自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

MR2 SW20のブリスターエアロの取り付け・・・・のはずが・・・。その9

前回の続きです。
大まかなリアフェンダーのアウトラインは見えてきたので、平行してトランクガーニッシュの製作にはいりたいと思います。

こちらの部位も、キットの物は何一つ流用できませんでしたので、潔く諦めて、完全自作で行きたいと思います。(笑)

まずは足がかりになるトランクへの密着部分の製作。 
純正ウイングを剥がしたところで、トランク表面をマスキング&ワックスがけ。 離型剤も塗ってFRPを2プライ張り込みます。



SW20_WIDE_AERO_kakou108.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou109.jpg

乾燥後、バリをカットしたら、周辺を再度マスキングして、トランク後方の面を製作します。

素材のFRP板を切り出して、後方の面位置をだして内側からFRPを積層します。

リアフェンダーとトランク部位とのクリアランス(隙間)も均一に残した上で積層。

SW20_WIDE_AERO_kakou110.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou111.jpg

乾燥後、バリをカットして、フタ部分にあたる部位を、2プライで製作したFRP板素材から切り出して製作します。

フチに樹脂接着剤を塗り込み、フタをします。(これで中身が中空のトランクガーニッシュが完成。(後で裏側を一部くりぬいて補強はします。)

重りを乗せてしばし乾燥待ち。

SW20_WIDE_AERO_kakou112.jpg

かなり形になってきました。 ワクワクするね。

SW20_WIDE_AERO_kakou113.jpg

オーナーさん希望のイメージやラインに沿っていればよいですが・・・。  何度も打ち合わせしていますが、私の技術が伴っているかが問題(爆)
 両端フェンダーの後端の長さが足りないのはご愛嬌。 後ほど調整して再掲載、

SW20_WIDE_AERO_kakou114.jpg

かなりワイドに見えますね。

 フェラーリ テスタロッサ ならぬ エッサホイサ(懐かしい!シャコタンブギ)っすね。 

SW20_WIDE_AERO_kakou115.jpg

トランクはこんな感じ。
完全な中空です。 FRPの板でできています。

SW20_WIDE_AERO_kakou116.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou117.jpg

ふ~!なかなか疲れるぜい・・・・はぁ。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/28(水) 22:45:31|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久しぶりにスプレーガンを入れ替えました。  調子が良いぞ!!

数年ぶりにメインで使うスプレーガンを入れ替えました。  基本的には毎回洗浄していますが、どうしてもミストの飛びが不安定になったり、シール類のへたりなどでエアー漏れなども起きてくるので、丁度キャンペーンもやっていたので導入。
 
 今まではPIAやiwata、明治などのガンを使っていましたがが、今回はデビルビス。 デビルビスは昔も使っていて(FUN GUNという小型のもの)、今回は新しい物がでたというので、1台試しに購入。  これがまたメッチャ調子が良い。
 本体がフッ素加工されているので塗料が密着しないので掃除も楽です。  大変気に入ったのでメインのガンにするべく、追加で2台購入。  
 
 今回のガンはパターンが広いのもそうですが、ミストが細かくて非常になめらか。  パールやメタリック用としては非常に良いと思います。 色ボケもできないし。  コストパフォーマンスも良いですね。 私のはノズル口径が1.3だったかな?(忘れた)  塗装をする方、是非おすすめです。 (あんま、いねーか)



こちらはブースター兼各種兼用充電器。  便利になりましたよね。  これ1台で車のバッテリー上がり(始動)から、スマホの充電、USB電源、PCの充電、ハンディーLEDライトなど、非常用にも重宝する小型バッテリー電源です。 手のひらサイズで車も始動できちゃうってんだから恐れ入ります。 ここ数年でここまで小型化してきました。 従来のちょっと大きいのはもちろんもっていましたが、これなら持ち歩きもできるから良いですよね。 最近はネットでも格安で売っているので、2年持てばいいかな?くらいの感じで購入しました。 

KOUGU_tsuika02.jpg

KOUGU_tsuika03.jpg

毎月たくさん工具などのチラシも来るけど、欲しくて止まらなくなってしまう・・・。 いけない病気が発動しそうです。(爆)

KOUGU_shuuri50.jpg

こちらは知り合いの業者さんより修理依頼を受けたジェットヒーター。  この時期は必需品ですね。  小型ですが、なかなか強力です。  ウチにあるジェットヒーターはバカでかいので、このように持ち運びはできません。 ウチのもそろそろ掃除してあげないといけないなぁ。 自身の工具を整備する時間がなかなか取れないっす。うぇーっん。
  1. 2015/01/27(火) 02:38:44|
  2. 整備工具関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

