自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

S30Z レストア作業の続き その・・・いくつだっったっけな・・・?とにかく続き。

 ちょいと前のお昼時に、近くのコンビニにお昼ごはんを買いに行った時に目撃した???な車。
コンビニの駐車場ですが、えらく汚れた(普通の汚れ方じゃないぞ・・・)軽自動車を発見。 恐らくコンビニに来ていたお客さんだろうが、なにやら元の車の色と車種が判別不能な位の汚れ・・・?っぷり。 
新車から洗車をしたこと無いのか?それとも、よほど汚れてしまうような環境下での使用状況なのか?わかりませんが、元色は白のアルト(またはキャロル)と思われます。 本来は奥に見える白い車と同じような色合いだったのではないかと・・・。   まあ汚れていても車としての機能に支障がないなら結構な話ですが、真夏の太陽の下で衝撃的(いや、笑劇的?)な車でしたのでちょいとパチリしてみました。



で、久しぶりに更新のS30Z作業です。  しばらく前の作業風景だったのですがアップが遅れておりまして、今に至ります。

リアゲートを外しましたので、リアゲート周りの車体の補修作業です。 
やはりあちこちサビだらけで、モリモリ盛り上がっておりました。
考えていても始まらないので、サッサと切ってゆきます。 中途半端に削り落としても、鉄板が薄くなるだけなので、思い切って切ります。

S30Z_RES_92.jpg

元のプレスラインに近づけて鋼板を切ってまげてゆきます。 こんなもんでしょうか?

S30Z_RES_93.jpg

で溶接して、スパッタを削ります。

S30Z_RES_94.jpg

こちらはリアバンパー裏のバックパネルに相当する部分です。 
こちらに至っては、ずいぶん過去の補修が、サビの上にアルミテープを貼って、その上にパテを盛って塗装されていました。 すごい板金です。 テープごとパテを剥がしてみるとあらら。 鉄板が消滅しておりましたので、新規に鋼板を曲げて溶接、削りで荒出しです。 

S30Z_RES_95.jpg

ここは左側のテールランプの上部になります。
ウエザーストリップが挟まりますが、そこが消滅していました。 こちらも製作。

S30Z_RES_96.jpg

ここは左の端部分です。
こちらも右同様にモリモリの盛り上がりを削るとアッチ側の空間が見えてしまったので、周りごとカットしました。

S30Z_RES_97.jpg

で、鋼板をカットして曲げて溶接。 サビ還元剤を塗布します。 

S30Z_RES_98.jpg

フロントガラス周辺もサビがあったのでガラスを取り外しました。 今回、ヒーターコアからの水漏れもありましたので、併せてダッシュボードも取り外しました。

S30Z_RES_99.jpg

ダッシュボードのヒビが年月を物語っています。 いままでは社外のダッシュボードカバーが被っていました。 そのしたはこんな状態だったんですね? 

S30Z_RES_100.jpg

見てはイケナイ物を見てしまった・・・・・。 ドア周りのウェザーストリップを剥がしてみたら・・・・。 ヤバイ!  重要な部分が腐ってる・・・・。 こいつは大変だ・・・。 もう笑うしかありません。 わははわははは・・・・・泣。

S30Z_RES_101.jpg

S30Z_RES_102.jpg

時代を物語るカプラー形状とピンの大きさです。 カプラーも変わっていて、ピンも丸形。 一つ一つのピンが大きいです。 こんな形状始めてみました。 (昭和後半からの車しか触らないので、ある意味新鮮)
 W126時代のベンツはこのような形のカプラーで丸形ピンでしたね。 W140型あたりでそのようなカプラーも消滅してきてしまいましたが・・・。

S30Z_RES_103.jpg

フロントガラスを取ると・・・そこには・・・。

S30Z_RES_105.jpg

ああっ・・・やっぱりここもか・・・。

S30Z_RES_106.jpg

クオーターガラスを外すと・・・・そこも結構な勢い・・・。

S30Z_RES_107.jpg

もう、サビの品評会のようになっております。 どれも結構よろしい進行具合で・・・。

S30Z_RES_108.jpg

S30Z_RES_109.jpg

削ると・・・やっぱ無い・・・  えーい!切っちゃえ。  ぱっくり。

S30Z_RES_110.jpg

鋼板を製作して塞ぎます。 

S30Z_RES_111.jpg

本日の掲載ここまで。 

スポンサーサイト
  1. 2013/07/29(月) 23:16:30|
  2. レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひさしぶりの更新です。

