FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その4

自身のキャパシティが一杯一杯になってしまったためブログをここしばらく離れていました。
天候不良で思ったように作業がはかどらないのは皆さん公平なのですが、その遅れているところに追い打ちで、イレギュラーで車検と修理/整備、事故板金、車両引き下げ等々、部品の手配/や見積も多数頼まれ、家の方でも少々ゴタゴタがあり、納期に追われ、製品の制作&出荷準備に、伝票&帳簿整理・・・。もう無理です! 逃げ出したいっす。

そんなこんなで心が少々病んでしまったので、しばらく自由に作業させて頂きたいと思います。
整備作業等もしばらくはごめんなさい。 今お受けしている分が完了しない内はお受けできませんのでご理解くださいませ。

当方直接の作業ではないですが、仕事ネタを書く気力が無いので代車制作のミニカの記事を掲載しておきます。
(バラし、足付け、組み付け、電飾等はジャカルさん他有志の方達の協力で進めています。 当方は基本的にワンオフ加工と塗装を担当です)

前回からの続きです。

足付け/洗浄、マスキングなどをしていただきました。 外せるところはできる出し外して中まできっちり塗ろうとなりました。



H42A_minica_chikichikimachine_seisaku27.jpg

車体の塗装準備は完了!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku28.jpg

多少前後はしますが、ドア内側等も別途塗装しておきました。 綺麗な色だね!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku29.jpg

まずは下色のピンクを塗装。
中色のローズレッド系パールが透過率が高いので、事前に捨て吹きをして発色を良くさせておきます。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku30.jpg

内側になる部分を先に色をいれてしまいます。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku31.jpg

折角なのでエンジンルーム内も塗装。 この方がやっつけ感がなくて良いですね。 見えないけどこういうところ大事。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku32.jpg

内側の塗装が乾燥したら今度はドア関係の外側の上部をガンメタリックブロンズで塗装。 上半分をツートンカラーで塗り分け予定です。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku33.jpg

車体側もガンメタをいれておきます。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku34.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku35.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku36.jpg

別途で塗装しておいたボンネット。 ボンネットの裏側はローズレッドで塗装です。 開けるとエロい感じがよさげです。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku37.jpg

ドア類を取り付けて今度は下半分の塗装。 マスキング後、今までと同様にピンクを塗装。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku38.jpg

ローズレッド系を塗ること7回。 いい感じに染まりました。 クリアーを塗って仕上げ。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku39.jpg

マスキングを取るとこんな感じ。 完成のイメージができてきたね。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku40.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku41.jpg

組み付けの様子。  現在はあくまでもノーマルとしての組み付けです。 完成後はタイミングをみて車検を取得し、その後2次加工
(こちらが本番)へと移ります。  軽自動車の中古新規車検の為、ノーマルをいじってしまうと車検自体が取得が困難になります。 まずは純正に準じた形に仕上げ、整備や軽作業が先になります。 

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku42.jpg

関連記事
  1. 2017/10/29(日) 23:20:41|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:3

故障車引き取りで埼玉へ

お客さんの車が故障にて不動へ。
埼玉の車屋さんで預かって頂いているので、引き取りに行ってきました。

ここ数日の長雨と寒さでテンションも自然と下がります・・・。
晴れてくんねぇかなぁ・・・。塗装作業やFRP製品加工の作業も詰まっていますが、天候不良で思うようにすすみません。
まいった・・・。

とりあえず久しぶりに出動の風神丸くん。 バッテリーもご臨終になっていたので、以前に購入してあった新品バッテリーに載せ替え。 ターミナルも腐食していたので一緒に交換。 不調だったオーディオが治りました。(ヤッター!) ターミナル不良でDC-DCのメイン電源が接触不良だったようで、一緒に解決しました。 ここが原因だったか・・・。

空気圧もフロント左がなんと3キロを切ってた・・・。 あわわわわ(本来は7キロ程度っす) 他は5~6キロくらいでした。
あぶねぇ、やはり日ごろの点検が重要だと改めて思うね。 年内に時間を取って一度一通り点検/整備をしないといけなそうだなぁ。

燃料も満タンにしていざ埼玉へ出発!
不動車ということで手があった方が良いでしょ?といっていただけ、常連さんのジャッカルさんがつきあってくれることになりました。 あざーっす!



