自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

今度のGWにマッドマックスなバーベキューを実施したいと思います。

※画像は3年前のものの使い回しです(爆)

今度の4月30日(日)に当方KAZEにて、MADMAXなメンバーを集めてBBQを実施したいと考えています。

内輪の方達はすでに連絡を回し始めていますが、こちらのブログの方でも記載しておきます。

MADMAXが好きでたまらないアナタ。 我こそは参加してみたいというアナタ。

初めて参加の方も歓迎です。 (参加希望の方はこちらのコメント欄より連絡先を入れて書き込んでください)

MADMAXコスプレのオッサン共に囲まれながら、MADMAXバイクを眺めながらのBBQとなる予定です。



暫定の予定ですが、毎度のアクアライン海ほたるに午前9時くらい?に集合。(木更津方面に向かった側の駐車場です)

木更津方面から行く方は、一旦海ほたる駐車場に入ったら、木更津方面に戻り方向でゲートをくぐり、すぐに駐車場にそのまま入りなおす形になります。

MADMAX_BBQ002.jpg

集合したら、袖ヶ浦IC(または富津中央IC)で降り、下道をのんびりツーリングしながら走行して、館山まで南下。 
当方KAZE敷地にてBBQ開始となります。(買い出し班と火起こし班に分かれて準備)

MADMAX_BBQ003.jpg

夕方4時くらいまでまったり楽しんで解散の予定です。

参加人数にもよりますが、一人あたり¥3000未満でOKかと思います。 ¥2000~3000位。

雨の場合は中止となります。(中止の場合は事前に連絡および通達はいたします)

とりあえずの目的は、MADMAXチームで気ままにツーリング&BBQをして、親睦を深めるのが目的です。

バイク自走にて帰宅もあるので、アルコール類は残念ながら提供できません。

興味の有る方はご連絡くださいませ。(MADMAX風のバイクに乗っていなくてもかまいませんよ)
熱いMADMAX熱があればOKです。

スポンサーサイト
  1. 2017/04/19(水) 23:11:40|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0

以前に制作したGSX1400グースの方より画像いただきました。 仕様変更されたんですね!

久しぶりのバイク記事です。
とはいっても昨年に当方で制作させて頂いたスズキGSX1400ベースのオーナーさんからの画像です。
ありがとうございます。
ピカピカにしていただけてうれしいです。
オーナーさんの愛情が伝わってきますね。

GOOSEGSX1400_kyoto01.jpg

画像を拝見させていただいた感じだと、左右出しのメガフォンマフラーとリアサスペンション、バックステップあたりが変更されたのでしょうか? タイヤも新品に交換した様子。ホイールも塗装したのかな?納車されてからの短期間で結構煮詰めてきましたね。

GOOSEGSX1400_kyoto02.jpg

GSX1400は車体がかなり大柄なので、よりいっそう迫力があります。

GOOSEGSX1400_kyoto03.jpg

Suzukaステッカーはそのままにしていただけているのが嬉しい!!w

GOOSEGSX1400_kyoto04.jpg

次回は是非、バトルスーツを着て、オーナーさんも一緒に写った写真を送ってください。期待しています!!

今年大規模ミーティングがあるようでしたら、直接お会いできたら良いですね。

暖かくなってきたから、おいらもそろそろバイクを準備しないといけないなぁ・・・。
只今年度末の追い込みでバッタバタなため、4月に入ってからになってしまいそうです。

そろそろ春のMADMAX内輪ツーリングの企画も立てたいと思います。

  1. 2017/03/24(金) 09:12:47|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0

グースカウル ゼファー1100への装着&シングルシート併用のキャリアも加工 後編(完成)

完成です!
今回は当方での塗装は無いため(オーナーさんがご自身で塗装されるそうです)、サフェーサーでの仕上げ引き渡しとなります。

塗装後の完成が楽しみですね。 是非拝見させてくださいね。



GOOSE_STYLE_Zepher1100_42.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_43.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_44.jpg

こちらはキャリア未装着状態での画像です。(このときはキャリア)脱着のためナンバーとリアウインカーは取り外した状態です。
慣れれば5分程度の時間で脱着が可能です。 

GOOSE_STYLE_Zepher1100_40.jpg

キャリアの見た目はアラ(笑)がわかってしまいますが、キャリア使用時は荷物でほぼ見えなくなるかと思いますのでご了解いただきました。(サーセン!)  まあ実用本位で、あくまで脱着可能な後付け加工品ですので・・・。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_41.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_46.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_45.jpg

引き渡し時にオーナーさんとパチリ。
関東のオーナーさんですので、完成後は当方の内輪ミーティングにも顔をだしていただけるとの事です。
どんな色になるのでしょうね? 楽しみです。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_35.jpg

