自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ウルトラモーターフェスティバル2014 その3(宿泊編)

(今回はちょいと画像が多いけどご勘弁!)

夕方早めに撤収し、会場近くのロッジへと移動しました。 
みんなも遠方からの疲れもあり、ふーとため息。

強面の割にみんなお行儀がよく、散らかっていません(笑)
さながらMADMAX合宿ですね(シラトモさんより引用)



各自お風呂に入り、夜の買い出しも行ってから、夜食をとり、恒例のMADMAX上映会。(笑)

本格的な機材を持ち込みスクリーン上映の準備中
しかーし!残念ながら配線トラブルのため、急遽TV画面にて再生。
(でも、日本語吹き替えバージョンだったので、自分的には大満足でした)
なんだかんだであまり飛ばさず、みんなでほぼ見ちゃいましたね(爆)  もう何百回もみているだろうに(笑)

UMF2014_40.jpg

翌朝の朝食風景。
劇中車を多数間近で見ながらご飯を食べれるっていう贅沢なシチュエーションはなかなかないよね!(一層、ご飯がおいしかったです)

UMF2014_41.jpg

うーん!贅沢。 コーヒーもうまいぜ!

UMF2014_42.jpg

食べ終わった頃に、駐車場になにやら見慣れぬ?バンが到着。
「神楽総合警備」?  なんで警備業者が・・・?
と思っていたら・・・・なんと!今話題の「千葉ットマン」が到着でした。(ワオ!)
バットモービル(?)搬送用の車のようです(爆)

UMF2014_43.jpg

中をチラっと・・・。オオ!あるじゃないのぉ?!バットモービル。(例のバットマントライク)

UMF2014_44.jpg

みなさんも、出発の支度を始め、ゾロゾロと外に出てきました。
朝日に染まるイエローがまぶしいねぇ。

UMF2014_46.jpg

UMF2014_47.jpg

UMF2014_48.jpg

バイク軍団も出発準備。 ゴッツイ人たちがワラワラと出てきました。(爆)

UMF2014_49.jpg

いや、だから・・・怖いって!(笑)    
※皆さん本当はすごく気さくでさやしい方達です。 あまり優しい!というと、悪役イメージが壊れちゃうので。

UMF2014_50.jpg

UMF2014_51.jpg

グース車両も朝日がまぶしいね。 こっちはなんだか清々しいです!

UMF2014_52.jpg

ミックさんも千葉から到着にて合流。  早朝からご苦労様です。

UMF2014_53.jpg

我らが林っぺも神奈川から到着。 こちらもご苦労様です。 割れたスクリーンが直ってるね! 

UMF2014_540.jpg

準備できたらロッジ目の前の大駐車場(?)に移動。
除雪車なども置いてありますので、冬の間は雪置き場などにも使うスペースなのでしょうね? とにかく広いです。
で、せっかくなので、会場前にこちらで内輪で写真撮影しちゃいましょう!となりました。

UMF2014_55.jpg

まずはグース軍団から撮影。 黒い軍団はお行儀よく待機です。

UMF2014_56.jpg

後続も待機。

UMF2014_57.jpg

あれれ? 一人なんだか変な?メットが紛れていますけど・・・笑。

UMF2014_58.jpg

UMF2014_59.jpg

UMF2014_60.jpg

MFPがズラリ。 手前が・・・おやぁ・・・?(笑)

UMF2014_61.jpg

実は、トゥカッターは4つ子だった!?(新事実)

UMF2014_62.jpg

UMF2014_63.jpg

みんなの集合(整列)写真は、私はバイクに乗車中だったので、改めて後日画像をいただいて(集合写真は)再掲載したいと思います。
 会場に到着。
本日は、グース軍団/悪党軍団で分けて並べました。

UMF2014_64.jpg

UMF2014_65.jpg

で、バットモービルも会場に到着。 
続きは次回で!


UMF2014_66.jpg


スポンサーサイト
  1. 2014/09/30(火) 11:40:29|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ウルトラモーターフェスティバル2014 その2(会場1日目編)

1日に2連ちゃんで記事掲載はつらいですが、内容がホットな内に掲載しないと新鮮みが無くなるのでガンバリます。

会場に着き、バイクを並べた後に時間もあったのであたりを散策。
すんごいカッチョいいスーパーカーがありました! フェラーリ!なんちゃら???(すまん、よくわからん)
でもインパクトがすごい! こんな目つきの鋭いフェラーリがあったんですね?



UMF2014_28.jpg

UMF2014_29.jpg

UMF2014_30.jpg

こっちはGT-R。 まるでGTマシンのよう。

UMF2014_27.jpg

置いてあった子供用の電動カーのお値段もスーパー級!!!     0が1個多くないっすか???
こんなの遊び場で自分の子供がぶつけたら、リアルに物損事故になってしまうわ!!?!(爆)

オイラの乗っているベースバイク(ZRX1100)の購入金額より高いわ!(笑) ちなみに16万円。ガックリ

UMF2014_31.jpg

このあたりの時代のスーパーカーなら分かりますね。 
りゃんぼるぎーに!きゃうんたっく!! あにばーさりー。
(アニバでウイングレスって珍しくね?)

UMF2014_32.jpg

走行もたったの11000km?(マイル?) でも少ないな・・・。すごい。
中も超綺麗でした。 タン革内装の維持(手入れ)ってすごく大変じゃないですか? 汚れやすいし・・・。

UMF2014_33.jpg

こっちは、トヨタの伝説の車、2000GTです!
最近は、どこぞで、巨木が倒れて、走行中の2000GTに直撃し、1発廃車?になっちゃったという記事が有名ですね?
(その車両をプロ達の手(神業)で、復活させよう!?プロジェクト?なるものもあるようで・・・。 保険屋さんも真っ青になるだろうなぁ・・・と思いました。)  そんなことはさておいて、自走?ではるばる静岡県の沼津からいらっしゃった現役の2000GT!!  超綺麗っす!  

UMF2014_34.jpg

内装のローズウッドも極上です。 すごい動態保存ですね。
内装の雰囲気がクラッシックでイイっすね。

UMF2014_35.jpg

せっかくの特徴的なフロントマスクを撮り忘れた・・・。(泣)

UMF2014_36.jpg

こちらはZのスペシャルショップさんのデモカー&レーサー。  有名ですね。

UMF2014_37.jpg

夕方、宿に移動する前に、せっかくだから!とお願い!

トゥカッターコール!でブンブンーブーッン!(ピタ!)をやってもらいました。(笑)

UMF2014_38.jpg

UMF2014_380.jpg


明日もまだまだ続くよ。 その3へご期待!  次回は「千葉ットマン」記事も掲載!
  1. 2014/09/29(月) 22:11:07|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ウルトラモーターフェスティバル2014 その1(出発編)

さて、夜も明けたので出発です。 結局会社の事務所で寝て、6時に起き、ワンコの散歩をして出発前準備&点検。
7時に出発しました。
 まずは目指すは中央道の石川PA。 ここでメンバーさん2人と合流です。(GSX1400のブラックMFPことGOOSE-Kさんと、V-MAX乗りのKMさん(近々ハンドルネーム考えないといけませんね。笑)

今回は、都合のつかなくなってしまったメンバーも数人いましたので、前回の長野/山梨時の参加時よりはちょいと少ないです。 石川までは一人旅ですが、急がずトラブル無く向かいましょ!



