・・・。

中期型サンバーから後期型サンバーへの変更点なのかな? 当方は詳しくはわかりません。
 今回入れ替え用に用意したのがH18年(9月だったかな?)の中古エンジン。 分類上はF型。

故障してしまったのがH21年の5月登録だったかな?の同じく分類上はF型。
でも違う。

なので、前回ブログではクランクポジションセンサーの移設をするために、フロントカバーを引っ越し(取り外すにはオイルパンの脱着が必要)、エンジンハーネスの引っ越しが必要になりました。(カムポジのカプラー形状や向きも変更になっていました)

で、組み上げようと思ったら、元のオイルストレーナーが入らない・・・。なぬー?!
こんなところまで形状変更されていました。
 なので、ストレーナーも入れ替えてオイルパンを戻します。



ぱっと見は一緒ですが、よく見ると違う。 角度や長さなど。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri18.jpg

物干し竿ではありません。
車体下部の水回りの配管です。 なぜに交換?ですが、オーバーヒート末期で、冷却水内にもオイルが回ってしまっているため、洗浄または交換になりますが、オーナーさんがすでに部品を用意されていましたので、折角ですので交換します。 内部洗浄よりも確実ですしね。  金属配管が4本と、まだ未交換分の水回りのホースです。
 ラジエター内部もエラいことになっていますが、こちらは走行距離も進んでいるために、保全も兼ねて社外新品に交換の予定です。 (ラジエター交換にはフロント足回りと、サブフレームの取り外しが必要なようなので、かなり大がかりな作業になりそうですね。 サンバー系は初めてなので要領がつかめずなかなか苦戦中。 普通ならフロントシート下は座席を持ち上げると空洞になっていて整備等もできるはずですが、ほぼほぼ鉄板で覆われていて手が入りません。 なぜにこんな設計なのだろうか?と疑いたくなるような作り。 強度の関係も有るかとは思いますが、ラジエター交換でフレーム降ろしとはないでしょうよ・・・スバルさん。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri19.jpg

配管を外すには、その下に通っているブレース(金属バー)を外すのですが、そのすぐしたには燃料タンクがあり邪魔をしています。 この燃料タンクの配置もなかなかイヤラシイはめ込み方で、簡単には降りてくれませんでした。 
 大苦戦しながらも配管4本を取り外し交換。 

ゴムホースのジョイントは付いている長い配管はATミッションからホースが繋がっている。
どうやらATクーラー装置のよう。 冷却配管の外側をATFが流れて行く仕組みのようです。 
おもしれー仕組みだなぁ・・・。ラジエターじゃないんだ?(ラジエターまで距離があるからかもしれませんね)

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri20.jpg

大苦戦しながらもなんとか元に戻すことができました。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri21.jpg

まだラジエター交換等の作業が控えているので、水は入れないでのエンジン始動確認。
と、ここで問題発生。 
 かかりません。 かかりそうで、なんだか一瞬重くなって軽くなってみたいな始動不良状態。
プラグの状態を確認すると4番のみガソリンビタビタ。 1番4番はスパーク確認。 2番3番が火が飛んでいない・・・。
プラグコードを辿ってゆくと、下側のIGコイルに2番3番が繋がっている・・・コイツか???

 オーバーヒートしたエンジンの方からコイルを借りてきてチェックするも状況変わらず。

さて困った・・・。 色々模索していると、クランクスプロケットの検出用突起が破損していないか?気になり、再度タイミングベルトを外してチェック。 でも問題なし。 コマ飛びしていたか?と確認するため、なんどかタイミングベルトのかけ直しとチェックをするも問題なし。  さー詰まった・・・。
 
SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri22.jpg

点火タイミングがとれず、初爆しようとするが、一方負荷となって止めようとする力も働いているような動向。
ならばと、ここでもう1カ所の検出場所のカムポジションセンサーを疑う。

両方のカムプーリー(カムスプロケット)を外して比較すると、なんと!
全然違うやないかーい! 

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri23.jpg

裏を見れば一目瞭然。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri24.jpg

そもそも凹凸もほぼ逆じゃないか???