キャリートラック 突然のエンスト、再始動できず牽引されて入庫。

お客さんからの電話がなり、出先で止まってしまったので、近くだから牽引して向かっていますとの連絡。
土曜日の夕方前で、部品が必要になってしまった場合は週明けになるとの旨を伝えてお預かり。
 仕事で毎日使っているトラックですので、なんとか早く返してあげたい。
 とりあえず状況判断。

始動確認してもかからず。 初爆が無い。  まずは基本的な部分でプラグのスパークの確認。 
3本共に火は出ている。(プラグの電極が摩耗していましたので、併せて交換しておきたいと思います)

さて、つぎに燃料は来ているか?
シート下の燃料配管に入るホースを外しキーを回すが燃料出てこない・・・。 ポンプリレーか?燃料ポンプか?

旧エブリー/キャリーは、メーター裏にあるポンプリレーの基盤のハンダ割れというのは結構ありましたが、この型のキャリーはシート下のリレーボックスにある、黒い4Pリレーがポンプリレーのよう。  手持ちの在庫リレーと入れ替えてみるが状況変わらず・・・。ということで、とりあえずは燃料タンクを下ろすことにしました。

 結構簡単にはずせた!ラッキー!



まずは燃料ポンプ自体を取り外して、直に12Vを掛けてみる。
ウィーンとマブチモーターのようなか弱いモーター音ですがしています。  モーターは大丈夫そうかな???

で、次にモーターに入るところの電源カプラー(車両ハーネス側)に検電テスターをあてて計測。
IG-ONで数秒点灯。 セル-ONで点灯。  信号もきているようです。

となると・・・・・?

もう一度先ほどのモーターをマジマジと見直しながら、ストレーナーのつまりはないか?他を確認。やや汚れてはいましたが問題はなさそう。  モーターをタンクに戻して、吸い上げた先のホースを容器の中に。 モーターに直接12Vを掛けてみると作動はしていますが、吸い上げるはずのガソリンが出てこない・・・。 あれれ?

モーターのへたりか? 内部のインペラーのシャフト抜け(空回り)か?  まあどちらにせよ部品がNGということでその日は終了。

 週明けまで仕事を止めるわけにもゆきませんので、翌日、とりあえず当方の在庫で同型車がありましたので、燃料タンクを外し、部品を拝借。 新品のモーターユニットは¥19400。( 燃料ポンプASSYだと¥43800もします)ので、そのあたりはお客様の判断でお願いしまして、とりあえずはポンプを入れ替えて確認。(単体試験でもOK)

CARRY_Fuelpomp02.jpg

左がNGなポンプ。 右が拝借したポンプASSY。

CARRY_Fuelpomp03.jpg

組み付けて始動確認。 走行テストもOKでした。
とりあえずは仕事を止めずに仮処置できたのでセーフ。
改めてこのまま応急修理で安くすませるか?新品ポンプに入れ替えるかを思案中。
日曜日の午前中に納めて午後から家族サービス。

長男は友達と遊びに出かけてしまったので、長女と嫁とでお出かけ。

本当は東京でやっていた進撃の巨人展(この日が最終日)にゆきたかったのですが、前売り券を買っていなかったので、当日券はごくわずか(?)なようでしたので、泣く泣く断念。 ゆきたかったなぁ~進撃。

予定変更で、袖ヶ浦の三井アウトレットモールにお出かけ。  私の仕事用に掛けているメガネの予備を作りたかったので買い物がてら向かいました。

 ここ数年はずーとJINSの格安メガネ。 いつもはフレーム/レンズ込みで¥8000ほどですが、アウトレットだともっと安いようなので見に行ったら、なんと! 込みで¥3900!!(安っ!)  3個作ってきました。(仕事柄すぐに痛んでしまうので、メガネも消耗品として割り切っています。なので、安いのでOK)  嫁達もPCメガネが欲しい!!と言い出して、結局PCメガネを3個買わされ、合計¥25000ほどに・・・。うううっっっ泣。 

megane01.jpg

他のお店も周り、外国のお菓子や、お皿、etcを買ってきました。
(お菓子は衝動買いで、オイラが勝手に買ってきちゃいました。 だっておいしそうだったんだもん)

mitsui_outlet01.jpg

帰りに、三井アウトレットモールの向かいにある、アジアン雑貨屋さんのチャイハネにも行ってきました。
雰囲気といい、商品の感じといい、よさげなものがたくさんありましたね。 雑貨屋さんは楽しいね。(でも何も買わなかったんだけど。  お財布事情もあるので、次回に持ち越しで・・・)

chaihane01.jpg

chaihane02.jpg

chaihane03.jpg

chaihane04.jpg

館山には無い、モスバーガーでちょっと贅沢に(?)ダブルモスチーズバーガー他なんぞを買って、おいしく帰りました。(もちろん長男の分も買って帰りましたよ)  やっぱ、モスバーガーおいしいなぁ・・・。 たまに味わう休日でした。
 さて、今週もがんばろう!っと。
  1. 2015/01/26(月) 10:04:39|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

MR2 SW20のブリスターエアロの取り付け・・・・のはずが・・・。その8

タイトルの通り、SW20のリアフェンダー製作の続きです。
GTOのリアブリスターフェンダーとFRPの板を使用して、新たに作り直しです。
製作のコツの方はどのようなものかといいますと、

 思い切りをよく、ズバァー!と切って!!