石川PAで合流後(写真取り忘れ)、次の合流地点の談合坂SAまで3台でランデブー。

ここで、メンバーのハヤナミさん(ガンメタGSX1400)と、幽霊部員だった(笑)改造ハーレー乗りのヒロキングさんと合流。
今回集まりには初参加です。 おめでとうございます!(すぐにうち解けまして、早速山梨に向けてGO!)

UMF2014_02.jpg

長坂ICで降りる手前のPAでお昼にしよう!と思っていたところ、なんだかんだでインターまでついてしまい、ならば現地に着く道中でお昼にしましょ!ということで途中の定食屋さんに立ち寄り腹ごしらえ。
 怪しいバイクがゾロゾロ・・・。

UMF2014_03.jpg

標高が上がるにつれ、バイクのセッティングも狂ってきて、フケも悪くなりながら(笑)なんとか到着。
(おそらく標高2000m位? 皆一様にバイクが吹けませんでした。顕著に分かるのね?)
  
 初参加のハーレー乗りヒロキングさんのご紹介。
 ハーレーでグースカウルはほとんどいないかと・・・。
今回は仕様変更でローマウントに付け替えてきました。(前回取り付け時はハンドルの関係でかなりアップ目についていました)

UMF2014_04.jpg

UMF2014_05.jpg

今回ウルトラモーターフェスティバル(以降UMF)へは初だったのですが、様々なジャンルのカスタムや改造、ドレスアップなどの車/バイクがありました。 今回マッドマックスチームがご一緒したのが、こちらのナイトライダーの車両と、バックトゥザフューチャーのデロリアンでした。 
 まずはナイトライダー。  外装だけのカスタムは過去にも見たことはありましたが、今回は内装もフルに忠実に再現された車両でした。 ボイスも劇中のKittの声優さんの声でしゃべるしゃべる(笑)
 もちろん、前部の赤いセンサーも動いていましたよ!(しっかし、懐かしいなぁ・・・小学生時代を思い出します)

UMF2014_06.jpg

UMF2014_07.jpg

内部も忠実に再現されており、すべて点灯/作動します。
だれしもが思うことですが?、このハンドルって運転できるの? てか、車検大丈夫なの?と。ついつい、夢のない庶民的な考えになってしまいます(笑)

UMF2014_08.jpg

コンバーチブルのトランザムは正規輸入はされていないそうで、この仕様では国内には2台と存在しないようです。
たしかに珍しいよなぁ・・・。 ちゃんと4人乗りできるように、リアの座席もありました。 そのあたりは、オープンカーが本場のアメリカですね。 

UMF2014_09.jpg

リアシートには、ナイトライダーのラジコンが・・・。

UMF2014_10.jpg

UMF2014_11.jpg

UMF2014_12.jpg

こちらはご存じDMC製のデロリアン。 かのバックトゥザーフューチャーでおなじみの車ですね。 外装がステンレスボディーの地肌むき出しの車です。 生では始めて見ました。 オーナーさんの話を聞くと、思っていたよりも生産台数も多く(約9000台くらいらしいです)、日本国内にも隠れデロリアンも入れて100台くらいはあるのではないか?とのお話でした。(マジで~!?そんなにいるの?驚)
 DMCのメーカー自体は既に無いのですが、まだアメリカ本国では純正部品もでるらしく、左だったか?のフロントフェンダー以外は新品でも入手できるそうです。(マジで~?!) 逆に、そのフェンダーだけはモノが無いので、オーナーさん達の間では、超希少品らしいです。

 スーパーカーっぽい外観、近未来的?な見た目とは裏腹に、スピードメーターは140キロまでしか(もちろんマイル表示もあり)なく、速度も出ない・・・らしいです。(笑) 遅くてびっくりらしいです。 
 
 芸能人でも、映画コメンテーターの「有村 昆(アリムラ コン)」さんも所有していますね。

他にもいろいろ興味深い話も聞けました。 奥が深いですね。

UMF2014_13.jpg

UMF2014_140.jpg

UMF2014_15.jpg

そして、我ら(?)マッドマックス軍団車両!

インターセプター(イエロー)  かっちょイイ~!  劇中で、マックスが最初に乗っていた追跡専用のパトカーですね。 4ドアもシブイなぁ。  アメ車(正確にはオーストリア製フォード車)はデカいなぁ・・・。   迫力があります。
是非実車をみていただきたい! オーナーさんはZAKさん

UMF2014_16.jpg

でもって、ブラックインターセプター! ご存じ、マッドマックスの劇中で、後半に乗られる追跡専用改造車両です。 ボンネットぶち抜けのスーパーチャージャーが大迫力。  感激でオシッコチビりそう。  相変わらず格好イイなぁ・・。ほしいなぁ・・・。
  オーナーさんはKoujiさん。

UMF2014_17.jpg

 特別ゲスト(?)で、プロレスラーの高山さんが息子さんと一緒に来られていました。
でっかいなぁ・・・。  あってみると、物静かでやさしいパパさんでした。  
 主催のモグラハウスさんがお知り合いのようで、ご招待されたようです。

快くバイクに跨ってくれまして、パチリ。 1100ccのバイクがまるで250ccのようです。(爆)

UMF2014_18.jpg

今回、ちょいと気になったメットシリーズです。 
まーくん さんのシンプソン。 4輪用だそうですが、格好イイっすね。 本人曰く、あご下が長いので、バイクには向かないそうです。(笑)  これで、KZ1000ベースのトゥカッター仕様乗っています。

UMF2014_19.jpg

 こちらはまた別なトゥー仕様。  本物の当時物の帽体(モト・スター)かな?だとしたらどえらく貴重っすね。 

UMF2014_20.jpg

こちらは、私のブログでも紹介したのと同じものかな? ハルシオンタイプのゴーグルと組み合わせると、よりリアルですね。  サングラスより、凶悪そうに見えるのが不思議。

UMF2014_21.jpg

 こちらはメンバーのV-MAX乗りKMさんの初披露メット(チンガード)。
まるで、北斗の拳のジャギじゃないか?!(笑)
いや、ロビンマスクのようでもあるな・・・実はちょっとオレも欲しかったりもする。
(どこで買ったの・・・・?ぼそっ)

UMF2014_22.jpg

UMF2014_23.jpg

とつっこんでいたところ、本物がいました!(爆)
リアルジャギやないかーい!

