自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

フェアレディZ34 アクシデントからの修理 その1

フロントの画像ではありません。 ハンドル切っている訳ではないです。
ええ、リア周りが大変なことになっちゃったんです。



GW直前の日曜日。 常連さん達が当方に集まっていて、ワイワイガヤガヤやっていました。
そんななか、近くまで来たという友人を迎えに、Z34乗りのロッキーさんが迎えに近所までGO!

しばらくすると、マフラーのボゥボゥという音と一緒に、聞き慣れないズザザザ、ザザザッという音がするではないですか?!

合流するカ所の入り口で、不覚にもポールの車両止めに引っかけてしまったらしいです。 なんとかかんとか自走で帰ってきました。
 たしかに着座位置がかなり低く、ドア位置が高いので、座席に座ってしまうと、ドア側面の低いモノは全く見えなくなってしまいます。 ありゃまぁ~大変!
 一同ポカーン!

Z34_ROCKYsan_shuuri02.jpg

エライこっちゃでございます。 それというのも、GW中に全国規模のZミーティングが富士スピードウェイで開かれるらしく、Z34の来場者誘導のスタッフになっているらしく、参加できないとなるとマズイ状況・・・・。 しかもGW突入直前。 さてどうしましょ。

Z34_ROCKYsan_shuuri03.jpg

とりあえず被害状況の確認をしないといけないので、ホイールを外し、足回りの確認を・・・。

サイドステップも粉砕で、リアクォーターもべっこりへこんでしまっています。 
オーバーフェンダーももげちゃってるし・・・(破片は拾ってきていました。 GOODです!)

Z34_ROCKYsan_shuuri04.jpg

奇跡的にもドアは無事でした。(塗膜剥がれ位はありましたが)

Z34_ROCKYsan_shuuri05.jpg

足回りはといいますと、アーム類全滅です。 バッキバキに折れてます。w

Z34_ROCKYsan_shuuri07.jpg

Z34_ROCKYsan_shuuri08.jpg

サスペンションアーム類がほとんどアルミ製だから、衝撃で折れてしまったんですね。
でもこのおかげで、それ以上の衝撃が逃げて甚大に?ならなかったような気がします。

Z34_ROCKYsan_shuuri09.jpg

タイヤ(アルミ)が接触した痕が残っていますね。
このカバーを取ると、その奥にある給油口から繋がる燃料配管がべっこりへこんでいました。 恐るべし・・・。

Z34_ROCKYsan_shuuri10.jpg

Z34_ROCKYsan_shuuri18.jpg


とりあえず保険のアジャスターさんに確認してもらうまでは作業に移れないので、まずは部品の洗い出しと状況確認。
GWに入ってしまうと部品の手配そのものが出来なくなってしまうので、大至急で部品手配をかけました。
間に合ってくれ!  というわけで、GWのZミーティングにはなんとか間に合わせででも参加して頂くべく、強行修理をすることになりました。

ぎりぎり間に合った部品達。(大まかな部品第1便です)
取り付けのボルト類もすべて交換です。

Z34_ROCKYsan_shuuri11.jpg

材質変更されているんですね。 元はアルミ製、現在は鉄製になっていました。 見事にポッキリ。

Z34_ROCKYsan_shuuri12.jpg

お鍋の様な形状のロワアーム。 これもアルミ製。 歪んで楕円形になり、破断しています。 

Z34_ROCKYsan_shuuri13.jpg

Z34_ROCKYsan_shuuri14.jpg

こちらも曲がってる。 何アームだったか忘れた。

Z34_ROCKYsan_shuuri15.jpg

こちらはアッパーアーム。 見た目じゃ分かりませんでしたが、他があれだけやられているのでもちろん併せて交換です。

Z34_ROCKYsan_shuuri16.jpg

ショックアブソーバーももちろん交換。

Z34_ROCKYsan_shuuri17.jpg

アルミホイールも歪んでました。

Z34_ROCKYsan_shuuri19.jpg

次回その2は修理突入作業です。

今日のにゃんこ。

pokochan0167.jpg

pokochan0178.jpg

pokochan0173.jpg




スポンサーサイト
  1. 2017/06/30(金) 17:06:02|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

WISHエアコン修理?作業。

お客さんからの紹介で入庫したWISHです。
エアコンが効かず、熱風が出てくるので、困って地元の量販店で見てもらい、エアコンのガスが少ないんでしょう!という判断でガス補充をしたらしいですが、状況変わらず。  その後ウチにやってきました。

