自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

SK82 バネットトラック(ボンゴトラック) フロントハーフスポイラー 完成! ワー!ぱちぱちぱち 

まずは先にお披露目!
 あのムーミンのようなぼーっとした顔つきから一変! キリリと引き締まった顔つきに変身しました。
男前になったねぇ~。



塗装からの課程を少し載せておきます。

カットされた純正バンパーおよび新規のハーフエアロを下地を仕上げて肌の確認でサフェーサー。

VANETTE_TRUCK_shiage160.jpg

そいでもって、下色のブルーを塗り、上色のブルーパール、7色ラメ、クリアーと塗り仕上げます。
しばし乾燥中。

VANETTE_TRUCK_shiage161.jpg

純正バンパーのみ取り付けたところ。
エアロのダクト部分が干渉するので豪快に切ってしまいました・・・わははわは・・・・わはははは。(白目)

VANETTE_TRUCK_shiage163.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage164.jpg

これだけだと色塗っただけのトラックですが・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage165.jpg

エアロを付けるだけでこんなにもボリュームアップ!  うっひゃ~、激変だぁ!
正面から見ると、200系ハイエースっぽくみえるよね。 不思議だ。

VANETTE_TRUCK_shiage166.jpg

普通のワゴン車のようです。 

VANETTE_TRUCK_shiage167.jpg

地上高もこのとおり、結構確保してあるんですよ。 オーバーハングが元から長いから余計にひくく見えてしまうんですね。
地上高は約24センチほどとってあるので、ほぼほぼどこでも行けるはず。(工事現場や山道などに入る乗り方はしないのでこれで問題はないっす!)

VANETTE_TRUCK_shiage168.jpg

しっかり固定する関係上どうしてもビスを打たざるを得なかったけど、同色塗装したのであまり目立たないです。
このくらいは許容範囲でしょう。

VANETTE_TRUCK_shiage169.jpg

画像多めですが、この際載せちゃいます。  なかなか格好いいべ~!?

VANETTE_TRUCK_shiage170.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage171.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage172.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage173.jpg

元はこれと同型だったんだぜぇ~。 全然ちがうべ?
※以下画像はネット上にて拾い画像です。 背景は消しました。

VANETTE_TRUCK_shiage174.jpg

ただね、今回作業していて、途中で気が付いたんだけど、わざわざ密着型取ったり、フィッティングを気にしたり、純正バンパー切り取って加工したり・・・と手間のかかることをしていましたが、最初から「フルバンパー」のエアロとして制作していればもっと手間かからず、デザインもの自由度ももっと高かったんじゃないか?と今更ながらに思う・・・。(あ~言っちゃった・・・そいつは禁句だったのに・・・・笑)  

 そうなんだよねぇ・・・今回のハーフもかなりの大きさになってしまうのはわかっていたから、最初からフルバンパーとして制作にはいっていればもう少し作業も楽だった様な気もするんだけど、まあ今更ですね。 フルバンパーで設計していればもう少しデザイン的に制約は受けなかった気がする。 今後そのあたりは様子を見て検討しよう・・・。

とりあえずSK82系 バネット/ボンゴ用フロントハーフスポイラー完成!
スポンサーサイト
  1. 2017/09/24(日) 00:01:29|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0

FTO 田んぼ落下からの復活 その5

いよいよ、最終章です。
未取り付けだったバックランプも、社外品のSMDタイプのライトを用意しました。
どのくらいの発光量かわかりませんでしたが、事前のテストではかなりの明るさが期待できそう。

幅が125ミリと小ぶりで目立たないサイズにしました。

これをリアバンパー下部に埋め込みたいとおもいます。



位置決め中・・・。
ライトの寸法で切り抜き埋め込みます。 後方へまぶしすぎないように若干下側に向けています。

FTO_jiko83.jpg

取り付け完了。  すげーまぶしい・・・。
後に夜間に点灯確認したら、ヘッドライト付けてるんじゃね?位の明るさでした。 
最近のSMD発光はすごいね。  一昔前のLEDとは比べモノにならないくらい明るいです。

FTO_jiko84.jpg

できあがりはこんな感じ。   あまり目立たなくて良いんじゃないでしょうか?

