自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

アクティトラックをカスタムしてみよう! その4

思いの外、アクティカスタムネタが反響が多かったので、今回も書いてゆきたいと思います。
(安心してください! 履いてますよ!じゃなかった、お仕事してますよ!(全裸にみえるポーズ風)

サイド出しのマフラーは、自作するつもりでいたので、バイク用の形状/収まりサイズ等良さそうなものをチョイスして注文してありました。 縦2連で製作します。 下の画像で、きったねぇ溶接だなぁ・・・って突っ込まないで!
 確かにオイラは溶接がヘタで有名(?)なのですが、久しぶりにTIG溶接機を引っ張り出してきてステンレス溶接をしていたら、なんだか黒ずむし、綺麗に溶けずに浸透しねぇなぁ・・・と作業も終盤に差し掛かったとき! アルゴンガスが空っぽだったのに気が付きました。  ちーん。終了。    ヘタ+ガス切れで見るも無惨な状態に・・・・。 至近距離では見てはいけません。 なので、途中からいつものMIG溶接(鉄ワイヤー)に切り替えました。 (どうせマフラーパイプは鉄(アルスター)だし)



純正のここ(触媒後)から、フランジで脱着できるように製作します。
下の保護カバーも邪魔なので撤去です。
 真上が燃料タンクなので、遮熱スペースを確保しないといけませんね。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK46.jpg

会社の裏にある、素材?の山から近いサイズのマフラーパイプを物色してきて準備!
新品パイプを用意すれば気持ちも良いかとおもいますが、製作する私の腕レベルもたかがしれていますので&いかに安く?作るか?という課題もあるので、ここはサイレンサー以外は¥0でやります
釣りゴムもポンコツなどから外してストックしてありますので、買いません。 オイラ、貧乏性なんです。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK47.jpg


材料はこんだけあれば足りるべ?

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK50.jpg

先にインチキ合体したサイレンサーに、Y字分岐を製作します。
素材パイプの曲げ部分を斜めカットして接合、 その先でカット。  お手軽Y字のできあがり。

2連サイレンサーの釣り金も丸棒を切って、フレームに溶接して完了!
できるだけ最小限の加工&簡単な構造?を検討した結果この位置で吊り下げが確定。
一応キチンと水平は出します。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK48.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK51.jpg

この部分の釣りゴムは横剛性の強い、硬質の釣りゴムを使用しました。 

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK49.jpg

左のサイレンサー部の口と、右の触媒部分のフランジ口まで曲げパイプで持ってゆきます。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK52.jpg

画像撮っている時間が無かったので、ハショって一気に完成。 (実際は真ん中当たりに釣り金がもう1カ所追加されています)
つぎはぎマフラーですが、まあ自分のなので、大丈夫っす!

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK53.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK54.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK55.jpg

寸詰めしたサイドステップも取りつけました。 ちょっとだけ、腰高感が解消されたかも? まあ最終的にはローダウンもしますので、OKでしょう!

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK56.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK57.jpg

でき上がって、やっぱりどんなサウンドか聞きたくなるじゃあないですか?
結果! 爆音!  まあ分かりきっていましたが、ほぼ直管じゃね?ってなくらい爆音なので、あわてて出口にサイレンサー取りつけました。 ちょっとうるさすぎだなぁ・・・・・。 途中にサイレンサーをいれるか、または2連のサイレンサーをもっと大きなもので作り直すか・・・。 GSX-R1100というバイクのノーマルサイレンサー(ステンレス)があるので、その2連で作ってみてもよいかも?  ああっ・・・また作り直しかぁ・・・・。 ちょっと検討します。
 涼しい夜のタイミングを見て、部品取りバモスちゃんからエアコン一式とダッシュボ-ド関係を外したいと思います。
また掲載します~。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/31(金) 10:56:48|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アクティトラックをカスタムしてみよう! その3

今回は当初は予定に無かったルーフスポイラー(トラックの場合だと風防っていう言い方の方が良いのかな?) エアーデフレクターとも言いましたっけ? 忘れた。

 まあこのルーフスポイラー、なんで製作する運びとなったかと言いますと、その1にもあったように、引っ張ってきたときから天井もボコボコで、おいらの必殺技の昇竜拳をもってしても綺麗には治らなく、拳が痛いだけでしたので、前から見たときになんとかごまかせねえかなぁ・・・と悪魔のささやきが聞こえてきまして、廃物利用をして適当に(?)作ることとなりました。 早い話がボロ隠しです。てへぺろ。

今回ドナーとなるのは、会社の隅っこの方に放置プレーで数年経過した当方のオリジナル部品でもあるGTO用のルーフスポイラー。 活躍することなく放置してありましたので、この際再利用したいと思います。  
 もちろん車種も違えば、こっちはスポーツカーのリアゲートに付ける部品を軽トラに利用しちまおう!って言うんだからそのまま付くわけもなく、無条件で加工前提となります。



ちょっと、だいぶ前置きが長くなったので、一気にゆきます。
塗装が終わった車で型取りするほどツラい作業はありませんが、順番を見失ってしまったので、仕方なく作業開始。
塗装面にFRPが付着すると あぼーん! なので、密着型を取る前に養生します。
(画像ではすでにFRPを貼った状態です)

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK30.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK31.jpg

乾燥したら、先のGTO用のルーフスポイラーの中心をバッサリカット。 両端のアールの合わないところもカット。
当然幅が足りなくなりますので、中央部を12センチほど継ぎ足しました。

 で、両端の立ち上げ部をFRP板にて作成。 
で、密着面側にも接合し、既にバリのカットも済ませた状態の画像がこちら。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK32.jpg

もちろん中空品なので、補強を入れておかないと、後でFRPが収縮した際に内側にソリが出てくるので、あらかじめ裏側に金属板で補強をいれておきます。 こうすることで、走行中の風に対しても強くなります。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK33.jpg

面だししながら仮合わせてみました。 こんな感じになるのかぁ・・・。 と行き当たりばったりで作ったので、作った本人が「へぇ~!」って感じでした。 なんだか帽子みたいっすね。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK34.jpg

サフェーサーを入れて最終確認。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK35.jpg

平行して、バモス用のサイドステップを寸詰め加工してアクティのキャビンの長さに合うように加工中。
切ったところをふさぐ板はFRP板から切り出した物です。
 接着はABSとFRPは基本的には接合できないので、FRP板を固定した状態で内側から変成シリコンを塗って接着。 これなら乾けば接合強度もあるし、材質関係無く接合できるので都合がよいです。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK36.jpg

んでもって、塗装完了! 

