自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

パソコン買い換えたいなぁ・・・・。

現在のPC本体も購入してからもう3年経つので(core-i5の代4世代のPCです)、そろそろ買い換えたいんですよねぇ・・・。
予備機のPCもcore2Duo世代のものなので。

買うとしたら毎回同じDELLかなぁ・・・・。 使わないアプリなんかは入っていないので無駄がなくて、安くて気に入っています。

よく広告のFAX届くから、欲しいんだよなぁ・・・。


まあ話は変わって、まだPCは買う余裕がないのでw、以前にも書いた「キーボード」フェチのお話を少々。

PCの性能はそこそこ使えれば高性能じゃなくても全然OKなのですが、昔からキーボードだけはなぜだか譲れないこだわりがありまして、どうしてもその変なこだわりが抜けず、チョイチョイ買ってしまいます。

体は一つですし、そんなに1日何時間も打っている訳ではないので、普通なら打てればイイじゃん!なのですが、そこはどーしても譲れないキータッチの奥深さという「変態ゾーン」があります。

 分かる人には分かるのですが、一般的には変な人に思われてしまうかもしれません。w

現在メインで使用しているのが画像の東プレのリアルフォース(私の持っているのは108キーではなくて、ジャストシステムで昔限定販売された106キー&パームレスト付きのセットのものです。 一般的には91キーや108キーなどですよね。(英字タイプのフルは104キー)

それと、富士通のリベルタッチ。(ロゴはダサダサだけど)
 
 どちらも静電容量無接点方式と、メンブレン(富士通独自仕様メンブレン?)と方式は違いますが、1万円から2万円ほどする高額な?キーボードです。(定価でいえば、リベルタッチは¥18000、リアルフォースにいたっては¥25000ほどもします。 まあ定価で売っているところなどはないので、あくまでも定価は定価ですが、それでも実質売価は¥10000~20000)
 見てくれは何の変哲もない、むしろ古くさい? どちらも地味な感じのキーボードですが、中身が違う。

このリベルタッチは特にお気に入りなので、予備含めて2個同じ物を持っています。(もう病気・・・) キーの深さ、タッチ、キーピッチ、キーボードの(重さ)安定感。 私的には一番しっくりきます。 見た目はめっちゃ地味だけど。

それと、画像には出ていませんが、FILCOのマジェスタッチ2の茶軸もたまに使っています。 私的にはちょっとキーが軽すぎる?かな? やや重めが好みです。
 


こればかりは、使用した感覚を文字で表現出来ないので、ちょっと興味がある人でしたら是非手にとって触って頂きたいと思います。 普段なにげに使っている付属のキーボードを使っていると、慣れてしまって違和感も感じないかもしれませんが、上記のキーボードを一度使ってしまうと、もう元には戻れなくなってしまうかと思います。マジで。  最低でも1時間位使わないと、手になじむ感覚というか、使いやすい!としっくりくる感覚はつかめないかもしれません。 

 高いから良い!と言うわけではないのですが、高いなりの納得する作り込みがされている工業製品なのは間違いないです。
是非使ってみて!

PC_keyboard_2017_02.jpg

これは去年?一昨年だったかな? 購入した海外製のRAZER(レーザー)のBLACK WIDOW2014 アルティメットです。
グリーンLED照明のタイプで、キーはメカニカルタイプでRAZER独自の青軸仕様です。 カチカチとクリック音のするタイプです。 キーのさわり心地は青軸独特のものです。  個人的にも好きでなので気分で入れ替えて使ってます。 暗闇だとちょいと目に刺激があるのがたまにキズ。 

PC_keyboard_2017_03.jpg

PC_keyboard_2017_04.jpg

こちらもLEDの光モノの海外製キーボード。 こちらも青軸キーです。 アマゾンで買いました。w  昨年購入で¥6000位だったかな?

