自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

エアロ加工その他・・・。エロエロ・・・いや、イロイロ。

ETCの取り付けと、ヘッドライトが黄ばんで曇っちゃったから磨いて!と依頼のホンダライフ。
ホンダとトヨタの10年超え車はヘッドライトの黄ばみが激しい車が多いですな。
 ビックリするほどの状況でもなかったですが、このほど乗り換えたから綺麗な状態で乗り出したいとのことで、早速クリーニングです。 先にETC取り付けは終わらせておきました。
 ちょいとくたびれ始めたヘッドライトくん。



水研ぎ研磨して、ポリッシュ/ポリッシュ/ポリッシュ!(この間はバフとコンパウンドを数回替えて作業しています)  どうじゃぁ~!!

LIFE_HEAD_CLEANING02.jpg

うーん!綺麗になりました。
反対も同じように!!

これが!

LIFE_HEAD_CLEANING03.jpg

こうじゃぁ!  ああっスッキリ。

LIFE_HEAD_CLEANING04.jpg

で、同業者さんからの依頼。
軽トラにフルエアロを取り付けるにあたり、テールを別の物に付けるのに、純正の枠にカットされた部分を塞いで欲しい&サイドのエアロ(リアタイヤハウス上)のツナギ部が最初から無くて、格好悪いから作ってくれ!とのご依頼。  FRPで出来ていますので、もちろんFRPで加工&製作してゆきます。
 テールの穴埋めはともかく、サイドの足りない部分(約10センチづつ)は結構やっかいな場所&形状ですな。 アオリの隙間に刺さるような形状で、FRPを裏貼りできないので、足りない私の脳みそで方法を考えました。

画像のテールは、とりあえず純正を落ちないように付けて走ってきた!の図です。

HIJET_KAKOU01.jpg

ここ!この間がナッシングなのよ。 エアロのカタログを見せてもらったが、はやり最初から無いようです。
なぜこんな中途半端な・・・?  あっても良さそうな感じですが・・・。

HIJET_KAKOU02.jpg

まずは、純正テールの枠部分をカットしてフラットに。
そしてFRPの板を抱かせて裏貼り。
で、大元の土台は完成。 あとはパテ処理です。

HIJET_KAKOU03.jpg

で、こっちが、足りない部分のリブ形状を作る為の簡易型。(トタン板です)
これを採寸して、メタルブレーキ(折り曲げ機)でサクっとつくり、ワックス(離型材)を塗り込んで、FRPを薄く貼ります。(足がかりになるリブ形状の薄いFRP板を作成したいんです)

HIJET_KAKOU04.jpg

で、抜けたのがコレ。 左右2枚分とれるように、20センチちょっとで製作。
極薄で作ってあります。

HIJET_KAKOU05.jpg

これを、ズバー!っと切って、ドバーっと貼って、ギャーと削って(コレを複数回繰り返して形にしました)、ビッシャー!とサフェ-サ-を塗って完成。

HIJET_KAKOU09.jpg

HIJET_KAKOU10.jpg

簡単に書きましたが、ピッタリにはまりこむように&サイドエアロと繋がるように&アオリが閉まるように・・・の条件があると、裏貼り出来ずに薄くFRP加工をするのは非常に大変なんです。
(もちろん、画像では見えませんが、
 なんとか完成したので一安心。

HIJET_KAKOU06.jpg

HIJET_KAKOU07.jpg

HIJET_KAKOU08.jpg

で、ここ数日頭を悩ませてくれていたタントの板金。
左側面をガーとブロックでこすってきて見事にへこましてきたのですが、見た目以上にドア上部への波及がでており、引っ張る前からすてにあちこちがペコンペコン。 いやな予感が・・・。
 出来たら中古のドアでもいいから交換しちゃ駄目?・・・安く板金で直してくれ・・・との回答。

この時の嫌な予感が見事に的中。 このあとドツボにはまった3日間でした。(笑)

最初はなんて事無いかな?位に思っていました。

TANTO_bankin01.jpg

すでに結構な広範囲でべっこり。

TANTO_bankin02.jpg

引っ張り出してみたものの、高張力鋼板の為か、あちこちに力の波及した痕がのこり、ペコペコ状態です。
(ああっ・・・・中古でいいからドア交換してくんねぇかなぁ・・・ぽつり)

TANTO_bankin03.jpg

引っ張って、叩いて、絞ってを繰り返しましたが、私の腕では今回はコレが精一杯・・・。無念。
プレスラインかモールが1本でも入っていたら、そこで波及が止まっていたかなぁ・・・なんて泣き言言ってみました。 もっと上手に板金出来るように上達しないといけませんね。

TANTO_bankin04.jpg

なんとか面もでましたので、サフェーサーで最終チェックです。 

TANTO_bankin05.jpg

スポンサーサイト
  1. 2013/08/30(金) 21:54:28|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カラフルな車が揃いました。

車検整備でお預かりのGTO。
珍しいオレンジ色です。



劣化したブーツ類の交換をし、ブレーキ周りの点検&フルード入れ替え等々。
灯火類もチェックです。

GTO_shaken_hoka02.jpg

で、先日のブログにあったオレンジbBとの2ショット。
オレンジbBは名変と番変。
オレンジの車が2台そろうのも珍しいですね。
実は敷地内にもう1台オレンジ色のスポーツカーもお預かりしています。(計3台!?)

