自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ホーネット600でのグースカウル装着車 珍しい!! その3

ホーネット引き渡しです。
巨大なフロントカウルが装着されて、元々小ぶりだった車体が一回り大きくなりました。 
これで高速走行も風を受けずに快適ですね。



白いピンストライプのラインも気に入っていただけたようでなによりです。

hornet600ITOUSAN27.jpg

オーナーさん自作加工のプロジェクターヘッドライト(イカリング付き)です。
HID仕様です。 一つ目のサイクロプス(一つ目巨人)みたいです。

hornet600ITOUSAN28.jpg

マフラーの干渉をさけるためカウル中央は分割カットしています。 マフラー機能/熱害を優先させました。 カウルの見た目のポジションを主眼においているというのも理由の一つです。

hornet600ITOUSAN29.jpg

初のスモークスクリーン仕様。 上手くゆくか不安でしたが、なんとか満足して頂ける仕様にはなったようです。 よかったよかった。

hornet600ITOUSAN30.jpg

アッパーカウル内も収納や設置ベースが複数あるので、利便性はあがりますね。 なにより雨にも濡れない!

hornet600ITOUSAN31.jpg

カウルのステーも多めに設置してあります。 ガッチリ固定されました。 これでブレずに安心。
これだけカウル内の余裕もあるので、熱も抜けやすくはなるでしょう。

hornet600ITOUSAN32.jpg

hornet600ITOUSAN33.jpg

カスタムされたシングル風シート。 ウレタンを盛り加減で施工して頂いたとのこと。 見た目もシングル風、でも二人乗れると利便性も考えられています。 このホワイトのラインにこだわりが感じられます。 バックスキンとパンチングレザーです。

hornet600ITOUSAN34.jpg

オーナーさんとバイクのツーショット。  気に入って頂けたでしょうか?

hornet600ITOUSAN35.jpg

MADMAXの集まりもかなり興味があるようで、当方内輪ミーティングなどにも参加してみたいと意欲満々のオーナーさんです。
是非是非ご参加くださいませ。 こういう積極的なオーナーさんは大歓迎です。


 新しいMADMAXの方向性も見えたような気がしました。
次回の参加に期待です!!
以上、ホーネットの制作例でした。

スポンサーサイト
  1. 2016/12/06(火) 09:36:12|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0

ホーネット600でのグースカウル装着車 珍しい!! その2

前回のホーネット作業の続きです。

ラジエターやキャップ部分が干渉するので、カット/面修正をし整形し直しました。

hornet600ITOUSAN12.jpg



カットした部位の折り返し部分の作成。

hornet600ITOUSAN13.jpg

制作したアンダーカウル関係のステー類も塗装。 結構多いですね。

hornet600ITOUSAN17.jpg

塗装前の仮付け&ホワイトのアクセントラインの確認。(マスキングテープにてラインの確認)

hornet600ITOUSAN14.jpg

この後、アッパーカウルは若干ライン修正を行いました。

hornet600ITOUSAN15.jpg

こっちのラインに変更。  よっしゃ、それじゃあ塗装へ。

hornet600ITOUSAN16.jpg

hornet600ITOUSAN18.jpg

hornet600ITOUSAN19.jpg

アッパーカウルとタンクはピンストライプが入るので、ブラックまで塗装したら一旦車体に仮付け。
ラインテープを貼ってから、改めて取り外してクリアーの上塗り。
 ツヤッツヤに仕上げました。

いつもはKwakaとかKawasakiロゴばかりですが、今回はオーナーさんこだわりのホンダのウイングロゴ。  初ですね!

hornet600ITOUSAN20.jpg

hornet600ITOUSAN21.jpg

ご要望で、スクリーンもスモーク仕上げで塗装してみました。 マズマズな仕上がり? スモーク塗装はムズいっす。

hornet600ITOUSAN22.jpg

磨いてく組み上げて完成!

hornet600ITOUSAN23.jpg

ウインカーミラータイプもウチ製作車両では初だったかな?  スッキリ仕上げです。
ヘッドライトもオーナーさん自作のイカリング&プロジェクターライト埋め込みのHID仕様ヘッドライトです。 

異色のグースカウル車ですね。 

hornet600ITOUSAN24.jpg

ワンオフ製作されたシートに入るホワイトのラインにカウル側を合わせてほしいとのご要望でしたので、ラインをできるだけ自然につながるように入れてみました。 かなり良いアクセントになったと思います。 精悍なブラックにホワイトのラインが映えますね。

hornet600ITOUSAN25.jpg

次回、納車時の各部詳細写真を載せたいと思います。
  1. 2016/12/03(土) 19:39:47|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:4

ホーネット600でのグースカウル装着車 珍しい!! その1

GSX1400からの流れで、こちらも続けて掲載しちゃいます。
なんと、今度はホンダのホーネット600をベースとしたグースカウル装着車両です。

ホーネット250は国内販売されていますが、600は輸出専用車の様で、国内に存在自体がなかなか稀少かもしれません。

ベースやフレーム構成/レイアウトなどが250を基本としたもののようで、たしかに車体がかなりコンパクトです。
前回大柄なGSX1400を作業したので余計にそう印象深く感じられるかもしれません。

左右出しマフラーや、ワンオフ制作したシングルシート風(形状)シートでリア回りはすでにカスタムされています。
今回はフロント回りのカスタムでデカいカウルを付けたいとのこと。

