自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

富士山がキレイだった・・・・。   セレナの速攻板金?修理。

所用があって木更津の方まで行ってきたのですが、高速を走っている最中に、柄にもなくとっても青空がキレイでなんだか得した気分でした。 高速を走っていると海側にちょうど富士山も見えるのですが、冬の時期だけあって、空気も澄んでて景色も綺麗。
 よし、帰りは下道で海沿いを走って帰ろう!と、途中寄り道したドライブインの駐車場から富士山を撮ってきました。



東京湾を挟んで対岸は久里浜のあたりですが、富士山まで結構な距離があっても意外に見えます。
写真だと伝わりつらいですが、実際に目で見るとなかなか壮観。   
 しょっちゅう通っている道で見慣れているけど、天気の良さとポカポカ陽気のおかげかちょっとハッピー!

fujisan_kirei02.jpg

抜けるような青空とはこういうことなんだなぁ・・・。
 
fujisan_kirei03.jpg

fujisan_kirei04.jpg

fujisan_kirei05.jpg

話は変わって、地元のお客さんが、先日奥さんが乗っていて追突をしてしまったそう。
保険は入っているので相手方の修理は問題無いのですが、自身の車両保険を入っていなかったので、なんとか安くなおらないか?と相談をされ、一番安い方法は、同色の部品をかき集めて、塗装せずに、見えないところは多少は目をつぶること。 そうすればなんとかやってみるよ。と返答。

 ネットで同色の外装パーツ、灯火類を探し集めていざ作業。
費用もかけられませんので、引っ張り修正も含めて2日以内ですべて終わらせます。

SERENA_FRONTbankin01.jpg

なかなか結構押されています。 よくエアバック開かなかったな・・・と。

SERENA_FRONTbankin02.jpg

SERENA_FRONTbankin03.jpg

運転席側のフレームも押されて少し折れて/つぶれています。 

SERENA_FRONTbankin04.jpg

当方ではフレームのきちんとした修理まではできませんので、簡易的に引っ張って少しでも引っ張りだせればな・・・と。(これ以上ひどい&ちゃんとフレームを出したい場合は、提携の同業者に依頼をかけます) 今回は上記の限りある予算&時間の関係上、簡易修理です。

SERENA_FRONTbankin05.jpg

SERENA_FRONTbankin06.jpg

SERENA_FRONTbankin07.jpg

今回、これだけの部品を交換しました。
バンパーは元々はライダーの仕様でしたが、バンパー下部を引っかけやすいのでノーマルのタイプにして欲しいとのことでしたので、ノーマルの小振りなバンパーにあえて仕様変更しています。

SERENA_FRONTbankin08.jpg

なんとか中古でそろったからよかったけど、色違いを再度塗装したら費用がかさんでしまうね。

SERENA_FRONTbankin09.jpg

なんとか1日で完成!
細かいところのチリあわせは完璧ではなかったけど、ほぼほぼわからないと思います。
ヘッドライトもかなり綺麗な物をみつけられたので、むしろ元より綺麗になった気がする・・・。

SERENA_FRONTbankin10.jpg

SERENA_FRONTbankin11.jpg

しめて7万円で修理完了です。 w
スポンサーサイト
  1. 2018/02/07(水) 09:31:13|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:2

戌年になって初の更新です。 GTOの外装仕上げ作業 その1

やべぇもう1月も半ばにさしかかろうとしているっ!
今年に入って初の更新でした。 遅せぇ・・・。

とりあえず戌年だにゃん、じゃなかった、ワンワン!(ぽこちゃん大きくなりました)



暮れにエンジン載せ替えまで完了させていたGTOさん。 
さっさと進めてしまわないと、2月で入庫1年になってしまいますっ(焦っ)
昨年の2月にエンジンブローでレッカーされてきて、中古エンジン見つからずに、ようやくドナー車両が入手できたのが5月?6月?頃。 それから実際に載せ替え作業に入れるまでの順番待ちで約6ヶ月(すんませんっ!)。
オーナーさんにも気長に待って頂き、ようやく11月に載せ替え完了、12月に細かい作業を完了し、あとは外装の仕上げ直しのみでした。
 
プレッシャーもひとしおでしたので、正月返上?でがんばりました。

まずはバラし作業から。

外装の塗装の劣化、エアロ類の割れ修理、ブリスターフェンダーのヒビ等の修理がメインです。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou74.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou76.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou77.jpg

今回、リアブリスターフェンダーは剥がして張り直しではなく、ひび割れ部分を削り、ファイバー入りの樹脂パテで補修をしました。
 今後再度リア周りの仕様変更をするかもしれないので、簡易補修の方法にて処置しようと打ち合わせました。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou78.jpg