引き取り完了し埼玉を出発してほどなく積載車のベルト鳴きが出てしまいました。
ずーっと乗っていなかったからプーリーが錆びてしまって、埼玉に走ってくるまでに摩耗してしまったんでしょうね。
一応予備ベルトはトラックに積んでいましたが、あたりもまっくらになってしまっていたので、一旦脇道に逸れて確認。

道路上でまさかキャビンを上げて作業するとは思いもよりませんでした。
(画像を撮っている余裕も当然なかったので画像は当然なし)

普段積載車で出動するときは、必ず持ち運び用の工具箱のフルセットを積んでゆくので工具の心配はなかったのが幸いでした。

電動ではないフル架装のキャビンを一人で持ち上げるには腰が砕けてしまう重さですが、今回は二人でしたので非常に助かりました。 (飾り梯子が相当重いんです)  
  エアコンベルトとオルタネーネーターのベルト2本を引っ張って調整。 なんとか館山まで持ってくれればよいかと・・・。(帰ったらきちんと整備必要ですな) なんとかベルトの張り調整もすませて再び出発。

引き取りや積み込みなどの写真を撮っている余裕などなかったので、いきなり帰宅途中の画像です。
場所は市原SA。  休憩を兼ねて夕食です。

SAMMBER_koshoushahikitori02.jpg

11月のマッドマックスイベントに向けて、バイク搭乗時に履く革パンツがきつくなってしまい、なんとか買い直さずにそのまま履けるように(笑)と、現在軽いダイエット?を実施中で、朝/昼の食事はほぼ抜いて夜のみの食生活にしています。(本当は朝/昼をしっかり食べて夜を抜いた方が良いのはわかりますが、嫁さんが作った料理を食べない訳にはゆかないので)
 大好きな高カロリーのラーメンを食べたい気持ちを抑えてガマンしていましたが、今回は特別に夜ラーメンを食べました。
うめぇ~、1ヶ月ぶりのラーメンだ・・・。 スープまでキレイに飲んでしまった・・・。まあいいかw。 たまにのご褒美です。

もうMADMAXイベントまで1ヶ月を切っていますが、残りの日にちで無事皮パンツは履けるのか?! またはサイズアップして買い直さなくてはいけないのか?! 切実な問題です。

SAMMBER_koshoushahikitori03.jpg

ジャッカルさんもおいしそうに食べています。 あれれ?飯のボリュームが違いますね?!笑。
一人じゃ寂しいから一緒にダイエットやりましょうよ!w

SAMMBER_koshoushahikitori04.jpg

食後にSAの売店で飲み物を購入し車に戻ろうとするとジャッカルさんがなにやらニヤニヤして「面白そうなものがあるよ!」と。

売店脇のおみやげコーナーですが、なにやらここの売っているグッズの空気感が違う。 
アンダーグラウンドというか、ドンキっぽさがあるというか、おみやげコーナーの占有スペースにも負けないくらいのエリアを使っておもしろ雑貨が盛りだくさんで売っているじゃあーりませんか?! オイ!面白すぎるぞコレ。

SAMMBER_koshoushahikitori05.jpg

なにやらやたらと下ネタ系が多いんですが、SAのおみやげコーナーがこれでいいのか?w 個人的には大好きですけど。

おっぱい帽子。  これ、どのシチュエーションで被るんだろう・・・。 彼女とのデートの時か・・・?