センサーはハ-ネスごと年式の新しかった故障したエンジンのものを移植したけど、カムプーリーまでは確認しなかったのでまさか違いがあるとは思いもしなかった・・・。プーリーを外さないとわからないよ、これは・・・。
 わかってしまえばなんてことない原因ですが、クランク信号が追加されて、カムの認識も変更されていたんですね。
(そこまで気が付きませんでした・・・とほほ。 経験不足ですね)

なにはともあれ、再度エンジン始動で1発でかかりました。 ヨカッタヨカッタ。

無事7日間の応援作業も終わり、帰る前に一つお願いをされました。
自身の車のマフラー加工。

手前のステンレス製のマフラーが今までついていたもの。(1800ccなので左だしなのだそう)
それを、1500cc用の右だしマフラーを加工して付けてくれとの要望。
まあ頑張ってくれましたので、最後にご要望に応えたいと思います。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri25.jpg

手持ちの廃材マフラーの中から、流用できそうなフランジ部分を切断して、持ち込みマフラーとの切断部分に擦り合わせて溶接します。  装着後の見た目が大事なので、位置だしは慎重に行います。 ダブル出し仕様だから傾いていたりしたら格好悪いからね。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri26.jpg

で接合作業中。
残念なことに、完成後に写真を取り忘れるという凡ミス。  もう二人共にクタクタだったからね・・・笑。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri27.jpg



無事加工も完了し、U君も帰路につきました。

GTOエンジン載せ替え2台&サンバーエンジン載せ替えと水回りのホース/配管の入れ替え。
かなりハードな1週間でした。

 もうしばらくエンジン載せ替え作業はイイっすわ・・・勘弁・・・。
ちゃんちゃん。
  1. 2017/11/20(月) 10:39:26|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

スバル サンバーバン(TV1) エンジン載せ替え作業。 その1

タイトルには関係ありませんが、先日コンビニで食パンとコーヒーを買った際に袋に入っていたハシ・・・。
どう使えと・・・???w

shokuji01.jpg

話を戻しまして、
載せ替え用に中古で購入したエンジンです。 程度も良さそうで、中古にしては非常に綺麗なエンジンです。

今回載せ替える車両は、走行中にラジエターホースが破裂してしまい、オーバーヒートになってしまった車両です。
軽症ならヘッドガスケットの交換程度で復旧できる可能性がありますが、ウォーターライン/オイルライン共に抜けてしまったようで、双方に混じってしまっています。 こうなるとヘッドのユガミの可能性も高く、ヘッド面の研磨でも微妙な可能性もありますので、GTOに引き続き載せ替え作業となります。  連チャンでのエンジン脱着作業ですので、もうエンジン脱着はおなか一杯な感じですが、そうも言っていられないので作業突入です。



私も、助っ人のUくんも共にサンバー系のエンジン脱着は経験が無く初チャレンジ。
リア周りにほとんど集中しているのでそんなに面倒くさくはないんじゃね?とちょっと余裕ぶっこいていましたが、その考えが打ち砕かれるアクシデントが発覚します。

 まあまずは見たまんまで、エンジン取り外しに伴うカ所の部品をどんどん外してゆきます。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri02.jpg

リアバンパーを取り外し、ギュウギュウにレイアウトされたマフラーを取り外します。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri03.jpg

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri04.jpg

おや? 購入したエンジンには付いていないクランクポジションセンサーが、実車の方には付いていますよ・・・?
H21年式。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri05.jpg

こちらは中古のエンジン(H18年式より取り外しらしい)

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri06.jpg

エンジンつり上げた状態で、ドライブシャフトも左右引っこ抜きます。
・・・で、降りました。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri07.jpg

ATミッションは使い回しますのでまずは取り外し。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri08.jpg

センサーが有る/無しの違いがあるということは、エンジンハーネスももちろん違うわけで、仕方なく両エンジンをバラして、潜ったハーネスを取り外してゆきます。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri09.jpg

インマニ下に、アースポイントとノックセンサーがあるのでこれを取るためにインマニ外し確定・・・。がっくり。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri10.jpg

降ろした状態で部品の引っ越しや入れ替えを行い、一旦車体に組み戻しします。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri11.jpg