FTO_jiko85.jpg

とりあえず車両の様子見をして頂くために仮納車しました。
オーナーさんよりいただいた写真を掲載しておきたいと思います。

前回の画像から、フロントリップスポイラーをとりつけました。
純正の後期バンパーも完成されたデザインで良かったのですが、サイドとリアがエアロが付いていて、ボリュームバランス的に若干フロントが負けている感があったので、追加で取り付けました。 ワンポイントで各所に使用しているガンメタリックブロンズであえて塗っています。

PHENIX_FTO08.jpg

PHENIX_FTO01.jpg

PHENIX_FTO02.jpg

この後、ロケーションも変えて撮り直してきたようです。

PHENIX_FTO03.jpg

PHENIX_FTO04.jpg

PHENIX_FTO05.jpg

PHENIX_FTO06.jpg

PHENIX_FTO07.jpg

細かい作業が若干残っていますが、まあそれは合間で作業してしまいますので、ブログとしての「FTO フェニックス計画」は終了です。  これからも大事にしてあげてくださいね。

 
  1. 2017/09/19(火) 10:33:40|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

FTO 田んぼ落下からの復活 その4

前回からの続きです。 
ホイールの方もボディー色リム&ガンメタリックブロンズにて塗装しピカピカになりました。
乾燥後、タイヤの組み付けバランスです。



ちょっと話は脱線しまして、FTOのオーディオパネル(枠)は、経年と紫外線での劣化で脱着でバラバラになってしまい、修復不可能で、しばらく前からすでに生産終了にて非常に稀少になっている・・・などど聞いていましたが、今回オーナーさんの依頼で、なんとか入手できないか?と懇願されたので、駄目もとで部品屋さんに問い合わせ確認したら、あっさり「あるよ!」と回答。 しかも頼んで翌日到着予定というスピーディさ。  いつから再生産になったんだい?または関東はストックがあるのかしら?ということで早速2個注文。    
ちなみに部品番号は前期/後期共に共通でした。(共にAT車にて前期/後期を確認)
部品番号は MR734441   価格¥12400(税別)でした。

興味のあるかた(またはパネルバキバキで見てくれが悪いんだよ~ってオーナーさん、一度頼んでみてはいかがかな?
  
以下に構成部品図添付しておきます。(添付図はMT車の図のようです) 当方はAT車のデータで注文。

FTO_audiopanel01.jpg

(追記)
翌日、部品到着しました。 普通に部品でるみたいですね。
左は割れてしまったオーディオパネル。

FTO_jiko81.jpg


そいでもっておなじくFTOのエアコン時のカタカタ音。  エンジンかけると2分ぐらいずーっとカタカタ カタカタ言っているうっとおしいアレ。  今回の車両ももはや自然治癒の見込みもなさそうですので(あたりまえか)、部品交換です。
 運転席足下左側面に付いている、モード切替ダンパーという部品が悪さしております。

新品部品がこちら。
¥4750位だったかな? H29年9月現在。

FTO_jiko71.jpg

運転席の、ハンドル下のカバーを取り外したところです。

FTO_jiko72.jpg

下からのぞき込むとようやく見えます。

FTO_jiko73.jpg

不良品(左)と新品(右)  見た目は変わらん。 あたりまえだ。

FTO_jiko74.jpg

んでもって、駄目になった方を分解して原因追及。

プラスチックギヤが欠けておりました。 これで回らずリトライしてカタカタ言っていたんでしょうね。
交換後は静かになりました。

FTO_jiko75.jpg

さてさて、仕上げも佳境に入ったFTOのフェニックスくん。
ホイールも履き替えましてこうなりました。

FTO_jiko76.jpg

意外に、このテールが人気があるらしい。 オーナーさん曰く、結構ボディカラーと共に聞かれるようです。
いや、特別な事はやっていないんだけどね。 塗り替えただけっすよ。

FTO_jiko77.jpg

ステッカーもカーボン柄のカッティングシートで「Phenix」ロゴを制作しました。

FTO_jiko78.jpg

FTO_jiko79.jpg

FTO_jiko80.jpg

まだ、いくつかの部品が取り付け出来ておりません。 ほぼほぼ完成近いけど、もうちょっとかなぁ・・・。
もう少しまっててくださいませ。
  1. 2017/09/15(金) 20:57:11|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:4

FTO 田んぼ落下からの復活 その3

前回からの続きです。
磨きも終わり、各部品も組み付けてゆきました。 
 まだ手つかずのカ所がありました。 テールランプ。 後ろのお目々に相当する車にとってとても重要なパーツです。
後ろの顔を印象づけるとても大事なカ所。 これはどうしても頭の中のイメージだけでは最終決定出来なかったので、車の外装をほぼくみ上げた後にデザインをきめさせていただきました。 大体のイメージはまとめてありましたが、最終候補が2種類あったのと、最後のデザインの詰めが80%位までしか出来ていなかった事が最後になってしまった理由です。
 結構重要だよね、テールランプ。

今回はできるだけ既存の部品をそのまま使用して、全塗装のベース色と塗り分けの手法でどこまで今までのイメージを払拭できるか?にもかかっていましたので、 悩みに悩みました。

とりあえず従来のデザインをあまり壊さないままでの案がこちら・・・。
当初はこれで行くつもりでした。



いたってオーソドックスなデザインです。 可もなく不可もなくと行ったところでしょうか?

