自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

FTOにガルウイング取り付け。 何用かわからんけど加工流用。

久しぶりのガルウイング取り付け記事のような気がします。
いや、昨年秋位にもGTOで取り付けたっけな? でもあれは元々GTOに付いていた取り外した中古品を再取り付けした簡易的な作業だったし・・・。

FTO用のガルウイングキットというのはほぼ聞かない(以前にプロFさんで出していましたが今もあるのかな?)ですね。

今回ベースにするのは海外製?の何用かは不明のガルキットです。

まあ、どうせ専用車種用を購入したところで、海外製だとまともにぴったり付くことは無いので、加工前提なので、この際流用するのは何用でも良いです。 



早速バラします。  今回バラしたついでに外装のLEDの張り替えをオーナーさん自身が作業したいとのことで頻繁にオーナーさんも来店していましたので、ガル取り付けも手をお借りしました。 さすがにドアなどの重量物の加工取り付けは危険なので、手があると助かります。 ドア自体やダンパーの脱着も頻繁に行いますしね。 脱着の回数や調整回数が多い方が、取り付けの細かいチリあわせも正確にできます。

jyackalsan_GULLWING02.jpg

もちろんそのままで付く訳がないので、加工しながら何度も脱着を繰り返し、カット/肉盛り/再穴開けなどを施してFTOに取り付けできるようにヒンジおよび車体のパネル側を加工します。

jyackalsan_GULLWING03.jpg

左が加工途中。 ヒンジ上の穴はほぼそのままゆけたのでそのまま流用、上穴基準でそれ以外のすべての取り付け部を加工しました。 さすがに1センチもある鉄板は自由曲線で切ったり、長穴加工したりは困難なので、プラズマカッターが活躍です。
サンダーやドリルじゃ用は足さないしなぁ・・・。

しかーし、特定の車種用のキットなんだろうけど、この取り付け穴の大きさはなんとかならないんでしょうかね? いくら何でも調整幅をとってあるにしても大きすぎでしょ? (左側のヒンジ下側の再穴開け下穴径は9.5ミリ(少し横に長穴加工したけど)ですよ。 元のヒンジの下側の穴は約、縦25ミリ、横40ミリくらいある(爆) これじゃあキッチリとした固定ができずに、開閉時にヒンジの取り付け部が動いちゃうよ。
 車体の個体差があるにしても、穴精度をもうちょい上げられないもんかね?w

jyackalsan_GULLWING04.jpg

車体側のパネルもヒンジ取り付けに干渉する部位を切り込みを入れてフラットに加工。 再度溶接をし直して、シーリング処理。
これでヒンジに干渉することなく取り付けできます。

jyackalsan_GULLWING05.jpg

jyackalsan_GULLWING07.jpg

ボルトにて仮固定にて開閉動作や干渉部分の確認。 同時にドアチリ(隙間)などの確認も。

jyackalsan_GULLWING06.jpg

配線加工も施し、補強溶接、シーリング処理、ブラックに塗装で完了。

jyackalsan_GULLWING08.jpg

片側の取り付け寸法がでたので、反対側に数値を転写して加工。  片側できたら楽勝楽勝!

jyackalsan_GULLWING09.jpg

でもって、完成! 
念願のガル化ですね。 おめでとうございます。(^^)

jyackalsan_GULLWING10.jpg

スポンサーサイト
  1. 2017/02/23(木) 10:22:54|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:0

MH34SワゴンR エアコン AUTO点滅で 温風出てこない・・・寒いっす!

一般的にエアコン文字(ランプ)が点滅の場合はエアコンシステムに不具合がある場合が多いかと思います。
お客様が事故にあわれて廃車になってしまい、同型の車両を見つけてきて納車する直前に発覚した件でした。
当方の確認ミスもあったのですが、納車前日がえらく寒い日で、各部のチェックの為走行テストを行っているときに、あれれ?
暖房が出てこないぞ?!となり、よく見たらAUTOが点滅してたというオチです。

 この寒い中に暖房が効かないと生死に関わりますので、ガマンと言うわけにはゆきませんので、確認してゆきます。

まずはエアコンパネルの表示がAUTOの点滅のまま温風が出てこなく、温度調整をしても足下左にあるエアーミスクチャーダンパーが動いていません。(近くにモードダンパーのモーターもありますが、こちらもエラーになっているためか動きません)

モーター自体の不良か?制御系か・・・?



テスターでの詳細はこのように、ミクスチャダンパーが異常っすよ!と出ています。

MH34S_aircon_shuuri02.jpg

ライブデータを見てみると、目標値まで届いていませんぜ!ってな感じっぽい。

MH34S_aircon_shuuri03.jpg

狭い足下に体をつっこんで、サイドブレーキを外して、苦労してエアーミクスチャーダンパーを取り外し、単体試験で12Vを加圧してみると、きちんと動くじゃありませんか?! こいつは犯人じゃなさげでした。
 となると、制御信号が怪しいか・・・?

こんな新しい車(H24年車)のデータはウチにはありませんので、困った時のナガツマン!
助けて~アニキ~!と、ヘルプのお電話。

多忙にもかかわらず、いつものニコニコ対応をして頂けました。
エアコンパネル系の配線図やいろいろと資料をFAX番号頂きまして、あざーす!!!  
とっても助かりました。  

いただいた資料を元にパネル周辺をばらして配線のチェックと各信号線/電圧等のチェックを実施。

MH34S_aircon_shuuri04.jpg

配線を辿ってゆくと・・・おやぁ???  なんだか様子がおかしいところがあるぞぃ?