UMF2014_24.jpg

「オレの名を言ってみろ!」とやってくれ!とリクエストしたら、快くやってくれました。 

次回は、胸に7つのキズをつけてチャレンジしておくれ!(笑)

UMF2014_25.jpg

まだまだ写真あるから続くよ! こうご期待!
  1. 2014/09/29(月) 13:07:14|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

さて、あと数時間後には山梨に向けて出発です。 UMF2014に参加。

晩飯食って、お風呂に入り、支度もあったので会社にとんぼ帰り。
早朝出発のウルトラモーターフェスティバル(山梨で開催)に向け、まだなーーーーーーんにも支度していなかったので、急いで支度しました。  持ち物チェック、着替えチェック、工具類チェック。 バイクなだけに、車のような大荷物はもってゆけませんので、最小限でGO! 寒いか暑いかも分からないのでちょいと困った・・・。
 明日の中央道沿いでお仲間さん達と合流し、現地を目指す予定です。 
 


バイクも時間をみてちょいと掃除&磨きました。
あんまりピカピカな悪役バイクもちょっとイメージ違うので、掃除もほどほどに(笑)

UMF2014_shitaku02.jpg

UMF2014_shitaku03.jpg

ちょいと忙しくて、ここんところしばらくバイクに乗っていなかったのですが、こつこつオークションでポチったりしていたら、装備関係が過剰に増えたような気がする・・・。 嫁にはまだバレてないが、つっこまれたらどう言い訳しようか考え中。 預かり物・・・とでも言っておこう(爆)

ヘルメットは変わってないか・・・。

UMF2014_shitaku04.jpg

ブーツがちょいと増えたな・・・。 うまくごまかしましょ。

UMF2014_shitaku05.jpg

ジャケットは1着増えた。 

UMF2014_shitaku06.jpg

なんだかんだで、結局遠乗りで疲れそうな時はいつも着てる(履いてる)無難なものに偏っちゃうんだよなぁ・・・。
この時期は、いけない収集癖がムラムラとわき上がってきて、いけない時期です。 まずい。
(とはいえ、どれも安物だったり、ビンテージの中古だったりもします。笑)

さて、そろそろかえって寝ましょ。 明日は早起きです。
  1. 2014/09/27(土) 00:01:40|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

GTOの部分補修およびエアロボンネットに交換 後編

さて、昨日の続きです。
前後フェンダーおよびルーフの塗装が終わりまして、今度はエアロボンネットの用意です。
画像は白ゲルコートの状態ですので、この後、ダクト穴を開けたり、取り付けに際しての細工等を行い、塗装に入ります。



エアロキャッチ(フラットタイプのボンネットピンの総称)の取り付けも依頼されていましたので、こちらの位置出しとくりぬきも行います。  
  通常はGTOですとこの位置には物理的に取り付けできませんが、フレームにボンピンのシャフト固定用のステーを溶接し、そこにシャフトを固定しています。(ちょっと表現しづらい?)

tenshisan_GTO23.jpg

位置が決まってこんな感じ。

tenshisan_GTO24.jpg

細かいキズやへこみを拾って、塗装前の仕上げへ。

tenshisan_GTO25.jpg

tenshisan_GTO26.jpg

仮合わせも完了し、まずは内側の塗装。 センターダクトの防水用の雨避けカバーも平行して制作してあります。

tenshisan_GTO22.jpg

表面も塗装して、

tenshisan_GTO27.jpg
 
、内部の組み込み部品も装着。

tenshisan_GTO29.jpg

取り付けして完成!!
格好イイですね!

tenshisan_GTO30.jpg

tenshisan_GTO35.jpg

tenshisan_GTO32.jpg

オーナーさんに引き渡しの図。 奥様と一緒にパチリ。
ありがとうございました。

tenshisan_GTO33.jpg

同時期にお預かりしましたこれまた凝っているGTO。 両者共にブリスターでガルウイングです。
紅白で縁起も良いので記念撮影。 
共に後期顔とは珍しいですね。

tenshisan_GTO34.jpg
  1. 2014/09/24(水) 23:00:35|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GTOの部分補修およびエアロボンネットに交換 前編

常連さんのGTOです。
今回は部分的に塗装のクリア層が剥がれてしまったのと、ボンネットを純正からエアロタイプ(FRP)に交換にてお預かりさせていただきました。
 ボンネットを始め、左フロントフェンダー/左リアフェンダー/ルーフが一部クリアはげになってしまっています。



tenshisan_GTO04.jpg

tenshisan_GTO05.jpg

tenshisan_GTO06.jpg

まずは必要な部分を取り外してゆきます。
フロントフェンダーを外すにあたっては、サイドステップとフロントバンパー周辺一式を外さないとゆけません。 
意外に外すのが大変な部品だったりします。

tenshisan_GTO07.jpg

こちらはルーフ塗装に伴い、リア周りの内装およびピラー関係の部品を外してゆきます。

tenshisan_GTO08.jpg

tenshisan_GTO09.jpg

肌補修をします。

tenshisan_GTO10.jpg

tenshisan_GTO12.jpg

tenshisan_GTO13.jpg

最後にサフェーサーで仕上げ。

tenshisan_GTO14.jpg

tenshisan_GTO15.jpg

tenshisan_GTO16.jpg

下地ができたらヤセがでないように2日ほど乾燥待ち。

tenshisan_GTO17.jpg

tenshisan_GTO18.jpg

tenshisan_GTO19.jpg

tenshisan_GTO20.jpg

画像が多いので、本日はここまで。 後半に続く。
  1. 2014/09/24(水) 01:40:31|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポンコツ ニセ トゥカッター号 修理。 

連休の最終日の夕方だけバイクを触れる時間が取れたので、自分のバイクの修理を行いました。 バイクネタも久しぶりですね。  時間も取れず、バイク自体に2ヶ月半も乗れませんでした。(泣) 
 
 今月末(27/28日)のサンメドウス清里で行われるウルトラモーターフェスティバルにも参加予定ですので、事前整備はしておかないと・・・と思い立ち、バイク小屋から引っ張り出しました。 久々ご対面の我がポンコツ号。 
 
 エンジンは1発でかかりました。 やったね!



nise_toe_shuuri02.jpg

春に長野と山梨で行われたMADMAXコンベンションの帰り際に突如ヘッドライトがつかなくなりました。 
いつか直そう!と思い立って早4ヶ月目。  いい加減今回遠乗り予定なので原因追及に乗り出しました。

我がZRXは常時点灯仕様なので、エンジンONで点灯のはずですが、もちろん現状は点灯せず。
HIDを取り外し、 純正のヘッドライトカプラーもテスターを当ててみるけど電源来ず。
ヒューズ等もきれておらず。 どこかで断線か・・・???
 とりあえず燃料タンクを取り外し、ヘッドライトカプラーからメインハーネスを追っかけてゆくと、サーモスタット下あたりで
ジョイントのカプラーを2個発見。 その先をたどってみると左のハンドルスイッチの方に行っている。
 もしや?!  とカプラーを外すと、端子部分が緑青が吹いて粉だらけ・・・。  コイツか!? 
 どうやら腐食で接触不良が起きていた模様です。 ミニプラグなので、ハイそうですか?と交換用の専用ギボシももっていませんので、端子清掃用のSSTで、オス/メスともに接点を磨きたおしてOKかな?

nise_toe_shuuri03.jpg

コイツじゃ!コイツ!

nise_toe_shuuri04.jpg

結果、点灯確認してみると見事に復活!  
やった! 意外に早く発見できてよかった!

