自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

アルファード リアアクスルブッシュ交換/タペットカバーパッキン交換

自分家の車なんですけどね、部品は半年以上前に購入していましたが、なかなか時間がとれずのばしのばしになってしまっていました。 今回お盆のタイミングで一気に作業すませました・・・。

 リアの足回りからゴトゴトと異音。 確認したらリアアクスルの付け根のブッシュがヒビヒビでぶった切れているではないですか!?
コチラは左右分のブッシュを用意。

 中古車購入時からオイルの漏れはありました。 調べてみたらタペットカバーパッキン(ヘッドカバーパッキン)からの漏れ。
同じエンジン積んでいるエスティマや10型アルファード(V6)には多い症状のようですね。
 前後バンク分のタペットカバーパッキン&プラグホールパッキン、スパークプラグ6本、インマニ&スロットルボディーのガスケットを用意しました。 

 上記、どちらの部品もなんとかなるっぺ!という見切り発車での作業開始に後々泣かされるハメに・・・。 自分のだからと適当に考えてはいけませんね・・・。 かなり苦戦しました。(苦笑い)



画像はリアアクスルブッシュ部のボルト(シャフト)を抜き取っったところです。 ここのブッシュが圧入で、SST(特殊工具)を使用してブッシュの抜き出し/引っ張り込みを行うようです。 簡単に考えていましたが、もちろんそんなSSTなんぞ事前には用意していません。  ここではじめてグーグルで他の方の作業を参考にさせていただきました。 皆専用のSSTを使用するか、代用品になるものを自作してSSTもどきを作って入れ替えを行っていました。 (そうだよなぁ・・・なーんか良い方法はないものだろうか・・・)

SSTをしらべてみると、3万円以上するではないですか?! しかも今はお盆で手配も出来ず。 仮にこのSSTを購入したとしても、次いつ使うのよ?! しかも自分の車だし・・・。 そんなもんに3万円も払えなければ(笑)、すでにバラして動けなくなっちゃっているので、別な方法でなんとかするしかない・・・。 このときばかりは珍しく(?)脳みそフル回転で案を絞り出しました。 
 
 アクスル自体がかなりの重量物なので、ブレーキワイヤーやABSセンサーの配線などにも無理をかけさせたくありません。 
かといって、リアブレーキ周りをすべてバラして、アクスルを抜き取ってからの作業というのもこれまた大変。 自分のだからできるだけ簡略化でやりたい。 だって面倒くさいんだもん・・・。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou02.jpg

リアアクスルブッシュなんて、そうそう交換するものでもないけど車載上での作業となるとどうしても無理があるので、色々考えた結果、とある方法で作業をすることにしました。(これなら片側15分)で打ち換え可能。

 しかーし、絶対問題ないか?というと長い目で見ると微妙だったので、あくまでも自分自身の管理下で使うという縛りの元での方法ですのでここには記載しません。 

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou03.jpg

見たとおりですが、左が取り外したモノ、右が新品。
古い方は明らかにねじ切れていますね。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou04.jpg

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou05.jpg

こちらは左右共に駄目な画像。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou06.jpg

折り返しで元の通りに組んで試乗してOK。 がたがた音消えました。 

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou07.jpg

今度はエンジン側の整備。
フロント側のパッキン交換/プラグ交換なんぞは楽勝楽勝!

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou08.jpg

タペットカバーパッキン/プラグホールパッキン、スパークプラグを交換。 

問題はリア側。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou09.jpg

コイツがまたリアバンク側にアクセスするためには、スロットルボディー/インマニ等を外して(&フリーにして横に逃がす)からの作業になるので、これらの脱着がかなりやっかい。  プラグだけならまだしも、タペットカバーパッキンの場合は後方にあるステー類も外さないとカバーが外れてこないので、その部品の取り付けがきわめて困難。 多数携わっていればコツもつかめるでしょうが、今回は初でしたので、手こずりました。 同じV6でもGTOの同様の作業する方が数倍楽だわ・・・。 後方のスペースがあと2センチあれば全然楽勝なんですけどね。 かなりギリギリなスペースでの設計でした。