FRPの板もチョキチョキー!と切り倒して!

ビタビタ~!と樹脂接着剤で貼り込んで!!

動かないようにズビズビー!とビスで乾燥するまで仮固定するだけです。
そんだけ。



SW20_WIDE_AERO_kakou102.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou103.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou104.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou105.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou106.jpg

製作工程をちまちま載せても、地味な作業になってしまいますので、思い切って割愛(自爆)です。

そういえば、保険屋さんの方から資料をいただいてびっくりしたのですが、軽自動車税が値上がりするのは今年の新車以降の車だけではなかったんですね?!  車屋なのに知りませんでした。(うっそーん!マジでー?)  
 
2016年度(H28年4月)以降は、従来の登録車両もすべて値上がるとの事。  現行¥7200の軽乗用車(5ナンバー車)は¥12900へ大幅アップ!  ¥4000の軽バン/トラック(4ナンバー車)は¥6000へ1.5倍へ。   なんちゅうむちゃくちゃで乱暴な値上げだこと。 
 
 懐事情も人それぞれ(私もですが)大変で、新車が買えず今までの車を大事に乗り続けているにも関わらず、これでもか?と言わんばかりに大幅値上げ。  ふざけるなぁ~!!!!(怒)

 現在の新車販売台数が普通車比較で4割を軽自動車が占めているという状況から、軽の登録が多いからもっと取っちゃえ!的な、もっと数段階に分けてとか方法があったような気がしますが、古い車を乗っている人たちの首を絞めるようなことはあってはいけないと思うのですが、こういった法律ごとを決めるお偉い方は、軽には乗らなかったり、10年落ちの普通車などにも乗らず、お金に困っていないから?、庶民目線が分からないのでしょうね?  非常に残念に思いました。

 普通車も13年超過すれば1割アップしていますし、車検時の重量税も新車登録から14年を超過すると高いです。 18年超過すると激高!  もう何がなんだか・・・。  

 最近トヨタから発表された水素自動車の事も気になりますが、まだまだ庶民目線からすれば10年先の話のようで現実味がわきません。  若者の車離れがすすんでいると言われている昨今、こんな状況ではますます離れていってしまうような気がしてなりません。 

jidoushazei_kaitei01.jpg

jidoushazei_kaitei02.jpg
  1. 2015/01/25(日) 01:07:51|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ZRX1100にバックカメラを装着。

前々から、ツーリングに行ったときに、後方確認できればかなり楽だなぁ・・・と考えていて、バックカメラを付けよう!と思っていました。  
 
バイクにもよりますが、基本、左右後方しか見えません。 特に私のZRX1100に付いているルーカスミラーは元は自動車のフェンダーミラーですので、足が短いため、なおさら見えません。(後方視界が運転中の両腕に隠れてしまうんです)  で、安く自動車用のカメラを付けちゃおう!というのが今回のお話。

 正月休み中の施工で今頃の掲載です。(遅せーよ!)

 今やネットで何でも売っていますので、早速検索&落札。 カメラ&モニター(4,3インチ)のセットで、送料まで入れて約¥4000。  安っ!  画面が大きい方が見やすいですが、アッパーカウルのステー上にドーン!と大きなモニターが鎮座していたらちょっと格好悪そうなので、控えめな4.3インチにしました。 ガラケーの画面よりちょっと大きい感じのサイズですね。

取りつけに関しては、車にも今までたくさんつけていますので、なんてことはありません。

カメラ電源は、車の場合は本来リバース信号から取りますが、バイクでは常時見たいので、テールランプのスモールランプの線に接続。(ZRX1100は常時ヘッドライトは点灯式のため)  モニター電源は、メインハーネスのフロント部分からヒューズを入れてキーオンの電源から拝借。 あとはアースの取りつけです。



まずはテールカウルのバラし。 
一番最初に作ったグースカウル車ですので、このときは物入れをFRPの板で製作していました。

ZRX1100_back_camera02.jpg

2台目から効率よく(?)カゴをベースに製作することとなりました。
物入れに常備されているのは冷却水(LLC)です。 以前、冷却水をお漏らししていた時期があったので非常用です。ポンコツなもんで・・・。

ZRX1100_back_camera03.jpg

とりあえず結線してモニターに映るか確認。  よし、OK!