一度トーンダウンしてしまうと、なかなか更新までの重い腰が上がらないのが最近の私。
書くネタは溜まっているのですが、忙しさという苦しい言い訳でごまかしている卑怯な状況です。 めんぼくない・・・。
 数日前に仕事終えてから茨城県の稲敷郡まで車を買い付けにいってきました。 8時過ぎに出発し、夜通し走って帰ってきたのが午前3時半。 途中めちゃんこ眠かったです。 やばかったぁ~・・・。   買ってきたのは見ての通りのアルトワークス RS-Xターボ 5MT しかも2台共に。 内外装、機関も手をいれないといけませんが、楽しそうなオモチャが手に入ってしまいました。 今後の仕上げが楽しみです。 降ろす暇なく、未だに積載車の上に乗っかったままです。 

ALTOWARKS01.jpg


アルファードのエアロ補修、ボンネットのクリヤハゲ補修、バックドアのヘコミ補修他です。




ぱっと見はそんなにたいしたことなさそうな感じ・・・。  
ザーと切って、バーっとくっ付けて、ビッシャー塗って終わるんじゃね?って思ってました。

車体から外してみると・・・。???
おやおや・・・? 結構すごいことになってるぞ・・・?


ALPHA_aero02.jpg

結構無くなって(欠損)るぞ・・・?しかも真ん中つながってねぇーし。

ALPHA_aero03.jpg

ALPHA_aero04.jpg

考えていても始まらないので、早速復元作業に入ります。 千切れている所はもちろんカット。 ヒビ割れも酷いところはカットして新規に作り直しますが、まずは接合してしっかりとした形にしないことにははじまりませんので、FRPにて補修して行きます。 接着の裏面はすでに表面研磨して樹脂が接合しやすくしてあります。

ALPHA_aero05.jpg

各所、FRP板を元に成型してゆきます。 半透明の所は新規に作り直したところです。 

ALPHA_aero06.jpg

広範囲すぎて、一度では出来ないので数度に分けて接合作業を繰り返して行きます。

ALPHA_aero07.jpg

ALPHA_aero08.jpg

やっと形は復元。

ALPHA_aero09.jpg

フロントがかなり車高が低いので、30ミリ詰めてくださいとのことですので、短く切りつめたいと思います。
1カ所で詰めれば楽なのですが、デザインバランスを崩す可能性があるので、2カ所に分け15ミリづつ詰めたいと思います。 この黄色いマスキングテープの位置でそれぞれ詰めます。

ALPHA_aero10.jpg

ALPHA_aero11.jpg

で、パックリ切り分けます。  帯のようになっている分が詰める部位です。
で、サクッと再接着します。 ぱっと見あまり分かりませんが、シャコタン車のフロント30ミリはかなり死活問題の数値だったりします。 これでなかり移動の幅が広がるのではないでしょうか?

ALPHA_aero12.jpg

で、修復箇所/接続箇所の表面処理中です。

ALPHA_aero13.jpg

で、その際に問題になってくるのが、詰めたことによる両端のつじつま合わせとなるところ。 アールの距離が変わってしまったために両端が段差になってしまいます。 今度はここを切断して上下のアール端に合わせて際接着します。


ALPHA_aero14.jpg

接着でOK。自然なラインに直りました。

ALPHA_aero15.jpg

サフェーサーまで入りました。 塗装待ちです。

ALPHA_aero16.jpg

ボンネットもクリヤーが剥がれてますので補修です。

ALPHA_aero17.jpg

塗膜剥がれの段差を修正し、サフェーサーを吹き付け。 塗装待ちです。

ALPHA_aero18.jpg


最後にバックドアのエクボ修理です。 ヘコミは浅かったのでパテにて補修でサフェーサーです。

ALPHA_aero19.jpg
  1. 2013/07/25(木) 00:35:38|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いやあ、毎日暑い暑い・・・。

 こう毎日暑いと、仕事中も大量にあせもかきますので会社にある洗濯機も1日1回から2回は必ず回ってます。  3年前に近くのリサイクルショップから¥2000(安っ!)で買ってきた洗濯機くん。 未だに元気ハツラツ健在で頑張っております。 私は大の汗っかきなので、1日にツナギもシャツもパンツも4~5回は取り替えます。 ぐっしょりしていると気持ちが悪いんですよ。

 汗もかくというのならもちろん大量に水分も取るわけで・・・。 心地よい真夏以外の陽気の良いとき普段は「冷やし南米産豆出し汁」ばっかりのんでいるのですが、最近は「大麦焙煎汁」や「体育会系清涼飲料水」ばかりをのんでいます。(さて、上記の変な日本語は何でしょう?)
 