ガス補充?をしたとのことですので、ガス量は問題ないんだっぺな?と、状況判断も兼ねてゲージを装着。
ガスも入っているし、高圧/低圧共に正常な数値を示しているようです。
電動ファンも回っているし、システム的には問題なさそう。

某量販店では、コンプレッサーが駄目だから交換して、それ以外にもこことあそこを・・・で10万円以上かかると言われて帰ってきたとのこと。 見た感じコンプレッサーは良い仕事していると思いますが・・・。

エアコンのシステム(ここではエンジンルーム内側でのことです)自体は良好であり、かつ温風が出るということであれば、一般的には室内側の送風路を切り替えるエアーミクスチャーダンパーやモードダンパーの不良、またはその制御系統の不良、サーミスタ(エバポレーター温度センサー)の不良でとんでもないマイナス数値を出して、車が一生懸命暖めよう!と頑張っちゃっている状況などが考えられますね。



なので、まずは運転席足下左にあるエアーミクスチャーダンパーの動きを見ます。 なおかつ、手動でフラップを動かして冷風が出てくるか確認。→冷風出ました!  ダイヤル回して、冷/暖房を切り替えてみますが、エアーミクスチャーダンパーは動きませんね。

toyotaWISH_AC_shuuri02.jpg

コイツかな?とおもいつつバラしてモーターの単体確認およびグリースが元の接触不良がないか確認。
問題ないっすねぇ。   コイツは無事だったようです。  なので、内部清掃して戻します。

toyotaWISH_AC_shuuri03.jpg

モードダンパーの動きを見てみると、モードも切り替え反応がありません。 コイツも動いてない?

エアコンパネルの自己診断モードに入れて、単体作動等や信号を確認してみると、動くときもある?
(外部の診断機を接続してみましたが、エアコン診断に関してはこの車種は外部からのアクセス?はできないようで、自己診断モードにて判断しました)
なんだぁ~??? コンピューターが駄目かぁ?
とりあえず、エアコンパネルを外して確認・・・。

画像取り忘れてしまいましたが、エアコン制御のカプラー配線になにやら後付け配線が2本・・・。 でも最近やったような形跡でもなく、なんか純正オプションっぽい配線の作り。 
 追っかけてゆくと、ダッシュボード奥を貫いて、エンジンルームへ。 さらに追っかけてゆくと、バンパーの左角の方に?コーナポール?  バンパーを外さないと詳しくはみれなかったので追っかけませんでしたが、とりあえずこのエレクトロタップでついた配線を取り外し再度テスト。   おおっエアーミクスチャーダンパーやモードダンパーが動いたじゃないのよ!  

toyotaWISH_AC_shuuri04.jpg

しらべてみると、常時12VとIG-IN信号を取っていた模様。
新車時の指定でここから取るようになっていたのかどうかは分かりませんが、少なくとも、10年以上経って、接触不良や配線の接触抵抗、コーナーポール?モーター等の動作抵抗などモロモロの要因が重なり想定以上の電気を食われてエアーミクスチャーダンパーやモードダンパーなどが作動不良をおこしていたと思われます。 (オイラは電装屋さんではないのでそこまで詳しくは分からんとです)

コーナーポールと思われる配線の、電源を取るカ所を変更し、ついでに、後付けされていたETCのエレクトロタップもハンダで配線し直し、作業完了です。 動作も問題なく冷風も出て、モード切替もできるようになりました。 ヨカッタヨカッタ!

10万円もかかるかーい!!w

某所でも、ゲージの針の動きで、コンプレッサー不良ではないと判断できなかったのかなぁ。 
ガス補充をおこなうのであれば、ゲージの針の動きから、有る程度の想定は出来なかったのか?と。

結果安く上がったので、お客さん的には良かったと思います。

toyotaWISH_AC_shuuri05.jpg

今日のにゃんこ。

お昼寝だいすき・・・。

pokochan0159.jpg

ご飯たべてのび~!!