ZRX1100_back_camera04.jpg

ZRX半裸の図。 いや~ん!

ZRX1100_back_camera05.jpg

配線汚ったねぇけど、隠れちゃうから見なかったことにしておくれ。 もちろんエレクトロタップなんぞは使わずに、すべてハンダ接続してありますよ。

ZRX1100_back_camera06.jpg

ZRX1100_back_camera07.jpg

カメラはこの位置に決定。 Z2テールで楕円形だから、端のスペースが空いてたのだ! 
できるだけカメラっぽさは出したくなかったのだ。

ZRX1100_back_camera08.jpg

早速試運転兼ねて、内輪の集まりにレッツゴー!!  
試乗して思ったこと。  オイラの後方5メートル位か?を走っている後続のバイクが、小さく写りすぎてなんだかよく見えない・・・自爆。  広角レンズ?だからかな? 画面が小さい上に、バイクも小さいから、よく分からん・・・。 ズーム機能の付いた小型カメラって安く売ってるのかな?  この写りじゃあ目が梅干しになっちゃうよ。 おろろ~ん。

ZRX1100_back_camera09.jpg

アクアにて。  この後ダベった後にラーメン屋さんに行ってさらにダベって解散になりました。

ZRX1100_back_camera10.jpg

もうちょと暖かくなったら、また集まろうね! 
  1. 2015/01/23(金) 10:41:04|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

MR2 SW20のブリスターエアロの取り付け・・・・のはずが・・・。その7

昨年の12月前半に掲載して以来のMR2ネタ更新です。
どうにもこうにも困っちゃう状況のアメリカ製エアロを切った貼った作り替えたの3拍子でなんとか車に取り付けできるよう矯正したまでは良かったですが、形状の崩れに負けず劣らず、エアロ表面もボコボコで波打ってしまっており、結局すべてを面だしし直す大作業にふくれてしまいました。 このバンパーまるまる1本のパテ盛り&削りを8~9回行ってようやく、「なんとか見れるレベルかな? まだユガミ取り切れてないけど・・・」といった感じです。  



もう、コレ1から作った方が絶対に早いよね?!そうだよね?っていう雰囲気です。
泣いてもいられませんので、この後サフェーサーを入れてさらにユガミとりと、キズ消し作業をおこないました。

SW20_WIDE_AERO_kakou87.jpg

取りつけるリアフェンダーの製品がないので、1から作りたいと思います。
もちろんキットとして入ってきた部品は取りつけられる気配が感じられないので、却下です。

まずは車体に取り付く密着面が欲しいので、車体に対してマスキングをしてFRPを張り込みます。

SW20_WIDE_AERO_kakou88.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou89.jpg

こちらがキットとして入っていたリアフェンダー。 画像では分かりませんが、全く付きません。 
なので、今回はこちらは使いません。 イメージの形を参考にするだけです。

SW20_WIDE_AERO_kakou90.jpg

今回はこちら。  全然関係ない車種(三菱 GTO)のウチの製品のリアブリスターフェンダーを元に製作したいと思います。 エッジラインが似ているから・・・ただそれだけです。(爆)
 でも、こういう形状のリアフェンダーって市販品もあまりないんですよ。  ある意味、自社で型をもっていたので好都合だったです。 なので、1セット新品を製作し、ザクザク切ってゆきます。

SW20_WIDE_AERO_kakou91.jpg

その前に、ちょいとスケベ根性だして、この部分だけでも使えないかな?・・・と部分的に切ってボディーにあてがってみました。

SW20_WIDE_AERO_kakou92.jpg

結果。 この部分ですら全然使えずアウト! こりゃ駄目だ。  諦めよう。
気を取り直してGTOのフェンダーを切り刻んでなんとなくそれらしい位置に仮置きしてゆきます。

SW20_WIDE_AERO_kakou93.jpg

遠目からも確認。 タイヤのアーチラインはまだずれているので違和感ありますが、フェンダーのエッジラインがこの辺か・・・・などと参考にしてゆきます。  
 オーナーさん本人と話した結果、もう少し下からエッジラインが始まってゆく方向となりました。

リアフェンダーのスムージング作業や仕上がったその後の事を考え、上部のトノカバーまでかかる部位はFRPで覆ってしまおうとなりまして、改めて密着面の取り直しが決定。

SW20_WIDE_AERO_kakou94.jpg

オープン仕様のトノカバー類をパッパと外してゆきます。 

SW20_WIDE_AERO_kakou95.jpg

SW20_WIDE_AERO_kakou96.jpg

おおぅ!?  スッカラカンになってきたぞい。 

SW20_WIDE_AERO_kakou97.jpg

密着面の製作範囲を広げてFRPの張り込み。  トノカバー下に回り込み部分は1プライで薄く積層。 他の部分は2プライで積層。 

SW20_WIDE_AERO_kakou98.jpg

最終的にリアフェンダーのエッジラインをこの位置まで下げて位置決め。
アーチラインもカットして、こんな感じのイメージでゆきませう。

SW20_WIDE_AERO_kakou99.jpg

足りない部分はこの後作り足してゆきます。 足がかりもなにもないからなかなか大変っす。 
がんばりまっす!