 技術的に難しいというよりは、エンジンリアバンクが下の後方に位置している為、上半身をエンジンルーム内部に滑り込ませて結構窮屈な体制での作業(え?まさかオレだけ?)になるので、体制に無理があり非常に疲れる結果になりました。 

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou10.jpg

ようやく外れた・・・。 前後バンク共にタペットカバー内は非常にキレイでした。 安心したぁ~。
まあ、オイル漏れしているならちゃんと直さないと駄目だわな・・・。



10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou11.jpg

折り返しで組み付けです。
ついでなのでスロットルボディーも清掃しておきました。 

組み付けて試乗して完了です。  あ~面倒臭ぇ・・・。

10_ALFARD_jikayousha_seibisagyou13.jpg

今日のにゃんこ

ぽこちゃん、生後3ヶ月くらい?で結構大きいんですが、心はまだ子供なのか?毛布をみるとしょっちゅうおっぱいを飲むときのフミフミをして、チューチューやるんです。 小さいときに早々にノラ猫として生きて保護されたからなのか?母親の記憶が恋しいのか?布団の上ですぐにチューチューふみふみやります。 カワイイ反面、愛情に飢えているのかな?と不憫に思えてしまいます。
 でも毎日家族に可愛がられ、幸せな猫人生?を送ってくれているのではないか?と勝手に思っています。

pokochan0308.jpg

pokochan0307.jpg

pokochan0306.jpg

pokochan0305.jpg

pokochan0304.jpg




スポンサーサイト
  1. 2017/08/17(木) 01:49:52|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その7

今回も画像多めで・・・。

そもそも、バンパーに密着するアールが違うので、あっちこっちに切り込みを入れて、純正バンパーにそうようになじませてゆきます。
 列車の先頭車両にあるスカート?のような存在感ある大きさと形状がイイね。
 かなり大きく見えますが、実用性も考慮して、バンパー下の高さを24センチ確保しています。 元がエグレ形状だから、被せのエアロをつけるだけで、非常に大きく見えるんですよね。

VANETTE_TRUCK_shiage83.jpg

正面から見ると割と普通の車(乗用車ミニバンのように見えます)

VANETTE_TRUCK_shiage84.jpg

まだ正面部分しか合わせていないので、回り込み部位はまだですが、そこそこ密着するまでに矯正できたので、あとはバランスを見ながら側面の制作ですね。

VANETTE_TRUCK_shiage85.jpg

元の純正バンパーと思われるモノ?はこちら。 もはやバンパーの下半分は真ん中の固定部分のみしか残らなくなりました・・・。
だって、他が全部あたるんだもん! ちょっとずつ切っていったらこんなんなってもうた・・・。  もうね、ペラペラっのクタクタっすよ。w

VANETTE_TRUCK_shiage86.jpg

ピンボケですがご勘弁。 純正バンパーにエアロ側との密着面をとるために、FRPを直に張り込んでいます。  本来ならきちんと離型用のワックスを塗り込みますが、純正バンパーがPP素材なので付きにくいのと、一番の理由は、 「自分のところの車両」だから。 お客さんのだったら万が一という事がありますので、さすがにビビって保険はかけますが、自身のなので問題ナッシング。 
  (たぶん)張り付かないだろう・・・と予想。 全然OK~気にしねーす!

VANETTE_TRUCK_shiage87.jpg

乾燥後、そこにアールをなじませたエアロを接着固定。 一応センターは確認しましたが、なんとなくのノリで「大体真ん中」。
「大体高さも合ってる」。

VANETTE_TRUCK_shiage88.jpg

なんとなく、脇の回り込みも摺り合わせをして接着。

VANETTE_TRUCK_shiage89.jpg

形が「らしく」なってきたじゃないのよ~!

