自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

レグナムVR-4 持ち込み部品の加工取り付けなど。 その4

こちらは持ち込みでのオイルクーラー。 元は何用だったのか?分かりませんが、パワステークラーとして付けてくれとのことでしたので、取り付けます。 前置きインタークーターを付けているので、これ以上、その前後には置きたくない(冷却低下)ので、左右のデッドスペースに置きたいと思いますが、いかんせん固定することの出来るような場所がありません。

無きゃあ作るか? のノリで付けます。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou42.jpg

スペースと配管の元の距離から必然的にバンパー右(運転席側)脇へと決定。
バンパー内側に干渉しないか?を確認しながら、上下左右の良さそうな位置を計測します。
フレームの影響の無い位置に切り込みを入れて、フラットバーを切断した物を挟み込んで一緒に溶接。
この位置を足がかりに残りのステーも制作します。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou43.jpg

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou44.jpg

完成! レイアウト的に縦にしか設置できなかったので、まあこれでヨシとします。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou45.jpg

側面のステー。 こんな感じくらいでしか固定方法が無かったっす。 

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou46.jpg

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou47.jpg

お次はオイルクーラー。 コヤツも設置場所には困っちゃう位の大きさ。 でもって、レグナムの方も車体のフレームレイアウトなどの問題もあり、なかなか厳しい・・・。もう少し小さいとベストなんだけどね。

ステーの制作中です。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou48.jpg

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou49.jpg

はやりこっちも縦にしないと駄目でした。 90度エルボのスイベルシールを使ってホースをつなぎますが、ホースはAN10というなかなか太いサイズなので、最小半径がどうしても大きくなってしまうので、ホースのレイアウトを考慮して、こちらも縦に設置。
 でも地上高結構ギリギリなんですよ。 バンパーよりは低くはないけど、気を付けないといけないね。

オイルクーラーを寝かせれば地上高は確保できますが、そのぶん前からの空気の抜けが悪くなるので、寝かせずに男らしく正面向いて設置しましたw。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou50.jpg

うーん、オイルクーラーデケぇなぁ・・・。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou51.jpg

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou52.jpg

あとは、ホース類とエレメント移動キットを取り付けて終わりかな・・・。
珍しい車種?に、めずらしいものを取り付ける作業でしたので、いつもより少し画像多めで掲載してみました。
レグナム VR-4 ツインターボの純正5速マニュアルという、非常にレアな車種でしたよん。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/21(日) 09:08:03|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

レグナムVR-4 持ち込み部品の加工取り付けなど。 その3

その後の続きをすっかり掲載し忘れていたので、続きです。
レグナムの作業です。

モール類が白く色抜けしてしまったので、黒く塗ってちょうだい!とのことでマスキングです。
バイザーが付いているので地味に面倒くさいですw。



mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou26.jpg

塗りました。 マスキングさえ終わってしまえば塗るのなんかは何分もかからない。

モール類が黒くハッキリすると、ビシッと引きしまりますね。
マットブラックで塗装です。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou27.jpg

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou28.jpg

続いてルーフの塗装。
ルーフレールが嫌だから撤去して、ついでに塗装もくたびれていたので塗り直し。
板金などは無かったのでそのまま再塗装です。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou29.jpg

穴埋め用のフタをFRPの板を切って作ってみました。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou30.jpg

しかーし!塗装して貼ってみるといかにも後付け感満載で安っぽいので(笑)撤去。 別な方法を考えます。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou31.jpg

以前に塗装してキズ付かないように梱包してあったインタークーラーのパイピング類です。

一気にくみ上げます。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou32.jpg

ホースメントの奥に純正のインタークーラーが鎮座しています。
コヤツを撤去して、ほぼ同じ位置に設置します。
純正でもなかなか結構大きなインタ-クーラーが付いています。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou33.jpg

できました。(早っ!)
前で針金で吊っているのはパワステークーラー(細い配管部分)です。 こいつもこの後交換します。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou34.jpg

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou35.jpg

持ち込みのインタークーラー(中古)の取り付け部分の足が折れていたり、ヒビ入っていたりで、心もとなかったので、下から押さえるステーを追加。 コアとステーの間にはウレタン剤を挟んでます。 見た目は悪いけど、直接見えないしでまあOKでしょう!。コアが落っこちる方がイヤだしね。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou36.jpg

純正のフォースメントです。 後付けのコアに干渉するので、カットしてゆきます。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou37.jpg

プラズマカッターで切断中。 結構きりとらないと駄目だなぁ・・・。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou38.jpg

こんなになくなっちゃった・・・。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou39.jpg

まあ仕方ないね。 無いよりは良いでしょう!