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK37.jpg

半乾燥でしたが、とりあえず乗っけてみた。  こんな感じ。
うーん!賛否両論ある形しているなぁ・・・。 まあアラ隠しの部品ですので、まあ多めに見てあげてください。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK38.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK39.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK40.jpg

サイドステップはまだ乾燥待ちなので、とりあえずはお預けです。(泣)

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK41.jpg

アレ? 脇の部品はなんですかぁ~?って。(笑)

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK42.jpg

部品もボチボチ揃ってきたので、ちょっと遊んでみました。 
まあ、詳細はあらためてアップしたいとおもいます。
こう、ご期待!(え?別に期待してないって?)自爆。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK43.jpg


  1. 2015/07/30(木) 01:20:31|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近買った工具他。

作業ネタばかりですと疲れてしますので、たまには工具ネタでも。
最近はネット通販や、格安工具専門店などもできて、特殊工具や便利ツールなどが入手しやすく大変助かっています。

まあ、安い分壊れやすいものもありますが、そこは割り切って、ス○ップオンやマッ○ツール等にこだわる方もよし、格安工具で十分って言う人はそれでも良しでしょう。 私は、一部上記のスナップ○ンやマック○-ルも持っていますが、そんなに高級工具を買い続けるだけの余裕もありませんので、頻繁に使うものと強トルクをかけるものだけ上記メーカーを使っています。  やはりハンドツールは手に馴染む工具もありますからね。 ラチェットハンドルなんてその最たるものでしょうね。

今回はネット通販でコードレス作業灯(SMD仕様)2種類と、エンジンスターター(ブースター)を購入しました。

作業灯は最近はLEDやSMDのコードレス化がメインになっていますが、一昔前は蛍光灯(冷陰極蛍光管)のタイプや有線タイプでしたね。 コードレス化で作業性も非常によくなりました。 しかも安い!  当たりはずれのバラツキもありますが、まあ充電タイプなんて毎日使うなら、1年持てば全然OKでしょう!?元は十分とったよって感じです。



コレは10WのSMDタイプのもの。 コードレス作業灯で¥5000位だったでしょうか? 非常に明るいです。

saikinkattakougu02.jpg

こっちはハンディータイプのもの。 裏側は引っかけフック2個と強力マグネットになっています。
¥3000位だったでしょうか?  これも毎日使いますね。

saikinkattakougu03.jpg

車屋さんは必ず?持ってるブースター。
昔は大きく重いブースターを抱えて、バテリー上がりの車などの現地に行っていましたが、今やコレ。 VHSのビデオカセット(若い人は知らないでしょう)よりもコンパクトな携帯マルチ電源。  もちろんバッテリー上がりのブースターとして使いますが、最近のはマルチ電源タイプで、USBからスマホ、PCなどの電源にもなり、作業灯やフラッシュ(緊急信号)まで付いている物もあります。 凄い技術の進歩ですね。 
 私も同様のタイプを2個持っています。   非常に重宝しています。

saikinkattakougu04.jpg

こっちはネット通販の工具屋さんから購入したもの。 
購入するのは1点だけだったはずなのですが、同梱発送可能というのもあり、ついつい余計な物まで?購入しちゃいました。
 まああれば使うし、既にもっているものでも、出張用の工具箱用に追加購入したものもありました。
毎月大量の工具のチラシが届きますが、欲しくなっちゃうので、できるだけ見ないようにしています。(笑)

saikinkattakougu05.jpg

工具ではありませんが、働く人たちの強い味方ワークマンでツナギとTシャツとタオルを購入。

saikinkattakougu06.jpg


この季節、汗もたくさんかきますので、毎日3~4着着替えます。
会社の洗濯機も連日回さないと間に合わないくらいです。
以下の全部で¥6000!  安っ!  ツナギなんか1着¥980ですよ。(内1枚は¥1980)  どういう仕入れ原価なんだろう?と余計な事が気になってしまいます。 Tシャツも¥500。  タオルが¥98。  このカラータオル、吸い込みが非常に良く気に入りました。 また追加で買いたいと思います。   ワークマン安いね!(私はワークマンの回し者ではありません。笑)

明日も暑いんだろうなぁ・・・・。 熱中症にならないように、気を付けて作業したいと思います。
みなさんも夏ばてには気を付けてくださいませ。



  1. 2015/07/29(水) 02:14:58|
  2. 整備工具関係
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FTOの事故修復作業からのワンオフ加工改造他 その3

前回リアバンパーの加工とツラ修正まで掲載しましたFTO。
今回はお客様ご希望のスリット加工を。
 イメージはポルシェ959だったかな?のリアバンパーのサイドスリットをイメージしてちょうだい!とのご希望で早速作業開始。

どういう立体感を出そうかな?と試行錯誤した結果決まりました。

FTOのこのリアバンパーの場合、サイドダクトの掘り下げ限界が約30~35ミリ程。
張り込むFRPの厚さを逆算しても30ミリが最大です。

なのでこの30ミリの掘り下げを最大限生かして深く見せたい・・・。
まずは奥側のカベを製作。
画像は既に張り終えた状態です。(バンパーを縦にしてしまっているので分かりづらいかも?)



車体に付けて形を整えます。
ダクトが浅いように見えますが、コレで限界なんです。 この裏はトランクから繋がる、車体の内圧逃がしのフラップがあるのです。

FTO_shuurikarano_kaizou050.jpg

ダクトのベース素材は、当方のGTO用のオリジナルエアロのドアパネルのスリットを部分抜きして用意しました。  通称テスタロッサタイプのエアロです。
 コイツを部分的に加工して流用します。

FTO_shuurikarano_kaizou051.jpg

で、途中の画像を取り忘れていきなり完成画像。
スリット1本1本を切り離して、等間隔で接合し、アールを形成してそれらしく成形しました。
なかなか手間が掛かっています。 フィンと外側のバンパーの面が若干の隙間を作って離してあるのがミソです。
繋げない事により、より別部品感が出るようにしてあります。

FTO_shuurikarano_kaizou052.jpg

遠目のバランスはこんな感じ。なかなか良いんでない?