pokochan0135.jpg

密着好きなんですぅ~。

pokochan0139.jpg

  1. 2017/06/28(水) 10:46:53|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

ゲリラオフ改めアロハガーデン館山オフ での撮影。

元々この日にオフ会は実施する予定だったのですが、急遽?オプション誌さんの撮影依頼も入ったようで、オフ会兼撮影会にもなりました。

いつもの?メンバーさん達集まってますねぇ・・・。
この日は梅雨入りしたにもかかわらず雨の心配もなく、丁度過ごしやすい曇り空で開催できました。よかったね~。



ALOHA_OFF13.jpg

ALOHA_OFF14.jpg

ネタバレになってしまうので、あまりたくさんの画像は載せませんし、コメントも書きません。

見ての通りの激しい車両も来ていました。

ALOHA_OFF15.jpg

マックさんも当初は顔出しNGだったのですが、この際ヤケクソ?(笑)にて制作者として写っちゃいました。

ALOHA_OFF16.jpg

こちらはロッキー号ですね。 

ALOHA_OFF17.jpg

雑誌の発売(掲載)は8月末発売または9月末発売の号になるようです。 
ちなみに私は顔出しNGなのでどこにも写っていません。w

発売が楽しみですね。

今日のにゃんこ。

膝の上が好きなんですぅ。

pokochan0057.jpg

こらこら、そこは寝っ転がるところではないですよ。

pokochan0065.jpg

そんな目で見られると、キュンキュンしちゃうでござる。

pokochan0074.jpg
  1. 2017/06/26(月) 23:35:57|
  2. 車ネタ
  3. | コメント:3

群馬のお仲間マックさん、パートナーバン2号車完成したようで・・・。

群馬の親友マックさん。
アクセスという車屋さんのオーナーでもあります。

以前にもパートナーバンベースで、エンジン/足回り/ブレーキなどインテグラタイプRから総移植して変態商用車を制作しましたが、
今回も以前よりもさらにこだわって2号車を制作してきました。 もうアホとしか言いようがないw。

見た目はアルミ履いてる普通のバンに見えます。 アルミもあえて控えめで細めの15インチ。



イザ、ボンネット開けるとこんなんです。  ホンダのタイプRエンジン B18C搭載。

ALOHA_OFF02.jpg

エキマニから車高調、ブレーキその他いろいろすべてスプーン製で統一して装着したそうです。 (すげー高かったとかなんとか・・・。)

ヘッドカバー他もフルメッキで。

エンジンルーム内が変態色を表していますな。w

ちなみにシーリング部分をすべて剥がして、スポットの痕もすべてパテ埋め、余計な穴もすべて溶接で埋めてツルツルにスムージングしてからグリーンのフレーク塗装で仕上げたそうです。 もうアホかと。

ALOHA_OFF03.jpg

ALOHA_OFF04.jpg

運転席のみフルバケ。 他のシートはあえてノーマルのままのビニールシートです。
カーペットも一式赤に入れ替えていますね。

ALOHA_OFF05.jpg

レブリミットが10000回転のバンとかもうオカシイでしょ!

ALOHA_OFF06.jpg

お約束のクルクルハンドルとレバー付きドアミラー。
ここはこだわりポイントらしい。
今回の車両は集中ロック付きなので、1号車よりグレードアップしたとかなんとか。

ALOHA_OFF07.jpg

ちゃんと、4ナンバーで公認取得済みですよん。

ALOHA_OFF08.jpg

見た目は普通なんだよなぁ・・・。
今度は、安全第一と書いたヘルメットと、反射板付きベスト、汚れた長靴とスコップも積んでおいて頂きたい。
いかにも商用車感を、リアルな小物で演出もアレンジしてみて!

ALOHA_OFF09.jpg

もちろんこの辺のステッカーはシャレですよシャレ。w

ALOHA_OFF10.jpg

でもって、なんで館山までわざわざでてきたかというと、当方常連さん主催の通称:ゲリラオフがあるので、お披露目もかねて参加してきました。 へきるさんも来たので、GTOを駆り出してアロハガーデンまでランデブーで向かいました。

ALOHA_OFF11.jpg

続きは次回。


今日のにゃんこ。
ウチにきて丁度一週間が経ちました。 少しふっくらしてきたような気がする・・・。目やにも取れて、美人さんになったね!

