自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

2014年は御世話になりました。

早くも2014年も終わりです。
毎年思いますが、あっという間の1年でした。

2015年こそは、仕事をテキパキ! お客さんにも迷惑をかけずに精進したいとおもいます。

もうあと2時間ほどで2014年も終わりです。

新たな1年をがんばってゆこう!  
 仕事も遊びも一生懸命やってゆきたいっす!


今後ともよろしくお願いいたします。

                                                  エアロクラフトKAZE   野倉
 
ただ今、「笑ってはいけない~」を見ながら書いています。(笑)





スポンサーサイト
  1. 2014/12/31(水) 22:13:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

Z32車検と整備。 年内ギリ終わり。

こちらも12月の頭に預かっていて、ようやく着手&完了。
お待たせして済みません。(他にも多数のお客様お待たせしておりましてすみません・・・焦)

車検と軽整備です。



ファンベルト類が鳴きがでていたので、ベルト3本共に交換。

Z32_seibi_shaken02.jpg

運転席のドアロックができず、スカスカらしい。
ドアハンドルを外してみると、ドアロックのロッドが取り付くプラスチック製のリンクが粉砕していました。
経年劣化でしょうね。

Z32_seibi_shaken03.jpg

年末で部品も取り寄せができなくなってしまいましたので、部品取り車より同部品を取り外して移植。
当初、エポキシパテで付けましたが、ロック/アンロック共に左右に振るので、これでは持たないと判断し、結局(仕方なく中古でしたが)部品交換しました。  
 たぶん部品供給ですと、最小単位がドアハンドルASSYでの取り寄せになってしまうとおもいます。

Z32_seibi_shaken04.jpg

よくある、アイドル不安定の症状。  暖まるとハンチングします。
 できるだけ(分解)作業はさけたかったのですが(笑)、エアフロ等も異常が無かったため、やりたくなかった(?)AACバルブの分解に踏み切りました。 
  Z32特有の、熱害によるカプラーの劣化やホース類/ハーネス類の硬化がでており、一筋縄ではありません。

 すでに年末のため部品の供給もストップしているので、カプラーやホースを破損させるわけにもゆきません。 ヒヤヒヤドキドキです。 
 
 ヒートガンで暖めながら、コレらをはずしてゆきます。(もちろんバッテリーも先にはずすよ)

各部の硬化と、極端な狭さによるメチャメチャストレスを感じながら、なんとか摘出に成功。

Z32_seibi_shaken05.jpg

AACバルブの内部。  結構汚れていますね。 

Z32_seibi_shaken06.jpg

バラして、クリーナーと綿棒で洗浄。  綺麗になりました。

Z32_seibi_shaken07.jpg

組み付けて、アイドル調整して、暖気後、ハンチングも無くなりました。(パッキンは、ガスケットシートから切り出して製作しました。(こっちも部品頼めないし・・・泣)

あと2日で何台進められるかなぁ?

  1. 2014/12/30(火) 01:43:13|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

もう数日で2014年も終わりかぁ・・・。

もうすぐ年明け。
そんな状態でも、未だお仕事の目処も付かず、31日までフルでやらないと駄目そうな状態・・・・泣。

そんなへこたれそうな中、複数頂き物をしてしまいました。 
ありがとう!

まずは、お正月らしく、門松!
地元のバイク仲間の人が、(商売で)この時期は門松を作っていて、立派な門松をいただいちゃいました。
あざーす!
 ウチの借家じゃあかわいそうなんで(笑)、実家に飾らせていただこうかね?  兄弟たちも帰ってくるし。
みんなに見てもらった方が縁起もいいしね。



でもって、こちらもバイク仲間さんからのいただきもの。
さつまいもです。  あざーす!
こんなにたくさん食べたらおならぺっぺ!って出ちゃいますよ。 
焼き芋にさせていただきます~!

bike_moraimono01.jpg

でもって、こちらもバイク仲間さんから。 はるばる福岡よりいただきました。
アザーッス!
 家族で早速いただきました。 お面(?)付きだったので、かぶってアップを?とも思いましたが、クレームが殺到してしまうといけませんので、やめておきました(爆)
 お返し(?)に、ちょいと変わったものをお送りしたいと思います。 楽しみに?まっていてくださいませ。

bike_moraimono02.jpg

ちょいとさかのぼって、クリスマス。
私は、ベリー! クルシンデマス。(かなり古いギャグですが)
そう、クリスマスもなにも無い状況でしたが、嫁と娘の合作ケーキでしたので、おいしくいただきました。(この記事書いている今日はすでに28日。 時間経ちすぎだっつーの!タイムリーじゃないなぁ・・・)
あざーす! 