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou40.jpg

ヨッシャ!交わしたっ。

mitsubishi_LEGNUM_kakousagyou41.jpg

続く。
  1. 2017/05/20(土) 09:48:52|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0

GTOの塗装関係と車検他。

今回初めての作業依頼をいただきましたお客様です。
車検と外装の塗装作業を実施させせていただきました。

塗装の劣化部位等の補修が主な作業です。
お預かり時の画像。
車体はGTOでも前期の後期(H4~5年)の車体にしか設定の無かったミスティホワイトパールという珍しい個体です。



GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka02.jpg

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka03.jpg

カーボンボンネットですが、表面が荒れてしまっています。 白くガサガサの状態です。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka04.jpg

水研ぎにて表面の汚れとキズを研磨します。
研ぎ汁がヤバい色になってる・・・w。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka05.jpg

クリアーにて再塗装後。
綺麗にツルツルに復活しました。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka06.jpg

日に当たるとカーボンの目がハッキリでるようになりましたね。
カーボン部品は、クリアーでしっかり仕上げてあげると耐久性もあがり、見た目もグレードアップするので、表面のコーティングはおすすめです。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka07.jpg

続いてフロントバンパー。 純正のバンパーを見るのも久しぶりのような気がする・・・笑。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka08.jpg

フロントフェンダーなどと共に塗装。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka09.jpg

リアゲートも純正の穴埋め処理。裏から鉄板を接着(樹脂パテにて)して、表を少し叩いて、薄くパテ処理。 
サフェーサーで仕上げ。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka10.jpg

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka11.jpg

モール類も色抜けしてしまっていたので、マットブラックにて再塗装。

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka12.jpg

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka13.jpg

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka14.jpg

組み付けて完成!(この後車検にゆきました)

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka15.jpg

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka16.jpg

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka20.jpg

GTO_nakazawasan_tosousagyouhoka18.jpg

リップも取り付けましたが、取り付け後の画像を取り忘れてしまいました。 オーナーさんすんまそん・・・。

初めての作業でしたが、ご満足いただけたようでしたらなによりです。
またよろしくお願いします!
  1. 2017/05/19(金) 10:18:48|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

HA3アクティトラック 全塗装仕上げ

ちょいと前の作業ですが、ついでなので軽トラック作業ネタを掲載してしまいます。
こちらはHA3アクティトラック。 H6年車?とかなり古いのですが、エンジンはタフなのでまだまだ現役の車両です。
当時の軽トラックでは稀少なAT車でエアコン付きというそこそこ珍しいグレードでしたので、復活のベースとなりました。

作業車だけあって、外観はあちらこちらベコベコです。 唯一の救いはクサリが全然なかったこと。 これは幸い。
凹み/キズはなんとかリカバリーできますが、根っこから腐ってしまっている塩害車などは処置が困難ですので。



まずはバラしを兼ねながら、洗浄と足付け作業を平行して行ってゆきます。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE02.jpg

比較的泥汚れなどは少ない車両でした。
街乗りが多かったのかな?

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE03.jpg

凹み/キズを引っ張り出しながら板金処理。
地味にあちこちへこんでる。 

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE04.jpg

ドアも引っ張り出して、トンカンして仕上げ。 画像だと分かりずらいですが、ドア下半分へこんでいます。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE05.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE06.jpg

車体の方は水を切るために1日乾燥。この後、細かい部品をさらに外して、奥まった部位の足付け。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE07.jpg

外した部品は順次塗装してゆきます。
今回はやや濃いめのブルーメタリック系。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE08.jpg

もちろんドア中も塗装。   ホンダのドア内張などのブチルテープ?は乾燥性の無いベッタベタな接着剤?が使われており、内張を剥がして何か?の作業をする際にはかならず腕回りにこのベッタベタな粘着剤がくっつき回ります。 これが非常にやっかい。 イヤイヤの元ですね。 毎回思うが、ホンダさんコイツだけはやめてくれ。 作業性が悪すぎる。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE09.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE10.jpg

乾燥したらひっくり返して今度は外側。
(3コートパールの場合は色味の違いが出てしまわないように、ドア外などは車体に付けてから一緒に塗りますが、今回は普通のメタリック系なので、外したままで表裏塗装してしまいます。 水平に置き塗りした方が塗装の肌が綺麗になります。)

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE11.jpg

車体も板金完了したので塗装してゆきます。
サフェーサーの部位は凹み/キズを板金したところです。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE12.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE13.jpg