甘えんぼのため、すぐによじ登ってきます。

pokochan0081.jpg

ゴロゴロした後に

pokochan0100.jpg

すぐに寝ちゃう。 Zzz・・・。

pokochan0103.jpg

すごく無防備なところがかわゆす。
  1. 2017/06/25(日) 17:33:09|
  2. 車ネタ
  3. | コメント:5

小林麻央さん お悔やみ申し上げます。

昨日の報道やニュースなどでもたくさんやっていましたが、小林麻央さんがなくなられてしまいましたね。

闘病中も日々ブログを更新していたようで、そのブログで励まされた方も多かったかと思います。

とてもピュアで、容姿も心も美しかった方でしたね。
ニュースZEROでキャスターをされていたときも、なんて綺麗な人なんだろうと思っていました。

美人薄命というか、人々に愛され、必要とされる人が早くになくなってしまうとは残念なことです。

とても良いお母さんであり、奥様だったんでしょうね。

海老蔵さんも、「私を変えた女性だ」といっていました。

昨日、なくなられた翌日だというにもかかわらず、予定していた舞台をこなし、間に記者会見を開き、またその後も舞台をするという

プロの姿勢を貫き通したようです。 すごいなぁと思う反面、周りも少し休息の時間をとらせてあげられないのかな?とも思いました。

日々ネットニュースなどにもなっていましたが、麻央さんの近況報告やブログ記事など目にしましたが、亡くなってしまった直後の会見(海老蔵さんサイドが予定したのかも?しれませんが)で記者会見の内容も見ましたが、記者もいくら仕事とはいえ、ズケズケと質問攻めにする様子に見かねました。  奥さんを亡くした直後に、こうですか?ああですか?と聞く神経がわからん。 しばらくそっとしておいてあげて、時期が来たら海老蔵さんなりご親族の方たちにあらためて話をきいたらどうか?と、個人的には思ってしまいました。 
 一番ツライのは、夫であり、子供であり、親族や関係者の方達だと思います。 心の準備や、麻央さんを送り出してあげる準備が必要な時にあんな質問攻めはないなぁ・・・と。  注目されている方だというのは分かるんですが、もう少しマスコミも人間的なモラルがないものかと考えさせられました。 

めずらしく、愚痴的なものをいってしまいました。 すんまそん。



ご冥福をお祈りします。
 
  1. 2017/06/24(土) 08:54:35|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ニャンコとの出会いです。

1月末に4歳半で旅立ってしまったネコのふーちゃん。
そのあまりに深い喪失感に凹みまくっていましたが、今回縁あって子猫が我が家にやってきました。
元々捨てネコ?を保護されていたようで、ウチに来た際は結構痩せていて、目ヤニも多く右目が開きづらい状態でした。「
およそ生後1ヶ月くらいだろう・・・とのこと。 鯖トラっていうのでしょうか? 黒/白のイメージはふーちゃんに似ている気がします。
ふーちゃんは縞なしシルバー/白でしたが。

病院で診察も受け、薬をもらい数日。 かなり元気が出てきておてんばぶりを発揮中です。



珍しくとんでもなく甘えん坊で、すぐに飛びついてきます。 

pokochan0072.jpg

pokochan0071.jpg

日中は自宅が不在になってしまうため、今はまだ小さいので会社の事務所にサークルゲージを設置しました。
事務所にいる場合は自由に遊ばせて、作業中または不在にするときはサークル内に入れています。

pokochan0027.jpg

この後ろ姿のポッテリ具合がなんともかわいい。

pokochan0063.jpg

毎日成長記録として写真を撮りまくっています。

pokochan0078.jpg

なんだかすごく癒されます。  にゃんこが来てからのここ数日がわくわくしてます。 
ペットの存在力ってすごいなぁ・・・と関心。 
しばらくは日中は毎日事務所にいるので、ネコ関係の記事が多くなるかもしれませんね。
(自己満足ですんまそ)

  1. 2017/06/23(金) 00:51:59|
  2. 未分類
  3. | コメント:3

まるで実車みたい。

ウチの最古参のお客さんの車です。 GTOオーナーさんには広く認知されている車かと思います。
こちらは実車画像。(以下画像2枚はなおとさんの掲載画像より転載させていただきました。 イベント時の画像ですね)
GTO KURENAI(紅)号です。



KURENAI_pramodel02.jpg

とりあえずこちらの画像をご覧ください。

KURENAI_pramodel03.jpg

KURENAI_pramodel04.jpg

KURENAI_pramodel05.jpg

これ、1/24の改造プラモなんです。

元のタミヤ製?のベースプラモはこちら。w
全然原型がないですよ。

よくぞここまで改造したと関心してしまいますね。

プロ?のモデラーさんが制作されたようで、なにより驚いたのが、実車を間近で見たことないにも関わらず、ネット上の画像のみで、これだけ精巧に3次元化してしまう洞察力/技術力に脱帽です。 しかも開閉式のドアに加工&ガルウイングまで再現とは、実車を制作した私も脱帽です。w  スバラシイ。

KURENAI_pramodel06.jpg

アレがこうなって、

KURENAI_pramodel07.jpg

こうなっちゃうんですね。 

ドアパネルのフィンまで作り込んでますよ。 スゲーな!

KURENAI_pramodel08.jpg

さんざんガル加工やっている私が、このプラモのガル部分を間近で見てみたいよ。 
実車と同じシステムで開閉しているんだろうか?