 夜には、「半氷状冷凍菓子」や「大麦発酵炭酸水」が最高でしょうか? 

※答え合わせは次回。

家のにゃんこちゃん「ふーちゃん」が箱に入って遊んでいましたのでパシャリ。 何で猫って狭い箱がすきなんでしょうかね? 小さいときから、箱や袋に入ってあそんでいます。 ギフトになっちゃいました。




foo_03.jpg

暑いこの時期は、どこの車やさんにもエアコン修理で入ってくるトラクター!(?)

tracktor.jpg

総ガラス張りでエアコン効かずじゃそりゃあ蒸し上がっちゃいますね。 2年前にガスを入れましたが漏れてしまいましたか・・・? いや、点検の結果、サーミスタの不良のようで、温度をコンピュータにて調整されてしまっているようです。 外国製のトラクターのようで、部品がすぐには入ってこなそうなのでサーミスタの端子を直結にて全開でとりあえず使用して頂くことにしました。

本日もキャリートラックとワゴンRのガス入れ替え(真空引き)を作業。 

そして、bBの板金&塗装を2台。 色違いで仕上げ。
イエローのbBは珍しいですね。ピカピカに仕上がりました。(施工前の画像取り忘れ)

bB01.jpg

bB02.jpg

で、こちらはBMWの板金。 後輩の車屋さんからの依頼です。

停車中に、前の車がバックしてゴチンとぶつかったようです。 保険屋さんも冷や汗だったことでしょう。

ヘッドライト粉砕、フロント左フェンダー歪み、ボンネット先端曲がり他です。

BMWWAGON01.jpg

早速バラしてゆきます。 

BMWWAGON02.jpg

強烈に大きな荷物です。 そう、ボンネット。 板金も十分できましたが、相手方の保険で100%まかなえるのですべて新品でお願いしますとのことでしたので交換です。 それにしてもデカイ。

BMWWAGON03.jpg

各パネルを塗装して乾かしているところです。 このあと水研ぎしてチリを研いで塗装の肌も合わせます。
色味がなかなか難しく悩んでしまいました。 正反射は合うけどスカシが合わない・・・とか・・・。

BMWWAGON04.jpg

まあなんとかかんとか仕上がりまして、依頼元の車屋さんにめでたく納車です。 

BMWWAGON05.jpg







  1. 2013/07/15(月) 23:10:44|
  2. 車ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日はえらい暑かったなぁ・・・。

タイトルと画像がまったくリンクしていませんが、意図的ですので突っ込みはナシで。

本日、館山も暑うございました。
埼玉や群馬の方々からしたら「何言っちゃってんのぉ~???!!」位かもしれませんが、結構暑かったです。 
軽い熱中症になりかけまして、頭痛とフラフラ症状と、体のほてりが夜まで消えませんでした。 工場の屋根下からあまり出ないようには(日陰での作業)と、水分補給は心がけていたつもりですが、あまり関係ないようですね。
なるときはなります。
 海風が入ると結構涼しくて気持ちよかったりもするんですけどね。 本日はほぼ無風でした。 ここ3日は強烈な突風で塗装もままならなかったのですが、本日は暑さにやられてマスクして塗装ブースにこもるのが地獄でした。(あっコレがマズかったのかも?今更・・・?)


 全然関係ありませんが、一昨日地元のイオンに晩ご飯の買い出しに行った際に入り口のワゴンにあったのでつい買ってしまいました。 「ふなっしー」。知ってるかな?  千葉県船橋市のゆるキャラ(でも未だ、市からは非公認)で結構有名(?)になってきているキャラクターです。 ゆるキャラ初(?)のしゃべるキャラで、なおかつ非常に動きのイイ!(ちょこまかと動き回る)一風変わったキャラです。 でもなんだか憎めないヤツなんですよ。 カワイイぜ! こんにゃろめ~!!
  裏の包装紙は(背中側)、ちゃんとチャックのデザインになってたりして細かいです。

以前、TVに出ていたのを見たときに、結構ひっぱりだこでイベントなどにでていたようで、あの黄色いふなっしーがちょっと薄汚れて黒っぽくなっていたのには笑ってしまいました。 (確かにあれだけ動けば汚れるよなぁ・・・笑)  非公認なので、すべて自費での活動(遠征やイベント参加など)らしいです。 これだけ認知されたのなら船橋市も少しは寛大になってあげてもいいような気がするのは私だけでしょうか? ちょっとかわいそうな気がします。 ガンバレふなっしー!!