1224_cake01.jpg

でもって、こちらは、半ば強制的に嫁に買わされた(?)クリスマスプレゼントのフィットネスましーん。 ワンダーコア。
(周りが汚いのはゆるしてちょうだい)
TVで見て、欲しくなっちゃったから、注文しちゃった! クリスマスプレゼントってことで!(なぬ~!?なんじゃそりゃあ?)   かくして、クリスマス当日に会社に代引きで到着! もちろん支払いは私。 がっくり。

地味にウチのにゃんこが写り込んでます。

これで3日坊主だったら、マジ怒るぞ!?

1224_present01.jpg

で、この年末の出費続きの大変な時に、地デジ録画していたプレステ3のチューナーがぶっ壊れました。(以前はDVDレコーダーだったのですが、それも昇天してしまったため、PS3で代用していたら、そのチューナーもイカれてしまった)
 年末年始の特番時に、裏録画できないのもかなりツラいので、意を決して近所の電気屋さんへGO!

昔と違って、DVDやブルーレイレコーダーも安くなっていて(あたりまえか)、とりあえず今回は無いよりはマシ!的に考えていますので、やっすいやつを!   で、500GBのブルーレイ(シャープ製)が¥31000であった!
 
 同じランクでもう1万円出せば2チャンネルチューナー搭載にタイプもありました。
 チューナーが2つなので、本体一つでも、裏録画が同時に2チャンネルできるらしい・・・マジか?

 かなり迷いましが、その1万円のハードルが超えられず(笑)、普通の1chのタイプに決定しました。  それでも全然良いじゃないの?!

nennmatsu_DVD.jpg

よし、PS3のチューナー(トルネ)も中古で買い直したし、なんとかTVはしのげそうだ。

年末の伝票整理もまだだし、年賀ハガキも書いておりましぇん・・・。  もうあと2~3日しかないのに・・・。
たしゅけて~。

かなり、まとまり感の無い内容でした。
さて、あと数日、ちゃんと記事もかかないとな。
ギリギリまでがんばります~!


  1. 2014/12/28(日) 22:58:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ZRX1100ベースでグースカウル車製作 その4 完成!

前回の記事の最後にあったベビーフェイス製のバックステップ。
早速取りつけました。 
 うん、引き締まった!

ZRX1100_yamashitasan57

反対側も!(ちょいとピンボケ)

ZRX1100_yamashitasan58

拡声器は取りつけてこんな感じ。  シルバーのグースではないけど、ブラックで!

ZRX1100_yamashitasan59

専用のコントローラー兼マイクは左のカウル内側に収納。 音も出るし、しゃべれます。(笑)

ZRX1100_yamashitasan60

お約束の砲弾ミラー(バレットミラー)も、メッキからつや消しブラックに塗装。

ZRX1100_yamashitasan61

ナビとETCはここにセット。  近くにシガーソケットも用意してあるので、汎用がききます。

ZRX1100_yamashitasan62

ZRXは「Kawasaki」エンブレムが一文字づつバラバラなんです。
なんで、遊んで見ました。
純正エンブレムチューン!「Kwaka」です。   純正エンブレムがゴールドメッキなんですよ。  
※MADMAX好きじゃないと、全然分からないネタですな。

ZRX1100_yamashitasan63

使用したウインカーが2Pのウインカー専用タイプのヨーロピアンタイプでしたので、別途ウインカーポジションキットを取り付けて、フロントウインカーがスモール代わりになるようにしてあります。 (ZRX1100は元からポジション付きなのですが、純正ウインカーがダブル球で3Pの配線のタイプなんでやんす。 なので、2Pのウインカーにすると。ポジション配線が無くなるので、別途ポジションキットを付けました。)
 
 ヘッドライトもHID仕様にしてあります。

ZRX1100_yamashitasan64

ZRX1100_yamashitasan65

テールレンズはスモークに変更しましたが、よく考えてみたら電球の上半分を赤に塗装しなくてはいけないじゃんか?
でないと、テール自体がクリヤーで光ってしまう・・・。  赤い電球いれるとナンバー灯が赤くなってしまうし・・・。

 そうそう、マフラーは、今回はメガフォンタイプへの加工(変更)は無しになりました。
 というのも、よくよく考えたらエキパイがチタン製のため、ウチでは溶接ができません。(泣) 
  ステンレスだったら加工はできたけどね。 残念。
 なので、ちょっと全体的なレトロ風の外観に似合わず、マフラーが現代的になってしまいました。
 こちらは次回の課題にしましょう!