KURENAI_pramodel09.jpg

よく観察してるねぇ~。

KURENAI_pramodel10.jpg

オーナーさんと制作された方は直接お会いしたことも無いようです。 
いつか実車とプラモを並べて、遠近法でも再度2台並べで撮ってほしいですね。 

KURENAI_pramodel11.jpg

KURENAI_pramodel12.jpg

KURENAI_pramodel13.jpg

インタークーラーのACKのロゴまで再現してるんだよ?すごくね?
※ちなみにACKは(Aero Craft Kazeの頭文字をとった、ステッカーとして制作しやすく清書しなおしたロゴです。 Kazeのロゴステッカーだとツンツンした先端からカッティングシートが剥がれてきてしまうので、剥がれにくいステッカー用ロゴなんです)

KURENAI_pramodel14.jpg

KURENAI_pramodel15.jpg

ナンバーのKazeロゴも再現してありますね。 どんな小ささだよっ! 虫眼鏡で見て書いたのかしらん?

KURENAI_pramodel16.jpg

KURENAI_pramodel17.jpg

KURENAI_pramodel18.jpg

KURENAI_pramodel19.jpg

KURENAI_pramodel20.jpg

世の中にはすごい職人がいるもんです。

これはオーナーさんも嬉しい限りですね。

※制作過程の動画もありました。 ご参考までに。

https://www.youtube.com/watch?v=OOXQVmuXcDM&feature=youtu.be


  1. 2017/06/21(水) 10:40:23|
  2. プラモデル
  3. | コメント:3

レグナム納車からのみんな集まりからの茨城に車引き取りからの朝方帰社w

以前からお預かりしていたレグナムさん。 ようやくオーナーさんとの都合もついて引き渡しとなりました。
入庫するたびに納車時がゴツくなっていくような気がする・・・。 もはや装甲車のような見た目に・・・。



でもこの型のレグナムも当方も好きで、昔4台乗り継いだなぁ・・・。 その中でも本革シート&ウッドパネルの2500ST-Rというグレードはラグジュアリーで、良かった。 

mitsubishi3dai07.jpg

丁度そういうタイミングでわらわらと車仲間は集まってくるもんで、にぎやかな車が集合しました。(画像はジャカルさんツイッターより転載画像です) 左よりSさんGTO、真ん中Uくんレグナム(GTOオーナーでもあります)、右ジャッカルさんFTO。

mitsubishi3dai01.jpg

以前に制作したMRスパイダー(MR2限定車オープンカー)ベースのNSX顔ブリスター乗り竜ちゃん。 NSX顔だからさしずめNRスパイダーってところか? 

mitsubishi3dai02.jpg

当方茨城県に車の引き上げ予定があり、Uくん帰宅時に近隣市だったので、乗せていってもらうことに!ラッキー!たすかりました。   ありがとうUくん。 
 
時間が早ければ知り合いのお店にも顔を出そうかとおもいましたが、時間も遅く、結構急に引き取り決定してしまったことなので、今回は素直にそのまま帰社方向へ。  残念~!

帰りにラーメンを食べたかったので、いつものお気に入りのばんからに寄って遅い夕食。

mitsubishi3dai04.jpg

いつものヤツを食べてきました。 満足~!

mitsubishi3dai05.jpg

ご飯食べたら、途中眠くなってしまったので無理せずコンビニの駐車場で仮眠。 30分くらいのつもりがガッチリ4時間も寝てしまいw、
 その後は一気に館山まで帰社。 到着は午前4時半。(笑)  外はもう明るかったよ。


  1. 2017/06/18(日) 10:50:26|
  2. 車ネタ
  3. | コメント:3

塗装ブースの換気扇交換。

しょっぱなから汚い画像ですんまそん。

塗装ブースの換気扇です。
今の工場を立てたのがH10年の暮れ。 当時は工場/事務所など建てて貯金も借り入れ金もスッカラカン(笑)になってしまっていたので、設備にもまわせるだけの余力がありませんでした。 
 本当なら強力な換気扇を設置するべきでしょうが、業務用はビックリするぐらい高い・・・。  またまた200V用が主流?のようで、とても購入できませんでした。 そのぶん、自分でも設置できて、金額も安いものを複数設置しようと決定しました。 一般家庭用なので、5年ももてばOKかな?と思っていましたが。 なんやかんやで19年も未交換ですませてしまいました。 十分元は取ったね。w
 ファンにミストが付着し、重くなって回転が落ちてしまったり、シンナー成分を含んだ塗料が付着するので、ファンのプラスチックが劣化して羽が折れてしまったりと、色々ありましたが、清掃しながら延命処置を施していましたが、3個ある内の2個が完全にお亡くなりになり、残す1個もあきらかに回転が落ちていたので、塗装ブースもなかなかミストが排出されず、いよいよ重い腰を上げました。



