自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ZRX1100ベース MADMAX トゥーカッター仕様制作 その5

前回からの続きとなります。

カウルの下色のブラックは塗装済みでしたので、中研ぎをして今度は本塗り。 クリアーまでガッツリいれましたのでツヤツヤです。



ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku58.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku59.jpg

外装の塗装は完了しましたので、車体側の塗装及び整備に入ります。

まずはリア周りから。 

チェーンは交換予定ですので切断して取り外し、ホイールをバラします。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku60.jpg

タイヤも外して塗装の準備です。  足付け/洗浄にて塗装に入ります。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku61.jpg

元々の塗装が艶消しのブラックでしたが、塗装もくたびれているのと、ベアリングの状態等も確認しておきたかったのでバラします。  ボディー色に合わせてホイールもピカピカに塗装。 

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku62.jpg

次にキャリパーの分解洗浄等。  ピストンも状態も確認しておきます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku63.jpg

各部品も洗浄/脱脂。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku64.jpg

ピストンも分離し研磨、キャリパー内部も清掃して組み付けます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku65.jpg

乾燥後、ディスクと併せてブラックにて塗装します。
ここ数日雨続きでまともに塗装ができません。 今回は赤外線をあてて、対象物を暖めながら湿気でカブらないように確認しながら塗装しました。 小物の塗装だからこれでできますが、大物の塗装は間違いなくカブってしまいますね。 まだしばらく雨も続くようですし困った・・・・。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku66.jpg

乾燥後、バラした部品を組み付けます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku67.jpg

うん、キレイになった! 見違えたね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku68.jpg

ブレーキはまだメッシュホースとバックステップの交換を予定しているのでフルードの入れ替えは後ほどです。 とりあえずは一旦仮組みで。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku69.jpg

リアスプロケは続投予定です。 前後スプロケットも、チェーン組み付け前にもう少し清掃したいと思います。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku70.jpg

新品のシールチェーン。 530サイズです。 これから組み付けます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku71.jpg

まだ車体側の部品も複数塗装予定、フロント周りの整備、エンジン側の整備が残っています。 ラストスパートですよ~ん!
がんばんべ~!

そういえば、11月のMADMAXイベント「MADMAXコンベンション2017」ももう1ヶ月を切ったんですね?

やべぇ、何も用意できていないし、バイクも動かない状態・・・。  時間作ってバイクの準備もせねばっ!
メンバーさん達にも連絡を回さないと! やること沢山でもう逃げだしたいっっす!

当方は11月12日の山梨の甲府で行われるイベントの方に参加したいと考えています。「

もうチケットもとっくに(9月30日~)販売開始しているようです! みんな急げー!!

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku72.jpg
スポンサーサイト
  1. 2017/10/16(月) 00:14:11|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:2

ZRX1100ベース MADMAX トゥーカッター仕様制作 その4

メンバーさんの「GOOSE-K」さんが来店しました。
相変わらずバトルスーツで怖えーよ!(笑)
ガタイがデカイので、1400ccのバイクが400ccにしかみえませんよ。



これを制作してもうかれこれ3年近くなるっけ? 2年半? 時が経つのは早いもんだ・・・。

GOOSE_Ksan_raiten02.jpg

折角なので、現在進行中のZRX1100(グースカウル車)とツーショット。

GOOSE_Ksan_raiten03.jpg

GOOSE_Ksan_raiten04.jpg

良い眺めだね。  ZRX1100の完成が待ち遠しいよ・・・。

GOOSE_Ksan_raiten05.jpg

で、話を戻して、このZRX1100の作業の続きです。

カウルステー制作で前回掲載の方は中断となっていましたので続きとなります。

ミラーの方を仮あわせしました。 定番のルーカスタイプですね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku45.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku46.jpg

未制作だった、アッパーカウルとアンダーカウルとを接続する部位のつり下げのステーです。 脱着できるように途中でボルト分離式にしてあります。 

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku47.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku48.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku49.jpg