エアロ類も大きな破損ではありませんでしたが、あちこちヒビもあったのでFRPにて補修。
リアバンパーの灯火類の仕様変更もあり、数カ所穴埋めを実施。(画像は穴埋め前)

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou79.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou80.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou81.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou82.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou83.jpg

サフェーサーで肌の確認。 (穴埋め後です)

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou84.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou85.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou86.jpg

つづく。
  1. 2018/01/14(日) 21:57:59|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:2

H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その9

間があいてしまいました。 カスタム代車(チキチキマシーン)制作記録の続きです。

前回は内装の仕上げ途中までの後悔・・・じゃなくて公開でした。

今回は足下の整備及びドレスアップです。
元々フロントブレーキの引きずりの症状もあったので、ブレーキのオーバーホール予定はあったのですが、それがそれ、整備/洗浄だけで済むはずが無く、またもやボディー色への変更となりました。  またかよ・・・。

まずは分解整備からです。 キャリパーをバラして洗浄、ピストンの研磨、シールキットの交換を行いました。



H42A_minica_chikichikimachine_seisaku95.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku96.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku97.jpg

リアドラムの中ダストで汚れてる~。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku98.jpg

フロントディスクは研磨しました。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku99.jpg

で、組み付け。 ぐはぁ・・・まぶしい!  塗っただけなのでパワーアップはしてないけどね。w

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku100.jpg

アルミホイールを履くとこうなります。(画像はリア)
ホイールは忍者の手裏剣をイメージしたスクリュータイプ。  良さげでしょ?
ミニカバンに贅沢にも16インチの40扁平タイヤです。 ホイールもガンメタリックブロンズで新規に塗装しています。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku101.jpg

コイツはなんざんしょ?  刀の柄のようにも見えますね。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku102.jpg

こうなります!
 元々はMT車やATでもネジ式のタイプ用です。  ミニカはグリップタイプで、横のボタンを押してロック解除してギヤを変える仕様です。 そのままでは当然付かないので、車体のシフト側、刀の柄側共に結構加工して取り付けました。 ギヤを変えるときは柄を下に押し込んでから切り替える仕様です。 俗に言う押し込み式のATシフトです。

地味に高けぇ・・・ヤフオク?で5000円位。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku103.jpg

でもって、どうにも見た目がショボくなってしまう純正シート。
元々はFTOの余っていたフロントシートを左右無理矢理加工して入れる予定でしたが、どうにもやっている時間もなく、結構大幅な加工が必要そうな危険な香りはしたので、今回は無難に社外のシートカバーに逃げました。  
 購入したのは同じ三菱のミニキャブ用。  ヘッドレストが一体型というのもあって、これなら!と購入しました。 1万円なり!

なかなかクオリティも高くて良さそうじゃないのよ?! 格好よくなっちゃうんじゃないの? え?え?

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku104.jpg

あれれ?  よく見たらフロント2脚しかはいってねーよ?! リアシート分はどうした? 

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku105.jpg

っていうか、全然入らねーし!  全くといってよいほどサイズ感が違う・・・くそ!どうしてくれよう・・・。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku106.jpg

まだまだつづく。
  1. 2017/12/21(木) 19:44:22|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0

バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その10

久しぶりのSK82 バネット(ボンゴ)トラックネタです。

当方仕事用のトラックのため、ボディに貼るデカールを作成しました。
いつものカッティングマシーンで制作です。 前回のトラックと同じくゴールドにて制作。



で早速ペタペタ。(この日は風が強く、貼る際にシートがくっついて、2枚ほど失敗して再度作成しました。バカ)
っていうか、横着しないで風は大敵なので工場内で貼るよな・・・普通は・・・。  車を入れ替えるのが面倒くさかったのよ・・・。とほほ。

VANETTE_TRUCK_shiage146.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage147.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage148.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage149.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage150.jpg

ちょいと貼り過ぎか・・・?  でも今までのトラックとほぼデカールの仕様と枚数は一緒なんだけどね。
ま、仕事車だから看板しょっている分には問題ないっしょ。

で、エアロの方ですが、少しづつ制作に入っておりまして、こんな感じ。

型取りの準備でカットしろの作成。

VANETTE_TRUCK_shiage151.jpg

ワックス/ゲルコートの塗布後、FRPを積層。  今回は450番を3回に分けて5プライ。

VANETTE_TRUCK_shiage152.jpg

今回は完全に自身の趣味制作のため、コストをかけずに型用のゲル&樹脂は使わず、通常の白ゲル&樹脂で型を作っちゃいました。w   まあ大量生産するわけではないからいいっぺ。
 
VANETTE_TRUCK_shiage153.jpg

バリをカットして、原型と型を分離。

VANETTE_TRUCK_shiage154.jpg

型ができました。(コンパネで簡易の台座も作成)
これにワックスをたっぷりかけて、PVA(液体の離型剤)を塗布し、エアロの肌になるゲルコ-トを塗って積層すれば新規のエアロができる訳です。

VANETTE_TRUCK_shiage155.jpg

で、出来ました。(早っ!)