元々は近所のホームセンターで買ってきたものでしたので、19年ぶりの買い直しでレッツゴー!してみたら、思っていたよりもお値段しまして一旦すごすごと引き返し。(1個¥5000位しました)   ネットで調べてみると¥3000~3500位で買えそう。 送料も3個買っても¥600と親切価格。 これにしました。

 イイネイイネ~! 新品は気持ちが良い!  3個を¥10000強で買えたのでリーズナブルに済みそうだ。

kankisen02.jpg

イザ取り付けです。
作動させたときの音が違うね~、ヤル気が感じられるよ。(笑)
これでまたしばらくは安心して塗装できそうです。 

kankisen03.jpg

19年間お疲れ様でした・・・。
すげー光景だな。

kankisen04.jpg


  1. 2017/06/17(土) 09:36:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

C25セレナ フロントガラス交換

以前に某オクで購入してきたC25セレナです。
実車も見ずに特に気にせず入札したらそのまま落札してしまった車両です。(笑)
今思うと、どうしてこんな状態のを購入してしまったんだろう???って不思議でならない。

ちょいと前の作業でしたが掲載していなかったのであらためて掲載です。



外装ボッコボコ。 左フロントドアと左スライドドアは歪みすぎてて使い物にならないので中古のドアに交換。(もちろん塗り直し)
左のBピラーも押されて入っていたので、引っ張り出して修正。

前後バンパーもスリキズガリガリ、前後共に切れてしまっていて、当初は中古で前後バンパーを購入しようかとも思いましたが、予算的にこれ以上はNGという判断で気合いでなおしました。
 
フェンダーやクォーターパネル、バックドアもへこみがあり、ほぼほぼ板金&再塗装。

おまけにフロントガラスも割れている・・・というどうしようもないゴミ車を購入してしまったというオチです。

あまりにもアンポンタンな結末でしたので、作業中の画像も多少は撮影しましたが、見返すと腹がたつので(笑)掲載しません。
もう消し去りたいです。w。 

ほぼほぼ板金も終わり、もう疲れたよ・・・と最後のフロントガラスです。
当然外注にかけられるだけの余裕もないので、自身で交換です。 一応道具は持っていますし、今までも何台もやっているので、その辺はあまり問題はないでしょう。ただしヤル気がまったく起きません。やめたいです。



長尺のものを積んでブレーキかけたら中から突っついてしまったらしいです。 
うーん、見れば見るたび残念賞だなぁ・・・。

C25_SERENA_GRASSkoukan02.jpg

室内側のAピラーのカバーを取り外します。

C25_SERENA_GRASSkoukan03.jpg

アウター側のガラスモール左右も取り外します。 上手に取り外せばクリップ/ファスナー、モール共に再使用できます。
(実は部品を一式取ってしまっていました。 実際はほぼほぼ使用しなかったので、赤伝切ってもらって未使用分は返却しようかとたくらんでいます)

 続いてカウルトップパネルも取り外し。  これでフロントガラス周りは作業環境ができました。
※この後、ボンネットも取り外しました。

C25_SERENA_GRASSkoukan04.jpg

道具はこの方達。   ワイヤーとワイヤーのホルダー、ワイヤーを通すインサーター(?)、ガラスカッター(&替え刃)などです。
替え刃は25ミリタイプと30ミリタイプを使用

C25_SERENA_GRASSkoukan05.jpg

純正のアッパーモール(再使用不可のため)、ダムラバー、ファスナーなどです。(左右モールは再使用できました)

C25_SERENA_GRASSkoukan06.jpg

ホイ、ガラスはずれました。
ちなみに新品社外ガラスはネットで購入した約¥10000ほどのもの。  安くて助かるねぇ・・・。 

C25_SERENA_GRASSkoukan07.jpg

こんな感じで完成!    最初は廃車か?と思うほどヒドイ状況でしたが、なんとかみれる状態になりました。

C25_SERENA_GRASSkoukan08.jpg

C25_SERENA_GRASSkoukan09.jpg

最初はみごとなまでにポンコツだったもんなぁ・・・。  チャンチャン。




  1. 2017/06/16(金) 09:00:15|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

アリスト エアコン修理。(コンプレッサー圧縮不良)

アリストのエアコン修理です。
まずテストしてみると温風しか出てこない。

ゲージを接続して確認してみました。
ガスは入っていましたが、低圧と高圧が同じ値のまま針は動かず。
コンプレッサーのクラッチは入っているようです。

※当初一人で作業していたので、クラッチの作動音がイマイチ聞こえておらず、クラッチが作動しているか?のチェックで、マグネットクラッチリレーの点検、回路の導通確認、コンプレッサーのクラッチに12Vを入力してクラッチの単体作動の点検も確認しました。→OK。