SW20_WIDE_AERO_kakou100.jpg
  1. 2015/01/22(木) 10:38:17|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

お友達が遊びにきました。 Y31軍団。

珍しいY31軍団のお友達がきました。
仲間内のツーリングで館山まで遊びにきました。
なんだか異様な光景(笑)



ただでさえY31セダンなんて滅多に見ないのに、4台も来ました。 その内2台がリムジン仕様。 どれもピッカピカになっていて大事にされていました。 本日は4台でしたが、実際のメンバーはかなりいるようです。
 しっかし長ぇなぁ・・・。 
アルミも現行サイズ(20インチ?)を履いているみたい。

Y31TOURING02.jpg

BBS-RS。 大好きなんですよ。  時代もマッチングしていてイイね。 昔流行ましたよね、セドリック/グロリアやクラウンやソアラにBBSアルミって。 

Y31TOURING07.jpg

Y31TOURING03.jpg

室内はまさにロングですね。 中で遊べそうな広さ。 生活できるなコレは(笑)

Y31TOURING04.jpg

このリップスポイラーと、トランクスポイラー(画像には無いけど)をウチで製作させてもらったんですよ。  現在も納品させて頂いています。 アザーッス!

Y31TOURING05.jpg

白いロングを乗っているのが、私のお友達であり、同じ車屋さんの社長。 もう7、8年のおつきあいになるでしょうか?
仲良くさせてもらっています。 このときははるばる群馬から遊びに来ました。(他のメンバーさんも各関東の方のようです)

Y31TOURING06.jpg

こんな車に後ろに付かれたくないっすね(笑)
また遊びに来てちょうだいね~!  
  1. 2015/01/21(水) 10:31:28|
  2. 車ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

バモスの板金からの仕上げ・・・結局オールペイント(自爆) 後編

前回の続きです。
車体のアッチコッチの板金を進めて、塗装の下準備をしてます。
最小限で塗装するはずが、段々雲行きが怪しくなり、気が付いてみれば無傷で無事なパネルが2カ所のみという残念な結果に。 なのでそのまま側だけオールペイントになりました。(自爆)



ひん曲がってた右ドアや左クォーターも引っ張り出してトンカンやって仕上げ。

VAMOS_shiageA_11.jpg

VAMOS_shiageA_12.jpg

屋根もクリヤー塗装が死んでいたために1枚丸ごとサフェーサーを吹いてから再塗装。 ピカピカに復活。

VAMOS_shiageA_13.jpg

で、続いて周りの塗装。 屋根は既に完了しているのでマスキング。(屋根が高いので、1回では塗装できないので2回に分けています)

VAMOS_shiageA_14.jpg

VAMOS_shiageA_15.jpg

サクサクッと塗装完了!

VAMOS_shiageA_16.jpg

バックドアは入れ替えようの中古(ガラス無し)を持っていたので、別で塗装をすませてありました。

VAMOS_shiageA_17.jpg

リアガラスを引っ越します。 今まで持っていた一般的な20ミリというガラスカッターの刃では届かないので、25ミリを買い足しました。

VAMOS_shiageA_18.jpg

割らないように慎重に切り剥がし。 セーフ!
奥のが取りつける方のバックドア。 元々中古で昔購入したもので、それも凹んでいたので板金したものです。
結構バモスって、バックドアが凹んでる率高いのは気のせい?  何故だろうか?

 付いているバックドアを板金しても良かったのですが、たまたま補修したものを持っていたのと、このタイミングで使用しないと次いつ使う機会があるかな?と思ったので、この際だから交換。 置く場所にも困っていたしね。  

VAMOS_shiageA_19.jpg

ガラスに付いていた元のシーリングを綺麗に剥がして、ガラス周りにぐるりと再シーリング。

VAMOS_shiageA_20.jpg

で、バックドアと合体。 寝かせて付けてるから楽でいいね。

VAMOS_shiageA_21.jpg

乾燥後、バックドアごと交換して、ハンドルや他の部品も引っ越し、立て付け調整して完了!