ジャッカルさんがあまりにもすてきな笑顔で写っちゃったので、一応目線だけ隠しておきました。

SAMMBER_koshoushahikitori06.jpg

ウンチ系とおっぱい系がやたら多いんですよ。 

SAMMBER_koshoushahikitori07.jpg

完全に雑貨屋さんの雰囲気だな。 好きな人はこういうのすきなんだろうなぁ・・・。いや、僕も大好きですけど。
もはや買って帰りそうになりました。

SAMMBER_koshoushahikitori08.jpg

いいなぁ~。

SAMMBER_koshoushahikitori09.jpg

これ、本気で買って帰ろうと思ったんですけど・・・。
左の白い便座は右と同じ積み方されていたと考えるなら、2個は売れたということだよね。
 うん、オレも欲しい。 恐らく次回立ち寄ったら買ってしまうと思われ。

SAMMBER_koshoushahikitori10.jpg

SAMMBER_koshoushahikitori11.jpg

あー楽しかったぁ。  
興味のある方は是非市原SAの下り線(館山方面に向かって)の売店でお買い求めを。
千葉県限定のマックスコーヒーグッズやお菓子なども充実しているよ。

さて、ゆっくり無事に帰りましょ。
お疲れ様です。

SAMMBER_koshoushahikitori12.jpg

関連記事
  1. 2017/10/18(水) 09:19:28|
  2. トラックネタ
  3. | コメント:4

ZRX1100ベース MADMAX トゥーカッター仕様制作 その5

前回からの続きとなります。

カウルの下色のブラックは塗装済みでしたので、中研ぎをして今度は本塗り。 クリアーまでガッツリいれましたのでツヤツヤです。



ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku58.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku59.jpg

外装の塗装は完了しましたので、車体側の塗装及び整備に入ります。

まずはリア周りから。 

チェーンは交換予定ですので切断して取り外し、ホイールをバラします。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku60.jpg

タイヤも外して塗装の準備です。  足付け/洗浄にて塗装に入ります。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku61.jpg

元々の塗装が艶消しのブラックでしたが、塗装もくたびれているのと、ベアリングの状態等も確認しておきたかったのでバラします。  ボディー色に合わせてホイールもピカピカに塗装。 

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku62.jpg

次にキャリパーの分解洗浄等。  ピストンも状態も確認しておきます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku63.jpg

各部品も洗浄/脱脂。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku64.jpg

ピストンも分離し研磨、キャリパー内部も清掃して組み付けます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku65.jpg

乾燥後、ディスクと併せてブラックにて塗装します。
ここ数日雨続きでまともに塗装ができません。 今回は赤外線をあてて、対象物を暖めながら湿気でカブらないように確認しながら塗装しました。 小物の塗装だからこれでできますが、大物の塗装は間違いなくカブってしまいますね。 まだしばらく雨も続くようですし困った・・・・。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku66.jpg

乾燥後、バラした部品を組み付けます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku67.jpg

うん、キレイになった! 見違えたね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku68.jpg

ブレーキはまだメッシュホースとバックステップの交換を予定しているのでフルードの入れ替えは後ほどです。 とりあえずは一旦仮組みで。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku69.jpg

リアスプロケは続投予定です。 前後スプロケットも、チェーン組み付け前にもう少し清掃したいと思います。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku70.jpg

新品のシールチェーン。 530サイズです。 これから組み付けます。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku71.jpg

まだ車体側の部品も複数塗装予定、フロント周りの整備、エンジン側の整備が残っています。 ラストスパートですよ~ん!
がんばんべ~!

そういえば、11月のMADMAXイベント「MADMAXコンベンション2017」ももう1ヶ月を切ったんですね?

やべぇ、何も用意できていないし、バイクも動かない状態・・・。  時間作ってバイクの準備もせねばっ!
メンバーさん達にも連絡を回さないと! やること沢山でもう逃げだしたいっっす!

当方は11月12日の山梨の甲府で行われるイベントの方に参加したいと考えています。「

もうチケットもとっくに(9月30日~)販売開始しているようです! みんな急げー!!