FTO_shuurikarano_kaizou053.jpg

反対側も。

FTO_shuurikarano_kaizou054.jpg

センター出しマフラーの出口は、一度加工しましたが、オーナーさんからのご指摘で、マフラーの位置が元からずれていたから位置を出し直さないとセンターが出ないんですとのお言葉から、出口を切り離し、マフラーの位置を正確に修正して改めて出口加工しました。 ほぼセンター位置は合っているとおもいます。

FTO_shuurikarano_kaizou055.jpg

この後はリアバンパーの仕上げ作業にはいります。

 毎日日課の会社のワンコ(チビ太)の、会社裏の散歩コ-スです。
ここに流れている小川が、当ブログでたまに出てくる天然シジミの採れる小川です。(笑) メッチャ生息しています。
子供の水遊びにも最適です。

FTO_shuurikarano_kaizou057.jpg

朝、夕の日課ですが、朝から既に気温は急上昇。 ダラダラ散歩ですが、それだけでも暑さで堪えます。
この時だけは、暑くてもワンコは元気ですね。

FTO_shuurikarano_kaizou058.jpg

でも、会社に戻るとさすがにダウン。
まあ、この暑さで毛皮を着ているからねぇ・・・。
ワンコも熱中症になってもいけませんので、扇風機で涼ませてます。(笑)
 画像は轢かれちゃった訳じゃないですよ。 (爆)
暑いとなぜだか車の下に潜っちゃうんです。同じコンクリなのに。

FTO_shuurikarano_kaizou056.jpg

  1. 2015/07/28(火) 01:06:54|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

アクティトラックをカスタムしてみよう! その2

ボディーカラーは決まりましたので早速塗装!
この色じゃあないよ。  あくまでも下色です。
パールベースのブルーに決定! 透明度が高いので、染まりが悪いためあらかじめ同系色の明るめの色で下吹きしておきます。



で、本色塗装。 なかなか鮮やかで良いっす!
クリアーをガッチリ塗ってあるので、かなりツヤツヤで透明感ありますよん。
ちなみに純正のタイヤはマスキングすらされずそのまま塗装していますが問題ナッシング。
もうタイヤの山も無かったし、そもそもアルミを入れてしまうので、これは使いません。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK17.jpg

中もバッチリ塗ったでよ~。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK18.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK19.jpg

ダッシュボードも外したので足下奥まで塗装してあります。 
ここまでやるなら妥協はしたくなかったので、ちょっぴり本気モードっす。(笑)

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK20.jpg

平行して外装関係の塗装も行いました。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK21.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK22.jpg

ヘッドライトやテールランプもスモーク塗装。
車検その他の事はできてから考えよう! あまり深くは考えないで進むべし。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK23.jpg

少しづつ組み上がってまいりました。 がんばれオレ。  いや、仕事をがんばれ。 トラックは後回しだろう。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK24.jpg

以前私の通勤快速仕様バモティ※に履いていた15インチのアルミ。
ディスク部分のキズや痛みもあったので、キズを補修しガンメタリックで再塗装しました。

※アクティベースの改造バモス仕様フル装備車。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK25.jpg

とりあえず現状はこんな感じ。
まだ作業的には半分ってところです。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK26.jpg

フロントのリップスポイラーは当方のオリジナル品だったりします。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK27.jpg

ハンドルもグレードアップ!
 RB1オデッセイアブソルートの純正ステアリングです。 ホンダ系はセンターシャフトのスプライン径がほぼ一緒なので、純正流用がきいちゃいます。 フィットやストリームなんかのも付くようです。
 アブソのハンドルがスポーティでちょっとラグジュアリー風だったので、見た目だけ背伸びしてみました。(笑) 
ネットで¥3000で購入。
 5速マニュアルですので、シフトブーツもゴムのジャバラじゃあ色気が無いってんで、会社の倉庫にあった31セフィーロ用シフトブーツ(レザー製)を適当に流用。 画像では見えないけど、サイドブレーキも根本部分をレザーでカバーしてます。
 うん、見た目が大事ね。 

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK28.jpg


今後の作業予定。
*右サイド出しマフラーの製作
*キャビン部分下のみバモスのサイドステップの一部をカットして使用
*リアサイドに工具入れの設置
*バモスのダッシュボード一式に交換。
*ドア内のクルクルハンドルを撤去して、部品取りのバモスからレギュレータを引っ越しして電動化。
*部品取りバモスよりエアコンシステム一式の移設
*レザー調のシートカバーの取付→現在部品待ち。
*ナビと地デジチューナーの取付
*HID&LED化
*ローダウン
*クラッチ一式交換

他まだまだたくさん。  ようやく外側ができた感じですね。

自身の車だから、おおっぴらに作業はできませんので、完成完成に時間が掛かりそう・・・。
まあコツコツやってゆきます。
  1. 2015/07/26(日) 02:18:32|
  2. 車ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

アクティトラックをカスタムしてみよう! その1

今回ベースとなる画像のトラックはなんの変哲もない普通の商用軽トラックです。
ホンダ アクティ 5速マニュアル車 エアコンなし もちろん商用トラックなのでパワーウインドウなどもありませんし、10年以上落ちのなかなかくたびれた状態の良い(?)感じです。 
 ウン!やりがいがありそうだ(笑) 



荷台も年期はいってます。
唯一の救いは、致命的なサビなどが無いことかな? 荷台に見えるサビも表面サビなので問題ナッシングです。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK02.jpg

ボンネットも凹んじゃったり、フェンダーも曲がっちゃってたり、よくあるパターンですな。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK03.jpg

車体の確認していたら、なんと! いきなりインロック! マジか?
原因を調べてみたら、アウターハンドル(ドアノブの事ね)の中側のロッドが付いている根本が折れて空かなくなってしまった・・・。
いきなり我が敷地のど真ん中で不動車状態・・・・・ちーん。
 まさかのインロックでしたが、不幸中の幸いか?工場敷地なのでドア強制開閉のインロック解除ツールで無事解錠。
(暑さで汗かいていたのが、さらに滝のようにでちまったぜ・・・)

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK04.jpg

屋根もどうやったらココがベコベコになるんだ?って感じ。 まあほとんど見えないから気にはしませんが、でも少しは直そう・・・。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK05.jpg