VAMOS_shiageA_22.jpg

リアワイパーは再塗装して取りつけ予定。
綺麗になったんべ~!ヨシヨシ。

VAMOS_shiageA_23.jpg

(作業前)
VAMOS_shiageA_01.jpg
  1. 2015/01/20(火) 09:22:50|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バモスの板金からの仕上げ・・・結局オールペイント(自爆) 前編

外装仕上げのバモス。
 なかなか結構くたびれて、あちこちへこみ、キズのオンパレードです。
屋根もクリヤーがなくなってガサガサ状態。
 さて、やりますか。



まずは手っ取り早くバンパーから。 フロントバンパーもギタギタだったので補修。

VAMOS_shiageA_02.jpg

フロントはちぎれていたり、変形していたりもあったので、部品取り車のバンパーがきれいだったので、そちらを使用することにしました。(手抜き)

VAMOS_shiageA_03.jpg

あげたらキリが無いほどへこみもあるので、一つずつつぶしてゆきます。

VAMOS_shiageA_04.jpg

フロントフェンダーも部品取り車から拝借。 治すより早いな。

VAMOS_shiageA_05.jpg

あっちも!

VAMOS_shiageA_06.jpg

こっちも!

VAMOS_shiageA_07.jpg

そっちも!

VAMOS_shiageA_08.jpg

板金~!!!

VAMOS_shiageA_09.jpg

VAMOS_shiageA_10.jpg

先が見えず・・・爆。  
続きは明日。

全然関係ないですが、休み時間や夜業の休憩中にョイチョイユーチュブを見るのが好きなのですが、昔のゲームミュージック関係を聞いたり見たりしていたら、こんなの見つけた。 
 昔はやった「グラディウス」
ゲーム好きなら名前くらいは知っているよね。 
 スクロールシューティングゲームでした。  敵を倒してカプセルが出現したらパワーアップして攻略してゆくもの。
オプションと呼ばれる自身の分身が最大4つまで装着できるのですが・・・・・

(ユーチューブ)
オプション50個のグラディウス
https://www.youtube.com/watch?v=lVXPe6Qeaac

もう、これ、敵か味方かよく分からなくなってしまう。 でもこれだけ付けたらまあ無敵だろうな。
これだけたくさんオプション付いちゃったらゲーム的には全くつまらないけど・・・。笑。

カスタムでプログラムするプロ達がいますが、いろんな事(くだらないこと)考えますね。  笑っちゃった。
  1. 2015/01/19(月) 18:02:32|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仕事用のトラックの車検が年末で切れちゃいまして・・・。

仕事でもチョイチョイ使っている1トン車(正確には850kg積みですが)が、昨年末で車検を切らしてしまいまして、なかなか取りに行く時間がとれず、今になってしまいました。
 
 改造屋?というのもあるので、ちょいとファンキー仕様にイジってしまっているので、少々戻します(笑)。
でも、マフラーやリップやテールetcなどはこのまま持ち込みで通していました。(OKを取ってました)
 
 でも、最近歳のせいか?、ややうるさいマフラーに疲れてきてしまい、ちょっとだけ音量を落とそうかな?とこの際作業することに決めました。

shayousha_TRUCK_shaken01

こちらが今回、中間部分に入れるサブタイコです。  三菱の純正品で、確かランサーか何か?から外したような覚えが・・・。  お金を掛けたくないので、基本、会社に落っこちているモノで作業します。

shayousha_TRUCK_shaken03

こちらがいままでの状態。 ずいぶん昔に会社にある材料であり合わせで作った記憶があります。 テールのサイレンサーはZ32の左右しマフラーの片側を使ったような記憶が・・・。 だったかな?  
 中間はほぼストレートですな。  なかなか爆音でした。

shayousha_TRUCK_shaken02

でもね、昔の記憶と比べると、なんだか妙にうるさいような気もしました。

・・・・原因はこれだった!  テールのタイコに入る部分でクラックと腐食で穴が!?
 パイプもペラッペラッになっている。   やべぇ・・・。確認しておいて良かったぁ・・・。  これじゃあ車検どころじゃないっすね。 もちろん受かりません。

shayousha_TRUCK_shaken04

とりあえず、敷地内に落ちていた鉄板を切り出して、叩いて丸めて、なんとなく先ほどの位置に合うように加工。
 こんなもんかな。

shayousha_TRUCK_shaken05

上から被せて溶接。 でもって耐熱スプレーでプー!  汚ったねえ溶接は勘弁してくだせぇ。  まあ自身のだし、排気漏れなければOKっしょ!

shayousha_TRUCK_shaken06

でもって、スパッ!とカットして、こんな感じに入れ替え。  切り取ったストレートパイプはポイッです。

shayousha_TRUCK_shaken08

おっと、その前に忘れてた。 クラックも溶接したけど、また割れても元も子もないので、補強のバーを溶接しておきます。 これなら次は割れないっしょ!