FTO_jiko53.jpg

しかーし! 従来の考えを脱し、もっと違う角度から切り込んでみた結果、思いっきりアストン○ーティンをオマージュしたデザインを取り入れてみました。  それがこちら。

FTO_jiko54.jpg

バックランプはどうすんの?なんて野暮な事は聞いちゃあいけねぇ・・・。 そんなもん、代わりをどっかに付けりゃあいいんだよ!

そのままフチだけ塗っても面白くもなんともないので、合わせ技でスモーク仕様にしてみました。

まずは最初の案の方。 おおっ! なかなかワルっぽいじゃあないっすか?! 

FTO_jiko55.jpg

今度はア○トンマーティン風の方は?

FTO_jiko56.jpg

こちらもスモークテール仕様で仕上げ。 おおっ3割り増しでアストンマー○ィンみたいっすよ!旦那! 

FTO_jiko57.jpg

FTO_jiko58.jpg

今回は、当方にお任せコースでしたので、車のセカンドネームも考えさせて頂きました。

この車は当方の手元を離れてから、現在のオーナーさんに乗られるようになり何度も廃車の憂き目をみながらも、毎回乗り越え復活して現在に至ります。  最初は激しいオイル漏れからの中古良品エンジンへの載せ替え。(今から5年ほど前?) 
 このときはまだ中古エンジンも安く手にいれられる良い状況だったんですよね。 頑張って載せ替えしました。

FTO_jiko65.jpg

その後、信号待ちの際に2トン車にオカマを掘られてリア周りがエライことに・・・。  トランクもくの字の字にまがり、リア周りは大破、さすがにこのときは箱替えも視野に入れましたが、オーナーさんの熱望によりフレーム修正機にて矯正後バックパネル他一式交換。 リア周りも交換して、併せて仕様変更も実施。 ほぼ現在の形になりました。

FTO_jiko66.jpg

そんでもって今回の接触による田んぼにダイブ。
屋根を吊ったら即廃車でしたが、なんとか屋根を吊らずに田んぼより脱出。
外装は痛んでしまいましたが、車体自体は結構しっかりしていたため復活を決意。  今回に至ります。

この数々の復活劇を間近に見てきましたので、何度も復活するその姿から「不死鳥」の名をとって、フェニックス「Fhenix」と名付けました。  偶然にも不死鳥=火の鳥=赤い(ちょっと無理矢理?)な感じもありますが、赤いイメージも重なってフェニックスも悪くないかな?と。  私的には気に入っています。  
 この色ってなんていうの? もちろん、フェニックスレッド!(白目・・・適当じゃん!) 安直な名前ですが、まあ実のところなんでも良い。w

※本来のスペルは「Phoenix」ですが、oが無くてもどちらでも通用するようでしたので、見た目のスッキリさからoの無いスペルでネーミングしました。  見た目のロゴの雰囲気というやつです。

カッティングでデータも作成。  カーボン柄のシートです。

FTO_jiko62.jpg

ボンネットはじめ数カ所にはらせて頂きました。

FTO_jiko59.jpg

FTO_jiko60.jpg

FTO_jiko61.jpg

ホイールはどうしちゃったの?といったところですが、こちらもぬかりはなく塗装しています。 
現在の装着品は転がし用の仮履きです。

こちらもボディーに併せて再塗装中。
まずは足付け/脱し後、下色のピンクに塗装。
なんだか、レース車やジムカーナ車などが履いている感じのホイールぽくなりました。(笑)
いやいや、こいつは下色ね。

FTO_jiko63.jpg

で、リム部分をボディー色へ。
まだ完成ではありません。 次回完成画像をお見せします。

FTO_jiko64.jpg

ボディーカラーも日陰と日向でこれだけの発色の差が出ます。

FTO_jiko67.jpg

パールの発色で全然違う色にみえると思います。 

FTO_jiko68.jpg

まだ、仮ですがフロントバンパーも取り付けてみました。 完成が見えてきましたね。 もうすぐです。
でもフロントもこれが完成ではなく、最後の部品を付けて完成となります。 フロントのイメージも結構引き締まるだろうなぁ・・・。
あと少しだ、頑張ろう! 