GTO_shaken_hoka03.jpg

こちらはアリストの修理。
SRSランプ点灯で、ホーンもならず・・・。 診断機かける前に、おそらくアソコだろう・・・と。(いやアソコっていやらしい意味じゃないっすよ!笑)

ARIST_SRS_01.jpg

よくあるコレ。
そう、(ハンドル奥に隠れている)スパイラルケーブル。 三菱車の言い方だとクロックスプリングっていいますね。(そんなことどうでもいいか)
 予算の都合もありますので、ここは中古でしたが交換部品を用意しました。 早速バラしてます。
ありゃりゃ? 内部でクシャクシャになっています。 

ARIST_SRS_02.jpg

出してみると・・・やっぱり切れてる。
よくホンダ車でこのスパイラルケーブル切れが多かったような気がするなぁ・・・。 アクティとかライフととか・・・。 これだけ綺麗に駄目っぷりが分かると、気持ちが良いです。 
 交換して無事ホーンも復活し、SRS警告灯も消えました。
 よかったよかった。 中古部品代¥1500也。(安っ!)

ARIST_SRS_03.jpg

会社の裏車両置き場。
カラフルです。

karafuru02.jpg

karafuru01.jpg


  1. 2013/08/28(水) 22:53:49|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの更新。

お盆明けからメタメタに忙しく、更新する元気がなかったので、久しぶりの更新です。
以前にも出張修理などに使用する軽量アルミジャッキはあったのですが、8年使って、直して直して直した末に昨年駄目になったので、今回買い替えました。 輸入物だけどね。 でも工場内で使っているローダウンエアージャッキだと、50kg以上あって、大きく重くて出張になど使えないので、やはり運べてそこそこ使えるジャッキは無いと困ります。 でも、前の方が軽かったな。 
 まあ、メチャ安なので仕方ないね。

arumijack.jpg

先日のショックな出来事。
自身の家族用のグランドハイエースなのですが、滅多に使いませんが、このほど兄が家族を連れて出かけるので使いたいというので、車内/外を掃除して燃料を満タンに入れてきました。 夜でしたので、スタンドで燃料を入れる際に電光ナンバーのプレートが消えているのに気づき、ELタイプなので玉切れではなし。 配線の関係か?またはユニット自体が駄目になったか? 会社に戻って直しておこうと、真っ暗な会社敷地内をバックで走行。 そのタイミングで丁度電話がかかってきてしまい、止まればよいものを、電話を探しつつ左後方に注意をしていたら急にゴン!ガガガ・・・。(???なんだ?) 冷や汗タラリ・・・。

まさか? 右後方に目をやってみると敷地角の電柱が右リアクォーターにキスしているじゃありませんか?!!!
「マジか?!」やっちまったぁ・・・・がっくし。
結構なディープキスなので、無理矢理脱出するしかないのでそのまま前進。 みごとやっちまいました。
6年乗ってて一度もこすったことすらなかったのに、なんたる不覚。
やはり注意力散漫はいけませんね。 何自分の車で自分の仕事を増やしているのやら・・・。
バカたれでございます。 あ~ショック・・・。

GRANDHIACE02.jpg

GRANDHIACE01.jpg

気を取り直して、bBのハブベアリング交換です。 珍しく後方左右共に異音。 

bB_HUB01.jpg

ベアリングだけででるかな?と思いきや、ハブASSYですと。 片側¥16500- たっけ~!!  ベアリングだけなら¥5000くらいだろうに・・・。 資源の無駄です。 いやお金の無駄です。 まあ設定がないのだから仕方なく両方注文。

bB_HUB02.jpg

bB_HUB03.jpg

走行テストして完了。 実はこれ、今度ウチのオカンが乗るbBです。 68歳のオバアちゃんがなんたるファンキーな! この前の車もグリ-ンメタリックのバモス。 白とか黒とかの普通の車はあまり趣味じゃないらしい・・・。 変わってるな?、オカン。
 ちなみに、新し目のHDDナビと地デジとETCとキセノンヘッドライトとバックカメラーが付いている。 使い方はイマイチ分からないだろうが、なんだ? オレのよりイイ装備が付いているじゃないかぁ?!