中は汚ったねぇ~のは仕方ないが、シートも切れちゃってるねぇ・・・。 ネットでレザーのシートカバーでも探してみますかね。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK06.jpg

見ていても仕方ないので、とりあえず外せるものはとっとと外してまずはお掃除。
エアーでブローしながら、掃除機で綺麗綺麗にします。
 と、ここでハッピーな出来事が!?
 前にも買ってきた軽トラから¥6000近くの大量の小銭が出てきたことがありましたが、今回もセンターコンソール部から¥852を発見! 丁度夏休み中の娘が会社に遊びに来ていたのでそのままお小遣いとしてあげちゃいました。 とその後、さらに¥900発見!(おおっ! 大量じゃないか?笑) 今度は息子のお小遣いにしました。
 ※ちなみにウチが業者さんから購入してきた車両であり、お客様の車両ではありませんのでご安心を!(爆)
ちょっと得した気分じゃないかっ!
 しかし、死んでも?購入元には小銭が出てきたでやんす!とは言いませんが・・・。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK07.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK08.jpg

荷台がどんどんと部品置き場に変わってゆく・・・。
もちろん、汚れた天張りも洗浄剤と高圧洗浄機で綺麗に洗濯しますよ。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK09.jpg

車内の水洗い&清掃が終わったら、今度は車体下と側の洗浄および足付け材を併用して行います。下回りは高圧洗浄で綺麗に。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK10.jpg

キャビン内部も綺麗になりました。 これで1昼夜水を切って乾燥させます。
今回はキャビン内部も塗装します。 ここまでやらないと、オールペイントとはいえないっしょ!(笑)  
 乗用車などは内装材がまんべんなく取り付いちゃうから内部骨格は見えませんが、商用車などは鉄の骨格むき出しの部分も多々あるので、外側だけペイントされて、中は元のままとかいうのもちょっと寂しいので、折角ならばと中まで塗装することに決めました。  もちろん塗装時はダッシュボ-ドも取り外して見える箇所はまんべんなく塗装します。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK11.jpg

ルーフもライニングを取り去った後は、内側から昇竜拳ならぬ、グーパンチでドカドカ叩いてゆきました。 これでも結構戻ります。自分の拳は痛いけど(笑) リブに近いところはプラハンマーで大まかにたたき出し。
 また中から叩けない箇所は、外から溶接チップを溶接して、スライドハンマーと当て金で引っ張り&板金処理。
フロントガラスの際が凹んでいたところはさすがに気を遣いました。 ガラス割れたらショックで寝込んでしまう・・・。

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK12.jpg

水も切れて、マスキングもして、大まかな板金箇所は完了。
塗装に入ります。VAMOTY_TRUCK_SEISAUK14.jpg

ダッシュボードも取り去って、中の塗装準備もOKOK!

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK13.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK14.jpg

VAMOTY_TRUCK_SEISAUK15.jpg

次回は塗装に入ります。
さて、どんな色になっているでしょう?!

  1. 2015/07/25(土) 01:24:40|
  2. 車ネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの更新。 マッドマックス デスロ-ドを観てきました。

MADMAXな人たちでMADMAXを見に行こう企画行ってきました。
 連休等で所用がはいってしまったり、休み関係なくお仕事の人もおりましたので、少数でしたが行ってきました。
この季節に着込んでのバイク乗車はある意味命がけになりますので、私も今回はやや薄着で行きました。 
もう朝から気温はレッドゾーンです。

館山から参加は私KAZEと750カタナグースのタケちゃん、タケちゃんの息子の同級生(ZRX400乗りの19歳、若い!)との3台。
まずは集合場所の海ほたるに向かいます。

道中の高速でタケチャンカタナがトラブル。
リアブレーキが戻らず、引きずりのままでの走行になってしまい、リアブレーキ周り焼きが入って使い物にならず・・・・(笑えねぇ・・・)。 ブリーダーからフルードの圧を抜いて固着を解放してどうにか仮処置。 本日リアブレーキは使えなくなりました。チーン。  集合時間も押していましたので、なんとか仮処置で現地到着。 お待たせして済みませんでした・・・(焦!)

到着は9時10分?   ここではババ仕様(KZ1000)のYukizo37さんとV-MAXのKMさんと合流。

映画上映開始が50分からですので、すぐに出発です。



木更津側にUターンして、下道使ってイオンの映画館に到着。このとき既に9時40分。ちょっとヤバイ?!
奥には本格的なカートコースもあって楽しめるようです。 ¥2000だったかな? 次回来たら絶対乗ってみたいっす!  

MADMAX_DETHROAD02.jpg

朝一上映だからすんなりは入れるでしょ!と安易に考えていたオイラの予測は見事に外れました。
中にはいると、すでにかなりの行列! 
ええっ~!!!!うそでしょ?
時間は45分。   まあ、並ぶしかないのでみんなでお行儀よく整列子供達も夏休みに入って&連休というのもあって映画館もかなりの人混み。  新作も続々上映しだしているしね・・・・。 想定外でした・・・・とほほ。

20分以上並んだでしょうか? ようやくチケットを買い入室。
もちろんすでに始まっていましたので、浦島太郎状態の私は?????。
参加したメンバーの半分は既に1回みているそうなので聞いたら、前半の重要な部分は終わっちゃった?とのこと。  うそーん。

砂漠での逃走中大きな砂嵐に見舞われるシーンあたりから観ました。
終始ドカーン!バコーン!  ビシビシ!!っていう感じの、スリリングで破壊王的な感じでしたね。
主演のはずのマックス(トムハーディー)の会話が少なすぎて、コレ主演かぁ?って感じ。  どっちかっていうとフュリオサ(シャーリーズセロン)の方が主役級じゃないかい?って感じでした。(笑)

MADMAX1とは世界観も、ストーリーもまったく違うので比較にはならないかと思いますが、激しいアクション好きには楽しめると思います。 私も楽しめました。

あっという間の(遅れたので)1時間半(映画自体は2時間)でした。
あ~外に出たくねぇなぁ・・・・・。  もう1本違うの観ちゃうかぁ?