VANETTE_TRUCK_shiage90.jpg

一旦取り外して成形。(殆どのパテ処理作業は純正バンパーに取り付けた状態で進めました。 成型用のパテの硬化熱で熱変形してしまうおそれがあるのと、合間合間で進めていたので、置き方によっては変形してしまうため。 画像はバリ等の処理も済んでいます。

VANETTE_TRUCK_shiage91.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage92.jpg

サフェーサーで面の確認。 

VANETTE_TRUCK_shiage93.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage94.jpg

サフェーサーまで入って、輪郭や形状がハッキリ分かると、「オ!? コレいけちゃうんじゃね?」と思えてきた。
なんだか、ボンゴフレンディーの純正エアロバンパーでこんな形状があったようななかったような・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage95.jpg

画像ではまだ側面後方の回り込みができていませんね。 

VANETTE_TRUCK_shiage96.jpg

ベースバンパーと一緒にもらってきた、同セットと思われるサイドステップ。 コイツで左右の回り込み部分を切り出したいと思いますが、残念な事に1本しか無いそう。 マジか? じゃあこの1本から左右分を作らねばならないか・・・。 ステップの前後でなんだか形が違いますけど・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage97.jpg

グダグダ言っていても始まらないので、無いなら無いなりに切った貼ったでつくればいいじゃん!
ってことで、なんとなーくラインが繋がるように加工して接合。 このステップ部分の下がないと、すごくやっつけ感がでてしまうので、ここは作りたいんですよね。 

VANETTE_TRUCK_shiage98.jpg

バンパーにエアロを固定しているビスが見えますが、位置がずれてこないようにビス打ちしています。 最終的にはビス穴は埋めてしまいます。今だけです。

VANETTE_TRUCK_shiage99.jpg

成形中。

VANETTE_TRUCK_shiage100.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage101.jpg

サフェーサーで面のチェック。

VANETTE_TRUCK_shiage102.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage103.jpg

車に付けてみて確認。
かなり前方へつきだして見えますが、実はあまり出ていません。 フロントガラスの傾斜のせいと、ボンネット部分が出っ張っているため、バンパーから下が強調されてみえてしまうんです。   こう見るとフロントのオーバーハングがすごく長いですね。 純正バンパー比で、リップ部分が5センチ程度出ているだけなんですけどね。

VANETTE_TRUCK_shiage104.jpg

でも、かなり「バネット感」は消せたと思うよ。 色が入るとまた違って見えるだろうね。 

VANETTE_TRUCK_shiage105.jpg

これでもバンパーの地上高は24センチもあるんですよ。 オーバーハングが長いから低く見えるんですね。 
擦ったらどうすんだって?  いやいや、そんなところ入ってゆかなきゃいいだけだよ。 平坦な舗装路のみを走ればOK!
問題ナッシング。

VANETTE_TRUCK_shiage106.jpg

折角ここまで作ったので、型を作って量産しようかと検討中。
全国にもSK82型のフロントの寂しさで、毎夜枕を涙で濡らしている人の一人や二人や三人や四人はいるとおもうので、ここは一丁人柱となって、ラインナップが一つ増えるように頑張ってみたいと思います。 合間で進めるからいつになるやらですが、仕事のトラックとしても使いたいので、なんとか早めに型取りしたいもんだ・・・。 (いやぁ画像多かった・・・無理に載せすぎたね) 

ちょっと着地点が変わってきました。 「SK82 バネット/ボンゴ エアロ制作決定!」になってしまった・・・。
いいのか?コレで・・・。
  1. 2017/08/15(火) 09:00:35|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:3

バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その6

以前に掲載していましたボンゴトラック(バネットトラック)の記事の続きです。
合間で少しずつ作業していましたので、溜まっていた画像分の掲載です。

現在使用している旧型のボンゴトラック(SE58系)はボンネットも出っ張っておらず、シュっと男前のフロントマスクですが、この規格の車両(SK82系)になってから、おちょぼ口のひょっとこ系の顔つきになってしまい、非常に残念な面構えです。   しかもバンパーが逆ぞりでえぐれているため、腰高感が否めずどうもしっくり来ません。   エアロ屋の仕事車としてはこの顔つきはどうにも許せない見た目ですので、フロントハーフスポイラーでちょっと引き締めたいと思います。



どうにもブサイクだわ・・・。
なんとかせねば・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage69.jpg