bB_orenge01.jpg

なんだか最近bBが多いようなきがする。 先月はイエローのbBとブラックのbBが入庫→仕上げ(黒はその後売れた)。 そして今度はオレンジbB購入で、その同時期にブルーメタリック買い取り。 で会社のウラにワインレッドの在庫bBがある。 bB屋さんか? すべて違う色。 珍しいタイミングだな。

bB_blue01.jpg


  1. 2013/08/27(火) 23:12:44|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ちょこまか作業色々。

ホンダバモスです。  エアコンの効きがイマイチではありましたが、どっちかというと助手席の足下が結構ビショビショでしたのでそちらからまずは確認です。 たしかにエバポケースの下辺りがビショビショ・・・。 ということはエアコンのドレンが詰まって逆流してるか???と車体の下を確認。 ドレンホースの下はほとんど水が垂れてきません。 
 グローブBOXを外し、ケースのアッパー側を外してみるとアラ大変??



ケース内が水没しておりました。 その量と来たらハンパではありません。 金魚が飼えそうな位。(笑)
もうチャプチャプですわ。 ドレンが詰まって、ケース内に溜まった水が、車体が揺れるとケースの継ぎ目から漏れていたようです。 しかし、エバポセンサー(サーミスタ)が内部で水没しておりましたが大丈夫なのかしらん?
 下の写真はすでに少し抜いた状態ですが、コレが上までなみなみと溜まってました。 

VAMOS_AIRCON02.jpg
 
シュポシュポ(正式名しらん・・・)でくみ上げます。 このバケツで1杯分くらいはあったなぁ・・・。 5リットルくらいかな?

VAMOS_AIRCON03.jpg

水抜き後、ドレンホースを下からエアーを吹いて、改めてこのケース内に水を少し入れます。 するとドレンの詰まりも解消し、無事車外に放出されました。 エアーでしばらく湿気を飛ばし、元に戻して完了です。
エアコンの効きが倍くらいになりました。 当たり前か・・・(爆)

 でこちらは当社の代車のライフくん。 お盆中に私も足に乗っていましたが、ある日家の近所にさしかかった際に、ウインカーレバーを倒して戻したら、足下の奥でレバーを戻したにもかかわらずカチカチとリレー音。(でもウインカーランプは点いていない。少しすると目の前で何やら異変。 ウインカーレバーの付け根の方からモクモクと煙が出始めました。 (やべぇ、萌えちゃう・・・じゃなかった、燃えちゃう!) ウインカーをカチカチやれど、煙がくすぶり続けていました。 車を止めてエンジンを切ると煙は収まる。 IG-ONで通電しちゃっているようです。 とはいっても、ここは道っ端。 会社までは5分ほどの距離。 しかーし! 普段なら5分でも、只今お盆休み中でアッチコッチの道路が渋滞中。 置いて行くわけにもゆかないので、煙の状態を見ながら裏道で頑張ること6分25秒。 会社に到着。 なんとか事なきを得ました。 しかしウインカーが完全に点かなくなってました。 (ダメかな?こりゃ?)  とりあえず会社の裏にある駐車場から部品取り(本当は起こす予定の車でしたが・・・部品取っちゃいました)からウインカーレバーを拝借。 (蚊に刺されまくりでしたので、虫除けスプレー(青い缶)も必需品。笑)

LIFE_DAISHA01.jpg

ホンダの軽はアクセサリー関係はヒューズBOX上部裏にあるコンピュータモジュールの中にウインカー回路なども入ってしまっているため(CCSっていったっけな?違ったかな?忘れた。)、最悪はそっちも交換しないとダメか?といいつつもまずはウインカーレバーASSYだけ入れ替えてみました。 そこで見事に復活。 しばらく様子も見て、問題なさそうなので、今回はコレで様子見。 

LIFE_DAISHA02.jpg

釈然としないので、駄目なレバーASSYをバラしてみました。
スッキリしないと夜も安心して眠れませんのでここは原因を見ておきます。
 案の定接点がコゲていました。 (接点グリースもコゲコゲ。 一番下の接点) 

LIFE_DAISHA03.jpg

こちらはまた別なホンダライフ(JB1)
後輩が乗り換えるというので車検が4月に取ったばかりのバリバリ残っているライフを買ってくんない?と。
珍しい5MT。3万円也。
  マニュアルだから代車にもしづらいなぁ・・・とおもっている所にまだまだ難点が・・・。

まず外装。 バックドアベッコリグシャジャグシャ。 右後方ピラー、ミラクル過ぎるヘコミ方でココも要板金。 右側面も前後ドア&リアクォータースリキズ&ヘコミで要板金。 
 マフラーも中間下腹からぶった切られて直管状態。 足回りもペタペタまで落としてある。
(どんな乗り方してるんだよ?!オイオイ!)