VANETTE_TRUCK_shiage156.jpg

テストショットですので、とりあえず450番の2プライで制作しましたが、380番2プライでもよかったような気がする。
450番だとちょっと重たいね。

VANETTE_TRUCK_shiage157.jpg

純正バンパーに仮付け。   ・・・おおっらしくなったじゃないか?!

VANETTE_TRUCK_shiage158.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage159.jpg

塗装からの仕上げへ・・・。 つづく。





  1. 2017/09/23(土) 10:17:57|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0

FTO 田んぼ落下からの復活 その1

先月のブログにも掲載しましたが、お客様のFTOが田んぼに落下しました。
農道交差点での接触事故で、弾みで落下してしまったものです。
幸い大事故には至りませんでしたが、FTOの屋根ほどもある落差を落ちてしまったため、引き上げも一筋縄ではゆきませんでした。

屋根を吊ってしまうと廃車確定なので、いちるの望みをかけて後方からの引っ張り揚げを実施しましたが、落差の関係上、田んぼのり面引き上げ時にどうしても後方/前方共にバンパーが破損してしまう状況が発生してしまいます。

その後の状況です。



フロントバンパーは外れ(切れて)、フォースメントも変形、タイヤはパンクし、右側面のフロントフェンダーとサイドステップなども破損してしまいました。 それでも廃車を免れたのでしたら致し方ないかと思います。 落下場所が田んぼで、下が柔らかかった為、衝撃が最小限で済んだのが幸いでした。

FTO_jiko13.jpg

なかなかすごい状況・・・。

FTO_jiko14.jpg

とりあえずホイールを外し、下回り、ブレーキ周り等入念に高圧洗浄機で洗浄。 
ホイールは同タイプのスペアを持っていましたのでパンクの為とりあえずホイールごと履き替え。

FTO_jiko15.jpg

リアクォーターがかなりへこんでいます。 ここに相手方の車のフロントが接触したようです。  その衝撃でバランスを失って落下してしまったんですね。 サイドステップも変形/破損しています。 5センチ以上入ってしまっていますね。

FTO_jiko16.jpg

フェンダーアーチがさほどつぶれなかったのが幸いです。 ここがつぶれるとかなり固いので修正も手間がかかります。

FTO_jiko17.jpg

サイドステップも傷だらけ&破損していたので補修。

FTO_jiko18.jpg

今度はチップを溶接し引っ張り出します。 
1回では出ないので、チップ溶接 → 引っ張り → チップ切断 → 別の場所にチップ溶接 と引っ張り出す位置を何度も変えて徐々にリアフェンダーを引っ張り出します。(並行して、リアシート/右リア内張も外し、中からも押し出してゆきました)

FTO_jiko19.jpg

FTO_jiko20.jpg

画像ではちょっと汚いですがご勘弁。

FTO_jiko21.jpg

だいぶ出たんじゃないかなぁ・・・。 

FTO_jiko22.jpg

樹脂パテ(痩せない)を塗り肌の荒出し。

FTO_jiko23.jpg

板金パテで肌の仕上げ。

FTO_jiko24.jpg

サフェーサーで確認。  良いんじゃないっすかね。

FTO_jiko25.jpg

FTO_jiko26.jpg

ここでオーナーさんと修理に関して話をしている内に、路線が脱線し、どのみち全体の6割を再塗装になってしまうのであれば、この際、保険での修理金額+αで全塗装をしちゃおう!という勢いで話がすすみ、急遽方向転換。爆
 勢いありすぎだろっ!  もうやけくそになっているのかも?しれない・・・。w

FTO_jiko27.jpg

ということで、一気に全塗装への準備で車体はバラバラに・・・。

FTO_jiko28.jpg

どんどん外してゆきます。 並行して、車体隅々まで足付け&洗浄&脱脂を実施。 汚れや油分も取り去ってゆきます。

FTO_jiko29.jpg

その2へつづく。
  1. 2017/09/12(火) 10:23:25|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0
次のページ