イメージとしてはこんな感じなんだよね。  ドア下まで伸びるような一体感のあるスポイラーが欲しいのよ。
さて、オークションなんかにでてないかなぁ~。
見ること10分。  無い、まったくといっていいほど無い。  ハイエースなんざぁ掃いて捨てるほどあるじゃねーのよ。

グーグルでぐぐってみると、どうやらキャンピングカーを制作しているショップさんがオリジナルでスポイラー(バンパー?)を出している模様。  他にもハーフスポイラー?もあったようだが現在はそのショップさんは見あたらないようで、すでに廃盤の様子。

マジかぁ~ちょっと存在感のある形状が欲しかったのと、スポイラーで5万も6万も出せないので、んだらば無いなら作るかぁ~?! となりました。
 
VANETTE_TRUCK_shiage70.jpg

工場の裏手をゴソゴソ・・・。引っ張り出してきたフロントバンパーやらリアバンパーやらで色々試してみる・・・。
ベースになる何らかのバンパーのひな形でもあればかなりの近道になるので、何かないかなぁ・・・と。

おっ、出てきたのは、これは140型メルセデスベンツSクラスのブラバスタイプバンパーっすね。 懐かしいなぁ・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage71.jpg

よっこらせっと・・・。 どんなもんかな?   むむむ、イメージと合わない・・・。  
もうちょっとシュっとした感じでエグイのが良いんだよなぁ・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage72.jpg

いやいや、全然コレジャナイ感が。  却下で。

VANETTE_TRUCK_shiage73.jpg

さて、お次はステップワゴン?に付いていたリアバンパー。  ちょっとカクカクしすぎだし、なによりダクトが一切無いじゃないのよ。(リアバンパーだから当たり前か・・・)   却下で。 

VANETTE_TRUCK_shiage74.jpg

これは140系ベンツのリアバンパーだね。 ブラバス?AMG? 記憶が薄いのでよくわからん。
却下で。

VANETTE_TRUCK_shiage75.jpg

これはSW20系MR2のフロントバンパーやね。 でもこれ精度がメッチャクチャ悪いからそれもふまえて却下で。

VANETTE_TRUCK_shiage76.jpg

うーん、困った。  そうだ困ったときの近所の車屋さんネットワーク! 
「ベースのエアロにしたいんだけど、 シュっとしたフロントバンパーでFRPのいらないヤツない・・・???」
あると思うよ、と一つ返事。  おおぉマジかぁラッキー!!!

早速もらいに行って仮合わせ。  おおぉ、なかなか良いんでない?  シュっとした感じ+存在感あるよ。

VANETTE_TRUCK_shiage78.jpg

VANETTE_TRUCK_shiage77.jpg

純正バンパーにかぶせる方向の、後付けハーフスポイラー仕様でゆきたいと考えています。 
なんとなく完成系のイメージがわきますね。 うん、良いかも!

VANETTE_TRUCK_shiage78.jpg

いらない部位を切断撤去して、位置や寸法等の計測中。

VANETTE_TRUCK_shiage79.jpg

純正バンパーの下半分がエアロのダクト部分に結構な範囲で干渉することが分かりました。(今更かい???)

VANETTE_TRUCK_shiage80.jpg

ならば切るしかねぇ・・・。(バンパー側を!)  チョッキーン!

VANETTE_TRUCK_shiage81.jpg

この繰り返しで、カット範囲が増え、しまいにはエライことになってしまうとは・・・。

VANETTE_TRUCK_shiage82.jpg

つづく。
  1. 2017/08/15(火) 02:27:11|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0

GTOのお色直し作業 その4

以前掲載していたGTO作業の続きです。
一旦使用したいとの希望で仮退院です。
前回からの未掲載分の作業です。
主にタイミングベルト関係の交換作業とドア関係の塗装、その他部品の塗装などです。