こりゃあゴミに近いんじゃね?と言いたいところでしたが、仕方ないのでなんとか直します。
まずはミラクル当たりのクォーター。 どういう状況で何が当たってこうなったのか知りたいヘコミ大。

LIFE_BANKIN01.jpg

簡易的に引っ張り出してさらに面をだしてゆきます。 かなり鉄板延びちゃってるし・・・・。 絞りきれん・・・。(泣)

LIFE_BANKIN02.jpg

もっともっと仕上げて、バックドアを交換して、リアバンパーを塗装し、右側面を板金して塗装。
マフラーもノーマルと交換して、足回りも元の純正サスに入れ替えました。 (起こす価値あるのか、すでに疑問・・・)

なんとかかんとか仕上げてこんな感じ。 代車にはOKなレベルかな? 

LIFE_BANKIN03.jpg
 
他にも細かい作業等多数。 暑いし、疲れちゃったなぁ・・・。 車検と板金が結構たっまってしまい、テンパってます。 ヤバい。

  1. 2013/08/21(水) 02:35:36|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日、久しぶりのお休みでバイクでお出かけしてきました。

向かった場所はというとまずは大黒パーキング。 時間はお昼。 以前に当方で製作させていただいたゼファー1100ベースの方と、GPZ1100(水冷)ベースの方と3人で待ち合わせ。 
 お二人共に神奈川県の方でしたので、今回は私が千葉から参戦となりました。 
 この3台が一同に揃うのは初めてです。
今回は顔合わせという意味もありましたが、もう一つ大事なイベントがありまして・・・・。
MADMAX好きでネットでも検索している方はほぼご存じかと思いますが、「MADMAXな日々」というブログで、MADMAXバイクの隅々までの情報を多数掲載しているYukizo37さんと初めてお会いするためでもありました。 当方のカウルを取り上げて頂き、何度か掲載して頂いています。
 お忙しいお仕事の合間を縫って、今回顔を出して頂けました。 待ち合わせ場所は神奈川の某所。 



突然に目の前にアノ「ババ・ザネティ仕様」のKZ1000が登場!
おおっ!!!と感動してしまいました。
 初めて見る実車(&KZ1000)。 いやあ、感慨深い物がありました。
しかし、ピカピカだなぁ・・・ オイラのポンコツZRXとエライ違いだなぁ・・・。 とても30年以上経っているとは思えない輝き。 大事にされている感がヒシヒシと伝わりました。

 なかなかこんな機会は無いので、穴が空くほど隅々を観察し、写真に撮ってきました。
カウルの形状やKZ1000の実車の作りやバランスなど非常に参考になりました。 ステーもとてもキレイにできていてビックリ。 塗装もツヤツヤでした。(ちなみに私のは塗りっぱなしで磨いておりません・・・。ダメだこりゃ・・・)

yokohamaensei_goose02.jpg

リアタイヤの出っ張り具合なんてウハウハですな。 ため息ばかりです。

yokohamaensei_goose03.jpg

マフラーも自作でクロスタイプに改造されていました。 

yokohamaensei_goose04.jpg

色々お話をさせていただき、これからお仕事だというので、解散前に4台を並べて撮影をしました。 
(4台のグースカウル装着車を見たのは初めてでしたのでまたまた感動)
グースカウル車が4台いて、すべてのベース車が違うというのもおもしろいですね。
いやあ、今日は来てヨカッタ。

yokohamaensei_goose05.jpg

yokohamaensei_goose06.jpg

yokohamaensei_goose07.jpg

Yukizo37さんとお別れして、遅い昼食を3人でとり、走りながら解散という形で今回はお別れしました。
ゼファーのオーナーさんが、私の帰り(行きはアクアライン/帰りは東京湾フェリー)と同じ方向なので、フェリー乗り場まで送って頂けました。 (久里浜です)
 折角なのでパチリ。(照れ屋さんなので、顔出しはNGのようです)笑

フェリー乗り場に到着したタイミングでまさに出航!という、山手線のホームでサラリーマンが階段を下りてきて・・・ああっっ・・・・。というタイミングのような光景。 
 仕方ないので、もう1時間待ちます。 暑いので待合室で一人ソフトクリームをほおばり涼みました。

神奈川県さようなら~。

yokohamaensei_goose08.jpg

yokohamaensei_goose09.jpg

 カモメが後を付いてきて、隣のベンチに座る搭乗客がエサを投げていました。 
上手にキャッチするもんですね。

yokohamaensei_goose10.jpg

この季節ですが、夕方は結構涼しく、潮風が気持ちよかったです。 たった35分の船旅ですが、久しぶりのフェリーも満喫できました。 たまにはいいもんですね。 夕日が美しい・・・。

yokohamaensei_goose11.jpg

今回、Yukizo37さんから頂いたグッズ。
レジンで自作複製したとのことでした。 器用ですね。すばらしい!
ありがとうございます!!