MADMAX_DETHROAD03.jpg

時間もお昼に差し掛かろうとしていたので、とりあえず飯食べよう!と移動。
イオン内での食事でもよかったのですが、あまりの人出の多さに、たぶん相席では入れないだろうからと周辺のファミレスにしました。 で、サイゼリアに到着。

MADMAX_DETHROAD05.jpg

食事中談笑しながらYukizo37さんが出してきたのがコレ。
そう、先ほど観たデスロードでマックスが右手首にしていたアレ。(ブレスレットのようなもの)
自作だそうです。
 みんなの分もあるからあげるよ!と
いえーい! ありがとうございます~!
しかし、器用ですな。

MADMAX_DETHROAD04.jpg

食事後、ここでYukizo37さんとはお別れ。
残る一行は折角だからと鴨川までショートツーリングしよう!となりました。
9月までだったかな? 千葉県内の有料道路(高速じゃないよ)は無料開放中なんです。
なので、君津から山を抜けて鴨川までの暴走・・・じゃなかった、房総スカイラインが無料なので、是非使おう!と一行は移動。

出発して、またまた早速タケちゃん号トラブル。(またかぁ~!?)

以前より出ていたジェネレーター(発電機)の故障。 発電せずバッテリーが空になり、私のZRXとバッテリーの交換。
灼熱の交差点でひーひー言いながら交換。
 カタナのシートに縛ってあるのはバッテリーケース。 ZRXの方がバッテリーが大きいのでケースが邪魔で入らんとです。

MADMAX_DETHROAD06.jpg

交換も完了し、オイラのバイクを押し掛けで始動。 (もうだめ・・・・暑さでフラフラっす・・・・)

灼熱の山間部を越え、鴨川市内に入ったら急に冷たい風が・・・。
海風でこれだけ変わるんですね!とビックリするくらいの温度差。
風が気持ちよい。

休憩兼ねて道の駅へ。
初めて参加の人も数人いましたが、もう仲良くなれたようです。
次回も来てね!
 暑かったけど、こうして走るとほどよい疲れと共にストレスも吹っ飛びます。
さーて、今週もがんばろ!  溜まっている記事もアップしてゆきたいと思います。

MADMAX_DETHROAD07.jpg

ウチの裏にある川での1枚。
海への河口も近いことからいろんなものが流れてきますが、夏をイメージさせる1枚。

ukiwa_takusan01.jpg

なぜこんなに浮き輪やボールが流れてくる?!

ちなみにこの川。 支流なんですが、ウナギが釣れます(マジ)。
さすがに自分のところの生活用水が流れているところでは釣りませんが、釣りに来る人は結構います。
ウチの会社の裏の川でもウナギが採れます(仕掛けで)。 
去年は結構採れたみたいですね。(オイラはやらなかった)
  1. 2015/07/21(火) 10:44:13|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

バモス板金仕上げ。 結局、側だけ全塗装。

ist_bankintosou_shiage08.jpg
元々ウチの仕上げ待ちの在庫車だったのですが、急遽嫁ぎ先が決定してしまい、外見のお色直しになりました。
期間関係は、以前にヘッドガスケット交換/Tベルト他含めて作業完了していましたので、今回は外装の仕上げです。
 他作業の合間で行いましたので、撮り残した画像が多々あり、かなりハショってます。

いきなり引っ張り出しの板金は完了し、面だし作業の画像からです。
なんだかんだであっちこっち凹み/キズが多数アリ、結果側だけ同色で全塗装することに変更しました。



反対側も、補修たくさん・・・・。  この際、綺麗にしてしまいましょう!
両面共に引っ張り出しての歪みとりになってしまいました。

VAMOS2_shiage_bankintosou02.jpg

面だし終わったら今度はサフェーサーで肌の確認/調整。

VAMOS2_shiage_bankintosou03.jpg

VAMOS2_shiage_bankintosou04.jpg

バックドアは凹みが激しかったので、ストックで持っていたバックドアに交換。 (取りつける事前に内側もシルバーで塗装済みです)

VAMOS2_shiage_bankintosou05.jpg

いきなり塗装まで完了!(屋根も塗っています)

VAMOS2_shiage_bankintosou06.jpg

外装部品を組みたてていって、見られる状態のバモスに仕上がりました。 よっしゃ!

ちょっと内容薄いですが、細かく書いている時間がなかなか取れないので、今回はコレで穴埋め(笑)

  1. 2015/07/18(土) 01:46:08|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

E51エルグランドの走行中異音。

地元の知り合いのお車。
走行中なにやら左前の方から異音がするとのこと。
試乗して確認。 戻ってきてジャッキアップすると左フロントのハブベアリングからしている模様。
フロントのベアリングを左右分取り寄せて交換です。
 画像では分かりませんが、フロントバンパーもキズをつくってしまったので、併せて修理してちょんまげとのこと。



まずはフロントハブベアリングの交換から。 
FR車だし、大したことねーーぺ!って思ってました。 
 まずはサクサクとハブ/ナックルのアッセンブリーを取り外します。 FR車なのでドライブシャフトも無いので楽勝!!
真ん中下に見えるのが今回交換するハブベアリングアッセンブリーの新品。 (ベアリングに、外側のハウジング組み込まれた状態です)

kinchan_E51_shuuri02.jpg

裏返して、ハブの裏側のカバーを外すと、なんと!どデカイナットがあーるじゃあーりませんか?! はかると41ミリ。 トラックじゃあねーんだぞ!ってサイズ。 ウチの持っているコマ(ソケット)の最大サイズが36ミリ。 全然足りません。 
 なので、大型用インパクトごと、41ミリのコマも借りてきました。 

 でけぇ・・・・。
ウイー----ン!ズダダダダダッ!   外れました。よかったぁ・・・。

kinchan_E51_shuuri03.jpg

プレスを使ってハブとナックルを分離して、今度はSSTを使って真ん中のベアリングだけを抜き取ります。 

kinchan_E51_shuuri04.jpg

すると・・・・ベアリングの球と、ベアリングレースがアッチ側に残ってしまった・・・・。うぇーん!!!
左のベアリング内部のテーパー面の一部が熱負荷?(抵抗?)でカジリが出ていました。 異音の原因はコレか?

kinchan_E51_shuuri05.jpg

頑張って抜いているの図。

kinchan_E51_shuuri06.jpg

なんとか摘出成功!  バラバラになっちゃいました・・・・。 左は新品。

kinchan_E51_shuuri07.jpg

逆の手順で組み付けて、テスト走行して終了。
外したついでもあったので、ブレーキディスクローターの研磨も併せて行いました。
これでOKでしょう!