PC_keyboard_2017_05.jpg

光のパターンも任意で変更出来て綺麗。

PC_keyboard_2017_06.jpg

こちらはやっぱり昨年アマゾンで購入した、キーボード。  メンブレン仕様で超絶安いのですが、ネットでのレビューが評判良かったので購入してみました。 ¥2000位だったような気がする。 iBUFFALOの「SAVIOR」というモデルです。  
 ちょっとポクポクしたタッチのキーボードです。 値段からいったら全然有りかな?と思います。 安いから仕方ないけど、キーボード本体の重量が軽すぎて、入力時に動いてしまうのがたまにキズ。 キーもカナ表記がないのでスッキリしてます。 

PC_keyboard_2017_07.jpg

こちらも海外製の格安キーボード。 これはヤフオクだったかな? ¥3000位だったような気がする。  LEDのキラキラ仕様ですが、こちらはメンブレンの安物です。 こちらもカナ表記がないのでスッキリしているのが良かったかな。 現在はほぼ使っていません。

PC_keyboard_2017_08.jpg

この中でも現在使用しているのは結局2~3個ほどw。 マニア道は奥が深いです。 
※私はノートやコンパクトサイズPC使いではないので、キーもフルサイズのテンキー付きが好きなため、91キーとかのテンキーレスは持っていませんし、使いません(使えません)。 

PC_keyboard_2017_09.jpg

今年は、リアルフォースのHI-PROを購入したいなぁ。 ちょっと独特なキー形状とタッチらしいのですが、興味津々です。 

以上、全然車に関係ない、自己満足ネタでした。 失礼しましたっ!
スポンサーサイト
  1. 2017/04/01(土) 19:17:33|
  2. パソコン関係
  3. | コメント:3

さすがにもう限界か・・・(笑)

仕事や人生の話ではございません。 
見ての通り、オイラのパソコン用チェアです。

10年前に事務机用として(中古を)もらってきて使用。  3年前にパソコン用に購入して使っていたイスが壊れて、事務机用を流用して3年。 いい加減座面がすり減ってきて、スポンジもボロボロはがれてしまう始末。 もはや限界かと見切りをつけてようやくイスを買い換えました。  ここまで使い倒せばもうイスとしての職務は全うしたでしょ! (笑) モノを大事に使うのは良いことですよ。
 
 ・・・・いやいや、それ以前にかなり見た目も汚ねーし!

ついでに、机も散らかってんなぁ~オイ!(サーセンッ! 早速片付けます)

今回はもらい物ではなく、新品ですョ。 安いけどね。



ジャーン!  ヤフーショッピングで¥8000位でした。 本当は黒が良かったけど、グレーとベージュしか無かったので、グレーを選択。 
 届いて早速組み立て。  座り心地もなかなか良いじゃないですか!

isu_kaikaeta01.jpg

先日までパソコントラブルでめげてましたが、イスがグレードアップしたのでちょっと元気が出ました。(笑)


  1. 2016/08/28(日) 11:39:51|
  2. パソコン関係
  3. | コメント:7

レトロパソコン&ソフトの動作確認。

ヤフオクに出品するにしてもジャンクのままではいささか気が引けるのと、売れないだろうなぁという思いもあったので、動作確認用に、昔あこがれていた高級志向の?MSX2を購入したのでした。(昔の記憶を頼りに探しました)  このモデルはまず見かけなかったのであこがれたんですよねぇ。  MSXはMSX1や2含めて5~6台入手していろいろ乗り換えていました。 最後はSONYのHB-F500というFDD*1機装備のセパレートMSX2でした。 

 SONYのHB-F500とF900はキータッチが独特で、押すとポクポクいう感じの触り心地で気に入っていました。 この頃からキーボードのフェチっぷりが始まっていたんでしょうね。  現在もパソコンのキーボードにはこだわりが強く、様々なタイプのキーボードを多数持っています。 
 
 今使っているものの最高のタッチは東プレの「リアルフォース」と富士通高見沢の「リベルタッチ」ですね。 次はFILCOの「マジェスタッチ2 茶軸」か、オウルテックの「ステラ109」の青軸、またはRAZERの「BLACK WIDOW アルティメット」青軸などです。  キーボードの話は長くなりそうなので今回はこの辺で。(笑)

tsukareta03_17.jpg

本体の立ち上がり確認もしておかないとその後のソフトの動作確認もできないもんね。

メッチャ懐かしい画面です。 MSX BASICって・・・・。
MSXの頭文字の意味って、マイクロ ソフト Xの略なんですよ。 知ってました?