MADMAX好きなら分かるでしょうか? (ヒント:トゥーカッターに関するものです)

yokohamaensei_goose12.jpg

  1. 2013/08/16(金) 20:14:18|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

あまりの暑さでバイクに乗る元気もないのですが買ってしまいました。

最近の暑さゆえ、ヘルメットを被る行為があまりに怖いため(笑)、もっぱらバイクも乗らずに閉まったままです。多少寒いくらいの方が、着込めるし(その方が安全)、エンジンの余熱で暖まれるので少々寒い方が乗るには良いですね。
 乗るのを躊躇しているわりにはしっかりと購入してしまった夏用ジャケット。 
私のお気に入りのブランド「弐黒堂(にこくどう)」です。
 和風でもあり、洋風でもあるこの独特な世界感が好きです。 結構バイク乗りではこのブランドの愛好家は多いのではないでしょうか? ちょっとヤンチャ系の香りがしますね。 このワルっぽい感じがお気に入りです。
え? 私本人は全然悪い人相ではないです(?)よ。爆

 夏用なので袖無しの(やや)涼しげ?バージョンです。 でもまだ暑くて着てない・・・。



BIKE_JACKET02.jpg

で、こっちが以前から持っている春/秋用の長袖バージョン。 フェイクレザーですが、パンチングメッシュ仕様なので走行風が抜けて意外に涼しい(?)です。 デザインもお気に入り。
 秋口には冬用の弐黒堂のフルレザージャケットが欲しいなぁ・・・。 仕事ガンバろう!

BIKE_JACKET03.jpg
BIKE_JACKET04.jpg

で、話は戻りまして、オーバーヒートにてエンジンがダメになってしまったアクティのエンジン載せ替えです。
この型のアクティ/バモスは元のヘッドガスケットが抜けやすく、オーバーヒート率が高い車で有名です。
 初期症状の足下(フロアトンネル)のあたりから小川のせせらぎ音(水の流れる音)がしたらもうガスケットが抜け始めていますので、対策品のガスケットに交換するとヘッドの面研もなく、部品の交換で復旧できますが、そのまま無理して乗り続けると完全にウォーターラインが抜けてしまいます。 この車両はオイルもウォーターラインに入り始めており、ヘッドの修理だけでは済まなそうでしたので(&過走行もあったので)、程度の良さそうな中古エンジンと載せ替えとなりました。
 水路のオイル付着が怖いので、一応水路関係は洗浄。 ラジエターは手持ちの中古がありましたので念のために交換しました。 
 
ACTY_ENGINE_NOSEKAE01.jpg

こちらが載せ替える中古エンジン。(シーリングの感じから、一度オーバーホールしている感じのエンジンですな。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE02.jpg

念のためタイミングベルトなどを含む一式を交換するためにバラしてゆきますが、カムカバー内も非常にキレイ。
おおっ!? もしかして当たりエンジン買っちゃったかぁ?

ACTY_ENGINE_NOSEKAE03.jpg

昨年の記事にも出演した自作のエンジンハンガー。 コレがあるとリアエンジン車の作業効率が格段に向上します。 見た通りの「まっくつーる」製です。 うそ。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE04.jpg

で、早速降りました。 
この手の作業は散々やっているので、今回は作業中の画像をハショりました。(単に暑くていちいち携帯を持って撮影していられなかった為。笑)

ACTY_ENGINE_NOSEKAE05.jpg

空っぽです。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE06.jpg

ACTY_ENGINE_NOSEKAE07.jpg

ついでにクラッチ関係の部品も新品にして、デフミットシールやエンジンのフロント/リアクランクシールなども交換。 エンジン載せ替えも終わり、今度は外装あっちこっちの板金。 
 バックドアの端っこが結構ヘコんでいたので、なにやらシーリングらしきものを破がしてみると・・・あらら?2つも穴が空いてら・・・。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE08.jpg

腐りはなかったので、引っ張り出して、溶接して板金修理です。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE09.jpg

ACTY_ENGINE_NOSEKAE10.jpg

作業中、どうにも気になって仕方がなかった天井の汚れ・・・。
天井の色ってクリーム色だったっけか???と一瞬考えてしまいました。
いやいや、これは汚れ(タバコのヤニ含む)でしょう!?
一度気になり出すと止まらない性分なので、ルーフライニングを取り外して洗浄することにしました。
写真だとそれほどには見えないかも知れませんが、実物はクリビツ仰天な状態。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE11.jpg

ルームミラーの付いていた箇所と比べるとこれだけ色味が変色しています。うーわ、ばっちいっ!!