オーナーさん自身が以前にCBX750インテグラ(記憶違いだったらすみません)にのっていたらしく、大きいカウルを装着した昔ながらの耐久レーサーのようなカフェレーサー風が好みだとのこと。
 MADMAXの世界観だけにとらわれない新しい試みかもしれません。 おもしろそうですね。



まずは、いつもの流れでのアッパーカウルからのステー制作。 もうさんざんやりましたね。(笑)

hornet600ITOUSAN02.jpg

で、車体を水平に起こした状態で、カウルの位置関係の作業からおっぱじめます。 
オーナーさんの希望の位置に近いカウル装着位置を出しながら、ハンドルの干渉やマフラーなどの干渉を確認してゆきます。

水冷エンジンなので、ラジエターの角とラジエターキャップの方が干渉してしまうようです。 ここの処理は後ほど加工してゆきたいと思います。 ハンドルは装着されていたものを若干角度を変更してそのまま使用できそうです。

 隣は前回制作したGSX1400です。

hornet600ITOUSAN03.jpg

タンク形状が独特ですね。 かなりスリムな感じで、ニーグリップがしやすそうです。

hornet600ITOUSAN04.jpg

アッパーとアンダーの位置関係を確認しつつ、アッパーカウルステーと車体のネック部分を接続する部位までできましたので、アッパーカウルステーを仕上げていってしまいます。 いつものナビ(スマホ)置きトレーは健在。 あると便利なんですよ。

hornet600ITOUSAN05.jpg

サビ止め処理まで完了。 この後ブラックへ塗装。

hornet600ITOUSAN06.jpg

一気に仮付けまで。 アンダーカウルのステーままだ制作前なので、ガムテで仮固定。  干渉部分をチェックしながらカットしてゆきます。 できるだけ地上高を確保しつつマフラーの熱害の無いように処理しました。 サイドから見たバランスも良いですね。
カウルのふちをマジックでケガいていますが、この後この位置までカットして一回り小さくしています。(カウルが被り過ぎもバランス的にどうかな?と思ったので、車体サイズに併せて一回り小さくカットしています)

hornet600ITOUSAN07.jpg

干渉部分はおおざっぱにカットしただけですが、イメージ的にはつかめたのでOKでしょう。 この後細かいところは詰めてゆきます。

hornet600ITOUSAN08.jpg

アンダーカウル内のステーの様子。 
アンダーカウルの片側を4~5カ所固定(左右で約10カ所)しているので、かなりガッチリとは付いているとは思います。
今回のホーネットで思ったことは、この車体はフレームのダウンチューブが無いため、エンジン下にはフレームがありません。
 
 だいたいの鉄フレーム車はダウンチューブがあるので、そこでクランプを使ってカウルを固定できていましたが、今回はそれができなかったため、エンジンのマウントボルトをうまく利用し、各所でステーを取って固定しました。 モノコックフレ-ムのグースカウル取り付けは初めての経験でした。 うん、ちょっと勉強になった!

hornet600ITOUSAN09.jpg

hornet600ITOUSAN10.jpg

その2へ続く。


話は変わりますが、先日GSX1400の方が引き渡しになりまして、遠方のお客様のため専門のバイク陸送業者さんが引き取りにいらっしゃいました。(正確には、ベースバイクを購入されたバイク屋さんからの手配で来られたようです)

 その陸送のキャリアカーがこれまたすごい!  私も自動車運搬用の4トンのキャリアカーは持っていますが、今回はるばる来て頂いた業者さんの装備と仮装の懲り方がハンパではありませんでした。  

 バイク陸送の他にも特殊車両や自動車なども運ぶようですが、そのどちらにも対応しているキャリアカーで、4トンワイドのロングボディーベースの(見た目は箱車)トラックです。 トラックの車体全体もエアロボディー仕様に仮装してありました。

 しかーし!なんと、その箱の中はフルフラットにまでなるスライドローダーで、なおかつエアサス装備でトラックの車体がギリギリまで低くなる仕様。  仮装もののキャリアカーも多数見てきましたが、これには驚きました。  特注仕様らしく、日本にはこの1台しかないらしいです。 通常の4トンキャリアカーが約1000万円位ですが、その3倍はするらしい・・・・ガクガクブルブル・・・。  
 
BIKEhikitori01.jpg

中も綺麗です。 床がスライドして出てくるので、外で乗せてそのままズリズリと中まで収納します。 

BIKEhikitori02.jpg

カウル付きの特殊車両?と出来たてでキズなども無い状態でしたので、運搬中の破損やいたずらなど無いように、先方さまの配慮で格納式のキャリアカーを手配してくれたんでしょうかね?  雨風虫にさらされない完璧な陸送方法だと思います。 スバラシイ。

BIKEhikitori03.jpg

無事ドナドナされてゆきました。   これで私も安心できます。

BIKEhikitori04.jpg
    
ちなみに今回の陸送業者さんです。

岐阜県の(株)ラン・プロジェクト さんです。
一応電話番号も・・・。 TEL 0584-47-8518 です。
バイクだけでなく、トライクや特殊車両や外車なども運んでくれるそうです。
興味のある方は問い合わせしてみてください。 
  1. 2016/12/01(木) 10:44:21|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:2