nise_toe_shuuri05.jpg

当日までに各部点検と、清掃くらいはやってあげようと思います。
まだなんにも支度もしてないなぁ・・・。

話は変わって、地元の知り合い(正確には先輩)が最近V-MAXに乗り始めました。
よさげなヘルメットさがしてちょ! と頼まれましたので、個人的にも気に入っていたコイツをヤフオクで購入しました。
 トゥーカッターぽくて格好いいよね!  九州の方のMADMAX好きの方(Z1300乗り)が昨年これと同型(?)と購入していたのを知っていたので、実物を見てみたかったのですが、なかなか悪党!っぽくてイイじゃないっすか?
 オレもほしくなっちゃった。  

これにゴーグルかサングラスでバッチリっしょ!

nise_toe_shuuri06.jpg

nise_toe_shuuri07.jpg

 会社の番犬&マスコット犬のチビタ。
お昼寝姿が隙ありすぎでしょ!?  
女の子なんだからもうちょっとおしとやかにしないと恥ずかちー!っすよ。

chibita_hirune01.jpg
  1. 2014/09/17(水) 19:38:35|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GTOオールペイント作業他 後編

昨日の続きです。

と、そのまえに、ユーチューブでいろいろ動画を見るのが好きなのですが、最近、パソコン関係からゲーム関係を見ていて、懐かしくなって昔のグラディウス関係の動画を見ていました。 

現在30代~40代のゲームをカジった方ならグラディウスという名前くらいは知っていると思いますが、過去に大ヒットした(元は)アーケードゲームですよね? 初代が1985年にデビューしてから5作(もっとあるのかな?よくわからん)作られました。 今回掲載しているのはその5作目。  

 昨年プレステ2用の中古ソフトを買って、息子と一緒にプレイしていたスレステ2用のグラディウスV(ファイブ)で、神業のものを多数見つけました。 もうこれ普通進めないっしょ!!!っていうのをスイスイと進んで、バチバチ倒す!見ていて気持ちも良いのですが、それ以上に目が疲れる(笑) こういうのをプレイしている(もちろん1機もやられません)人の動体視力と忍耐力&集中力はどういう構造になっているのか?を知りたいほど、ものすごい動画です。 シューティングゲームに興味の無い方がみても「すげえ!!」って思えるものだと思うので、お時間あったら是非みてみてください!  この5作目は特に当たり判定が甘く、逃げながら打ちまくるタイプのゲームで有名だそうですが、自身でも実際やってみた感想は、あたり判定甘くても、下手なもんはヘタ。(オレ)   EASYモードでやっても最終面クリアなんぞそてもたどり着けません。 1週目の5面で詰まったかたな?(笑)  画像は、ハードモード(かな?)のクリア10週目のようです。 こんなの5秒でやられる自信があるよ。

 小/中学生時代にグラディウスや沙羅曼陀(サラマンダー)やグラディウス2にハマったオイラは、ついつい見入ってしまいました。 もうしばらく前のゲームだというのに、時代の進歩がはやいのか?グラフィックの美しさと、サウンドの音質やエフェクト、疑似3D効果などアイデア満載で、感動しました。 
 
神業動画は多数アップされていますが、画質と音質の良いのをピックアップしてみました。
以下URLです。

(グラディウスV)  純正スピーカーではなく、サウンド用のスピーカーがパソコンについていれば尚迫力増大!
プレステ2を持っていて、興味のある方、ヤフオクなどでも格安で売っているので是非やってみて! おもしろいよ。

http://www.youtube.com/watch?v=E-hqnCzll50&feature=player_detailpage

guradiusV01.jpg

 さて、かなり脱線しましたので、本題に戻ります。

で、いよいよ本体の色塗り開始です。
まずはエンジンルーム内、リアゲート内、ドア内を塗装します。(ドアはガルのため外さずに上げ下げしながら塗装しました)
 ちょいと画像多いですがご勘弁。後編はちょっと長いです。 

GTO_zentosou_qoo21.jpg

GTO_zentosou_qoo22.jpg

この時、屋根は先に仕上げてしまいます。(ピラーのところで塗装部位が分割できるため)

GTO_zentosou_qoo23.jpg

GTO_zentosou_qoo24.jpg

平行して外装部品の下色も入れておきます。 (部位によっては先に本色まで入れて仕上げておきます)

GTO_zentosou_qoo26.jpg

GTO_zentosou_qoo27.jpg

乾燥後、下色まで入れた外装部品を組み付けて、今度は外回りの本塗装。 透けやすい色なので、色むらなどでないよういに複数回に分けて塗り重ねます。 クリヤーも厚めに塗装。  テッカテカですね。気持ちがイイ!

GTO_zentosou_qoo28.jpg

GTO_zentosou_qoo29.jpg

残っていた外装部品も塗装。

GTO_zentosou_qoo30.jpg

マスキングを剥がして、磨きをかけて組み付け。(ちょっと一気に飛ばしました)
バンパー開口部から見える部位もブラックで再塗装。 

GTO_zentosou_qoo31.jpg

GTO_zentosou_qoo32.jpg

中も色が入っているので、パッと見全塗装されているようには見えないと思います。 これならボンネットあけても疑われないでしょ。

GTO_zentosou_qoo33.jpg

ドアロックアクチュエーターも壊れてガチャガチャとなっていたので、取り外して修理です。 

GTO_zentosou_qoo34.jpg

殻割りしてみると、お約束のゴムダンパー破損でギヤがオーバーランの模様。

GTO_zentosou_qoo35.jpg

似たようなサイズでゴム板から切り出して接着。 殻を閉じて完了! 新品買うともったいないもんね。

GTO_zentosou_qoo36.jpg

フロントバンパーも取り付けてほぼ完成! やったね。

GTO_zentosou_qoo37.jpg

この作業中、工場がGTOだらけに。(笑)

GTO_zentosou_qoo38.jpg

色が変わるだけでも、かなりイメージ変わりますね。 

GTO_zentosou_qoo39.jpg

GTO_zentosou_qoo40.jpg

フロントバンパーも復元できたのでよかったよかった!

GTO_zentosou_qoo41.jpg

GTO_zentosou_qoo42.jpg

塗装後、車検取得のため陸運局へ。 公認車両ですので問題なくクリア。 

GTO_zentosou_qoo43.jpg

オーナーさんとパチリ。 無事引き渡せて安心です。 大事にしてあげてくださいね。^^;)

GTO_zentosou_qoo44.jpg
  1. 2014/09/16(火) 08:19:41|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GTOオールペイント作業他 前編

GTO_zentosou_qoo02.jpg
ちょいと前にフロントエアロの修理で記事を書いたGTOです。 
他に全塗装の作業もありましたが、昨日合同ミーティングがあったようで、ネタバレになってしまうので掲載を見送っておりました。 すでにミーティングは終わったと思いますので掲載です。

 バキバキだったフロントエアロの修復は完了していますので、これから車体を一旦バラして、塗装準備に入ってゆきたいと思います。  まずはバラし前の状態。



エンジンルームの中も塗装してゆきます。 元色はもちろん純正のシルバーです。

GTO_zentosou_qoo02.jpg

 もう、いつも通りの作業ですので(笑)、ジャンジャン外してゆきます。 外しながら、各部を洗浄しつつ足付け材で脱脂も兼ねて同時処理してゆきます。

GTO_zentosou_qoo03.jpg

前回りも丸裸にしてゆきます。

GTO_zentosou_qoo04.jpg

自作配線類が非常に多く、配線の処理に少々手間取りましたが、なんとかここまで取り外し&配線避け。
エンジンルーム内は油分も多いので、特に念入りに足付け&脱脂をします。