ACTY_ENGINE_NOSEKAE12.jpg

ルーフライニングを水で浸して、洗剤をつけてゴシゴシ。
少し置いて高圧洗浄でジョバー!とやってみると・・・おおっっえっええええっっっぷ!
チョエェー!?? 変な色の汁が沢山出てきました。 いや、出し汁だよコレは。
イヤなものをみてしまいました。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE13.jpg

うんうん。 キレイになりました。 いやぁ、スッキリした。

ACTY_ENGINE_NOSEKAE14.jpg


  1. 2013/08/11(日) 19:05:49|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨晩は地元の花火大会でした。

 8月8日は毎年地元(館山)の花火大会です。
天気にも恵まれ活気のある花火大会でした。
今年の隅田川の花火大会は(ニュースで見ましたが)ゲリラ豪雨だったんですよね?
あれは無いよなあ・・・。 かわいそうに。

毎年知り合いのところで(会場の真っ直中目の前)なので、便乗させて頂きのんびり見させていただいています。
今年は持ち込みの料理だけでなく、現地でバーベキューもやり、おなか一杯で見物できました。 満足満足。
 こういう景色見ると、平和(平凡)が一番だなぁとしみじみ感じます。



HANABITAIKAI0808_02.jpg

 さて、話は戻って。 ブレーキのオーバーホールと塗装のご依頼のオデッセイ(RB1)です。
車両購入時に既にブレンボキャリパーは入っていたそうで、赤いキャリパーが色あせてしまったので、作業に入ります。 キャリパーはホンダ インテグラ(DC5?)の純正品を加工流用して付いているらしいです。

オーバーホールキットを取り寄せて早速作業開始です。 確かに色味もくたびれ侍状態です。 

ODESSEY_BRAKE02.jpg

シールキット交換後、キャリパー本体を洗浄&足付け。 マスキングして塗装準備です。

ODESSEY_BRAKE03.jpg

ローターも研磨後マスキングです。

ODESSEY_BRAKE04.jpg

 ゴールドメジアムメタリックにて仕上げ。 この色は着色メタリックの為、シルバーと茶系の色を調色して作るゴールドと違って透明度があり、発色が非常に良いのが特徴です。 難点は染まりが悪いので材料を食ってしまうことと、材料そのものが非常に高価ということです。 

ODESSEY_BRAKE05.jpg

キャリパーも同じくゴールドで塗装。

ODESSEY_BRAKE06.jpg

乾燥後ブレンボロゴを塗装にて仕上げるためロゴマスキング。

ODESSEY_BRAKE07.jpg

ブラックで抜き文字塗装後クリヤーで仕上げ。

ODESSEY_BRAKE09.jpg

ブレンボロゴもしっかり復元できました。

ODESSEY_BRAKE10.jpg

ビフォー。

ODESSEY_BRAKE11.jpg

アフター。
取り付け後、フルードを入れ替えてエアー抜き。 キレイになりました。

ODESSEY_BRAKE12.jpg

  1. 2013/08/09(金) 18:49:09|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

フケが悪い→触媒の詰まり

昨晩は、嫁が職場の人達と飲みに出かけるというので、私は夜はお留守番でした。 子供を連れて晩ご飯を食べに行きながら、近所のイオンの中にあるサーティーワンでアイスを食べました。 子供に負けずと私もトリプルを注文!
 結構コッテリ系の味付けですがこの濃厚なお味がまたちょっとリッチな気分になれますな。 なかなかお値段もよろしい・・・明日の私のお昼ご飯はカップラーメンに決定だな(笑)




お客様から「フケが悪くなってしまった」とのことでお預かりしたRX-8です。
(エアロの取り付け等で以前にも記事に載せたことがあります)
後付けのスーパーチャージャー仕様で、この仕様を作ったショップさんに症状について問い合わせしたら恐らく触媒の詰まりが考えられると・・・。  ロータリーに多いんですかね。
 触媒のつまりと言えば、メルセデスにもよくありました。 腹下でカラカラ音がしたら触媒が割れてると。 同じような状況かな?

RX-8shokubai01.jpg

早速車体から取り外します。 

RX-8shokubai02.jpg

むむむ? やはり触媒が破損しておりまする。 ショップさんの言うこと正しかったですね。

RX-8shokubai03.jpg

どちらにせよ中途半端に残せませんのでバラして行きたいとおもいます。
ますは周りを覆っている遮熱板を撤去。 (後で再溶接するためにできるだけキレイにはがします)

RX-8shokubai04.jpg

半面切断し、パックリとオープン! おおっ?! おにぎり位の触媒が3個入っているぞ!?