kinchan_E51_shuuri08.jpg

フロントバンパーもキズ補修をして再塗装。 
綺麗になりました。(完成後の画像は取り忘れ!)

kinchan_E51_shuuri09.jpg

話は変わって、工場の中、外(ひさしの下は)この時期は蜘蛛の巣だらけになって困ります。
夜業で電気を点けているので、それに集まってくる虫を捕獲するために蜘蛛が集まってきてマイハウスをせっせと作り始めるのですが、その数たるやハンパ無い。   私自身も蜘蛛は苦手なので(それでもかなり慣れましたが・・・)、まとわりつくのも面倒くさいし、糞をして下の車に着いても困る。 数日前にテレビCMで蜘蛛退治のスプレーがあるのを知り、早速購入。 
 あっという間に1本噴霧しました。 
 翌日会社に来てシャッターを開けてみると、まあ落ちてるは落ちてるは・・・・・すごい威力。
一掃できました。  柱などに噴霧後、約1ヶ月は持続効果があるらしいので、今後期待しています。
 その日の夜にもう2本買い足したのは言うまでもありません。(もっと工場の広範囲に噴霧しておきたいと思います)

いやあ、蜘蛛さんには悪いけど、すごいストレスから解放されましたわ。   おなじような状況の方! 是非おすすめ。 ドラッグストアで売ってますよ!(ちょいと高いのがたまにキズ・・・・)

kumotaiji01.jpg

またまた話は変わって! 例のMADMAXチームでMADMAXデスロードを見に行こう!計画。 
映画館の方も未だ絶賛上映中のようなので、今週の日曜日、または月曜日(祝日)のどちらかで決行したいとおもいます。
台風の方は、余波も土曜日までで済みそうなので、どちらかで行きたいと思います。 参加して頂ける方はコメント欄または直メールなどで連絡してくださいまし。  一応明日には直説メールしますよ。  スケジュース確認してくださいませ。
 
  1. 2015/07/15(水) 00:31:13|
  2. 修理/整備
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

GTOのブリスターフェンダー張り替え作業他、その5 完成!

よくあることですが、昨晩も夜業終了後に事務所で爆睡してしまい(笑)、気が付いたら朝の五時。 ・・・なんでこんな時間から会社でブログを書いてアップしてます。 もう5時だとそとも明るいもんね。 事務所も電気カンカンに付けたまま寝ておりました。 深夜、エアコンが寒くて消したような覚えがあるが記憶があいまい・・・・。 おかげで体が痛いです・・・。   

今週末は台風が接近~!なんてニュースもあったので、先週1週間は鬼スピードで仕上げ作業を進めていまして、なんとか日曜日に完成! 無事引き渡しできました。 気に入って頂けて良かったです。 長らくお待たせしてすみませんでした・・・。

ボディーも磨き直したので、かなりピカピカになりましたね。



kinebuchisan_GTOsagyou47.jpg

アメリカのダッジステルス(GTOの姉妹車)に付いている、通称ステルスウイング。 日本では付けている人も少ないので希少です。  ダブルウイング仕様です。

kinebuchisan_GTOsagyou48.jpg

これにて終了!!  

台風の進路が気になりますが、今週末の日曜日または月曜日(休日)のどちらかで例の、MADMAX仲間でMADMAX デスロードを見に行こう!企画をしたいと考えています。 あたらめて連絡はしますが、一応ご自身の予定も確認してみてください。 昼間に映画館の上映スケジュールも確認しなくちゃね。 追って連絡いたします。 よろしこ~!!
  1. 2015/07/14(火) 06:03:54|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GTOのブリスターフェンダー張り替え作業他、その4

ボディーの方は塗装完了後テキパキと組み付け中。 
なんとか今週末までには完了させたい!



組み付け後磨けるところから磨き作業。
この後、リアゲートにステルスウイングの取付と、フロントバンパーの取付、各種LEDバルブへの組み替え等がありました。
このときはまだ仮履き用のアルミですね。

kinebuchisan_GTOsagyou40.jpg

リトラクタブルのヘッドライトにもHIDを組み込みたいとの事で加工します。
GTOはヘッドライトスペースが狭くて、かつ、ヘッドライトが正面に向いたまま起きあがるタイプです。
 180SXや70スープラなどのリトラ車は1ヒンジで、お辞儀しているライトが上に起きあがるだけですが、GTOは常に正面を向いたまま2重ヒンジにて起きあがるタイプで仕組みも動作も複雑です。 当時はHIDなどというものが市販化されているわけもなく、あくまでもノーマル形状バルブ(H4)仕様の前提でしたので、取付に際しそんな心配もなかったのですが、後付けHIDが普及してみると、このバックスペースの絡みと後付け配線の噛み込みの心配もあり、なかなかリトラ車GTOのHID化はやりにくいところがありました。 
 ライトフレームの加工を施し、配線の処理をきちんとすれば取付は可能ですので、今回取りつけます。

まずはライトフレームを取り外し。(画像はフレームを後方から見た状態です)

kinebuchisan_GTOsagyou41.jpg

HIDなどというものはを組み込むと、この部分がフレームに干渉するので、この位置をカットします。 フレーム自体がなかなか厚い鉄板でエアソーでは時間がかかりすぎるのと、奥まったところにありサンダーなどもはいりませんので、今回はプラズマカッターで切断。 バリをベルトサンダーで丸めます。 画像の後に黒の塗料にてタッチアップしています。

kinebuchisan_GTOsagyou42.jpg

左右共に加工して、配線が噛み込まないように処理して完成! 
あとはライトベゼルの方も若干加工して配線が逃げやすくしています。
(上のライトカバーは後に取りつけます)
 明るいですね!