ZRX1100_yamashitasan66

あとは実走行での試乗をして、引き渡しかな?

・・・・・おっと、カウルのフチゴムの取り付けと、ジュースホルダーの取りつけを忘れていました。
引き渡しまでにやっておこう!
 まあ、とりあえず完成!ってことで!

 ふ~。    さてさて、溜まっている車の作業を再開してゆきますか?! 
年内、もう時間ねぇなぁ・・・・。やべぇ・・・。

ZRX1100_yamashitasan67




  1. 2014/12/21(日) 21:39:05|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ZRX1100ベースでグースカウル車製作 その3

ちょいと残念なお知らせです。

今週末に開催予定でした「MADMAX的忘年会」ですが、天候不良が十分に予想されるため、今回は見送りになりました。(本日での予想では80%~60%位?の降水確率)

なにぶんバイクでの集まりですので、万が一の事も考え年越しへ延期となりました。(ので、もはや忘年会ではなく新年会になります。 とは言っても基本的には1月2月はバイクはなかなか厳しい時期ですので、3月頃に改めて泊まりでの企画を同じ場所「彩香の宿 一望」さんにて執り行いたいと考えております。  
 今回は旅館のオーナーさんやマクラウドさん等々にも大変なご迷惑をおかけして申し訳ございませんでした。
次回は必ずや実施したいと思います。  ので、参加予定だった方、すみませんが、今回はナシでお願い致します。

本日、千葉の方もようやく晴れ間が見え、風も凪ぎましたが、ここ数日は、雨/風共に猛烈でした。
北海道などは大寒波のようで、大変な状況とおもいます。   これからもっと寒くなってゆくのに、12月の時点でコレでは、この先が不安で仕方ないです。


 話を変えまして、タイトル通り作業課程を掲載してゆきます。
ステー類がすべてできあがりましたので、カウルの塗装準備に入ります。
 画像はアッパーカウルをサフェーサーまで入れた状態です。

ZRX1100_yamashitasan35

でもって、塗装。 今回はソリッドブラックです。

ZRX1100_yamashitasan36

ZRX1100_yamashitasan37

さて、この100均のカゴは何でしょう?(って、過去記事を見たことある方は知っている・・・?)

ZRX1100_yamashitasan38

シートカウルの開閉フタも加工してゆきます。
くりぬいた状態とカギ(車用の流用品)、蝶版です。

ZRX1100_yamashitasan39

かなりシュールな状態。 はずかちー!

ZRX1100_yamashitasan40

こんな感じで置いてみて位置出し。

ZRX1100_yamashitasan41

じゃまな部位をカットして、こぼれ防止のネットを取りつけ完成!

ZRX1100_yamashitasan42

平行して加工していたシートカウル側のフタ加工。 カギと蝶版も付けました。

ZRX1100_yamashitasan43

パカっ!

ZRX1100_yamashitasan44

シートカウルをのせてみると。

ZRX1100_yamashitasan45

バレットミラーと拡声器の取りつけ位置も出して(オーナーさん依頼)

ZRX1100_yamashitasan46

ZRX1100_yamashitasan47

シートフレーム内もリアインナーも加工して、配線類も結線。


ZRX1100_yamashitasan48

ウインカーポジションキットと可変ウインカーリレーも取りつけ。

ZRX1100_yamashitasan49

その間に、テールカウルの塗装も完了!

ZRX1100_yamashitasan50

ZRX1100_yamashitasan51

アンダーカウルも既に塗装も終わっていますが、まだ作業が残っているので取り付けできません。

ZRX1100_yamashitasan52

ZRX1100_yamashitasan53

ZRX1100_yamashitasan54

この後、バックステップの取り付けと、マフラーの加工(以前、ゼファー1100に取りつけていたメガホンマフラー(サイレンサー)の加工取りつけ)が残っております。 もうちょっとです。

ZRX1100_yamashitasan56

フロントのステー内にはこんな感じでシガーソケットやナビが取りつけとなります。 

ZRX1100_yamashitasan55




  1. 2014/12/19(金) 00:13:00|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

GTO(?)のバンパー修理!