RX-8shokubai05.jpg

残り半分も撤去致します。(おにぎり?が接触していた面のハニカム形状の触媒が既に潰れてしまっていたため)

RX-8shokubai06.jpg

偏った熱負荷の影響か(?)、遮熱板内側のグラスウールガイドが熱で切断されていました。 危なかったです。


RX-8shokubai07.jpg

キレイになった外殻にフタをしてフチを溶接。 復元(形だけ)してゆきます。

RX-8shokubai08.jpg

元通り遮熱板を溶接してできあがり。 今回は急遽の対応でしたので新品の触媒または社外のスポーツキャタライザーが手に入りませんでしたので、応急処置です。 もちろんこれでは車検にも通りませんし、排ガスをはき出してしまうので環境にもよくありません。 後日、改めて別途対応の予定です。

 しかし、今回の内容の絵ヅラは地味だなぁ・・・。(笑) 純正部品の応急処置なので仕方ないが、ネタ的な華がありませんでした。 次回に期待。

RX-8shokubai09.jpg



  1. 2013/08/08(木) 02:32:46|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱ夏はスイカだよね。 

最近、お客様や、近所の方達にスイカをいただきます。 
事務所の冷蔵庫で冷やして、休み時間に頂くのですが、あっつい日には飲み物飲むよりこういう方が暑さが吹き飛ばせるような気がします。 やっぱり季節のものを食べないとね。 あざーっす! 




バモスのバックドア板金&ガラスのヒビによりフロントガラスの交換が必要です。 
分かりづらいですが、中央に石はねで付いたヒビから左右に60センチくらいヒビが伸びてしまっています。
これはさすがにリペア効きませんので要交換です。

VAMOS_BANKINHOKA01.jpg

最近はあまりガラス屋さんを呼ぶことなく、自身で交換してしまうケースが増えました。 

VAMOS_BANKINHOKA02.jpg

モールも新品に交換して、シーリングを塗り、ペタリ。 1日このままで待ちます。

VAMOS_BANKINHOKA03.jpg

んで、こちらはバックドアのヘコミ。 ポール(?)に当てたのか? 縦1列にへこんでいます。 よくガラス割れなかったなぁ・・・。 フロントガラスは社外品の安価なものもありますが、リアは社外品がないので、中古などもなかなか出ませんし、純正を買うと意外に高価です。 希に上記のようなヘコミを板金途中に(フイに)衝撃で割れてしまうときもあります。 なので、チップ溶接のスライドハンマーやハンマーでのハンマリングなどは結構ビビッって作業したりします。(笑)

VAMOS_BANKINHOKA04.jpg

チップを溶接し、引っ張り出します。 

VAMOS_BANKINHOKA05.jpg

ほぼツラまで出ました。

VAMOS_BANKINHOKA06.jpg

中と外からトンカンして仕上げた後にパテを入れて面だし。 

VAMOS_BANKINHOKA07.jpg

少々ハショりましたが、サフェーサーまで入って塗装。

VAMOS_BANKINHOKA08.jpg

リアバンパーも修正してサフェです。

VAMOS_BANKINHOKA09.jpg

バンパーも塗って完了。

VAMOS_BANKINHOKA10.jpg

磨いて完成。

VAMOS_BANKINHOKA11.jpg

リア周りもキレイになりました。 おっと、エンブレムがまだ貼ってねぇーや。 

VAMOS_BANKINHOKA12.jpg


  1. 2013/08/04(日) 03:53:28|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アルファードの仕上げ他

先日のエアロ大破→補修ついでに切りつめの作業。 塗装まで完了し、磨きで引き渡しです。
フロントは3センチ詰めたのでこれでかなり自由度が上がったとおもいます。

ボンネットもキレイになりました。



ALPHA_aero21.jpg

リアゲートもキレイになりました。  まだエンブレムが貼ってませんね。
リアバンパーも過去にすでに2回連続で修理した経緯があります。(笑)

ALPHA_aero22.jpg

こちらは引き渡し前のGPZ1100グース。
車検取得後クラッチの様子がおかしかったのも気になり、バイク屋の後輩とも相談した結果、クラッチレバーが違う物が付いている?という結論になり、調べて正規品を取り寄せました。 
 全然形が違う・・・。 これではたしかにクラッチがきちんと切れませんね。