FTO_jiko69.jpg


  1. 2017/09/14(木) 00:46:14|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:4

FTO 田んぼ落下からの復活 その2

前回の続きです。(かなり画像多いです)

急遽オールペイントという話に変更になり、ならば色を決めないといけないね、と乗っている奥さんの意見を重視し、ワインレッド系で行きたいというご要望でしたので、ワインレッド系、マゼンタ系(ローズレッド系)の両方の赤ベースでサンプルカラーを作って見比べてみていただきました。 また調合するパールやメタリック、オパール系の塗料も複数サンプルをみていただき、最も希望に近い色を提案。 今回はディープマルーン(ワインレッド系)ベースにバイオレットパール(紫パール)の調合で行くこととなりました。

 パールの発色も出しつつ、3コートのように出しゃばり過ぎないパール感で、七変化するカラーにさせていただきました。
(ご相談後に、ブルーパールも追加して青みの発色もでるように調合してあります)  暗い元ではワインレッド、明るい日向はキャンディーっぽく光るレッド(ややピンクに近く見える)、水銀灯などの白色光の元では青くパールが光るようになっています。(色味を落ち着かせる関係上、上記のカラーにプラスして、透明度の高いブラックを少々、フラットベースを少々、オパールホワイトを少々加えてあります)

まずは車体の塗装準備と並行して先にエアロや取り外した外装の方から色を入れておきます。
下色のピンクです。 調色して作った色が透過率が高いので、透けてしまいやすい為、下色にピンクを塗装しておきます。
この方が上色の発色がよく、染まりも早いため結果的に材料も少なく済みます。



ボンネットも裏面から塗装しておきます。

FTO_jiko31.jpg

リアウイング、リアバンパー、トランクです。

FTO_jiko33.jpg

下色の次は上色です。  今回部分的にガンメタリックブロンズにて色分け塗装しています。 アクセントになりますね。

FTO_jiko34.jpg

色分け部分が分かるかと思います。 今回は塗装イメージはすべてお任せしますとのご承諾いただきましたので、こちらの好きなように自由に塗装させていただきました。w    特に大きな外装の部品交換等は行っていませんが、塗装(塗り分け含む)でどれだけイメージが変わるか?のモデルケースとして見て頂きたかったので、今までのFTOでの塗装色分けではあまり例がない方法で行っています。 好みの差も個々にあるかとは思いますが、あくまでも参考とおもってください。 オーナーさん、託してくださってアザース! 自由にノビノビやらせて頂きます!(笑)

FTO_jiko35.jpg

フロントバンパー他、こちらも塗り分けを施しています。 

FTO_jiko36.jpg

つづいて車体の塗装。  マスキングで塗装準備です。 ドア中/ボンネット中等色を入れるので現状はすべて取り外した状態で塗装に入ります。 途中で取り付けて最後に側を塗ります。

FTO_jiko37.jpg

FTO_jiko38.jpg

で、下色を入れた後に上色、クリアーと塗装してゆきます。 全体に下色のピンクを塗装しますが、上色からクリアーまではドア中などの内側になるところのみです。 

FTO_jiko39.jpg

手間はかかりますが、この方がきちんと奥まで色も入り、肌もキレイに出るので、私は外せるところはほぼすべて外して塗る方針です。 

FTO_jiko40.jpg

乾燥後にドア/ボンネット/トランクなどを組み付けます。(ドア側等も中はすでに塗装済みです)
屋根を囲っているのは、屋根は別の色ですでに塗装してあるからです。 クリアー時に屋根のマスキングを剥がし、屋根/その他を一緒にクリアーを塗って仕上げます。 この方が屋根部分との色塗りの段差を出さない方法です。

FTO_jiko41.jpg

ダクトに相当する部分もガンメタリックを塗装してありますので、マスキングをします。 最後に一緒にクリアー塗装です。

FTO_jiko42.jpg

上色の染まりが悪いので、再度全体的に下色のピンクを入れます。(塗り分けなので手間がかかります・・・・ぐったり)

FTO_jiko43.jpg

中色の塗装中。 ムラが出ないように塗り重ねます。 約7回ほど上色を重ね塗り。

FTO_jiko44.jpg

ここで、ダクトや屋根部分のマスキングを剥がして、まとめてクリアー塗装を行います。  ツヤツヤっすね。 気持ちがいい!

FTO_jiko45.jpg

FTO_jiko46.jpg

FTO_jiko47.jpg

FTO_jiko48.jpg

FTO_jiko49.jpg

FTO_jiko50.jpg

FTO_jiko51.jpg

綺麗な色に染まりましたね。
この後磨き&組み付けです。 

まだ続きます。
  1. 2017/09/13(水) 19:46:58|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2
次のページ