FUNASSHI01.jpg

さて、仕事です。
ちょいと前にやったマークⅡブリットの板金。  ブリットの純正ブラックって結構珍しいですね? (え?そうでもない?)

右リアをブロック塀に(?)ヒットさせてしまったようで、バンパーぐんにゃりへこんで、リアクォーターもぐしゃり。 テールは木っ端みじんなので、さすがにテールは交換です。
 中古のリアバンパーを購入した方がてっとり早そうな気もしますが、こういう大物は送料もバカにならないので、頑張って直します。
リアクォーターは引っ張って叩いて、絞ってのお約束の板金です。
 唯一良かったのが、リアゲートへの衝撃の波及がなかったことです。 これでリアゲートもイっていたらさらに高額になってしまうところでした。 


リアバンパーもグンニャリです。

mark2wagon01.jpg

バンパー裏側。  キャーかなり入っちゃってるけど直るかしら??かなり伸びちゃってるね。

mark2wagon02.jpg

リアクォーターもぐしゃり。結構放置していたのかサビてしまっています。

mark2wagon03.jpg

板金終わって、あとはサフェーサーの所まですっ飛ばしです。(間の画像取り忘れました)

mark2wagon04.jpg

テールのみ中古品を使用(¥1500ー)安っ!
で、完成!  よくぞ復活したリアバンパー。 ぱっと見わかんないっしょ?!

mark2wagon05.jpg

mark2wagon06.jpg

  1. 2013/07/09(火) 00:48:27|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンバー仕上げ作業。

前回のカスタム仕様キャリーで懲りずに、サンバーベースでまたまた仕上げました。 今度のは5速MTでエアコン付きです。 どうだぁー!



良い感じのくたびれ具合です。
もうそろそろ引退させてくれよぉ~と言わんばかりの9万kmです。 

SAMMBER_RESTORE02.jpg

キャビンの下といい、アオリの端っこといい、ちょいちょいやりがいがありそうなベース車。
いやいや、こんなもんではくじけませんぜ旦那。 

SAMMBER_RESTORE03.jpg

SAMMBER_RESTORE04.jpg

SAMMBER_RESTORE05.jpg

まずは掃除をしながらまっ裸にして行きます! そーぉれぇ~!

SAMMBER_RESTORE06.jpg

怪しかった場所をコツコツとハンマーで叩いてみたら・・・あらぁ?無くなっちゃったぁ?

SAMMBER_RESTORE07.jpg

SAMMBER_RESTORE08.jpg

もう無いのは慣れっこなので、素材の鉄板ベースで同様の形状を作ります。こんな感じ?(こっちは上の画像とは反対側でしたね。 失礼!)

SAMMBER_RESTORE09.jpg

で、切り抜いて、すげ替えで溶接! よっしゃ!あんまり分からなくなったぁ。

SAMMBER_RESTORE10.jpg

反対側も同様に切り貼りです。(反対の方が範囲が広かったですね)
で、サビ止め後、表面を成形し、サフェーサーまで仕上げます。
ボディーの足付けも並行作業で。
リア左右角のクシャクシャにつぶれていた場所も板金で成形。(ここはけっこうアバウトな仕上がりになっちゃいました。 まあ軽トラだからいいでしょ。自分のだし?・・・笑)

SAMMBER_RESTORE11.jpg

ドアなどの裏側を先に塗装。

SAMMBER_RESTORE12.jpg

で、本体も塗装。
今回は色の違いが出にくかったので、各々すべて外した状態で塗装しました。 3コートなどのパール系やメタリック系などの場合は、内側を塗装した後、乾燥後車体に付けて、外側を塗っています。 取り付けた状態で塗ることで、各パネルの色味やメタリックの立ちの違いを出さないためです。

SAMMBER_RESTORE13.jpg

前回のキャリーの塗装に比べ、色の成分は一緒なのですが、パールの含有量を3倍に増やし、プラス、トップコートでゴールドフレ-クを入れました。 なのでキラキララメラメのイヤラしい色味になりました。 ゴージャスなスケベイスっぽい色です。 ステキ・・・。