GTO_zentosou_qoo05.jpg

今回は既にガルウイング化されている車体ですので、(ヘタに取り外すとドア位置が変わってしまい大変なことになるので)、ドアは外さずに塗装します。

 水分を十分に飛ばした後、エンジンルーム内の配線/配管/補記類等を養生します。 できるだけ奥まで塗装できるようにがんばります。   本来ですと、左右のエンジンマウントまで切り離してもう少し奥まで塗装するのですが、先の自作配線類の件もあり、配線を切り離すのは後のトラブルにつながりかねないので、今回はマウントは切り離さずにできる範囲で施工しました。

GTO_zentosou_qoo06.jpg

GTO_zentosou_qoo07.jpg

 取り外したボンネット類も同じく足付け&脱脂。(画像では既にフードインシュレーターは取り外した後です)

GTO_zentosou_qoo09.jpg

ついていたエアロ類も、補修をした後、肌の確認でサフェーサーにて仕上げます。

GTO_zentosou_qoo10.jpg

でもって、下色まで塗装。  本塗装がパール分が多く(塗料の役半分がブルーパール)、非常に透けやすい色なので、染まりの安定化およびムラにならないように、同系色の明るい色を捨て吹きしておきます。

GTO_zentosou_qoo11.jpg

GTO_zentosou_qoo12.jpg

GTO_zentosou_qoo13.jpg

まずはエアロ/外装部品から塗装。  綺麗な色ですね。 これ、GTOの前期型に設定がある純正色なんですよ。  リトラクタブルの初期型のみで消滅してしまった色ですが、とても綺麗な色です。 

GTO_zentosou_qoo14.jpg

ボンネット類やリアゲートも内部を先に塗装しておきます。  後に車体に取り付けて、外側を塗装します。

GTO_zentosou_qoo15.jpg

GTO_zentosou_qoo16.jpg

GTO_zentosou_qoo17.jpg

画像では重複して(写って)いる部品もありますが、外装部品がとにかく多いです。 (笑)

GTO_zentosou_qoo18.jpg

さて、車体本体の方に着手です。 

GTO_zentosou_qoo19.jpg

ボンネット/リアゲートはキズつかないようにひっくり返して、表面を下色を入れてゆきます。

GTO_zentosou_qoo20.jpg


長くなるので、前編はここまで、明日続き(後編)の掲載です。
  1. 2014/09/15(月) 06:42:59|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近、パソコンのキーボードにハマっている。 悪い癖だ・・・。

この前、パソコンが壊れて買い換えた際に、メインPCの他に予備機も必要だろうということで、ヤフオク中心にネットでパソコン本体や周辺機器などを見ていました。 中古ですが、予備機の本体(もちろんHDDやメモリーも実装のもの)を¥10000ちょっとでゲットして、いままで使っていた周辺機器をそっちの予備機に回しました。(メインパソコンは一式を新調したので)
 
 壊れていた間、めっちゃ昔のパソコンを引っ張り出してきて使っていましたが、スペックが低すぎて今のネット環境ではまとにも動けない位のものでした。

 昔のを引っ張り出してきた時に気がついた・・・。 そういえば昔パソコンのキーボードにこだわっていた(?)時期があり、安物ですがいろんなタイプ/メーカーのものを購入した記憶がありました。 

Windows系のパソコンなので、基本的にPS/2、USB規格なので古いタイプのキーボードでも今でも十分使えますので、久しぶりに引っ張り出してきて使いました。 

 その中で、メカニカルタイプというキーボード。 パソコンをやっている方ならいろいろと詳しいと思いますが、簡単に書くと、各独立したSWになっている機械式のものがメカニカルタイプ(軸の種類によってはカチカチと音がしたり、タッチ感の違いがえらべたりとマニア向け?のタイプ。 音がうるさいのもあるので、周りに人がいるオフィス環境では使いづらいかもしれませんね。

 現在安価で主流なのが、メンブレンタイプのキーボード。 複数のゴムシートと接点から構成されていて、ポコッポコッとしたタッチ感が特徴的?

 プロの方やこだわる方は静電容量無接点式という高級キーボードもありますね。 キーを打つ際に電気接点が無いので底突き感が無いらしいです(私はさわったことないですが、かなり評判が良いようです) 

  キーボードで文章などを書くのは好きですが、プロの方たちほど1日さわっている環境ではないので、私はカチカチ感のタッチと音が好きな青軸メカニカルキーボードを買ってしましまいました。 キーボードなんて打てればいいじゃん!って思う人から見たら、キーボードだけで¥10000以上も出して買うなんて信じられん!と思われるかもしれませんが、気に入ったキーボード(使いやすい)だと、5年以上は使いますので、長い目で見てOKかな?と。 嫁にバレたら、ぬっ殺されるかもしれませんので黙っておきます。(笑)

 最後に書いた静電なんちゃら~のキーボードなんか、¥20000以上しますからね。 私が買ったのとはランクが違います。 
キーボードもマウスも、パソコン環境で一番直接触れる部分なので、アマチュアな私からするとストレス無く自己満足度の高いキーボードは買い得感が高いのです。 昔使っていたDELLのおまけキーボードも、メンブレン式でしたが意外とタッチも良く、軽くて使いやすかったなぁ・・・・。  メカニカル式の黒軸に近いようなタッチな気がする。 

車の整備でこだわった(または使いやすい)ハンドツールを高いお金出して買うのと大差ないようにおもいます。 それらも長年使い込んで、手になじんできますよね。 たくさん持っているハンドツール類でも、結局使いやすい(頻繁に使う)ツールというのは割と決まってしまっていたりしますよね。(笑) 私もそうです。

話は戻って、
 ちなみに青軸のメカニカルキーボードっていうのは、叩くとこんな音がします。 さわった感じも、カチカチっと小気味よい感じです。 人がいる事務所での使用は敬遠されそうですが、私には問題ナッシング。

ユーチューブ動画。(青軸メカニカル)
http://www.youtube.com/watch?v=la7j5SPrfmk

この音が気持ちイイ!となると、ちょっと変態だとおもいます。(私もそう)
でも、まさかキーボードの音だけの動画がたくさんあるとは知らなかった・・・。 いろんなマニアがいるんだなぁ・・・。