ヒーターケースの脇の配線を止めている箇所がなにやらプラプラしています。

MH34S_aircon_shuuri05.jpg

めっけ! コイツが真犯人だ!
恐らく、ここに配線かなにかをタイラップ?で止めていたのを切った際に、余計に配線まで切ってしまった様な感じでしょう。
「切るならもっと上手に切れよ~!」  とんだ手間がかかっちゃったじゃねーのよ!とひとりブツブツ。

無事配線もハンダで修正し再度テスターでチェック。
念のためリセットも施して完了です。
あ~寒かったぁ・・・。

MH34S_aircon_shuuri07.jpg

AUTOの点滅も消えました。 

MH34S_aircon_shuuri08.jpg

最近の車はみんなコンピューター同士で通信を行っているから、難しくてわかんねぇっぺよぉ。
  1. 2017/02/20(月) 11:09:59|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

GTOにR32用のエアロを接合作業他。 その4

外装の仕上げを行っているのと平行して、エンジンルーム内のドレスアップを少々進めます。
純正の結晶塗装が剥がれてきていたので、ヘッドカバーを赤く塗装したいとのご要望。
折角外すので、パッキン類は交換します。
 ついでなので、サージタンクもシルバーで塗装です。

まずは古い塗装や油分を、剥離剤を使って綺麗に剥がします。



よく乾燥させて、油分も取り除いてから各部をマスキングして下地を作ります。(そのままだとアルミ地肌で塗装が密着しないので、プライマーにて足がかりをつけます)

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka47.jpg

そして塗装へ。(画像はクリアーまで塗装完了し、刻印文字のMITSUMISHIなどの表面を研磨してシルバー地を出したものです)

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka48.jpg

車体に取り付け。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka49.jpg

あとは細かい部品の取り付けや磨きで完成間近でしょうか?
  1. 2017/02/15(水) 11:15:36|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

GTOにR32用のエアロを接合作業他。 その3

フェンダーは完成しましたので、今度はフロントバンパーです。 
大きな変更ではありませんが、グリル部に掘り下げのダクトを追加とヘッドライト先端にルーバーの制作を依頼されています。

いきなりほぼ完成ですが、ダクトを掘りました。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka36.jpg

これの細部を仕上げていって

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka37.jpg

サフェーサーで肌の確認。
穴も空けました。(後からアミ処理となります)

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka38.jpg

続いてルーバーの作成。  イメージ的には、フェアレディZ31の前期型で設定のあったアレです。
(以前、Z31にお乗りのお客様が当方に遊びに来られた際に撮影させて頂いた画像です)

Z31_loover03.jpg

(以下画像はネット上から転載させていただいた画像です。)

構成的にはこういった階段状のベース骨格ができれば完璧ですが、いかんせんそんなサイズのスペースではなく、高さ的にも7、8センチ程度の落差しかないので、直接接着の方法しか無いだろうと判断しました。

Z31_loover02.jpg

ですので、その方法で行きます。
FRPの板をサイズとアールを合わせて切断、仮あわせ。
イメージ的にはこんな感じでしょうか?

スペース的に2枚が限界の様です。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka39.jpg

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka40.jpg

仕上げてみました。
こんな感じでしょうか?

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka41.jpg

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka42.jpg

で、各部品の塗装です。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka43.jpg

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka44.jpg

これは夕方ブース内にしまったときの画像ですので、床にステップがおいてあります。(地べたでは塗りませんよ。笑)

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka45.jpg

またまた続く。

  1. 2017/02/13(月) 09:45:45|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:3

GTOにR32用のエアロを接合作業他。 その2

サイドとリアの大体のバランスはこんな感じでしょうか?



kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka22.jpg

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka23.jpg

アウトラインの完成したリアバンパーにダクトを刻んで、埋め込み/発光式のリアサイドマーカーも入れてょうだい!とのご要望ですので、引き続き加工です。
 半透明の部分が掘り下げ加工した部分です。
リアサイドマーカーサイズに穴も空けました。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka24.jpg

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka25.jpg

パテで面を整形します。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka26.jpg

サフェーサーで肌の確認。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka27.jpg

とりあえずリアバンパーは塗装の前準備です。

今度はフロントフェンダーの拡幅加工です。
当方設定の今まで付いていたフロントフェンダーも純正比から側20ミリワイドですが、さらに約20ミリ広げたいとの事。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka28.jpg

広げるカットラインを決めて、無理な形にならないように切り込みをいれて歪みを逃がしながら再接着します。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka29.jpg

1回目の張り込み完了。 実車に付いたままですとすべてが裏から張り込めないので、乾燥後、フェンダーを取り外して再度張り込みます。 貼ったらまた車両に戻して仮固定。 硬化時に熱変形の恐れもあるのであくまでも車体に合わせます。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka30.jpg

半透明の部分が拡幅された部位です。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka31.jpg

面だし中。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka32.jpg

歪みを取るためにアーチの返し部を切り込みを入れてあります。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka33.jpg

サフェーサーで仕上げ。

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka34.jpg

kinebuchisan_GTO_SS_RB_kakousagyouhoka35.jpg

続く。
  1. 2017/02/12(日) 18:26:49|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2
次のページ