中までちゃんと塗ると気持ちが良いね。  さらに本格的にやるなら、室内もダッシュボードやイス、天張りも剥がして中の塗装もしますが、今回はそこまでは行いません。 

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE14.jpg

こちらは定番の内装の劣化具合。 紫外線で白っぽく劣化しています。
拭いたり、内装のコーティング剤をやったりしてもすぐに白くなってしまうので、今回は内装色に合わせて調色しました。 塗装で復元します。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE15.jpg

センターコンソールなども真っ白け。  これじゃあ外装綺麗でも、内装でがっかり具合が増してしまいますので、綺麗綺麗にします。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE16.jpg

塗装で復元。  ほら、綺麗になっちゃった。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE17.jpg

塗料に軟化剤とつや消し剤(フラットベース)を入れて、塗装前に樹脂部品にプラスチック製品密着剤(PPプライマー)を塗布して、密着を上げてから塗装しています。  これならちょっとやそっとのぶつけくらいでも剥がれません。  半ツヤなので、純正ぽくもなるしね。 

ドア内もこんなに綺麗に。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE18.jpg

内装は新品のレザーシートカバーを装着しました。  この型のアクティ系には汎用のトラック用布製シートカバーしか設定が無く、ショボすぎるので、奮発して別車種のものを加工して装着しました。 グレードアップしました!(画像に写っていませんが、ヘッドレストも同様にレザーシートカバーで巻いています)

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE19.jpg

ホイールは余っていたダイハツ純正?の13インチをガンメタリックブロンズで再塗装。 タイヤも新品に。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE20.jpg

当方オリジナル品のリップスポイラーも装着。(スポイラー端の固定がまだの状態ですので、ドアとの隙間が見えますがご愛敬。 この後ステーを装着して密着させました。)

あとはウインカーを後期型のクリアータイプに変更予定です。
こちらも整備が完了したら売却予定です。 

ヤボったい感じからかなりスタイリッシュにカスタム出来たと思います。
やっぱり、この型のアクティが一番格好イイなぁ・・・。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE21.jpg

以上、4日で完成でした。


  1. 2017/04/25(火) 00:48:20|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

サンバートラック 板金/全塗装

以前に在庫として購入していた軽トラックの仕上げ作業です。
そのままの仕様で仕上げてもおもしろくないのでカスタムチックに全塗装して仕上げてゆきます。

まずは作業前のお姿。
なかなかくたびれている感じです。

画像ではわかりずらいですが、あっちこっちにきず凹みがあります。 



ここもへんてこりんな当て方していますね。 フロントパネルは開閉出来ないタイプ(一体品)なので、外から引っ張って板金が必要です。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint02.jpg

バンパーもえぐれています。 しかし変な当て方だなぁ・・・。角はよくありますけどね。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint03.jpg

汚れてはいますが、凹みはほとんどありませんでした。 サビもないので優秀優秀!

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint04.jpg

荷台は幌の痕かな。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint05.jpg

フロントパネルの板金中。 溶接して引っ張っています。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint06.jpg

ドア下も板金。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint07.jpg

ドアピラーもへんな凹み方していました。 こちらも引っ張り出し。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint08.jpg

フロントパネルも板金完了し、車体をバラし塗装準備に入ります。

洗浄/足付け/脱脂をいっぺんに行っちゃいます。  水分を切るのに、中1日外で乾燥。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint09.jpg

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint10.jpg

ドアなどの内側より先に塗装開始。 
今回はシブ目のガンメタリックブロンズで仕上げました。 綺麗っしょ?!

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint11.jpg

こちらはグリルやミラーなどの小物部品。 これらは車体より明るいシャンパンシルバーで塗装しました。
ボディーとのメリハリを付けるためにやや明るめの設定です。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint12.jpg

車体の塗装にかかります。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint13.jpg

一丁あがりっ!

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint14.jpg

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint15.jpg

組み付けて完成! ピカピカになりました。 手持ちの16インチアルミを入れてみたけど、ちょいと大きすぎるようなきがするなぁ・・・。ホイールが走っているみたいだ・・・w。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint16.jpg

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint17.jpg

ブロンズ感が分かるかな・・・。画像だと伝わらないんだよなぁ・・・。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint18.jpg

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint19.jpg

この系統の色だと軽でも迫力出ますね。 イカツイです。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint20.jpg

ホイールも同色塗装です。

TT1_SAMBERtruck_ALLpaint21.jpg

残り内装の細かい部位の仕上げと、整備が完了したらこれも売却ですね。 
  1. 2017/04/23(日) 23:56:43|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0
次のページ