FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

さようなら。 にゃんたろす。(ToT;)

nyantarosu07.jpg
数日前、悲しい出来事がありました。
ここ最近いろいろついていないなぁ・・・とは感じていましたが、まさかこんなに悲しいことがおきるとは・・・。

画像はチョイチョイブログでも登場していた居候ネコのにゃんたろす。
約1年半ほど前から当方の工場に出入りするようになり(野良猫)、昨年の秋以降は当方工場を完全に住居と化して居候していたネコさんです。  1年半ほど前にふらりと現れて、ご飯を食べにきていました。  当時はガリガリで、皮膚病にかかっていたのか? 胸から下の毛はほとんど抜けてしまっていて、いかにも栄養失調状態。 もちろん完全野生化のねこでしたので、近距離でごはんをあげても食べませんし、出してあげると距離を取ってたべて、すぐに姿を消す感じでした。 見た目からもこの辺の地域ネコではない感じはしたので、しばらく様子を見ていました。 その後、ほぼ当方の会社の敷地内にいるものの、遠めに距離を取ってご飯だけたべにくる感じ。 



昨年の台風以降、工場の中の棚(スチールラック)の上で夜間は寝るようになり、距離を詰めてご飯をもらいにくるようになりました。

ある日、ご飯の支度をしていると、足元にスリスリ。
???急にどうした?と思ったら、その場で寝転んでお腹を出してゴロゴロ。
きっと寂しかったんでしょう・・・。  その後は急速に距離を詰めて、昼間も工場内で休憩。
秋口で夜は寒くなってきたので、毛布を置いてあげたらそこで寝るようになり、冬になったらフカフカのネコベットをホームセンターで購入。 すぐに気に入って丸くなって寝るようになりました。

nyantarosu02.jpg

触れるようにはなったので、この頃から定期的にノミ/ダニ駆除薬を塗布し、虫下しを飲ませ始めて、ころあいを見計らって一度動物病院で健康診断と血液検査をしようと思っていました。

6月の頭に食欲がなくなり、口の周りがよだれ?で汚れていたので、心配になり急遽動物病院へ。
抱きかかえると熱っぽい。  風邪なのか・・・?

結果は、猫白血病からくる影響で、熱も出て口内炎の影響で食べられなくなり、衰弱しているとのこと。
とりあえず対処療法しか手立てがないらしくやれることをやりましょう!とのこと。
(猫白血病は治療→完治はできないとのこと。 ・・・そんな。)

バタバタでよく覚えていませんが、解熱剤?だったかと抗生物質だったか?の注射を2本打ってもらって、とりあえず様子をみてくださいとのこと。 高カロリーの栄養食ももらったので、コレを食べさせてあげてください。 一週間後にまた診察させてくださいと。

nyantarosu03.jpg

その後急速に回復?して、翌日にはご飯もたべられるようになり、数日高カロリーの栄養食を食べさせました。
すっかり元気になり、元のいつものにゃんたろすに。

甘えん坊の度合いはいつもマックスで、仕事の合間にかまってあげると、すりすりゴロン。  膝の上ではリラックスしてゴロゴロ喉を鳴らして、降りる気配はなし。 自宅のにゃんこ(4匹)よりも一番甘えん坊でした。

※猫白血病は他の猫にうつってしまう恐れがあるとのことなので、自宅に帰る時は手を念入りに洗い、ツナギも着替えて帰宅していました。
 
 nyantarosu05.jpg

ごはんも1日2回しっかりたべて、1年前より明らかに体重も増えて、毛並みも揃ってきました。

nyantarosu06.jpg

青い瞳なので、洋猫の血も入っているのでしょうね。
ペットショップに並んでいる犬/猫もかわいいですが、私は野良猫の方が個性がでていてとてもすきです。
ウチに居る4匹の猫たちもすべて保護猫や元野良猫です。 でも可愛いんですよ。 