shayousha_TRUCK_shaken09

そんな感じで車体に仮付けしてから位置をだして本付け。
スプレーでシュー!で完成!

shayousha_TRUCK_shaken10

マフラーの近くにプロペラシャフトもあるので、さけるために追加したタイコは縦に装着。
 ちょっと変か? まあいいや、これで少し静かになり、排気漏れのビビリ音も無くなりました。
 で後日改めて無事車検完了。  めでたしでした。

※前回オールペイント時に荷台も外して塗装して、フレームなどの下回りもブラックの上に、グリーンのフレークを入れたキラキラ塗装にしたんです! 汚くなってあまり分からないけどね。(爆)  左の道具箱はブラックにブルーのフレークを吹いています。 これもよごれてて分からないけど。  このトラックも中古で購入してきてはや10年以上。 もう3回もオールペイントしました。  新しいトラックも欲しいなぁ・・・。

shayousha_TRUCK_shaken11

併せてブレーキパッドの交換と割れていたロアアームジョイントのブーツ交換も実施。

shayousha_TRUCK_shaken12

shayousha_TRUCK_shaken13
  1. 2015/01/18(日) 22:34:28|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

FTO加工作業 その5

お客さんにいただきましたおみやげです。
白い恋い・・・・いや、ちがうぞ。 
 そもそも北海道じゃなく、関西でのお土産でしたから・・・。

「面白い恋人」  
以前に秋田バージョン?のを頂きましたが、今度のは関西バージョンです。 
よく考えるなぁ・・・と関心。 私は知らなかったのですが、結構有名みたいですね。
嫁も知っていましたし。 

omoshiroikoibito01.jpg

 ゴーフレットみたいなお菓子で、味はバナナ味でした。 おいしかったですよ。  ごちそうさまでした。

omoshiroikoibito02.jpg

さて、話を戻しまして、先日の続きです。
(画像が、右フェンダーにいったり、左フェンダーにいったりと、忙しいですが、我慢してください。 両方ほぼ同時に進行していましたが、ピンボケなどの画像があったので、写りの良い方を使っているので、バラバラになっています。) すんまそ。
 
 アールを合わせるために、一旦バラバラにした部品を、自然な角度になるように調整して再構築します。(この際に最大約20ミリづつワイドに加工しています) 白い部分が幅増ししている箇所です。



FTOはノーマルのフェンダーサイズで、フロント7J、オフセット+35(位だったかな?)が結構ギリギリサイズです。7.5Jだと+45位か? なので、ホイールの選択肢があまりありません。 基本FF用のホイールとなります。

 リアブリスター化に併せて、フロントもブリスター化してあげると何がよいか? 
 ホイールの選択肢が増える、リムの深いホイールが履けて格好良い!(笑)、ビックキャリパー(ブレーキ)が取り付けできるなどのメリットがあります。  まあ、リアを片側35~40ミリづつワイド化しているので、バランスを取るために・・・という理由ももちろんあります。

JACKALsan_FTO57.jpg

凸凹を取るために、#60のペーパーで荒削りをします。
 その後、樹脂パテにて段差の消し込みをします。

JACKALsan_FTO58.jpg

段差が少なくなったら、板金パテで面出しをしてゆきます。 (ここまでがなかなか結構大変)

JACKALsan_FTO59.jpg

肌が出たら、サフェーサーを入れてチェック!

JACKALsan_FTO60.jpg

車体に取りつけて簡易チェック。(この画像はただ乗せただけで、ボルトで定位置に固定まではしていませんのでご理解ください)

JACKALsan_FTO61.jpg

前後のボリュームバランスと、くびれがはっきりでてきましたね。  次はサイドステップの合わせです。

JACKALsan_FTO62.jpg
  1. 2015/01/17(土) 10:07:03|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FTO加工作業 その4

昨年、リアフェンダーのブリスター化まで完了していましたFTO。
年末からフロントフェンダーのブリスター化へも着手していました。
 部品の流用ベースにするのはこちら。 2003年のオートサロンに出品したFTOブリスターの車両より使える部品を流用してゆきます。 外装および内装、マフラーなども加工移植します。 

 オートサロンは、今年は忙しくて見に行けなかったなぁ・・・・。  
あの盛り上がりは独特ですよね。  

 このまま放置車両で朽ち果ててももったいないので、再利用は良いことですね。

はやいもんで、もう10年以上たってしまいましたか・・・?  年とったなぁ・・・。



 リアのカチ上げマフラーも、当時は斬新(?)だったんですよ。(笑)  
 GTOの縦二本だしマフラーもこれより前のデモカーとして作っていましたが、当時はデモカーのニックネームを”サムライ”と付けていたので、これは4号機だったかな?  
 一応当時のコンセプトは、フェアレディZ、スープラ、GTOなどはオートサロンでも外人さん受けがよく、外人さんにも聞き慣れた言葉(?)で、イメージをつくってみよう!という意味合いで、サムライという名前。 脇差しに見立てたマフラーと昔の武士の着物の色に見立てた紫でサムライシリーズの紫デモカーは複数台作りました。  その後はやや方向性も変えたので、必ずしも紫には塗装しませんでしたが、最後に出品した2008年は80スープラでまた紫に戻りました。