MSXは日本国内だけじゃなく、世界的に販売された世界共通企画の初のパソコンだったんですよ。 今のIBM-PC(ウィンドウズマシンなどの)走りですね。  日本国内だけでも、各社電気メーカーが多数参入して続々と新機種を発売していました。 基本的な機能はすべて共通規格なので、突出した性能差はなかったのですが、低価格マシン路線や、高級路線やワープロ機能強化機やデジタルテロッパ機能、レーザーディスク対応機や音楽MIDI対応機などいろいろな付属機能があり、各社出そろった1986年あたりはMSX黄金期だったように思います。 MSX関係の雑誌もすごくたくさん出ていました。 パナソニックの初の格安MSX2(FS-A1)は¥29800という当時はビックリ価格で登場しました。 その直後SONYからもHB-F1という格安マシンが登場し、人気が2分しました。  MSXといえど、当時の最高機種(パナの前身、ナショナルのFS-5500F2という機種は確か¥228000位したと思います。) そんな金額出すなら、もっと上級機種買うわい!といわんばかりの超高額。 個人ユースでの価格ではなかったので、主に画像編集などのプロ達が、もっぱら使っていたみたいです。(当時小学生~中学生の頃でしたので高すぎて現実味がありませんでした)

 

 カセットをさして、順次立ち上がり/ゲーム開始までの動作確認をしていました。

画面を見るごとに「なつかし~!」と昔を思い出し感動。 今みれば「なんてショボイ画面なんだろう?」って思いますが、当時は熱狂していました。 画面も、MSXは家庭用のRFかビデオ端子(RCA)、または専用の高解像度21ピンアナログディスプレイが選べ、専用モニターを買えなくとも、家庭用のブラウン管TVで十分代用できました。  家庭用モニターベースなので、解像度も低く
キャラクターなども少々にじんでしまう感じがありましたね。

画像はグラディウス(1)

tsukareta03_12.jpg

この画像を16色で表現していた時代です。  でもすごいことに16色未満でも気合いの入った画と作り込みには関心します。 当時のCPUは4MHzですよ(いや、3.5MHzだったなかな?) とにかくMSX1はファミコン以下の能力でした。 MSX2でファミコンを超え、グラフィックも256色使え、一部の漢字も使えるようになりました。  でも、モニターの解像度は低いから、にじんでしまって、漢字がよく見えない・・・。ということもしばしありました。
  
tsukareta03_16.jpg

テープのソフトはさすがに確認する環境(データレコーダーという専用の機械)が無いため、動作確認できず現状出品しました。

tsukareta03_10.jpg

カセットテープもパソコン用として専用のもの(10分や15分テープ)が当時は数多く売られていました。 でも専用品は高かったので、音楽用の60分未満のものを流用していました。 (なつかしい・・・) ちなみに90分タイプだとテープが薄すぎてのびてしまうという懸念から60分以上のテープはほぼ利用されませんでした。 

tsukareta03_09.jpg

グラディウス2のテスト画面を開いた際に、なんとも忘れていた記憶がよみがえりました。

tsukareta03_13.jpg

その昔、発売元のコナミが、ゲーム雑誌上で告知した「グラディウス コンテスト」なるゲームのシナリオやストーリー構成、イメージイラストやその他の項目にてコンテストがあったのですが、それにエントリーしてグランプリを頂いたんです。 様々な商品をいただいた中の一つがこれでした。 オリジナルグラディウス2カセット。 

tsukareta03_14.jpg

かなりこっ恥ずかしいですが、名前入りの特注カセットをいただきました。

完全に忘れていましたよっ! 危うく売ってしまうところでした。(爆)
このときは確か東京支社(神田神保町)に出向いて表彰式と取材を受けた記憶があります。 確か中学3年生だったかと・・・。