病院でも、やや歳をとっている猫かもしれないといわれ、今までどのように生きてきたのか?どのように過ごしてきたのか?わかりませんが、ウチ(会社)に来て約1年半。  ご飯は確保でき、寝床も確保でき、おやつも食べれるようになりました。(やはりチャオチュールは大好きです) 

 昨年の台風直後に、19年一緒だった会社のワンコのちび太が老衰で天国へ旅立ちました。 台風上陸直後で大変な時だったので復旧作業で連日バタバタだったため悲しむ暇もなかったのもありますが、にゃんたろすもそばに居たのでそれほど落ち込むこともなく日々過ごせました。 台風の去った早朝は、工場内に姿が見えなかったので心配しましたが、外の車の下に避難していたようで、ずぶぬれの姿でしたが、ケガもなく無事でした。  

nyantarosu04.jpg

7月27日、ご飯をあげても柔らかいソフトタイプの方しか食べず。  暑さでバテているのかな?と思いえさを変えても食べず。
この日は貸し出していた代車が故障してしまった関係で、入れ替えで東京まで出ていました。 帰社は夜間。 この時はベットで寝ていました。 でも置いていったえさは食べた形跡がありませんでした。

7月28日、朝から姿が見えず。  どこにいったんだろう?と思っていましたが、夕方になりベットに帰ってきているのを確認。 かかりつけの病院の診察時間を過ぎてしまっていたのでとりあえず明日の朝一で電話して診てもらおう。

7月29日、朝一で電話するも繋がらず。確認してみるとなんと定休日。  しまったー!なんてこったい・・・。別の病院に連れて行こうか散々悩みましたが、数回行っている病院の方が状態がわかるだろう・・・?と勝手な素人考え。 にゃんたろすの姿を探したら、工場内には居ませんでしたが、敷地の端の方にいました。  (近寄ると逃げてしまい、どうしたら良いかおどおど。泣)

7月30日。 朝一で病院に連れて行こうと早めに会社にゆき、姿を探すが見当たらず。  一体どこにいるのか・・・?
仕事をしながらも、若いスタッフとどこにいっちゃったんんだろうね? 帰ってきれおくれ!と話をしていました。
 お昼前に、隣の会社の奥さんが、
「KAZEさんのところに居る猫じゃないのかね? あそこに倒れてるみたいだけど・・・」
といわれ、すぐに駆けつけてみると、すぐ近所の駐車場の隅で倒れているにゃんたろすを発見。 触れるとすでに冷たくなっていました。
 
・・・なんてことだろう・・・。  無理してでも違い病院に連れてゆけばよかったと、後悔ばかりが先立ち、もうぼーぜんとしてしまいました。  まさかこんなに急に逝ってしまうなんて・・・。 仕事仕事で遅くなってしまったのは私に責任があると思います。
 もう悔やんでも悔やみきれません。 やっと心通じて安心できるところを見つけられたろうに、あまりにも残酷すぎます。
ごめんよ。 本当にごめん・・・。

ここ数日、仕事にも力が入りません。  心ここにあらずというか、なんというか・・・。

すぐににゃんたろすを連れて帰り、すぐには埋葬できなかったので、シーツにくるんで仕事が終わるまで待っててもらいました。

夕方会社の敷地に穴を掘り、ご飯と一緒に埋めて、スタッフと見送りました。
ありがとう。にゃんたろす。 楽しかったよ。

工場には主を失ったベットと、ツメ研ぎと、おもちゃだけが残ってしまいました・・・・。
ベット横の鉄板(中古車のプライスボード)の上が冷たかったのか?昼間はいつもここで寝転んでいました・・・。

これを書いていて既に泣きそうです・・・。

nyantarosu08.jpg

nyantarosu09.jpg

また生まれ変わって猫になったら、またウチにおいで。  寝床とご飯を用意してまっているよ。
ありがとう、にゃんたろす。


  1. 2020/08/03(月) 10:53:27|
  2. にゃんこ&わんこ
  3. | コメント:6
次のページ