SAMMBER_RESTORE14.jpg

塗装する際にドアストライカーも外しますが、普通はストライカーを外しても、パネルのアッチ側にあるメスネジのプレートは残るのですが、運転席側だけ、ストライカーのネジを外したら、おもむろにパネルの向こうでカチャーーンと金属音が・・・。  アレ?そんな馬鹿な・・・・。冷や汗。
 このパネルの向こう側は袋状になっており、道具の入る隙間なんぞありません。 しかも音からすると一番下までおっこっちゃったっぽい感じ・・・。 がびーん!どうしよ。・・・焦。
 針金にマグネットを付けて穴から向こう側に入れてカチャカチャやること40分。 まったく捕れる気配もなし。そもそもどこに入っちゃったかも分からず・・・。イスを外し、シートベルトテンショナーを外してもそこには穴など無くNG・・・。打つ手なしやん・・・。
 で、少ない脳みそで考えた結果。 ストライカーの取り付ける穴を縦に繋げて切って、新規にメスネジのプレートを作って、その穴から向こう側にプレ-トを入れたら出来るんじゃね?という結論に至りました。 
 すでにオールペンは終了。 今更板金加工したフェンダー下を切開したくはないので、元通りストライカーで見えなくなるだろう!というもくろみの元、いざ加工へ。
 で、早速ぶった切り。 上下の穴を繋げて鉄板を微妙にめくり上げました。

SAMMBER_RESTORE15.jpg

こんな感じで、鉄板にストライカーをあてがい、裏側に薄口のナットを溶接。 

SAMMBER_RESTORE16.jpg

プレートを切り出してこんな感じ。 

SAMMBER_RESTORE17.jpg

それを針金を使って、穴の向こう側に入れ込んで、表からストライカーを固定して、元通り!完璧!!切開の傷跡見事に隠れたぜ!  ラッキー!

SAMMBER_RESTORE18.jpg

なんやかんやで完成! 手持ちの15インチアルミを履かせてみました。
後日改めて、ワンオフでチンスポを制作してみようかな?
 旧規格の軽の方が締まった顔つきで格好がいいですね。 ボンネットが出っ張るとちょっとボテッとしちゃうんだよなぁ・・・。

かなりパールとフレークを入れたのですが、曇り空のためまったく分からず、画像ではただの黒。 しくしく・・・。泣

SAMMBER_RESTORE19.jpg

SAMMBER_RESTORE20.jpg

(補足)
荷台のフタの画像です。 こんな感じの色味です。 

SAMMBER_RESTORE22.jpg


  1. 2013/07/06(土) 20:25:52|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

S30Z レストア作業の続き ドア仕上げ→リアゲ-ト仕上げ

ちょいと間が空いてしまいましたがS30Zのレストア作業の続きです。
ドアのサフェーサーまで入り、助手席側は一応これにて完成。 あとはサッシやレギュレーターを組み直します。
ようやく見られる形になりました。



S30Z_RES_54.jpg

こちらは反対側のドア(運転席側)です。 ドア下部の腐りが進行しています。 あっちこっちがボコボコと盛り上がっています。

S30Z_RES_55.jpg

切開してみるとこの通り。ガビーン!

S30Z_RES_56.jpg

毎度のように、ツラにて新規に鉄板を溶接し、すりあわせます。 裏側のサビ処理も行います。 

S30Z_RES_57.jpg

コチラは上部のサッシが入る所です。 前回の助手席同様朽ち果てて元の形がよく分かりません。

S30Z_RES_58.jpg

腐ったところは撤去し、新規に鉄板を制作しツラにて溶接。

S30Z_RES_59.jpg

仕上げの画像はすっ飛ばして、内側の塗装です。 当時風のホワイトでの塗装となりました。 まだ車体へは本組ではありませんが、内側になるところは事前に塗装しておきます。 