持っていても起動させる本体が無ければどうにもなりませんが、思い出の一つとして残すことにしました。  次立ち上げてみるときは何年経っているかな?(笑)

ちなみに、翌々年の第2回コンテストもあったのですが、その際もストーリー部門最優秀賞をいただきまして、アーケード版のグラディウス2の基盤(ゲームセンターにあるやつ)にオリジナルROMを焼いたもの他etcをいただきまして、これもフルネームがタイトルに入って、一般機には登場しないオリジナルキャラが1種類登場しました。  このときは兵庫県神戸市の本社でセレモニーがありました。  高校2年生の夏でした。  こんなオイラもパソコン部などではなく、ゴリゴリの陸上部を中学/高校と続けていたので、オタクな一応スポーツマンでした。

 このときは本気でゲームデザイナーになろう!と決心していて、高校3年生の時にコナミを特別枠で入社試験を受けさせて頂いたのですが、いかんせん走ったり、飛んだりしてばかりで勉強はあまりやっていなかったので(爆)、オツムが足りず、入社する(できる)ことはなく、普通にサラリーマン(沖電気工業)になりました。  ゲーム関係ではなく、金融系(ATM等)のサービスエンジニアになってしまいました。チャンチャン。 

 もし万が一あの時コナミに入社ができていたら、今の人生もエアロ屋ではなく、IT系(未だにITの頭文字の意味も知りませんが・・・)の仕事に就いていたら、今とはまた違った人生だったでしょうね。  

その後。
息子がよく会社のパソコンで動画を見にくるのですが、来たついでにMSXのゲームをやらせてみました。
私がちょうど30年前に遊んでいたゲームを同い年の息子がやっていました。

現代のゲームはプレステ4などはグラフィックも完全なフルCGで、本物のように動き、本物のように(または映画のように)きらびやか&鮮やかに映り、動きもなめらかで、どうにも別のシロモノにしか見えないと思います。 
 
 やらせた結果・・・。  カクカク動いて、操作も基本が十時方向(今のアナログスティックとは違い上下左右の動きが基本)なので、動きがオーバーしてすぐにゲームオーバーになってしまう様子。 「なにこれ? 難しいし・・・すぐやられるじゃん!」とうまくゆかない模様。  当時の私たちはこれがスタンダード(というか最先端?)だったので、違和感ありませんでしたが、30年後の若者には逆に難しいようです。

私もやってみましたが、息子とどっこいでした。(泣) 昔は結構これで遊んだんだけどなぁ・・・。  今は感覚鈍ったようです。(爆)

tsukareta03_18.jpg
  1. 2016/08/19(金) 00:31:54|
  2. パソコン関係
  3. | コメント:4

最近テンションあがらず、更新がおサボリ気味です・・・はぁ・・・。

先日のPC壊れてから、PC環境も未だ改善されず(なかなか改善する時間もとれない)、仕事も溜まりまくり&お待たせしているお客さん多数・・・・。  本来嬉しい事なのですが、先が見えず心が疲れてきてしまいました・・・。 結局お盆も休みが取れなかった・・・。愚痴ですみません・・・。

なので、掲載予定画像溜まりまくっていますが、今回は仕事内容は掲載せず、プライベート内容で書きたいとおもいます。

夜業していると、こんなのもたくさん飛んできます。  結構ブンブン羽音がうるさく、着地しても動き回るので意外に邪魔です。
2匹以上飛んできた場合は、捕まえてバケツに入れてフタをしておきます。(動き回るので)
 帰宅時に解放します。



会社裏のワンコの散歩コースの田んぼや用水路にはたくさんのカニさんやザリガニ、シジミが居ます。

そんなのをジーとみてるとなんだかいやされるんですよね。
(そんな俺ヤバイか・・・?)