元はGTOですが、ライトスワップしまして車種不明(?)のエアロ修理です。 
ZZT系のセリカライトを流用加工しています。

 製作後2年経ちましたが、ついに割ってしまったそうです。(泣)



割れたところを撤去して、接合部分を新規に作ります。(裏貼り)

ryuchan_GTO_aero_shuuri02.jpg

面出し中。  ヨーシ!復元してきた!!

ryuchan_GTO_aero_shuuri03.jpg

サフェーサーを入れて

ryuchan_GTO_aero_shuuri04.jpg

染まりが悪いので、事前に明るい下色(ピンク)を入れておきます。

ryuchan_GTO_aero_shuuri05.jpg

上塗りの赤で決まり。

ryuchan_GTO_aero_shuuri06.jpg

ヘッドライトも、表面のクリヤコーティング(?)が剥がれてガリガリになっていたので、表面研磨してからクリヤーで再塗装。 復活です。

ryuchan_GTO_aero_shuuri07.jpg

車体に取付中。  画面右にあるのが昔このGTOに付けていたバンパー。  これも、かなり昔にワンオフ製作したものです。  現在は現役引退中。

ryuchan_GTO_aero_shuuri08.jpg

バッチリ!っすね。 これでお正月は恥ずかしくなく迎えられるね?(笑)

ryuchan_GTO_aero_shuuri09.jpg




  1. 2014/12/16(火) 00:17:39|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MADMAX的な忘年会?をやります。

基本、内輪ネタとなってしまいますが、来週末の20/21日とMADMAX的?忘年会を行いたいと思います。
20日の夜に宴会の予定で泊まりとなります。
場所は以下の通りです。(内輪メンバーさんには大まかなお話はしてあるかとおもいます)

彩香の宿 一望
茨城県つくば市筑波64-2
予算は1名様 13000円(飲み放題)
バイクでの来場もOKです。

上記の旅館は、画像にあるブラックインターセプターの実車のオーナーさんの経営されている旅館になります。
実車を拝見できるかと思います。(たぶん)

飛び入り参加でも来てみたい!と言う方いらしたらコメントいただければ回答致します。
グースカウル付き車に乗っていなくても、熱いハートがMADMAX的であれば問題ありません。
しかーし、一つだけお願い。 酒癖の悪い方はお断りです。 

翌、21日はつくばや千葉県北部を軽くツーリングしながら散策の予定です。 夕方前には解散の予定。
オレも是非!と言う方は連絡くださいませ。
 実車のインターセプターを見れる機会はなかなか無いと思いますよ!(必見!)



MADMAXtekiBOUNENNKAI01.jpg

バイクネタ続きで作業も掲載。 ちょっと前の作業です。

まずはメンバーさんのZRX1100の修理。 
6000回転以上が吹けない・・・と。  え?オレの症状と一緒ですけど・・・・(汗たらり)

ネットで検索してみると、どうやらメーターが不良でそのような症状になるらしい。

左に転倒すると、メーターケース越しに衝撃が伝わり、メーター内部の基盤が破損し、車速信号(元はフロントホイールケーブルからアナログ信号を拾い、基盤上でデジタル信号に変換しイグナイターに信号を送っているようですが、この基盤がやられると信号がゆかなくなり、点火系のカットが入るようで吹けなくなるみたいです。) オレのZRXも同じ症状がでているので(前オーナーが転倒している模様、しかも左右共に。笑)、時間を見て自分のも確認しておこう・・・。

で、早速メーターASSYを取り外し。
ケースカバーにすでにヒビが入ってるやんけ?

ZRX1100_MATER_koukan01.jpg

ワオ?!  駄目だこりゃ・・・。

ZRX1100_MATER_koukan02.jpg

コイツが犯人かぁ?!  たしかにパターンが切れてる。
持ち込みの中古メーターに交換で完了。

ICがまっぷたつじゃなければ、(でもって、多積層基盤じゃなければ)、ハンダ盛り直しか、ジャンパー線を渡せば復活できそうな気がしないでもないなぁ・・・。  オレのも割れていたら気合いで直そう。 中古でも、メーターを買い直す余裕なんぞもありゃあしない。 もったいないから、ガッツとハンドパワーでタダで直すのみさ。
 この後、無事6000以上回るようになりました。 おしまい。
 