ここで私の経験不足もありましたが、一般的なコンプレッサーの圧縮不良と判断し、中古良品のコンプレッサーを入手。 
コンプレッサー交換後、真空引き→漏れが無いか?のチェック後ガス補充。

これでOKだべ?と思ったのも残念ながら状況同じ。

使用したのが良品とはいえあくまでも中古なので、交換したコンプレッサー自体が駄目かどうか?も確実性がなく、色々模索しました。 一つやっていなかったのが、レシーバー(のフィルター)の交換。  本来はコンプレッサーと同時交換が基本ですが、流用したコンプレッサーが中古ということもあり、おろそかにしてしまった私のミスだったかと思います。

 レシーバーのフィルターキットも用意し、あらためてガスを抜いてバラし作業。

バンパー外さないと無理かな~と思っていたら、コアサポートもボルト方式だし、エアクリーナーケースを撤去して、ラジエターブラケットを2カ所外せば、ラジエターが後ろにのけぞる格好になるので、その隙間からコンデンサーが摘出できそう。

思いの外楽に外せました。助かった~!

shibamotosan_arist_aircon02.jpg

ゴミが入らないように、配管接続部はテーピングしておきます。



コイツが一体型レシーバー。(車によっては、缶ジュースの感のようになっていて、頭にサイドグラス(のぞき窓)が付いている別体のものもありますね。 交換は別体の方が一般的には簡単かと思いますが、フィルターだけの一体型の方が金額的には安いので助かりますね。 アルミの腐食で元の塗装が取れてしまっていたので、この後、軽くワイヤリングしてから再塗装して組み付けました。   上に見えるキャップ(装着時は実際は下になります)をあけると、ストレーナーと、活性炭のフィルターがお目見えします。

shibamotosan_arist_aircon03.jpg

取り出した活性炭フィルター。 汚ねぇ・・・。 本来は真っ白です。 下の袋に入ったものが新品フィルターです。 装着前のゴミの付着や水分の吸引をさせたくなかったので、装着直前まで封を切っていませんので、画像はありません。 小さいゴミが混入してもエアコンの詰まり(エキパンの詰まり)にもなりかねないので神経質になります。

コンプレッサー交換時もそうですが、配管等の接続部は毎回必ずOリングは交換しましょう。  蛍光剤をいれないとガスは目視出来ないので、結果的にガス漏れを起こして不良や2次被害になってしまうと思います。 もちろん今回もすべて交換しています。 

 本来は接続部のボルト(M6ボルト)も交換が基本らしいです。 私はダイスでボルトの山を清掃して再使用しました。
確かに配管やコンデンサーがアルミでボルトが鉄だと、種類の異なる金属同士が接すると、微量の電位差が生じてサビ/腐食の発生原因になると聞いたことがあります。 たしかにエアコン配管のボルトは殆どがサビていますよね。 

shibamotosan_arist_aircon04.jpg

交換後、真空引きして放置。 OKだったのでガスを入れます。  このときすでに夕方で外気温も低くなってきていたので、高圧も15kまでは上がっていませんでしたが、ガス3本(600g)入りましたので、OKでしょう。(オイル補充は前回コンプレッサー交換時に済んでいるので、今回はガスのみの注入)  
 その後しばらく使用していただいていますが、問題なく冷えているようです。 ヨカッタヨカッタ。

shibamotosan_arist_aircon05.jpg

圧縮不良だからといって必ずしもコンプレッサー不良だとは限りませんね。 私の経験不足でした。
今回は、交換後状況まったく変わらなかったので、恐らく元のコンプレッサーも問題は無かったような気がします。
(ヤッテシマッタ・・・)
レシーバーは毎回必ず交換しましょうね!という教訓でした。 良い勉強になりました。

  1. 2017/06/15(木) 09:38:55|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

最近、特に寂しく・・・また猫ちゃんを迎えたくて仕方がない・・・。

愛猫のふーちゃんを突然失ってから4ヶ月以上経ちましたが、未だに心の傷が癒えません。

毎日猫系の動画も見ていて、先日カインズに買い物に行った際もペットコーナーで猫をずっと見ていたり・・・と。

ポッカリ心に空いた穴がふさがりません。 

あ~前みたいに抱っこしてぎゅーってやって、おなかでフガフガしたいなぁ・・・・。

FUUchan1066.jpg

先日、会社のワンコ(チビタ)を検診でかかりつけの病院に連れて行った際も、よく張り紙でネコさしあげますなどの掲示があるので見たのですが、残念ながらそのタイミングではありませんでした。  できたらペットショップで買うのではなく、ノラ猫や飼っていたネコが子猫を産んで引き取り手を捜している・・・などの、巡り合わせで引き取りたいと考えています。