tsukareta03_01.jpg

tsukareta03_02.jpg

家ではニャンコ先生が待っててくれます。(疲れた時にははやりペットに癒されますね)
 汗くさいツナギなのにどうしてそこに寝るんだい?(脱ぎ捨てはいけませんね・・・失礼!)
そんな甘えてくれるニャンコと会社のワンコにありがとう!

tsukareta03_03.jpg

話は変わって、先日実家にいったときに少し片付けをしていて、中学生時代のパソコンやゲームなどが出てきました。
邪魔だし捨てるにも処分に困ると思ってヤフオクで出してみよう!と会社に持ってきました。

高校生時代に使用していたパソコン関係は、5年前に父が脳梗塞で倒れたときに家の片付けでほぼすべて処分してしまったのですが、自分の部屋にあった中学時代のパソコンやゲームはまだ一部が残っていたんですね。(懐かしい・・・)

結構処分したつもりでいましたが、なんだかんだでたくさん出てきました。

tsukareta03_06.jpg

30年前のパソコンX1。 知っている人もあまりいないだろうなぁ・・・。
画像のは記録媒体がテープのタイプでした。(今の人たちは考えられないでしょうね。 そもそも若い世代はカセットテープをみたこと無い人もいるかもしれない・・・)  
 上級機種で、5インチや3.5インチのフロッピーディスクという記録媒体。 様は磁気ディスクです。  今のデジタル書き込みのCDやDVDと違いペラペラのフィルムのような磁気ディスクでできていて、アクセスする際にもヘッドが接触するので、ディスク媒体が壊れることもあれば保管が悪ければカビが生えるなどという今では考えられないような仕様でした。
 
tsukareta03_11.jpg

こちらはMSX2(ゲームパソコン)です。
これは三菱製の珍しいタイプです。 MSXではセパレートキーボード仕様は一部の上級モデルにしか採用されていませんでした。
(低価格路線のMSXにおいて、生産コスト/販売価格が高く付くため) このFDD*1機モデルも当時17万円くらいしたのではないでしょうか?

tsukareta03_08.jpg


この機械は当時の私が使っていた物ではなく、今回のソフトを出品の為に、動作確認用に中古で購入したものです。  動作確認が完了したので、これも併せてヤフオクで売却しました。

 MSXというのは初代ファミコン登場時に、「パソコン」の肩書きを持って登場した8ビット機のゲームパソコンです。 当時はBASICという初心者向けのプログラム(今でいうとOS?)でいろいろとプログラミングして遊べるというものでした。  ゲームや画像編集(ショボいですが)、ワープロ(死語?)、音楽ソフトなどもありました。

 パソコンというのが、まだ一部のマニアなどにしか浸透していなかった時期で、パソコン本体もまだまだ高級(当時のPC-88や98、X1上級機種などは30万円近くもしました。(モニターは別売り)   キーボード、プリンターまで入れるとフルセットで50万円近くもする超高級なマシーンたちでした。  でも当時はメジャーな機種は、PC-98を除いて、皆8ビットマシン達でした。

8ビット → 16ビット → 32ビット →64ビット?(このあたりは一時期パソコンを離れていたのでよくわかりません)→気が付いたらウィンドウズ95搭載マシーンを購入したときはCPUがAMD K6(233メガヘルツ)というどういうスペックのマシーンかもよくわかっていませんでした。(インテルCPU搭載のマシーンはもっと高かったのでCPUはAMDにしました) 
 
 知らぬ間にパソコンが既製品のものだけでなく、BTO(自作)パソコンが浸透しているとは知りませんでした。
このウィンドウズ95パソコンと、次の98パソコンはともにショップで制作してもらったBTOパソコンでした。もう20年近く前になります。