GPZ_GOOSE_kansei04.jpg

交換後、握りしろも戻り、きちんとクラッチが切れるようになりました。 めでたしめでたし。

GPZ_GOOSE_kansei05.jpg

で、車両の引き渡しです。
猛烈に暑い日に引き渡しとなりました。 この暑さでヘルメットは凶器になりかねません。(笑)心配です。

無事引き渡しも完了し、GPZ1100くんはドナドナされてゆきました。 
後日、神奈川県の方で集まりたいですね。 

GPZ_GOOSE_kansei02.jpg

GPZ_GOOSE_kansei01.jpg

GPZ_GOOSE_kansei03.jpg

記載変更兼ねて、予備検取得で預かったFD3S(RX-7)。
一通り確認や付随する作業を終えて、エアコンが効かないから見てほしいとの依頼も受けていたので早速確認しました。(袖ヶ浦まで高速使って1時間・・・。エアコン効かない運転は私もノビてしまうので、冷え冷えになっていただきたいとおもいます。

FD3S_yobiken01.jpg

ガスが全く入っていなかった・・・?ので、まずは真空引き。(1年半眠っていた車を譲って貰ったとのことなので、長期保管車で徐々に抜けてしまったのかな?位に思っていましたが・・・。)

FD3S_yobiken02.jpg

 30分ほど真空引きして(本当は漏れが無いかどうかをこの後しばらく置いて様子を見るのですが、時間の関係上割愛しました。本当は良くないっすね。)、1本目をガス入れ始めて早々・・・。どこからかシューと嫌な音が・・・。   漏れてる・・・しかも結構な勢いで・・・。どこだ?どこだ?と手を突っ込んで音の変わる箇所を追求しようとアタフタしていると徐々に音が消え。入れたガス出きっちゃった・・・。(泣) ああ・・・大気放出になってしまった・・・。今度は周辺を事前にバラしておき、2度目の真空引き。 ガスを入れて音が聞こえたら石けん水をシュッシュッと吹きつけ。  あった! コンデンサーの裏側に穴が空いてる!(すぐにガスのバルブを閉めました)  ということでオーナーさんに報告。

FD3S_yobiken03.jpg


「コンデンサーに穴空いててガスがまるっきり漏れちゃう・・・。どうしましょ?」
「今回は見送りで」
「えっ?マジ?」
でエアコン無しで袖ヶ浦まで実走確定。 (まあ、仕方ねぇ。がんばるか)

で、先週行って参りました。
で、結果は。予備検屋(テスター屋)でまさかのアウト宣告。 
予想外のヘッドライトの光量不足。 付いていたバルブでは測定不能。
「まじか?」
で新品の純正バルブに交換。
結果、左はギリギリ15000カンデラに届くか届かないか・・・。(なんとか大丈夫じゃない?と言われた)
右は12000カンデラ。 最低基準に3000カンデラも足りない。 高効率バルブでも恐らくダメだろうという判断。 念のためヘッドライトユニットをその場で取り外し、中のメッキのリフレクターを水拭きするも12300カンデラと頑張った割に報われない数値なので、このままラインに行っても落ちる事必死なので、検査料(¥2100)がもったいないので、本日はこのまま出戻り。 
 新品のヘッドライトユニットを取り寄せて改めてトライという形になりました。
新品との比較。 まったく光沢感が違います。

FD3S_yobiken04.jpg

改めて今週再チャレンジしてきました。
テスター屋で再度光軸と光量の測定。 結果、右は35000カンデラをオーバーしました。 やっぱ新品だね。 全然違う・・・。
で陸運局に着いてライン前に再度確認・・・・。シートベルト警告灯が切れてやがる・・・。(泣)
現地でメーター周りをバラして、急遽バルブ交換。
 検査ラインではちょいちょい物語がありましたが、無事予備検通過。 記載変更も済ませました。
いやあ、一安心。

FD3S_yobiken05.jpg


今回借り直した仮ナンバーで気が付いたことがありました。
新品になってる・・・。先週借りた時はまだボロイナンバーだったのに・・・。
もしかしてオレが「筆降ろし」かぁ?とちょっとうれしくなってしまったので、新品のナンバーをパチリ。
なんだか気分がいいね。
 800番台というのも初めての番数です。

FD3S_yobiken06.jpg

帰りに、袖ヶ浦からの帰りに良く寄るラーメン屋さんで遅めの昼ご飯をとりました。
東京とんこつラーメン「ばんから」です。
袖ヶ浦では、ここの「角煮ばんから」をいつも食べるのですが、見た目の通り、かなりコッテリで豚の背脂ギトギトのスタミナラーメン仕様です。 勢いでスープも残さず食べるのですが、最近歳のせいか、スープまで飲み干すとその日はおなかが下っちゃうんですよ(笑)  消化器系ももう若くは無いんだと現実に引き戻されてしまいます。 この日ももちろん下っちゃいました。 てへぺろ。
 でも食べちゃうんだよね。(爆)

FD3S_yobiken07.jpg



  1. 2013/08/01(木) 01:46:41|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0