ZRX1100_MATER_koukan03.jpg

でもて、こっちはメンバーさんの愛車GSX1400。 タイヤ交換で持ち込みです。
MFP:マック フライ ポテト  じゃないよ。 
メイン フォース パトロ-ル の略です。

katousanGSX1400tire_koukan01.jpg

こちらが新品タイヤ。  やっぱ新品は気持ちがイイね! ブリジストン製。 極太190タイヤです。
(ネットで購入したようです)  そう、ウチはネット購入での持ち込みも対応しているんです。

katousanGSX1400tire_koukan02.jpg

フロント/リア共にサクサクっと交換。 これで次回の忘年会は安心だね!(笑)

katousanGSX1400tire_koukan03.jpg
  1. 2014/12/13(土) 00:54:59|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

ZRX1100ベースでグースカウル車製作 その2

前回の続きです。
フロントカウルはおおよその位置がでましたので、今度は後ろ。 このときはまだシートフレームもただ幅を詰めて、簡易的にテールランプを付けただけの状態です。  まずは全体のバランスを見ます。

ZRX1100_yamashitasan15

ZRX1100_yamashitasan16

この時点では、アンダーカウルの固定用ステーはまだほとんどできていません。(仮固定です) この後製作します。

ZRX1100_yamashitasan17

アッパーカウルステーに、ナビ置き用(?)のテーブルを左右に設置しました。  これがあると結構重宝します。

ZRX1100_yamashitasan18

ちょいと順序が逆になってしまいましたが、加工前のシートフレームです。  幅などもシートカウルに対して、合いませんので、この後加工しています。

ZRX1100_yamashitasan19

純正シートも長いのでカットして製作します。 シートロックの位置も変わるので、移設が必要です。

ZRX1100_yamashitasan20

左が加工前の純正シート。 右が加工後(私のZRXの加工してあるシート/参考用)のシートです。
シートロックのストライカーを後方から前に移設しなければなりません。 もちろん受け側のラッチもステーごと移設します。

ZRX1100_yamashitasan21

ズバー!っと切っちゃいます。  

ZRX1100_yamashitasan22

アッパーカウルステーをサビ止めとしてサフェーサーを吹いておきます。


ZRX1100_yamashitasan25

ZRX1100_yamashitasan26

フロントカウル(アンダーカウル)の取りつけステーの一部です。 

ZRX1100_yamashitasan27

今回は、市販のブラケットも使用して作業してみたいと思います。
フレームから取りつけ部を取り出すためのブラケットです。 

ZRX1100_yamashitasan28

シートフレームも加工が終わり、シートロックの移設も完了しました。

ZRX1100_yamashitasan29

黒く塗って仕上げ。

ZRX1100_yamashitasan30

カウルステーも塗装。

ZRX1100_yamashitasan31

カウル類もサフェーサーが完了。

ZRX1100_yamashitasan32

タンクもへこんでいたので補修。 痩せにくいように、1回目は樹脂パテで、モリモリ!
やや薄いへこみだったのと、燃料タンクという特性上、(スタッド)溶接して引っ張り出すのは、火を使うために危険なのでやめました。 たとえ燃料を抜いた後でも、完全気化させて、水を入れてからでないと危険ですので。
 今回は溶接での引っ張りはナシですので、樹脂パテと板金パテで処理します。 

ZRX1100_yamashitasan33

仕上げ中。

ZRX1100_yamashitasan34

ヨーシ! もうちょいだぜ!!
  1. 2014/12/12(金) 01:05:39|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

板金とか塗装とか・・・。 

センチュリーの板金です。 



スリキズのみに見えますが、所々へこんます。 

CENTURY_bankin02.jpg

荒出ししてから、パテにて面だし。  ワォ!? なかなか広範囲?!

CENTURY_bankin03.jpg

サフェーサーを入れて肌の確認。

CENTURY_bankin04.jpg

塗装と磨きで完了!