 メモリーもMSXなどで8キロバイト~64キロバイト(上級機種モデルで256キロバイト)、PC-98でも最高640キロバイト程度でした。
 キロバイトですよ、キロバイト。   今はマイクロSDでも32ギガバイトが安価で売っているのに、どういう単位ですか・・・。
(1024キロバイト=1メガバイト。  1024メガバイトが1ギガバイト。 今のパソコンのメモリが約2~4ギガバイト。 マイクロSDで32GB。  記憶媒体ではHDDなどは1テラや2テラなんて当たり前ですもんね。 1024キガバイト=1テラバイト。

すごい時代の進化だと思います。

ちょっと疲れたので、後編に続く。
 
  
  1. 2016/08/18(木) 09:44:38|
  2. パソコン関係
  3. | コメント:5

先週金曜日にパソコンが壊れまして、つい先日までPC環境から断絶状態でした・・・(泣)

先週金曜日にパソコンが壊れまして、どうにもこうにもネット環境から断絶され、メールの返信もできず、もちろんブログの更新もできずのまま月曜日の午後までかかってしまいました・・・。
 元々のPCのHDDが不良になってしまったようで、立ち上がってもすぐにフリーズしてしまいます。

急な状況でも切り替えてできるように・・・と予備のPCをしばらく前に中古で数台購入して、こんな時のために準備しておこう!と思っていましたが、忙しさを理由に後回しにしていたら、痛いしっぺ返しを食らってしまいました。  なんでいつも駄目になってから後悔するんだろうなぁ・・・・。 何のために予備機を購入しておいたのかが意味わからん・・・・。



中古で購入したのはOSも消去された状態でしたので、もちろん立ち上がりもしないわけで、とりあえずはOSを入れなければ、とインストールDVDを探すところから初めて、やっとこさ予備機にOSが入ったと思ったら、ブラウザをインストールしろとか指示が・・・?なんのこっちゃ?

 しかーし! 私が入れたのはDELL用のWin7の32ビット版で、インターネットエクスプローラーをいれるにはWin7のSP1を用意しろと? んなもん持ってねーし! いろいろやったけど駄目で、これ以上進まないのでもう一度DVDディスクの山の中を探したら、DELL用の今度はWin7の64ビット版のSP1。 これなら!と早速インストール。  

 ブラウザの件もクリアできたのですが、Win7はマイクロソフトのメールソフトを使用するにはXP時代は付属のOutlookを利用できましたが、その後はWindows liveメールというソフトをダウンロードしないといけません。 それが、予備機で立ち上げたPCではダウンロード中に不具合がでたり、フリーズしたり、重くなったり・・・あ~駄目だこりゃ。

 別のPCで改めてOSのインストールからやり直し、なんとかWindows liveメールのダウンロードに成功。
でも仕事の環境用になーんもソフトもデータも入っていない状態。

 とりあえずメールの確認だけでもいしないと・・・ということで、受信できたメールのみは順次返しています。
しかーし! 前のPCでのメールで未返信の方たちは、以前のPCの受信データが引き継ぎできないので、こちらから連絡が取れず・・・。  申し訳ないです・・・。

ちなみに、コレを今書いているPCも予備機からです。
どうにもしっくりきません・・・。


 とりあえず、皆様にご迷惑おかけして申し訳ございませんが、今しばらく返信/ブログ更新/作業進捗状況の説明等お待ちくださいませ。



このPCの仮復旧までで当方素人のため、ネット環境復旧させるだけでもドえらい時間がかかってしまいました・・・。仕事になりませんでした・・・。 とほほ。  ネット環境に依存していた自分が情けないっす・・・。

同時に、数台のPCにもOSをインストールして予備機を作りました。  皆、DELL製旧型PCなので、めちゃんこ古い。  中古だから文句は言えないが、もう7、8年前の型じゃなかろうか?  

 同じモデルの機械でも、使用するマザーボードの違いでメモリーがDDR2とDDR3のタイプが存在し、共用できないのでそのあたりがネックかなあ。  CPUは同じようなコア2 Duoなのにね。  内1台はセレロンDとかのCPUだった・・・古っ!

PC_kowareta02.jpg

  1. 2016/08/10(水) 01:30:51|
  2. パソコン関係
  3. | コメント:2
次のページ