で、私が買ったのは以下のステラ109というもの。 左のDVD-Rは、送料無料にするために、金額合わせで抱き合わせで購入しただけなので意味は無いです。  



見た目はなんの変哲もない普通のキーボード。 パッケージからキーの文字とバックライトが青く光るんだな?程度。
ただし、持った感がおまけで付いてくるキーボードの数倍以上重いです。 これで1.2kgのタイプ。  鉄板のベースに、109個のメカニカルスイッチがついているからという理由もあると思いますが、ずれないように意図的にウエイトをつけているケースもあるようです。 手首を置くパームレストも付属しているので楽ちんです。 

pasokon_KEYBOAD02.jpg

 パソコン話で、興味のない方からすれば大暴走中ですが、構わず進めます。
でもって、
こっちも勢いついでに買ってしまった、黒軸キーボード。 某オクで新品(長期在庫?)¥3000スタートで売っていたので購入。(運良く¥3000で落札できました) 落札したのはこっちの方が全然前だったのですが、結局手元に届いたのは上記ともに同じ日。 さわったタッチで私好みだったのが先の青軸キボードだったので、こちらは予備機の方に使うことに決定!
(DELL製の昔のタイプも使いやすかったでの悩みましたが、せっかく購入したので黒軸の方を使うことに決めました。

pasokon_KEYBOAD03.jpg

昔買ったり、PCについてきたり、もらったりしたキーボード群。 気に入ったのは5年以上使ってて、キーがツルツルになり、印字も見えなくなって、キーの反応も悪くなったり、引っかかりがでたりと、元を取ったのもありました。
 画像にあるのは皆安物ばかりです。(笑) 気に入ったキーボードに出会うまで、いろいろ試しました(昔)
 
pasokon_KEYBOAD04.jpg

青軸キーボードを接続してLED点灯させてみました。 うおぉ! きれいじゃないか? (暗いともっときれいですが、画像が写らないので、このくらいで・・・)

pasokon_KEYBOAD05.jpg

 そうそう、新品購入したDELLのパソコンの方が、メモリーが標準4GBだったので、別途4GBを2枚(同じメーカーで同じ種類のもの)を購入して容量アップしました。  64bitOSなので、実装メモリーは32GB?までOKだったとおもいますが、パソコンの基本スペックと私の使いこなしの範囲から8GBあれば十分でしたので、コレでOK。  マザーボードを見るとメモリースロットが2ポートしかないので、4GB*2枚の8GBまでしか実装できません。 DELL純正でついてきたメモリーど同じメーカー/種類にしないと、相性などの問題で認識不良や誤作動がでる場合があるようですので、今回はこの1枚はつかいません。 (DDR3-1600MHz PC3-12800 4GBという規格のものでした)

pasokon_mem_up02.jpg

pasokon_mem_up03.jpg

そういえば、OA機器って(もちろんパソコン含む)、年数経つと、白いモデル(パソコンの場合はオフィスグレーと呼ばれているのかな?)は、どうしてヤニがついたように黄ばんでしまうんでしょうかね? (私はタバコを吸いませんし、陽に当たるようなところにもパソコンは置いていません) 不思議?
 
 私も昔は白いパソコンを使っていましたが、その黄ばみが気になり(すごい古く見える)、それ以降ずっと黒いパソコンにしています。 

 別に私はDELL信者ではありませんが、リリースしているパソコンがすべてブラック調なのと、余分なソフトが入っていない分価格も安いし、法人用のサービスやサポートの対応がきめ細かいのが気に入って使い続けている理由です。 自動車整備などをした際に、指がグリスまみれで真っ黒なんてことも頻繁にあるので、ブラックだと汚れも目立たないというのもあるかな?  
 あの、黄色くなっちゃうのはどうにも許せないんだよなぁ・・・と愚痴ってみました。 
  1. 2014/09/14(日) 09:59:07|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アクティトラック仕上げ作業

当方の在庫車です。 型は古いですが、エンジン丈夫で未だに現役で動いている車両の多い、アクティトラックです。
H7年(?)と古いですが、走行も61000kmで4WDとまだまだ活躍できる車です。 各所さびもありますので、整備含めての内外装仕上げとなります。  

 まずは素の状態。   トラックとしては比較的きれいな外観ですが、各所にサビが出ております。 畑仕様だったのか?各所に赤土らしい土塊が付着していました。 まずは下回りの洗浄から。



内装もがんばりましたね!ってな感じのくたびれ具合。 
室内も、マットをはがしてホースでジャブジャブ洗浄しちゃいました。(まあ、トラックだから・・・)
 
ACTY_TRUCK2_shiage02.jpg

荷台のプレスラインの凸の部分だけ錆びているんですよね? どうしてだろ? 

ACTY_TRUCK2_shiage03.jpg

ACTY_TRUCK2_shiage04.jpg

内装もドア内張をはじめとして色あせてしまってます。

ACTY_TRUCK2_shiage05.jpg

フェンダー後部も左右ともにこんな感じ。 泥がたまるから仕方ないといえば仕方ないですが、このままではアレなんで、鉄板を切り貼りして補修したいとおもいます。

ACTY_TRUCK2_shiage06.jpg
 
荷台はニードルスケーラーで大まかなサビをたたき落としてゆきます。 気持ちいいくらいバリバリ取れるわい。 穴開いちゃわないだろうなぁ・・・笑。

ACTY_TRUCK2_shiage07.jpg

脱脂後、サフェーサーで肌の確認。 そのままボコボコだと芸がないので、ある程度まで面の補修をします。
(最終的にはゴムマット敷いちゃうし)

ACTY_TRUCK2_shiage08.jpg

フェンダーもスケーラーで叩いていたら無くなっちゃいました(爆)こりゃあいかんなので、


ACTY_TRUCK2_shiage09.jpg

バサッとカットし、新規に鉄板をつないでゆきます。

ACTY_TRUCK2_shiage10.jpg

思いの外、薄くなってて、溶接する前に無くなってしまう部位が多数(泣)  溶接がヘタッピなのはかんべんしてくれい!

ACTY_TRUCK2_shiage11.jpg

仕上げ後の画像を取り忘れてしまいましたが、今更なのでパスします。 

ACTY_TRUCK2_shiage12.jpg

荷台と併せて、平行してタイヤハウス後方も仕上げてゆきました。

ACTY_TRUCK2_shiage13.jpg

荷台のアオリとバンパー類も仕上げて塗装。 画像だと判断できませんが、純正設定ではない「3コートのパールホワイト」で塗装しています。 無駄に豪華だ!

ACTY_TRUCK2_shiage14.jpg

もちろん、荷台中も無駄に豪華なパールホワイト(もちろんクリヤーも4回塗り)。 マット敷いちゃうのに・・・。

ACTY_TRUCK2_shiage15.jpg

後ろ回りの塗装も完了し、今度はキャビンを中心に作業。 ドアも平行して作業しておりました。

ACTY_TRUCK2_shiage16.jpg

でもって、キャビンも塗装。 

ACTY_TRUCK2_shiage17.jpg

ドア内張も色あせて、やる気を感じられなかったので、こちらも仕上げます。
まずは洗浄剤で脱脂をかねて水洗い。 水気を切ったら再度脱脂して、PPプライマー(樹脂密着剤)を塗装して、半艶で作った内装色をプシャー!と塗装。 

ACTY_TRUCK2_shiage18.jpg

塗装後。  やる気が感じられるようになりました。

ACTY_TRUCK2_shiage19.jpg

センターのシフト周りや内装の小物も同じく塗装。  気持ちがいいね。

ACTY_TRUCK2_shiage20.jpg

完成!  ビリビリだったシートは、汎用品の軽トラ専用の防水シートカバーをかぶせて完了。
内装も掃除してきれいになりました。

あとは、タイミングベルトをはじめとした消耗品関係の整備作業。&タイヤ交換。
距離はいってなくても、年数が経っているからやっておかないとね。

ACTY_TRUCK2_shiage21.jpg

普通に考えると、全塗装やって、整備して、いったい乗り出しいくらで売るつもりだよぉ~!になりますが、
仕上げ作業はあくまでも自己満足なので、塗装していない状態の車と同じ価格帯です。 
売る側も、買う側もきれいな方が良いじゃないですか? 原価率を考えたら合いませんが、きれいになってゆく行程が楽しいので、これでイイのです。(笑)  整備が完了したら。展示場の方にもってゆきましょう!  新たなオーナーさんの元で元気に働いてくれることを祈ります! (そうだ、後日車体前後のステッカーを手配して貼らないといけないなぁ)