CENTURY_bankin05.jpg

んでもってこっちはGTOのエアロミラーの持ち込み塗装/取りつけ。

GTO_mirror_tosou01.jpg

サクサクッ!と下地処理して塗装して取りつけ。

GTO_mirror_tosou02.jpg

GTO_mirror_tosou03.jpg

すっきりまとまりましたね。

GTO_mirror_tosou04.jpg

今度はホイールの塗装。
腐食してガビガビでしたので、剥離剤で元のクリヤーアルマイトを剥がして、塗装面を足付け。
左が元の状態。 右は剥離後足付け状態。  この後ウォッシュプライマー(アルミの密着剤)を塗装して、本塗装へ。

wheel_tosou01.jpg

センターキャップを付ければ完成!

wheel_tosou02.jpg

細かい作業もたくさんあるっすなぁ・・・。  がんばって消化しよ。
  1. 2014/12/10(水) 00:45:14|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FTO加工作業 その3

前回はリアブリスターフェンダーを貼ったところまでの掲載でした。
最近シリアスに記事を書きすぎて、全然おもしろみがありませんなぁ・・・。 
ボケをぶちかましている余裕がなくなってきております(泣)

仮固定のタッピングビスを取り外し、ビス穴周辺をベルトサンダーですり鉢状に少し削り取ります。(リベットを埋めこむため)
画像はリベットを立てているところです。



隠しリベット処理を施したら、フェンダーを貼り付けた周辺を樹脂接着剤でスムージングしてゆきます。

JACKALsan_FTO38.jpg

2回ほど樹脂接着剤にてなだらかにしたら、板金パテにてさらに消し込み作業を進めます。

JACKALsan_FTO39.jpg

反対側も。

JACKALsan_FTO40.jpg

パテにての処理を複数回行ってサフェーサーで肌のチェック。

JACKALsan_FTO41.jpg

良いんじゃないでしょうか?

JACKALsan_FTO42.jpg

もちろん、フェンダー内部(インナー)の接着処理、防水処理等も平行して作業しておきます。

JACKALsan_FTO43.jpg

かなりボリューム感でましたね。 OKOK!!

JACKALsan_FTO44.jpg

JACKALsan_FTO45.jpg

ううっっ、あっちもこっちも並行作業でやっているので乳として・・・・(照) 遅々としてどれも進まん・・・・。(泣)  
現在、敷地内が預かりの車で大変な事になっております。 もう無理! 私の処理能力のキャパを超えております。
たしゅけて~!

shikichinai_taihen01.jpg

shikichinai_taihen02.jpg

猫になりたい・・・。 ああっっうらやましいなぁ・・・。

fu-chan01.jpg

fu-chan02.jpg
  1. 2014/12/08(月) 00:10:21|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ZRX1100ベースでグースカウル車製作 その1

今回はZRX1100ベースでグースカウルを取りつけてゆきたいと思います。
私と同じベース車ですね。  コンパクトでとても乗りやすいバイクです。

まずは作業に入る前のベース状態を撮影しておきます。

ZRX1100_yamashitasan01

ZRX1100_yamashitasan02

ZRX1100_yamashitasan03

まずは、作業において(仕様変更で)必要ない部品などを外してゆきます。

さて、やりますか・・・。(車の作業も多数並行作業で行っているため、工場の占有はできませんので、大筋の作業は一気に決めてしまいたいと思います)

ZRX1100_yamashitasan04

まずは、アッパーカウル内のステーを製作しているの図。 中空の丸パイプを加工して溶接しております。

ZRX1100_yamashitasan05

ZRX1100_yamashitasan06

アッパーカウル内のステーが大まかにできたら、エンジンクレーンでつり上げて、水準器にて水平と中心を調整しながら固定位置を出します。  車体のネック部分は既に接続用のプレートが溶接済みです。

ZRX1100_yamashitasan07

ZRX1100_yamashitasan08

アッパーカウルステーとネック部分との接続を見ながら、アンダーカウルも付けて最終調整/確認。

ZRX1100_yamashitasan09

過去記事で、製作に関しての詳細記事は載せてありますので、今回は詳細は載せません。 結構ザックリ目で・・・。

ZRX1100_yamashitasan10

ZRX1100_yamashitasan11

ZRX1100_yamashitasan12

カウルを外した状態のアッパーカウルステー。

ZRX1100_yamashitasan13

ZRX1100_yamashitasan14

とりあえず、今回はここまで。 他の車作業と平行して記事も掲載してゆきたいと思います。
  1. 2014/12/05(金) 23:49:52|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

MR2 SW20のブリスターエアロの取り付け・・・・のはずが・・・。その6

ちょいと間が開いてしまいました。 SW20(MR2)の海外製エアロ(大)加工のお話の続きです。
話が分からない人は、以前の記事を読み返してみてね。
 ついにリア周りにまで作業の手が伸びてきました。 ようやく作業半ばでしょうか?(笑)
もう、既に精魂尽き果てた感じです。