S30Z_RES_80.jpg

S30Z_RES_81.jpg

リアゲート作業にはいりますので、車体より取り外します。

S30Z_RES_82.jpg

仕上げたドアは車体に仮付けです。 また外しますのでとりあえずの取り付け。(画像はちゃんと閉まってませんね) ボンネットも乗っけてあるだけです。

S30Z_RES_83.jpg


S30Z_RES_84.jpg

裏側も表面錆がでていますね。 フチも腐ってます。

S30Z_RES_85.jpg

表側は過去のビス痕をメインにあちこち錆びてます。 

S30Z_RES_86.jpg

サビ&盛り上がったパテを削り取り、穴を溶接で埋めて行きます。

S30Z_RES_87.jpg

フチもしっかり錆びてます。 

S30Z_RES_88.jpg

溶接穴を塞いだら、樹脂パテにて歪みを埋めます。

S30Z_RES_89.jpg

なんやかんやで仕上げてサフェーサーです。

S30Z_RES_90.jpg

内側を塗装して完了。 仮付けして、表を塗装する前に、リアスポイラーの位置だしを行う予定です。

S30Z_RES_91.jpg




  1. 2013/07/06(土) 02:10:09|
  2. レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

グースタイプカウル GPZ編 公認車検取得編

タイトルとはほど遠い内容。 最近私がハマっているデザートです。(今はスウィーツ!と気取って言った方がイイのか?まあどっちでもいいや

  見たまんまコンビニで売っているものですが、これがメチャウマ。 40のオッサンがいつもデザートにアイスを食べているのですが、最近はコチラの方がさっぱりしていて無駄な糖分も摂りすぎないような(?)気もして、毎日食べてます。 マンゴー独特の臭いがダメな人でも、冷凍されているとあまり香りはしないので食べやすいような気がします。 まあ、そんなオッサンの戯言はどうでもいいか・・・。




最近仕事もバタバタしとりまして、たまに「あ~更新面倒くせぇなぁ・・・」なんてイケナイ思いが立ちこめたりしてしまう時があったりするもんで、ここは一丁、ダラダラ書かずに、サッパリと書いたらどうかな?と思いました。

 バモスターボの板金です。 とはいっても自社在庫の板金オコシベースなので、ササッと仕上げます
画像では分かりづらいのですが、リアクォーターもバックドア共々押され、結構ゆがんでおります。 

ダー!と板金して、ドバー!と塗装して、ピャー!!って磨いて、ドッヒャー!と組み付けて終わりです。(爆)
シルバーのモールが貼ってないのはご愛敬。この後貼ります。

(びふぉ~!)

VAMOS_BANKIN01.jpg

VAMOS_BANKIN02.jpg

(あふた~)

VAMOS_BANKIN03.jpg

VAMOS_BANKIN04.jpg

で、本日行ってきました、GPZ1100の構造変更して登録(要は公認車検)。
 こちらも要約して
なんやかんややって、ガー!行って、バーーー!!ライン通して、ドヒャー!!!って帰ってきました。








え? ダメ?  (GPZ1100のオーナーさんにド突かれそうなので、あらためまして・・・。








キャブと各部の実走確認も含めてのテストも兼ねたかったので、GPZ1100を自走し、併走でトラックに私のバイクも乗っけて(2台継続車検)、一緒に行っちゃおうという考えでした。 工具もトラックもあるので、出先のトラブルにも対応できますので、それが一番安心かな?という判断でやんす。

工場内が黒いバイクだらけになってしまいました。 GSX-R1100久しぶりに見たような気がする・・・。ずっとバイク小屋に入れっぱなしでした。 なので、前回の車検から全然距離が進んでおりません。(バカ)

hayashisan_GPZ79.jpg

自走するGPZ君は、またがって塗装面にキズを付けないように、保護用のラッピングを巻いて乗って行きます。

hayashisan_GPZ80.jpg

車検場に到着。

hayashisan_GPZ81.jpg

受付を済ませ検査ラインへ。 丁度休憩時間の為ラインはスッカラカン。 

hayashisan_GPZ82.jpg

hayashisan_GPZ83.jpg

無事、記載変更も済ませ、晴れて公認車両に。 よっしゃ~!!

hayashisan_GPZ84.jpg

hayashisan_GPZ85.jpg

帰社。 なんやかんやで疲れたなぁ・・・。 まあ、無事全部通ったのでヨシとしましょう!

hayashisan_GPZ86.jpg

車検取るときに気づいたのですが、このGPZ1100っていうバイクは乾燥重量が260kgもあるんですね?
当初、トラックに載せて行こうと目論んで二人でレールを引いて押したのですが、途中で重さMAXの為進まず、載せるのを断念しました。(笑) ZZRやGSXRで220kg~230kgです。 30kg以上も重いとは意外でした。 やはりムキムキマッチョ系じゃないと乗りこなせないような気がします。(笑)

  1. 2013/07/04(木) 00:51:37|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0