kinebuchisan_GTOsagyou43.jpg

塗装したフロントバンパーに新規のフォグランプを取りつけるためのステーです。(前回とは別の新しいフォグランプを取付ます)
フォグランプ自体がアルミボディーで、重量がかなりあるのでステーをしっかりと作りたいとおもいます。
 市販のパンチングステーなどでは思った位置に穴は空いてませんので、測定して専用のステーを鉄板にて製作します。
右の2個がフォグランプステー。 左のステーは後に作業風景で出るタイヤチェンジャーのエアー調整レバーのアッセンブリーを取りつけるステーです。 一緒に作業しました。  切り出し後、メタルブレーキで折り曲げています。
 ステーはこの後ブラックにて塗装しました。
バンパーへの取付画像をすっかり忘れてしまったので、次回はいきなり完成画像です。

kinebuchisan_GTOsagyou44.jpg

新規のリアブリスターフェンダーです。 エッジが立って、だいぶ雰囲気変わりました。

kinebuchisan_GTOsagyou45.jpg

話は変わって、タイヤチェンジャーの脇にサポートアームという補助アームがあるのですが、その上下調整のエアー調整レバーがずーーーーーーーと不具合があり、だましながら使い続けていましたが、もういい加減いやになったので、同等品のレバーを調達し交換しました。 元と全然形もレバーの向きも違うので、エアーの取り回しと、レバーASSYの取付を考えねばいけません。
 一番簡単な方法で、固定するプレートを製作する案に決まりました。
以下は付いていたエアー調整レバー。  何度か修理しながら使いましたが、いい加減もう駄目です。 ギブアップしました。

tire_changer_chuuri01.jpg

今度のはレバーが横向きタイプ。 元が海外製のチェンジャーなので、同じ部品の調達がよく分からん。 レバーASSYに書いている型番から同等品の性能の物を日本で入手できるタイプでみつけてこんなんになりました。 まあ使えれば全然問題ナッシング。 形なんぞはどうでも良いです。

tire_changer_chuuri02.jpg

で、先に作った取付のプレートを付けてレバーASSYも固定。 これでまともに動作できるようになりました。 
ああっ~・・・・・もっと早くにやってれば良かった・・・・・。 なんでまともに使えない状態で1年半も頑張っていたんだろう・・・・アホすぎる・・・・。

tire_changer_chuuri03.jpg

全然関係ないですが、お家のニャンコがかわいかったので写真取っちゃいました。家が汚いのは見なかったことにしてちょ。
オイラの脱いだツナギの上でゴロニャンするのがたまらないです。 ふーちゃん好き好き~!(バカ)
自己満足ですみません。


nyanko_fuuchan01
  1. 2015/07/11(土) 01:04:48|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

GTOのブリスターフェンダー張り替え作業他、その3

前回の続きです。
リアブリスターフェンダーを貼る前作業である、インナーの切り上げ加工を終わらせ、今度はブリスターフェンダー単体の接着となります。
 もう同様の作業を過去にも何台も掲載しているのであまり詳細までは書きませんが、接着した縁をスムージング処理にて分からなく溶かし込む作業と、今回のフェンダー形状の関係で、リアフェンダーからつながるエッジラインが左右のサイドガーニッシュにも繋がりますので、そのラインの成形を行います。
 まずはフェンダーの張り込み作業。(タッピングにて仮固定中です)

縁部分をFRPの樹脂接着剤で強力接着します。 接着後は見えない下部に空気穴を開けておきます。 (完全密閉してしまうと結露の誘発や、内部に隔離された空気が気圧の関係で膨張/収縮を起こし、変形する恐れがあるからです)



このラインがサイドガーニッシュにも繋がるので、成形が必要となります。

kinebuchisan_GTOsagyou25.jpg

この成形も樹脂パテにて成形します。(硬化するまでの間に下に流れて(動いて)しまうといけないので、硬めに樹脂パテを調整して作ります)

kinebuchisan_GTOsagyou26.jpg

大まかな形状を出したら、今度は板金パテで成形。 肌をなめらかにしてゆきます。

kinebuchisan_GTOsagyou27.jpg

仕上げ中。

kinebuchisan_GTOsagyou28.jpg

反対側も同時進行。

kinebuchisan_GTOsagyou29.jpg

サイドガーニッシュを分離して、分割できるように仕上げます。
この作業をひたすら繰り返して、綺麗に面が出るまで行います。

kinebuchisan_GTOsagyou30.jpg

サフェーサーで仕上げて完成!
このとは塗装処理へ。

kinebuchisan_GTOsagyou31.jpg

で塗装。  塗装すると、よりエッジラインが強調されてボリューム感が出てきます。

kinebuchisan_GTOsagyou32.jpg

天候不順が続いていますので、塗装できる合間を必死に見つけて、エアロパーツ類も補修を施し、塗装を平行して行います。
もう、雨続きでマジ困ります。

kinebuchisan_GTOsagyou33.jpg

kinebuchisan_GTOsagyou34.jpg

kinebuchisan_GTOsagyou35.jpg

前後ワイパー類やカウルトップパネル、ヘッドライトベゼルなどもつや消しブラックで再塗装。

kinebuchisan_GTOsagyou36.jpg

こちらは、このGTOに履いていたホイール。 周囲のガリキズが多いので直してくれ!とご要望。
リムのガリキズ多数で、リムおよび表のディスク面のみ補修/塗装してくださいとの事。
 ガリキズを補修した後に、マスキングしてサフェーサー吹き。  肌の確認をしてサフェーサーで仕上げ。

kinebuchisan_GTOsagyou37.jpg

塗装後はこちら。 見違えました!

kinebuchisan_GTOsagyou38.jpg

現在、塗装も完了し、組み立て&磨き作業中。 
もうチョイで完成です。 頑張るぞ~!!!
  1. 2015/07/09(木) 23:35:18|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりの更新。 アニメを観て再燃。

久しぶりの更新。 今回は仕事は完全に忘れたモードの記事でゆきます。(爆)

私、ガンダム世代のど真ん中ですので、ロボット物や機械物大好き! 当時小学生時代はガンプラなどにドハマリ。
MADMAXもそうですが、幼少期に衝撃を受けたものは今でも鮮明に記憶に刷り込んでおり、オッサンになっても、こんなところだけは少年のようにワクワクしてしまうんです。(バカ)

 ここ連日梅雨入りが本格的になり、気分も憂鬱。 仕事もおもったようにはかどらず、イライラしてしまうひも多々。

そんな中、休憩時間などに気分転換にパソコンでネット動画で昔のアニメなどをチョイチョイ観ていたら、昨年同様(また?)ガンダム&ボトムズ熱が再燃。 こんな画像も見ちゃったから余計にハアハアッしちゃって、居ても経っても居られず(?)そのままパソコンのボタンを叩いてしまいました。 落札!