まずはタイミングベルト関係の部品交換整備です。
バラしてゆきます。



折角ご自身でタペットカバーパッキンを交換していただきましたが、カムシャフトオイルシール交換に伴い、カムプーリー固定ボルトを外さなくてはならないので、開けさせて頂きました。 フロントバンクはゆるめるだけならインパクトレンチも入るのでゆるみますが、締める際に固定するカ所がないので、結局はタペットカバーは開けてカムを固定してボルトの脱着を行います。 カムプーリーボルトはメッチャトルクで締まってます。 プーリー取り外し後、カムシャフトオイルシールの打ち換え。  オイルの滲みは有りませんでしたが、保全交換ですべて交換しておきます。

hekirusan_GTO_shiage2017_50.jpg

こちらはリアバンク、 前期型は作業が比較的楽です。 中期以降は大変です。
それでもシールの打ち換えはコツがいるんですよ・・・。 なにせ狭い・・・。

hekirusan_GTO_shiage2017_52.jpg

順序が多少前後しましたが、平行してウォーターポンプの交換。 古いガスケットは剥がしてオイルストーンで密着面を研磨。
Oリングも新品に交換です。 

hekirusan_GTO_shiage2017_49.jpg

交換部品の一部です。 新旧部品の比較。  

hekirusan_GTO_shiage2017_51.jpg
 
クーラーベルトのアイドラーは交換が初のようなので、26年頑張ってきたようですね。 w
よく持ちました。 少しガタ出てましたね。 新品に交換です。 アイドラプーリー1個が¥7400(純正品)って高すぎだろっ! 

hekirusan_GTO_shiage2017_53.jpg

クランクシャフトオイルシールも打ち換えまして、カム4カ所とクランクのタイミング位置を出して、三菱の微妙なオートテンショナーの調整方法でベルトテンションを決め、、クランクを2回転後、各タイミング位置が問題ないのを確認。 この後30分放置で再度クランクを回し、位置の確認。 張りも問題なさそうなので組み付けで折り返しです。

hekirusan_GTO_shiage2017_55.jpg

ベルトの張りを確認したかったので、上部のベルトカバーは取り付けずに、パイピングやラジエター類を組み直して、冷却水を注入して、いざエンジン始動。  4カムのGTOの場合は1発目の始動はドキドキしますね。 コマズレしてたらどうしよう・・・って。笑。
 問題なく始動し、エアー抜きも完了。  オーナーさん曰く、メインのラジエターファンが始動しなくて水温が上がってしまうと聞いていましたが、ラジエターファン/コンデンサーファン共に直結12Vで動作確認。
 ラジエターファンラジエターファンスイッチ(センサー)を交換後、カプラーの端子も白く表面サビがでていたので、端子のオス/メスを研磨。 組み付け後、水温89度で無事元気にラジエターファン回ってくれました。 良かった良かった!

hekirusan_GTO_shiage2017_56.jpg

続いてドアの塗装補修。 補修といってもクリアーの劣化などですので、足付け&劣化カ所の補修で1面サフェーサーを吹きます。

hekirusan_GTO_shiage2017_57.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_58.jpg

サフェーサー乾燥/研磨後、下色のピンクを塗装します。

hekirusan_GTO_shiage2017_59.jpg

本塗り/ラメ塗装/クリアーで仕上げ。
乾燥後研磨にて組み付けです。

hekirusan_GTO_shiage2017_60.jpg

別で用意されていたドアパネルも中古ベースの為補修。

hekirusan_GTO_shiage2017_61.jpg

こちらも仕上げ直し。

hekirusan_GTO_shiage2017_62.jpg

ベルトカバー(アッパー)とスカッフプレートのゴールドメジアムメタでの塗装。

hekirusan_GTO_shiage2017_63.jpg

他にも細かい部品を複数塗装しましたが割愛。

お盆後に戻ってきてから再開になるかと思います。


  1. 2017/08/10(木) 01:41:15|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0

ipadのタッチパネル交換。

ここ最近、かなり猛烈なバタバタさで更新する気力もなく、またいずれもが撮った画像も未だ中途半端なため間が開いてしまいました。 追加撮影/編集等完了したらアップしたいと思います。

 先日もちょいと掲載したipadのタッチパネルのひび割れの件。  その後アマゾンで社外品のタッチパネルと交換工具?キットのセットを購入しました。

 アップルに送って修理をお願いしようを思いましたが、TVを見る時間がなく、ネットニュ-スをみて世間の情報を得ているので、携帯端末が無いとちょっと不便。(まあ無くても生活は出来るんですけどね。 便利に慣れてしまうと駄目ですね)