JACKALsan_FTO47.jpg

 さて、話を戻しまして、車体に仮固定です。
フロントフェンダーを片側約20ミリ弱ワイド化しますので、出面の寸法を逆算して計算しておきます。

JACKALsan_FTO48.jpg

マイベックエンジン搭載車なので、ボンネットもそのまま付けると若干干渉します。 フィンを削れば取り付けできますが、オーナーさんは雨よけの滑り台を付けて欲しいとのことですので、ダクト自体を上に移設し逃げを作る予定です。
 この作業は後ほど。

JACKALsan_FTO49.jpg

オイルフューラーキャップもギリギリのクリアランスです。

JACKALsan_FTO50.jpg

でもって、フロントフェンダーのカット位置を出します。

JACKALsan_FTO51.jpg

切り込みを入れていって、約20ミリ広げた状態で再構築します。
フロントバンパーおよびドアとのチリは元位置で変更しませんので、中間部分のみで拡幅します。

JACKALsan_FTO52.jpg

JACKALsan_FTO53.jpg


JACKALsan_FTO54.jpg

この後、FRPを裏貼りします。  次回に続く。

JACKALsan_FTO55.jpg

昨日、大雨&風で嵐の様でしたが、夕方になり晴れ間が見えて、空に虹が。
画像だとかなりボケてしまいましたが、実際はかなりはっきりと見えました。 右側はなんと、2重の虹があったんす。
写真も撮ったけど、2つ目の方は少し薄くて写真には写らず、手前の電柱&電線がカブってしまったので、残念。

niji02.jpg

niji01.jpg

いいことあるかなぁ・・・。
  1. 2015/01/16(金) 10:44:36|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

年があけてもう10日も経ちますが、今更ですが、明けましておめでとうです。

はやいもんで、今年もあと356日しかないですなぁ・・・。
今年の正月休みも、なんやかんやで元旦と2日のみでした。
3日からは仕事やりながら、自身の身の回りの作業なども少々。
年末に片づけできなかったから、ゴミ出しなんかもやりましたね。

でもって、会社の軽トラ。 1トン車のドラックもあるので、頻繁に乗っている訳でもないのですが、ちょっといじっちゃうと止まらなくなる悪い癖で、ブラック&ゴールドパール&フレークにオールペンした後に、アルミを履き替え、今回は自作リップを作りました。

同型の部品取り車があるので、そのバンパーから密着型を取ります。
画像は外してきたままの状態ですね。 
 これにリップ部分になる部位を、マスキングした後に、ワックスを塗って、ゲルコートを塗ったらFRPを2枚張り込みます。
(画像を撮ったつもりでいたら、取り忘れたのか?見つからないのか?肝心な画像がどっかにいっちゃった・・・)

張り込んだバンパーの部位に、オリジナルで販売しているエブリー用のリップを1本引っ張り出してきて、表面のみバッサリ新品をカット。 幅もちょいと違ったから、中央でカット。 
 先にバンパーに張り込んだ密着面に、リップ部を併せて仮固定。

sammber_F_lip00.jpg

 裏からFRPを貼って、乾燥後バリをカットすれば下のような画像のワンオフリップ(エブリー改)の完成。
(かなりハショってます)



パテで肌を整えます。(反射してパテがよく見えん)

sammber_F_lip02.jpg

サフェーサーで仕上げてあとは塗るだけ。

sammber_F_lip03.jpg

バンパーとの密着面も整形してあるので、吸い付くように取り付けできます。 裏からタッピングビスで固定。

塗装して完成!
旧車チックになったじゃないか?!  なかなか格好よさげっす。  この型のサンバーなんぞ、エアロなんてもちろんでていないし、無ければ作るしかなかろうもん?

sammber_F_lip04.jpg
ホイールも希少のエクイップ15インチ。(リムは浅めの車検対応サイズ)  珍しいっしょ!?
さーて、明日以降、記事もバリバリ書いてゆきたいと思います。

※ちなみにヤフオクで出品してたりします。(爆)  売っちゃうんかい?!
いやいや、別に売れなくてもよいですが、売れたらまた別の軽とらつくってもよいかな?って。(そんな暇ねぇ~)


本年もよろしくです。

  1. 2015/01/09(金) 22:18:19|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3