こちらはフロントウインカーステーです。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku50.jpg

並行して外装関係も下地を作り、プラサフにて肌の仕上げ。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku51.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku52.jpg

今回はトゥカッター仕様をご希望との事ですので、単色のブラックになります。
本色の深みのある「ゼットブラック」を塗る前に、捨て吹きのブラックを塗装します。 染まりを良くするのと、肌の光沢具合を事前に把握するためです。  このあと乾燥後に、一旦研ぎして本塗装になります。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku53.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku54.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku55.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku56.jpg

カウルの本塗装が完了したら、今度は車体の整備にも移ってゆきます。
なんとか10月末には公認車検まですませてしまいたいと思います。 頑張んべ~。
つづく。
  1. 2017/10/11(水) 01:44:51|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:4

グースカウル装着で打ち合わせにいらっしゃいました。 世紀末感漂うCB1100乗りさんです。

グースカウル車での話をしたいとの事で神奈川よりいらっしゃいました。
当方ZRX1100との記念撮影。  さまになっていますね。

根っからのバイカーさんのようで、過去にはZ2(750)所有、現在は来店されたカスタムCB1100以外に、Z1(900)も所有しているとのことです。   格好からして横浜のニンジャ乗りっぽい出で立ちです。



相談で乗ってきたのはホンダのCB1100(現行型)。
かなりカスタムされています。  風防撤去にてこの車体にグースカウルを取り付け、ヤレた感じというか世紀末感を出したいとのことです。   見るからに危険なオーラがでていますがなぁ・・・・。

CB1100_toyofukusan02.jpg

被ってきたのもジャギメット!w  世紀末感出すにはもったいないほど車体自体はピカピカです。
いいんですか?こんな極上車を世紀末風にカスタムして~???

CB1100_toyofukusan03.jpg

タンクはなんと、アルミをたたいてワンオフ制作した手作りのタンクだそうです。 元のタンクですと燃料が16L?位しかはいらないそうで、22L入るようにワンオフされたそうです。 地金のアルミに磨きキズをつけて、わざとウォシングしたままの地金仕様です。
 しかし、叩きだしでの制作って、すごい職人技ですね。 作っているところを見てみたいです。 

CB1100_toyofukusan04.jpg

CB1100ではまだ制作したことありませんが、完成したらどんな感じになってしまうんでしょうかね?
現在ZRX1100でグースカウル車の制作進行していますので、その次での作業になるかと思います。
ちばしお待ちくださいませ。

CB1100_toyofukusan05.jpg

イカス4本出しマフラーだぜ! カッチョいーな!!
  1. 2017/09/26(火) 01:19:30|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:2

ZRX1100ベース MADMAX トゥーカッター仕様制作 その3

前回の続きです。 
アンダーカウルのステー制作となります。



位置、バランスを見ながら決めてゆきます。
ステーの制作はバイクごとにフレームマウントや補記類の固定ボルトなどの位置が異なるため、すべて現物あわせで、フラットバーをカット/曲げ/溶接等行い制作します。  場所によってはパイプクランプを用いてフレームから直にくわえて固定も行っています。(ZRX1100の場合は右の脱着出来る部位のエンジンアンダーチューブ(フレーム)はアルミ製なので、普通のTIG溶接ではステーの溶接もできません(アルミのアルゴン溶接になります)のでクランプで行います。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku36.jpg

こんな感じでとってゆきます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku37.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku38.jpg

これで全部ではありませんが、ご参考までに・・・。(画像は仮溶接状態です。取り外し後、本溶接しています)

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku39.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku40.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku41.jpg

溶接のスパッタを飛ばした後にサビ止め処理。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku42.jpg

移動のため、リアスタンドより一旦降ろしました。 全体的なバランスの完成型が見えてきましたね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku43.jpg