さて、次の仕事・・と。

ACTY_TRUCK2_shiage22.jpg
  1. 2014/09/13(土) 19:02:18|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トヨタセンチュリー 発電不良→修理。

トヨタのフラッグシップ「センチュリー」です。 国産車で唯一のV12エンジン搭載車でしたっけ?
W140の頃のメルセデスベンツのV12エンジンとおなじく、左右バンクおのおので制御していたりするのかな?
(詳しくは分かんね・・・)
 とにかく、狭いし、やりなれないエンジンなので、できればご遠慮したいところですが、そういうわけにもゆきませんので、とっとと分解したいと思います。
 元の状況というと、夜間走行中、信号待ちでフケなくなって、セルも回らなくなったと・・・。
ライトが暗く、インパネの表示もおかしいとのこと。

 発電不良に陥った場合の症状に似ていましたので、近所でしたので、代わりのバッテリーとデジタルテスターと牽引ロープをもって現場にGO!
  状況確認しながら、ほぼオルタネーター不良と断定。
代わりのバッテリーに載せ替え、走れるうちにそのまま工場まで走ってもらいました。
 新品購入するととんでもない金額になりそうなので、そこはリビルト。 リーズナブルな金額で見つかったので安心しました。 



でも、どうしてこのころのトヨタ車はラジエターファンが油圧駆動なんでしょうかね? 電動ファンなら作業も楽なのに、油圧ファンなので、作業をするさいに、結構な確率でファン駆動のホース類をはずさないといけません。 
 フルードが入っているので、抜き取り、ホース類をはずすまたはよけて、その隙間で作業をする必要があります。
 まあ、V12エンジンが収まっているスペースですから、全体的にエンジンルーム内の具も結構詰まっています。
もう一つ、具が詰まって困ることは、発熱の問題で、ハーネスやカプラーなどが熱害でパキパキに硬化してしまうのも困りものです。 例に漏れず、この車もあっちこっちのホースやカプラーが硬化していました。

senchuri_shuuri02.jpg

パワステポンプ下にあるオルタネーターにたどり着くまでもなかなか大変。
なんとかパワステポンプは外さずに他の補記類の取り外しでオルタネーターを取り出すことに成功。
不良品と、リビルト品の比較。
 上にパワステポンプがあるので、ここからのオイル漏れの影響でオルタネーターが駄目になってしまうケースも少なくないようです。 今回はオイルの影響ではなく、走行距離からくるブラシの摩耗ではないでしょうか?

senchuri_shuuri03.jpg

今回の作業で一番困ったのが、オルタネーターのカプラーを取り外そうと爪を持った際に、すでに熱硬化でパリパリになっていたカプラーが粉砕してしまったことでした。 ひえぇぇぇぇ・・・・。
 なんとか配線の位置はかろうじて覚えていたので、あとはカプラーをどうするかという問題。
 部品屋さんに、純正の補修用サービスカプラーハーネスはあるか?確認してもらったら、無いとのこと!(なにぃ!マジか?)  まさかの「ありません」の回答だったので、一瞬失神しそうでしたが、そうも言ってられないので、知り合いの車屋さんに20セルシオの部品取り車があるのを思い出し、「もし使えそうならちょうだい!」と言ったらOKとのこと。
 
 いったん作業を中断し、市内の知り合いの車屋さんへカプラーー1個を求めて向かいました。 (確認のためにオルタネーターを1個持参)

 もうね、オルタネーターから抜けずに、カプラーがバラバラになって、配線がそのまますっぽ抜けてきました。
マジ泣き。

senchuri_shuuri04.jpg

でもって、こっちがもらってきたハーネスカプラー!  やったぁビンゴ!!  まあ、オルタなんて、同一メーカーの車同士なら、そんなに専用部品まではつくらないだろう・・・と勝手な思いこみ判断でもらいに行きました。
 カプラーは同じ形状でも、配線の色が違うのでそのままでは使えません(一応)。  なんとか配線を引っこ抜き、カプラーだけを移植。(画像は配線移植前)

senchuri_shuuri05.jpg

外すときからかなり駄目だろうなぁ・・・と思っていた部品が、こちら。
ラジエターファンシェラウド。 熱の影響で、これもボロボロで、丈夫の取り付け部が朽ち果てていました。
なので、これも新品部品に交換。 (すぐに純正部品があって、助かりました)

senchuri_shuuri06.jpg

もうね、熱でいたるところバラバラなんですよ。 ヘタにさわると、全分解になりそうな予感。
なんとか交換もOK! 
あとは元通りでエンジンON!  発電量も確認して完了です。

senchuri_shuuri07.jpg

 話は変わって、ウチの住んでる家の軒下にただいまスズメバチの巣が絶賛拡大中。 現在直径25センチくらいの感じ・・・。 子供もいるし、撤去する方向でいますが、アシナガバチ程度なら痛いけどなんとかなりそうですが、さすがにスズメバチの大群におそわれたら命の危険にさらされるので、ちょいと慎重になりつつあります。
 どうやってうまく撤去するかなぁ・・・。  現在よさげな方法を思案中。 大きくなる前にはやめに駆除しないと・・・。
ああっ・・・、また悩み事が・・・。

hachinosu01.jpg

  1. 2014/09/10(水) 01:50:55|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お久しぶりの林っぺ! 遊びにきました。(暑いのに大変ね?!)笑

久しぶりのお休みがとれたらしく、急遽はるばる神奈川から遊びにやってきました。
5月末のMADMAXなバーベキュー以来ですな。 
 少し涼しくなったとはいえ、よくその重装備でバイクで来たと思うよ。 関心関心。

オイラはそんな忍耐強くないので、暑くてバイクに乗れません。(爆)



到着後、雑談した後お昼ご飯を食べにゆき、カタナグースの後輩タケちゃんのところに顔を出しに行き、キムピーのピーナッツソフトを食べて帰ってきました。 いろいろとごちそうさまでした(笑)

無事帰宅したようでなによりです。 月末のウルトラモーターフェスティバルには是非参加してちょうだいね!
まってるよ!