また今まで通りそのまま付くわけがなかろう!?と思いますので、心の準備を作っておきます。

国内製エアロを取りつける場合は、通常心の準備なんぞする必要もほとんどなく、ハイヨ!~と仕掛かれるとおもいますが、ところがどっこい! 海外製のエアロ(らしいもの?)はそんじょそこらのエアロと思ってナメていただいたら痛い目を見ます。(いや、現在痛い目見ています。進行形)



もう、テンション下がりMAX?なまま、作業に入ります。
 もう、オレにとってはトラウマ?になりそうな?(笑) エアロらしいモノ・・・です。

SW20_WIDE_AERO_kakou69.jpg

心のエンジンを暖気状態にしておき、ヤル気を必死に目覚めさせます!!
まずは純正リアバンパー周りを外して、おしりツルーン!状態にします。

SW20_WIDE_AERO_kakou70.jpg

でもって、恐怖の仮合わせ作業。

うーん!予想通りというか、毎回予想を裏切らないアクレッシブ?!な作りだこと!!
まったく車体に取り付く気配がありません。 いや、車体に取り付こうというヤル気がバンパーから感じません。
完全にボイコットしております。

SW20_WIDE_AERO_kakou71.jpg

もう、驚かなくなってきたよ。

SW20_WIDE_AERO_kakou72.jpg

まったく届かず。 この状態で、すでに左右はカッチカチで逃げません。曲がりもしません。

SW20_WIDE_AERO_kakou73.jpg

マフラーの出口部分もサイズが異なるので、干渉するところをカットして位置を逃がします。

SW20_WIDE_AERO_kakou74.jpg

バンパー両脇は、上下段共に多数切り込みを入れてバンパーの開き(ユガミ)を逃がして調節しています。

SW20_WIDE_AERO_kakou75.jpg

上方にも歪んでいるので、バンパー上部に重りを乗せて調整。

SW20_WIDE_AERO_kakou76.jpg

ここは、左右の回り込み部で、リアフェンダーに添う部分です。 沿わないので作り直します。

SW20_WIDE_AERO_kakou77.jpg

加工し直すにあたり、カットしようとしたらサンダーの歯がすすんでゆかない・・・・まさか!? まさかのアレ?か?
やっぱり、まいどの樹脂パテが詰まりまくっている感じ。 サイドステップの時ほどではないですが、とにかくあっちこっちがパテで出きているエアロなのです。

車体への密着部分も作り直します。 元のエアロ側はまったくアテにならないので、車体に直接(マスキングしてから)FRPを貼って、その整形部分をエアロ側に接着してゆきます。 画像は密着部分制作中画像。

SW20_WIDE_AERO_kakou82.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou78.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou83.jpg
SW20_WIDE_AERO_kakou84.jpg



半ば強引に矯正した様子です。 左にタイヤが見えますが、バンパー両サイドがドリ車バリにハカマエアロ風になってしまっていたので、ソレを直すために横からタイヤを寄りかからせて矯正しました。 画像は矯正後です。

SW20_WIDE_AERO_kakou79.jpg

バンパー両端内部のインナー部分。 これも全然あわずというか、干渉してバンパーそのものが車体に取りつけられなかったので、早々に切り取ってしまいました。 
黒いのが元の部分。  半透明のが作り直すために切り出されたFRP板。

SW20_WIDE_AERO_kakou80.jpg

フチの処理が汚いですが、とりあえず新規に製作(接合完了)
これから全体的な仕上げ作業です。 

SW20_WIDE_AERO_kakou85.jpg

 
SW20_WIDE_AERO_kakou81.jpg

黒サフェーサーでごまかされておりますが、製品の表面は歪んでボッコボコです。(爆)
総パテの予感です。 もう寒気がする・・・・。

※先日、このMR2記事を見て連絡をいただきました。 同じく、MR2/スパイダーをベースでTRDキットを組んでいるそうです。 (ショップさんお勤めなのでしょうか?) かなり気合いの入ったカスタム&チューニングしていましたね。 私も以前、雑誌かなにかでそのお車は拝見したことはありました。  オーナーさんのこだわりと情熱はすごいですね。  
 こちらのオーナーさんにもその旨はお伝えしておきたいと思います。  
  1. 2014/12/02(火) 23:57:46|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2