幸い社外品のパネルも安価で入手でき、自分でも交換出来そうでしたので思い切って購入してみました。
ユーチューブなどでも交換方法が多数掲載されていましたので、そちらを参考にして作業しました。

ibaraki_houmon20170729_08.jpg

こちらが購入した交換キット。

セットで¥2000ちょっと位?じゃないかな。
安すぎてちょっと不安になりましたが、他の方のレビューを見てみると悪いことは書いていなかったのできっと大丈夫でしょう!

ipad_Touchpanelkoukan01.jpg

私の場合、保護シートを貼っていなかったため、落として一撃で粉砕してしまいました。 パラパラとガラス片が落ちてきます。w
幸い機能に支障はなかったので、パネルの交換だけで済みそうです。

作業をする前に、ガラス片が飛び散らないように梱包テープで一面を貼り付けました。(でも縁にはあまり意味が無かったんだけどね)

ipad_Touchpanelkoukan02.jpg

ドライヤーで縁を暖めながらヘラで分離してゆきます。 付属のヘラだけでは心許なかったので、仕事で使っているポリヘラも参戦して剥がしました。  このときタッチパネル下の液晶パネルにキズを付けないように注意。

ipad_Touchpanelkoukan03.jpg

液晶パネルや内部の仕切板を固定してるネジ類。 超小っさぁ~!  
飛ばして無くしそうなので、テープに貼り付けて固定。
比較は1円玉です。 

ipad_Touchpanelkoukan04.jpg

黒く2列に見えるのがバッテリー。   ipadなのでかなりデカイですね。 
しかしまあ、よくこのスペースと薄さで、パソコン並みのスペックの端末を作るもんですな。  20年前ではとても考えられない技術の進歩ですね。 こういうのを設計する人の頭の中はどうなっているんでしょ?  スゲーな。

ipad_Touchpanelkoukan05.jpg

これがタッチパネル/液晶パネルの接続のケーブルです。 パチっとはまっているだけです。 端子も髪の毛くらいの細さでやんの。w

ipad_Touchpanelkoukan06.jpg

ケーブルにぶりがかからないように角度を付けて作業。 
新しいパネルを入れ替えます。

ipad_Touchpanelkoukan07.jpg

交換完了!   ブラックフェイスの在庫が切れていたためホワイトパネルになってしまいましたが、使えれば問題ないので全然OK。  割ってしまう前に保護シートを買って貼るか・・・。(一緒に注文し忘れました。 バカ)

ipad_Touchpanelkoukan08.jpg

立ち上がり確認。  ウェーイ!

ipad_Touchpanelkoukan09.jpg

ipadは治りましたが、最近パソコンが不調なのか?たまにフリーズして固まってしまう時があります。
キーボードの日本語入力ができなくなってしまう時もあるんだよな。

普段事務所はあまりエアコンをかけないので、暑さでパソコンも夏バテしているようです。

もう4年経つし、そろそろ買い換えたいなぁ・・・・。
プリンター複合機も3年以上経つが、カラー印刷時がシマシマになってしまう。(泣)
こいつも駄目かぁ・・・・。

買い換え検討しなくちゃ・・・。でもWin10は「いやなんだよなぁ。
今買う新品パソコンは基本的にOSが7ではなくて、10になっちゃうんだよね。 


今日のにゃんこ。

ちょいと前まで、余裕で入っていたかご(サンドウィッチ用バスケット)が、今やはみ出してしまう位に大きく成長しました。
嫁が晩ご飯を作っている時に、自分からこのバスケットに入って、カウンターからじーっと見て待っているらしいです。
足を畳んで収まっている時もすでにギュウギュウ。

サイズ的に、そりゃあ無理でしょ、ぽこちゃんって言ってしまう。
成長するのは早いね。

pokochan0288.jpg

pokochan0289.jpg


  1. 2017/08/07(月) 17:20:18|
  2. パソコン関係
  3. | コメント:0