今から約10年程前?鉄のアーティストを生業とする、KOUGOROUさんという方が実物大のスコープドッグを鉄で製作しました。
記事にもなったので記憶になる方もいるかもしれません。 その後数回展覧会や個展などで展示される事があったのですが、どうにもスケジュールが合わずとうとう一度もこの目で実物大ボトムズを見ることはできませんでした。  実物大ガンダムはお台場でも観ていますが、あまりにスケールが大きすぎてちょっと実感が無いという感じ。 でももちろん好きですよ。いや大好きです。
 コレ観たら男の子は思わずアドレナリンがモリモリになってしまうでしょう!?

※以下の画像はご本人さんのブログやネット上から転載させて頂いています。
画像多いですが、ご勘弁! 
 スゲー!格好イイね。!

ガンダムサイズだとあの巨体と重質量のものがビュンビュン動いてジャンプして!っていうとちょっと現実味ありませんが、このボトムズというのは、(アニメ上で)超大量生産されている人型兵器で、小銃などでも鉄板に穴が空き、中のパイロットが負傷したり、戦闘中にかんたんに手や足がもげちゃって行動不能になったり、壊れるとそのまま廃棄されたりと、まさに使い捨ての量産兵器で、もちろん飛んだり跳ねたり、ビーム撃ったりもしませんし、モデルによっては画面上に超大量に出てきます。  その無敵感がなく、現実的な大きさとメカ設定。 戦車のような外観からミリタリーマニアには受けるようです。 私も大好き。

jitsubutudai_VOTOMS01.jpg

マジカッケー!!! 

jitsubutudai_VOTOMS02.jpg

うーん、一家に1台は必須ですな。
自家用車いらないから、家にこれがあった方がよい。 ならば俺はこれで通勤するよ。 

jitsubutudai_VOTOMS03.jpg

jitsubutudai_VOTOMS04.jpg

jitsubutudai_VOTOMS05.jpg

jitsubutudai_VOTOMS06.jpg

jitsubutudai_VOTOMS07.jpg

興味のある方はこちらを観てみてね。
http://monkeyfarm.cocolog-nifty.com/nandemo/b_/
KOUGOROUさんのブログ。 現在は数年前から稼働や走行もできる”クラタス”というロボットを製作して、イベントなどに出てきているようです。 すごいですね。 まさにリアルロボット。   作りたいから根性試しで作ったっていう漢っぷりがイイね。 本当に作っちゃうし、また作り込みがハンパないから恐れ入ります。 鉄で作るという重量感もリアルなんでしょうね。
 
 俺もFRPでいいから実物大ボトムズ作りてぇ・・・・。

ちゅーことで、仕方ないので、プラモで諦め。
話が長くなりましたが、要はストレス発散と、気持ちの入れ替えと、一時的な子供返りになったと・・・。

昼食タイムや夜業を終えた後、チョイチョイ進めること数日。
同じようなの3個も作っていたらもう説明書はぼぼ要らん!の状態までになりました。(笑)
なので、ランナーから手当たり次第に部品は外してまとめてバリ取り。 



こんなちっさい部品(ボルトらしき部品?)を打ち込んでボルト風に見せたりと変なところが細かい・・・。
作業中にどっか飛んでいっちゃって、探すこと数回・・・。爆。

tsuyunoaida_puramo07.jpg


もう、パソコンデスクはプラモが散乱。
やべぇ、肩は凝るけど面白くてたまんねぇぜ。
ぶっちゃけ仕事やりたくなくなってきた(笑)

tsuyunoaida_puramo02.jpg

現在の、事務所にあるプラモ棚?。 量産型ザクばかり。  そう、たくさんでてくるやられメカが好きなんです。 シャア専用もよいけど、地味な量産型の方が好きなんです。 ボトムズもしかり。

tsuyunoaida_puramo03.jpg

とりあえずザクコーナーの隣をかたづけて、ボトムズを置くスペースを確保。 
最近のプラモはフル稼働なので好きなポーズがとれます。 プロポーションやディティ-ルなどもすばらしいです。
私のガンプラ現役時代の頃は、古稼働で、ヒザとヒジしか動かなかったです。 時代が変わったなぁ・・・・。 

tsuyunoaida_puramo04.jpg

勢いでポチちゃった分。   昨年、息子と作ろうと思って爆買いした(?)ガンプラが大量に箱バンの荷台を占拠している分があるにもかかわらず、いつもの悪い癖でまたまた買ってしまいました・・・・反省・・・。

tsuyunoaida_puramo08.jpg

本日、茨城のお友達から頂き物。 ナガツマンさんご丁寧にありがとうございます。

tsuyunoaida_puramo06.jpg

明日以降、また溜まっている記事や画像を頑張って掲載してゆきたいと思います!!

あープラモ楽しかったぁ~!!!

  1. 2015/07/08(水) 00:50:33|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

7月中の日曜日に、有志でMADMAXデスロードを見に行きたいとおもうんだが・・・。

MADMAXデスロードが公開になってもう10日程経ちましたが、オイラは劇場公開している内に是非とも直接見に行きたいなぁーーーーーって思ってまして、折角ならメンバーさんなどにも声を掛けてみて、来る人がいたら?一緒に見に行こうかな?とおもいます。 もちろんバイクでの集合なので、雨なら中止です。(車で一人で見に行くかも?爆)

 まだ詳細は決めていませんが、日曜日の昼前にいつもの海ほたるで集合して、木更津のイオンに移動して、チケット買って、お昼ご飯みんなで食べて映画をみようかな?と考えています。  木更津イオンは、昨年新しくできた巨大なショッピングモールで中に大きな映画館やらなにやらいろいろあります。 駐車場も広いしね。
 
 MADMAXな連中でMADMAXを観にゆきたいと考えています。
行きたい人だけの話なので、行きたい!行けそう!という方はコメントにでも入れておいて下さい。 詳細決まったらブログ上でも公開します。 



上の写真は当メンバー”エロキング”改め”ヒロキング”さん。 改造ハーレー乗りのナイスガイです。
カッチョイイ写真もらったので、載せてみました。  CDのジャケットとかで出てきそうなワンシーンだよね。
 
  1. 2015/07/01(水) 00:52:00|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10