クランクポジションセンサーが有る/無いの違いがあるということは、もちろん取り付ける部位も違うわけで・・・・。 クランクプーリー裏のフロントカバー(ケース)をまるごと入れ替えないといけないという・・・。しかもフロントカバーを外すにはオイルパンも外さないといけないという、無限地獄にハマってしまった感じ・・・。
  載せ替える良品のエンジンは、オイルストレーナー部はとても綺麗です。 エンジン自体も綺麗でしたが、カムカバー内/オイルパンもとても綺麗。
オイル管理も良かったんでしょうね。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri12.jpg

フロントカバーを取り外したところ。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri13.jpg

ケース外観の比較。 右側が全然違います。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri14.jpg

クランクポジションセンサー取り付け部の形状違いです。
クランクセンサー有り H21年
無し H18年式   でした。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri15.jpg

クランクプーリーの形状も全然違います。 センサーの読み取り用にフランジ部が形状が異なります。

SUBARU_SAMMBER_ENGINE_nosekaeshuuri16.jpg

つづく。
  1. 2017/11/19(日) 00:40:06|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

GTOのエンジン載せ替え作業  その3(部品交換整備からのエンジン積み込み)

前回の続きです。

剥離完了したサージタンクとヘッドカバーを塗装の密着を上げるためにアルミの密着剤「ウォッシュプライマー」を吹き付けします。



GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou43.jpg

で、塗装完了。 ヘッドカバーは赤に、サージタンクはシルバーで。

この後、文字抜きしました。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou44.jpg

整備用の部品が一部揃わなかったので、その間にブローしたエンジンをドナー車の方に積み込み戻しました。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou45.jpg

そうそう、ブローしたエンジンを積み込む前に、ステアリングギヤボックスの入れ替えもしましたね。
画像前後してしまいました。 ドナー車はZ15Aの4WS無し、実車の方はZ16Aの4WS有り。 リアの4WSの方もオイルの内部リークしていた関係もあり、今回Z15A用のギヤボックスに入れ替えてリア4WSをキャンセル実施。
 
GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou46.jpg

並べてみました。 こうやってみるとパット見一緒ですね。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou47.jpg

Z15A用とZ16A用のギヤボックスの違い。
リアにゆく配管のレイアウトの関係上、2カ所配管のジョイントの有り/無しの違いがあります。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou48.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou49.jpg

欽ちゃんが応援で来てくれましたので、ブレーキマスターの洗浄/組み付けを手伝ってもらいました。
エンジンもタイベル他消耗品も一式交換完了し、積み込み一歩手前です。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou50.jpg

画像前後しますが、ブレ-キマスター、クラッチマスター、クラッチレリーズシリンダーの交換部品です。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou51.jpg

クラッチマスターをさあ組み付けしよう!と思ったら、全然部品が違うんでやんの! 確認したらなぜか?ミラージュ用。
オイオイ!!  どうやると間違えるんだい???  すぐに正規の代品を要求。 一旦中断してしまいました。 

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou52.jpg

レリーズから組み替え再開。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou53.jpg

ドナー車の方が距離が短いのでエアコンコンプレッサーも入れ替えてチョ!と頼まれていたので、コンデンサーごと入れ替え実施。
 しかーし!なんとエンジン積み込み後、カプラー結線時にカプラー形状が違うことに気が付く・・・。オーマイガー!
 配線組み替えても良かったのですが、万が一ということもあるので、コンデンサーと配管はドナー車のを残し、コンプレッサーのみ元に戻しました。 マウントも一部新品に交換。 程度の良いドナー車のマウントを基本に再使用しました。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou54.jpg

ブレーキマスターの洗浄/組み替え。 カップ内もずいぶん汚れていたので、綺麗に洗浄。
シリンダー内部は新品に交換。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou55.jpg

エンジン周辺部品も組み付け完了しましたので、いよいよ積み込み準備です。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou56.jpg

位置を出しながら慎重に組み付け中。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou57.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou58.jpg

トランスファー、Fパイプ、ドライブシャフト他組み込み、その他部品や配線を組み付け、油脂類を注入。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou59.jpg

無事エンジン始動。 LLCを補充しながら水温の監視。 電動ファン2回回るまで根気よく待ち、無事漏れや不具合なく完了。
あとは後日実走行でテストですね。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou60.jpg

つづく。

  1. 2017/11/18(土) 00:54:04|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
次のページ