現在シートもタックロール風張り替えに外注先に出してあります。

残すはフロントウインカーステー製作、ウインカー配線等、
ヘッドライト取り付け(仮あわせはアッパーカウルステー制作時にすでに完了しています)
ミラー取り付け
外装の塗装
ホイール及びフロントフォークの塗装
フロントフォークのオーバーホール
ブレーキの整備
エンジンオイル&フィルターの交換
冷却水の交換
スパークプラグの交換
チェーンの清掃/グリスアップ...etc

テスト後公認取得の車検登録

などまだ課題は残っています。

車の作業も詰まっていますので、ここで一旦本業に戻らせて頂き、早々に再開したいと思います。
  1. 2017/09/08(金) 09:40:30|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:1

ZRX1100ベース MADMAX トゥーカッター仕様制作 その2

前回記事の続きです。

シートの短縮サイズ/位置/ロック位置/シートカウル固定位置等がでましたので仮合わせ。
ようやくちょっとバイクらしく見えてきました。



溶接加工したカ所はサビ止め処理をしておきます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku13.jpg

こちらは撤去されていた純正のリアフェンダーカバー。
切断して一部のみ使用します。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku14.jpg

シートカウルの方も開閉用のカギの準備。 

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku15.jpg

荷物収納スペースの底板を切り出し中。 この下にはZRX1100の心臓部のECUやヒューズBOXなどが収まります。
FRPの4プライにて制作した板より切り出しました。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku16.jpg

丁度作業場の車両の入れ替えがありバイクを移動したので折角なのですたんどから降ろしたついでにバランス確認でパシャリ。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku17.jpg

一部追加加工しました。 テールランプ固定用のステー/ナンバー固定用のステー等制作。」改めて部分的にサビ止め実施。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku18.jpg

こちらは撤去されていた純正のヘルメットホルダー。
シートカウル下に取り付けてくれとのご要望があったので、こちらも加工。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku19.jpg

こんな感じの位置で・・・。 あると便利ですね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku20.jpg

シートフレームの方もブラックで塗装しました。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku21.jpg

ここからは元通りへの復元作業みたいな感じですね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku22.jpg

Z2タイプウインカーやテールランプ周りの配線加工を施し、リアフェンダーカバーも取り付けしてゆきます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku23.jpg

収納スペースの底板も塗装して取り付け。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku24.jpg

組み上がると雰囲気でますねぇ・・・。このケツ具合が何度みてもたまらんっす!(笑)

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku25.jpg

ヘルメットホルダーはこんな感じでつきました。 

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku26.jpg

アンダーカウルの方を仮合わせしてゆきます。
画像に見えるステーはフラットバーを切り出して、内側にナットを溶接してあります。
すべてのステーはナット側を溶接して製作してあるので、カウル脱着でナットを落としてどこ行った?どこ行った?と探すことなくボルト側のみでの作業で済むようになっています。
こちらのガッチリステーを使用してアンダーカウルの固定をしてゆきます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku27.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku28.jpg

仮あわせした際にマフラーに干渉する部位(範囲)。 ここはカットします。 ここのカットで、地上高を稼ぐ目的もありますが、オイル交換がカウルを外さずに作業できるというメリットもあります。 FRPはマフラーの熱が長期的に当たると(FRPの樹脂成分が燃えるので注意が必要です。 

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku29.jpg

こんな感じでカットしました。 ステーが前方部部が不足してしまうので、引っ越しして2本がけに変更です。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku30.jpg

こんな感じで逃げます。  オイルのドレンボルトも見えますね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku31.jpg

サイドスタンドの逃げもカット。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku32.jpg

右側もクリアランスも十分です。 熱害も影響なさそうです。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku33.jpg

フロントエキマニ側のクリアランスもOK。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku34.jpg

で、このあとアンダーカウルを固定するステー類を製作してゆきます。

その3へつづく。

  1. 2017/09/06(水) 20:29:41|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0
次のページ