ふーちゃんが亡くなって49日が過ぎたら次の子と巡り会えたらもしかしたら輪廻転生しているかもね、嫁と話をしていたので、ふーちゃんと同じようにノラ猫さんや引き取り手のない子との再会を待っています。

 ジモティも見て千葉県内近隣地区を見て、数件引き取りの申し出もしましたが、残念ながら巡り合わせはありませんでした(他でも引き取り手が決まったのなら、それはそれで安心ですが)。

こういったのも縁なので、どこかでまたふーちゃんのように突然の出会いがあるかとは思っているんですよね。

無性にさみしい・・・。シクシク。


  1. 2017/06/14(水) 09:17:34|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

ようやく体調が戻ってきました・・・。  アクティバン仕上げ作業/外装オールペイント。

ここしばらく(1ヶ月位?)原因不明?の激しい咳き込みに悩まされていました。 
1週間前に循環器科にいって診察を受け、薬ももらいようやく少し楽になりました。
アレルギー性の急性のぜんそく?(気管支炎?)のようなことを言われました。

元々気管支は弱いので、冬場は軽く風邪を引くと、咳き込み賀重症化してしまう傾向はありましたが、こんな時期に激しい咳き込みになるのは初めてで、接客会話中や電話中も中断して咳き込んでしまうほど。  しかも胸でする咳き込みなので、夜になると疲れてクタクタになってしまう始末。 困ったもんです。

それに加えて、ここ1週間は、これまた原因不明?のおなかの下りに悩まされてしまいまして、この1週間はマジでもう勘弁してくれ状態でした。 おしりの拭きすぎでケツがヒリヒリ痛かったゼ!w
 
 そんなこんなもあり、ここしばらくブログを更新する気力もなく、しばらくぶりの更新です。(前フリ長げぇ・・・)

これもちょいとまえに完了していましたが、未掲載ですので掲載。
特筆することは特にやっていません。 あっちこっちの凹みの板金と外装のみ同色オールペイント。  ついでにタイミングベルト交換等の軽整備です。  商用車としてはまだ比較的きれいめですが、この際外装お色直しです。



地味にあっちこっちにキズ凹みがあります。 全部で15カ所くらいあるでしょうか?

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou02.jpg

サイドシル部。 ここもぶつける定番ですね。  袋になっているので、外から引っ張るか、切開して引っ張り出すかのどちらかになります。 こんな程度は外からチップを溶着して引っ張り出します。 

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou03.jpg

リアバンパーもひん曲がっているね。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou04.jpg

バックドアの角もベッコリ。  塗膜を剥がして、この後チップ溶接です。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou05.jpg

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou06.jpg

ここは、助手席側フロントドアの下側だったかな?

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou07.jpg

サイドシルを引っ張り出したところ。 おおよその形まで板金します。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou08.jpg

引っ張り中。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou09.jpg

おおまかに肌が出たら、パテにて面だし中。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou10.jpg

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou11.jpg

右のリアフェンダーが思った以上に入っていて&ユガミがあり、中央にエグレのプレスラインがあるので、面出しに苦労しました。 
いやな形してるなぁ・・・。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou12.jpg

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou13.jpg

サフェーサー画像をすっかり取り忘れていましたが、肌の仕上げ後に塗装開始です。

面が広いので、まずはルーフのみ塗装して仕上げます。 純正では白の上にトップコートでクリアーは吹かれていませんが、耐久性とツヤ感を維持したいので、もちろんクリアーまでたっぷり塗装します。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou14.jpg

屋根が完了して、今度は側の塗装。  バンパー類別途で塗装しておきました。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou15.jpg

組み付けて終了です。 OKOK! 十分綺麗になりました。 
足下がアルミホイールになるだけでも引き締まりますね。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou16.jpg

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou17.jpg

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou18.jpg

順序は少々入れ替わりですが、板金作業中に平行してタイミングベルト等の交換も実施しました。
このあたりも、しょっちゅうやっているので、詳しく書いても仕方ないので割愛。

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou19.jpg

HH5_ACTY_van_kouki_shiagesagyou20.jpg

アクティバン、お色直し完了です。



  1. 2017/06/13(火) 05:37:32|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0