ゼファー1100制作の巻、完了です。
  1. 2017/01/29(日) 04:07:49|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0

グースカウル ゼファー1100への装着&シングルシート併用のキャリアも加工 中編

前回の続きとなります。

画像は付いていたゼファー1100用の社外品のキャリアです。 
よく見てみると塗装の黒ではなく、鉄の角材を溶接したものに硬質のラバーコーティングがされたような仕上がりとなっています。

溶接の箇所は、このコーティングをあらかじめそぎ落としておかないとゆけませんね。



グースのシートカウルに合わせ、幅を30ミリ足して溶接し直しました。
また前側はもう1本土台が有った方が良いと判断したので、角棒を切り出して一番前側に増設。

下からのフレームとの固定ブラケットになる部分をフラットバーで延長し、それに付く部位もC鋼を使って製作します。 裏側はナットを溶接し、ボルトにてキャリアが脱着ができるように製作です。
 
GOOSE_STYLE_Zepher1100_21.jpg

溶接したところ。  シートカウルでほぼ見えなくなります。 問題なさそうです。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_22.jpg

キャリアを仮固定してみました。 よさげですね。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_23.jpg

でけた!

GOOSE_STYLE_Zepher1100_24.jpg

ちょっと無骨なデザイン&サイズですが、まあ良しといたします。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_25.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_26.jpg

シートフレーム側もさび止め実施。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_27.jpg

ブラックで改めて塗装して完了! さほどめだたないからよしとしましょう!(笑) 

GOOSE_STYLE_Zepher1100_28.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_29.jpg



  1. 2017/01/28(土) 00:02:42|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0

グースカウル ゼファー1100への装着&シングルシート併用のキャリアも加工 前編

昨年末の最後のバイク作業ネタです。
ゼファー1100ベースでの加工は2台目だったのですが、今回は少々今までと趣向が違いまして、オーナーさんはこのゼファーでもたびたび長距離ツーリングに行かれるそうで、荷物を詰めるスペースは確保したい、でもグースのスタイルもそのままでなんとか両立できないものか?とのご提案。  事前に一度ベース車は拝見させて頂いていたので、なんとかなりそうですとの回答で制作に入りました。

 入庫の際は、できるだけ持ち帰りの部品を少なくする関係上、無くても走ってこれる部位に関しては外してきて頂きましたので、シートカウルやその他一部の部品は無い状態でのお預かりです。

足回りはダイマグホイールにオーリンズショック、ヨシムラのキャブに補強入りのスイングアームetcなどと結構走り重視のカスタムが施された車体です。  エンジンの反応もゼファーとは思えないようなレスポンスでした。



この、純正シートカウル対応のキャリアをなんとか加工してシングルシートカウル装着の状態で併用(脱着できるように)と考えています。 ロングツーリング時は装着。 それ以外でMADMAXを満喫したい場合は、スタイルを損なわずに綺麗にシングルシート仕様に5分程度で戻せることを目指します。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_02.jpg

まずはいつものようにバラしから始めて行きましょう。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_03.jpg

さて、作業開始!と思ったら、ウチにあるレーシングスタンドでは車体を持ち上げることができないの事が発覚! 
レーシングタイプのアタッチメントが無いと駄目なのねん? 買うのもバカらしいし、それまで待つのも我慢できないので、丁度の寸法の角パイプ(偶然あった)と、5ミリ厚の鉄板を引っ張り出してきて、プラズマカッターで切り出して急遽制作。 見た目はアレだが、まあ用を足せば良いので・・・。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_06.jpg

アッパーカウル保持部のプレート溶接です。 ここはガッチリ固定します。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_04.jpg

平行してアッパーカウルに対するカウルステーの制作。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_05.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_07.jpg

カウルの水平度やハンドル噛み込み猶予の確保、マフラーの逃げなどを加工しながら位置を出してステーを溶接。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_08.jpg

とりあえずアッパーカウルの位置は出ましたので、引き続きアンダーカウルの位置出しとステーの制作。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_09.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_10.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_11.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_12.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_13.jpg

んでもって、シートカウルの方も位置出しして固定してしまいます。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_14.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_15.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_16.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_17.jpg

シートは純正を寸詰めして、内側に巻き込んだだけの状態。 改めてオーナーさんが張り替えるか?そのままで行くかは検討するとのことですので、とりあえずアウトラインのみ整形しておきました。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_19.jpg

さてさて、次はシートキャリアの加工です。 次回です。
  1. 2017/01/27(金) 10:04:20|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0
次のページ