自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOのお色直し作業 その13 リアブレーキ再塗装

前回フロントブレーキのオーバーホールと再塗装でしたが、今回は反対のリア側作業となります。

リアも社外の対向4ポッドに変更済みです。  こちらも塗装の劣化も進んでしまっていたので、剥離後再塗装となります。



まずは取り外して、

hekirusan_GTO_shiage2017_175.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_176.jpg

洗浄/剥離作業となります。

hekirusan_GTO_shiage2017_178.jpg

地金がでてきました。 元色も綺麗だなぁ・・・。

hekirusan_GTO_shiage2017_177.jpg

プライマー塗布後、下色塗装。

hekirusan_GTO_shiage2017_181.jpg

で、赤。

hekirusan_GTO_shiage2017_182.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_183.jpg

ベルハウジングは別途ゴールドで塗装しまして、乾燥後組み付けて完了です。 綺麗になりました。

hekirusan_GTO_shiage2017_180.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_184.jpg

同じような作業はつづくもので、こちらはFTO。 こちらも地元常連さんの車です。 

JackalsanFTO_BRAKEtosou01.jpg

ご本人さんも一緒に作業。 洗浄/足付けをしていただいています。 
愛車だけに部品への愛情もひとしおですね。

JackalsanFTO_BRAKEtosou03.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou04.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou05.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou06.jpg

組み付け後、マスキングして塗装。

JackalsanFTO_BRAKEtosou07.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou08.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou09.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou10.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou11.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou12.jpg

JackalsanFTO_BRAKEtosou13.jpg

フルード入れてエアー抜き完了! 
ホイールから除くチラリズムがたまんねーすね!w

JackalsanFTO_BRAKEtosou14.jpg
スポンサーサイト
  1. 2018/02/17(土) 13:25:25|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0

GTOのお色直し作業 その12

前回掲載から2ヶ月近く経ってしまいました。
GTOのお色直し作業の続きです。
今回はブレーキのオーバーホールと再塗装です。

画像はGTOでも珍しいオプション装着のAP6ポッドキャリパーとローターです。
以前に塗装/装着してからもう10年近くが経とうとしていたっけな?

いろいろと見た目もくたびれてしまったのと、オーバーホールも兼ねての作業です。



ご本人さんに用意していただいたシールキットです。
元はレース用のブレーキなので、一般的なダストブーツが存在しません。 
インナーシールのみです。

どこから入手してきたのかがまず不思議・・・?w よく見つけてくるなぁ・・・。

hekirusan_GTO_shiage2017_157.jpg

ばらして作業(シール類も交換)してしまいますので、まずは古い塗装を剥離。
 以前に塗装した際も、下処理で密着材(プライマー)塗装、下色ピンク、中色のレッド、上塗りのフレーク入りのクリアー、仕上げのクリアーと多積層に塗りましたので、塗膜が厚くて剥がすのも一苦労。 3回剥離でようやく金属地がでてきました。

hekirusan_GTO_shiage2017_158.jpg

同様にローターやスペーサーも剥離。   金属地が見えるとこれまた新鮮。 メカメカしくてこれも悪くはないなぁ・・・。

hekirusan_GTO_shiage2017_159.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_160.jpg

続いてキャリパーのオーバーホール。キャリパー1個で6個のピストンがあるので順次交換してゆきます。

hekirusan_GTO_shiage2017_161.jpg

ピストンの裏側にバネが付いています。 

hekirusan_GTO_shiage2017_162.jpg

最後の1個・・・。w
ピストンがでてきちゃうのでクランプで抑止。
 キャリパーサポートは外して塗装する予定でしたが、固定のボルトがメッチャ固くて、無理して破損等させてもいけないので、マスキングして塗装することにしました。 壊したらエラいこっちゃ・・・・。

hekirusan_GTO_shiage2017_163.jpg

脱脂洗浄して天日干し。 水気を飛ばします。

hekirusan_GTO_shiage2017_164.jpg

ローターの塗装。 アルミ地なので、まずは密着材(ウォッシュプライマー)を塗布。

hekirusan_GTO_shiage2017_166.jpg

乾燥後に下色のクリーム色を塗装。(この後のゴールドの発色をよくするため)

hekirusan_GTO_shiage2017_165.jpg

綺麗なゴールドです。(^^)

hekirusan_GTO_shiage2017_167.jpg

キャリパーも同じく、プライマーから塗装。

hekirusan_GTO_shiage2017_168.jpg

下色ピンクで

hekirusan_GTO_shiage2017_169.jpg

レッドを塗装して、フレーク塗って、クリアーで塗装。

文字の部分は後ほど削り込みます。

hekirusan_GTO_shiage2017_170.jpg

装着してエアー抜きして完成!

hekirusan_GTO_shiage2017_171.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_172.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_173.jpg

うん、綺麗になりました。
  1. 2018/02/10(土) 10:32:57|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

GTOの外装仕上げ作業 その3 納車まで

前回からの続きです。 とはいっても、もう残す作業はヘッドライトとフロントバンパーの取り付けくらいでした。
ライト加工はオーナーさん自身が殻割りして実施。

今回は~納車までです。 

前回取り付けたバックランプ。 どのくらい明るいか?闇夜でを見せていなかったので今回撮影。 
少し前のボンゴトラックに取り付けたフォグランプとと同一品です。 SMD?の粒が6個くらいしかないのにも関わらず、激光。 どんな感じかというと、後ろにヘッドライトが付いている位の明るさ。 ちっこい薄型LEDなだけなんですけどね。 こいつがとにかく明るい。



GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou103.jpg

オーナーさんが苦労していた加工ヘッドライトも準備が出来たのでヘッドライトを車体に取り付け、フロントバンパーを取り付けます。  画像に見える黄色いテープは、殻割りしたヘッドライトのレンズ面を再接着して乾くまでの補助としてのマスキングテープです。 (前回来店時に、ヘッドライトの光軸調整やバイキセノンの作動確認、他の電気配線作業を一緒に行いました。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou104.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou105.jpg

今回は社外のヘッドライトを殻割りして、インナーベゼルを加工してバイキセノンを埋設。 ウインカー/車幅灯をチューブタイプにして、ヘッドライト内を長くキレイに見せようという作戦です。 

 見る方のほとんどが、GTOのヘッドライトでは無いというのはわかるかと思いますが、ZZT231系のセリカ用社外のライトをベースに加工しています。 

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou106.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou107.jpg

スモールつけた場合でのテスト。 想定外に明るい(まぶしい・・・)。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou108.jpg

ハザード時の点灯確認。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou109.jpg

ウインカー/ハザード点灯時。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou110.jpg

スモール+ヘッドライトの確認。  まぶしすぎて何がなにやら・・・。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou111.jpg

無事引き渡しも終わり、オーナー様とともにかえって行きました。

明るいときに撮った完成画像が無いので、後日オーナーさんより画像を送ってもらうこととなりました。
改めて昼間の画像も掲載したいと思います。 屋根を黒く塗ったのも正解でしたね。
車高が低く見えるし、より車種不明感が強調されてる。w

  1. 2018/01/27(土) 00:22:41|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:4

GTOの外装仕上げ作業 その2

GTO 外装仕上げ作業の続きです。

補修の終わった外装部品から順次塗装してゆきます。

発色良いように、下色のピンクを塗装。



でもって、仕上げのレッド&クリアー。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou88.jpg

並行して屋根の肌の下地を作っておきます。
経年劣化でクリアー層が剥がれ、ガサガサになってしまっていたので、一旦表面を研磨し、サフェーサーで肌を整えます。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou89.jpg

ルーフ以外を先に塗装。 ルーフは塗り分けます。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou90.jpg

ルーフ関連、他ブラック塗装するところも済ませてしまいます。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou91.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou92.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou93.jpg

で、早速組んでみた。 

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou94.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou95.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou96.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou97.jpg

屋根をブラックで塗装するだけでもイメージチェンジになりますね。 メリハリ感あって良いと思います。
最近、ルーフの塗り分けの車が多いような気がする・・・。これから流行るか???w

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou98.jpg

フロントバンパーも塗装。  セリカライトを納める分長くなっているので、こう見るとデカイね。

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou99.jpg

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou100.jpg

あとは、以前からチョイチョイご本人さんが来てヘッドライト他を自作加工作業しているので、ライトの完成待ちかな・・・?
もうすぐ完成ですね。 早く乗り出しましょう!

今は亡きふーちゃん愛用のキャットタワーでくつろぐぽこちゃん。 なぜか?この上にある水飲み場でしか水を飲まないんですよ。(下にもあるのに)  ふーちゃんも亡くなってもうすぐ1年。 月日が経つのは早いなぁ・・・。

戌年にもかかわらずにゃんこばかり掲載している・・・。  
会社のちび太(わんこ)も写真とってあげよう!  

GTO_engine_nosekae_ryuuchanngou101.jpg
  1. 2018/01/15(月) 22:18:15|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2

GTO エアロ修理/ワンオフダックテールスポイラー制作他 その1

リアバンパーを引っかけてしまったということでの修理です。

右側面、右後方を大きく破損してしまっています。 
幸いなことはリアフェンダーなどの主立ったボディー側への被害が無かった事です。
ボルトナットでの取り付け部分だったところは、かなり粉砕されてしまっています。



こちらは右後方。 結構な範囲で破断しています。 
破断していると見た目はかなり衝撃的ですが、どちらかというと内部粉砕よりは、力が逃げて破断してしまった方が、見た目に比べて比較手修理は楽な方です。 広範囲での内部粉砕の方が大変です。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku02.jpg

まずは破断してしまった部位から補修。 ささくれ立った部位は切断してしまい、復元面を合わせて裏張りして接合完了。
形は大体良いと思います。 破断後長期間ずれたままの状態でしたので、若干ユガミのまま固定されてズレが出ていました。
矯正して接着となります。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku03.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku04.jpg

こちらの方が深刻でした。
取り付け部が引っ張られたようにちぎれてしまっており、また広範囲に渡り内部が粉砕しています。
 後付けのリアサイドマーカー上部付近は変形したままクセが付いてしまっていました。  

車体側に取り付けるステーを挟み込む必要もあるので、やみくもにFRPを盛りつけて裏張りできません。(均一な厚さでの復元修理が必要になります。)

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku05.jpg

取り付けのステーはこんなにも変形していました。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku06.jpg

なんとか形を復元してパテにて成型中。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku07.jpg

こちらも面だし。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku08.jpg

サフェーサーにて肌の確認。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku09.jpg

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku10.jpg

塗装完了。

GTO_kinebuchisan_RB_shuuri_Aucktailseisaku11.jpg

ダックテールスポイラー製作につづく。
  1. 2017/11/24(金) 21:14:29|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0
次のページ