で、こちら今月末9月27/28日にウルトラモーターフェスティバルというバイクや車のイベントがありまして、我らMADMAX(KAZE軍団?)もシラトモさんより参加要請を受けております。 
 つきましては、メンバーの皆様、および、是非見に行ってみたい!という方。
 一緒にゆきませんか? MADMAXに興味あるなら、そういう(?)バイクに乗っていなくても参加OKです。 
車での場合は道中(バイク軍団とは)離れてしまう可能性もありますので、そのあたりはご理解ください。 直接現地でもOKです。  (私も未だ参加したことはありませんので、どういうイベントかさっぱりわかりません。なので、どんなのかは各自でネットで調べてください)

ざっくりとしたスケジュールとしましては、27日朝に、中央道沿いのSAあたりで合流、参加者次第で数カ所の合流場所を指定しておいて、寄りながら順次合流になる可能性が高いと思います。
 当日イベント参加し、その日はシラトモさん手配(?)の宿に宿泊(当日帰宅者は現地で解散)。
夜は宴会?
翌日朝からイベントに参加し、昼一あたりで現地を出発してこようかと検討中です。 
早めにでないと都内の渋滞で引っかかってしまうので、午後の1時すぎには現地を出発してしまいたいと思います。
高速走りながら、途中で順次解散となる予定です。 
 宿泊する方は、宿の予定もありますので、早めに回答いただけると助かります。
 新規参加希望者で「オレよくわかんないんだけど・・・・」という方は、直接オイラにメールいただいても構いません。
次のアドレスまでどうぞ。  
   kaze@if-n.ne.jp   KAZEの のぐのぐ宛になります。

みなさん!ようやくバイクにも乗れるシーズンになってきたべ!
一緒にイベント参加するだっぺ!!

Ultra_motor_kokuchi01.jpg

Ultra_motor_kokuchi02.jpg

今日、会社に来て、さて! 仕事始めるっぺか!
と事務所を出て靴を履いていたとき、脇に止めてるベンツ君のグリルのあたりがふと気になった。

totte01.jpg

「ん? 何だ。 ベンツのボンネットオープナーってこんな形してたっけ?」

よく見ると

「おおっ! アオダイショウだ!」
totte02.jpg

ちなみに純正のオープナーはこのようについています。

BENZ_reba01.jpg


 この平べったいレバーが出てきて、ソレを引っ張ってボンネットをあけます。  私、ヘビは全然大丈夫なので、おもむろに引っ張っちゃいそうでした。(爆)
 まあお客さんの車じゃないから、大丈夫大丈夫。 ヘビいじめるとたたられちゃう?から、そのままにしておきました。(笑)
こんな形のオープンレバーあったら嫌だろうなぁ・・・。リアルで。


  1. 2014/09/05(金) 23:32:52|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ようやくパソコン復活! やっとまともなネット環境に戻ってこれました。

ようやく、待ちに待ったパソコン復活でござんす。
いままでOSがXPでだましだまし使っていましたが、これを機にWIN_7に切り替えました。(8はどうにもあの初期画面がなじめず、クラッシックスタイルが残っている(?)7にしました。  まだ8もこれから多数改善されるでしょうし、安定している7の方がしばらくは落ち着いてつかえるかなぁ・・・と。 でも、いきなり強制的にOSが変わったので、設定からなにから訳わからず困りました。 まだ今後の課題として、早急に駄目になったHDDの中身を吸い出してインポートしないといけません。 
 過去のデータを引き継げずにいるので、そこはなんとか急がないといけませんね。

ちょうど、今回のパソコン購入のきっかけは、壊れて動かなくなるちょいと前に、しょっちゅうFAXがきているDELLから、法人特典キャンペーンでお得な情報が載っていたので決めました。  
 私はここ10年ほどはすべてDELLのパソコンを使用しています。  もちろん価格も安いというのが大きな魅力ですが、ブラックボディーが気に入っています。 オフィスグレーの機械は5年もすると黄色く変色してすごく汚く見えてしまうのが嫌なんです。 ヤニ汚れみたいだし・・・。
 で、ずーっとブラックボディーのDELL愛用者です。
今回の簡単なスペックはコレ。  CPUは4コアの「core i5-4460」で3.2Gz。 4GB、HDD_500GB、と至ってふつう(?)の仕事用マシン。  まあ、キャンペーンでCPUがお得セットなっていたのもありますが、画像の20インチモニターセットでも、送料こみで約¥54000だからお得でしょ?
 ちょいと足らなそうなので、近々8GBまでメモリを増設予定です。 外付けで1TBのHDDと、128MBのSSDをつけて、OSの立ち上げはそちらからに変更したいです。(電源ONしてからの立ち上がりが遅い・・・) 
 まあ、これでとりあえず5年くらいはなんとかしのげるかな???

(待機画面に、MADMAXツーリング時の画像をはめ込んでみました) なかなかシブいじゃないか!?



こちらが、何かあったときのためのセカンドマシン。  本体のみ中古で買って、他の備品は前のPCのものをそのままお引っ越し。  こちらはデュアルCPUのcore 2 Duoの2.2Gz。 でもこっちの方がメモリーは8GB入っている。(くっそ~)  HDDはこちらも500GB。  まあ、サブ機なので、普段は使わないと思いますが、もう今回のようなケースはこりごりなので、保険をかけておきました。  ちなみにこちらの本体の中古品価格はヤフオクで¥10500。(安っ) こちらもOSはWIN_7にしました。  

pasokon_fukkatu02.jpg

荷物届いてすぐの画像。 待ちきれずすぐに梱包解いちゃいました。
右の小さい本体が中古購入のスモールタワータイプ。(core-2 Duo)
 それ以外は今回のメインパソコン。 
やすいけど、新しいのはなにか気分がイイですね。  この後、早速設置とセットアップ。

pasokon_fukkatu03.jpg
   
 こちらはだましだまし使っていためちゃくちゃな状態の時。 代用機はメモリ不足でまともに動かず。 サブ機のノートPCは比較的新しいパソコンでしたが、OSがVistaが入っていたために、どうにも使えずほぼ放置プレイでした。(やっぱりVista苦手)  しっかし、机の上汚ったねぇなぁ・・・。

pasokon_fukkatu04.jpg

動作確認するために立ち上げようのHDDが足らず、ジャンク?になっていたHDDレコーダーをバラして、内部のHDDを引きずり出してパソコン用に使おうとしているの図。 基本的にパソコンなどと同じHDD(これはシリアルATA規格でした)なので、OSをクリーンインストールしてやれば使用できます。  でも結局、駄目になったPCはCPUかマザーボードもヤラれてしまっていた様です。 

pasokon_fukkatu05.jpg

二個一、三個一などでいろいろ組み合わせましたが、あまり良い結果は出ませんでした。 残念!

pasokon_fukkatu06.jpg

おまけで付いてきたDELLのキーボードが安っぽくてどうにもしっくりこなかったので、昔のメカニカルキーボード(カチカチいうやつ)を引っ張り出してきて今は使っています。 でもこのキーボードもエンターキーの脇が分離スペースがないため、少々使いづらいので、別なメカニカルキーを物色中です。 

pasokon_fukkatu07.jpg

さて、明日から、いままで通りの車やバイクも掲載してゆきたいとおもいます。

そうそう。今月27/28日に山梨で行われるウルトラモーターフェスティバルの、MADMAXチームの参加の件、当方KAZE軍団も出撃したいな?とは考えておりますが、いかんせんPCが壊れてみんなに連絡ができませんでしたので、連絡も含めて、告知を改めて掲載しておきたいと思います。 明日掲載しようかな?  よろしこ!!
  1. 2014/09/05(金) 00:27:47|
  2. パソコン関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4