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku72.jpg
関連記事
  1. 2017/10/16(月) 00:14:11|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:2

H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その3

タイトルと関係有りませんが、今年は庭の木に柿がたくさん実を付けました。
例年実がなっても、台風や強風の影響で殆どが落ちてしまうのですが、今年は台風被害などもなかったので殆どの実が成長するまで残りました。 すでに熟してしまったのは結構カラスに食べられてしまいましたが、これから熟す分のはまだ被害が無かったので、収穫しました。 とはいってもウチは柿をほとんど食べないので、身内や親戚、友人等にすべて分けてしまったんですけどね。

たくさんなったので記念に撮りました。
結構生ったでしょ?



売っている柿のように立派ではないですが、渋柿ではないのでそのまま食べれます。

kaki_takusanntoreta02.jpg

1本の木からこんなにたくさんとれました。
あまりに高いところのは脚立も届かないのであきらめましたが、それでも20個以上は採れずにまだ残っています。

すごくね~? この数。

kaki_takusanntoreta03.jpg

話を戻して、数日前にテストで一部の部品を塗装しましたので、一部公開で色をお見せしたいと思います。
まだ塗り分けや丸秘加工などもあるので、すべては開かせませんが、楽しいチキチキマシンになりそうです。

色はこんなんや~!!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku23.jpg

ローズレッドとマゼンタをベースにピンクパールとブルーパールを調合。 透けを防ぐのにゼットブラック少々入れて調合しました。 画像ではブルーのパール感が写真で出ずらいですが、実際は結構ブルーの色味が出て怪しいエロい色になりました。

車体を塗ったらまたさらに違った色に感じるでしょうね。  楽しみです。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku24.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku25.jpg
関連記事
  1. 2017/10/15(日) 00:05:48|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:6

H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その2

長期売れ残り、廃車予定だった?在庫車の4ナンバーの商用車仕様のミニカ。 
このパッとしない車を、予算をかけずに、廃材等を使っていかに格好よくするか?を目的に立ち上げたこの企画。
 どうせ売れないならチキチキマシーンに仕上げて楽しんじゃおう!という開き直りです。

加工や塗装などは私が担当しますが、「是非やりましょう!」とヤル気を見せた常連さんのジャカルさんに責任を取って頂く形で(笑)、作業は基本的にやっていただく形で進んでいます。

画像はサイドステップの摺り合わせ/長さ調整の様子。

元はワゴンR用だったか?で取り付け面ももちろん、長さも違いますので、密着面も加工して作りなおし、長さも6センチほど短縮しました。 事務所の裏で数年放置プレイ状態という厳密な管理の元保管していましたので、ねじれて歪んでいます。
 その矯正もしながらの加工ですので、頭に来て(?)車体にビスで打ち込んで密着面が乾くまで保持することにしました。
(もうこの際、ビス穴なんか開けたって全然カンケーねーっす!)

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku11.jpg

画像はRF3のステップワゴンで昔使っていたリアハーフエアロ。
駐車場の端に置いておいたら、車を移動した際に踏んづけて片側バリバリに割れて、あああっっっ・・・・となってしまっていたものです。  この際、処分の前に生まれ変わって頂こうと登場です。
 こいつをベースに部分的に切り取ってリアアンダーにスポイラーを制作します。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku12.jpg

事前に積層してある密着面(FRP)に対して、カットしたリアアンダーを固定してゆきます。 もちろんそのままではつきませんので、矯正をかけながら行います。 マフラー出口は反対ですし、幅も詰めるので、元の出口はカットして詰めてしまいます。 
 あまりゴテゴテなエアロ感は出したくなかったので、わりとスッキリ目に作りたいと思います。
 ミニカ側のマフラー出口は後ほど加工します。(マフラーの完成型は決めていますのでお楽しみです)

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku13.jpg

接合加工後仕上げのサフェーサーで肌の状態等を確認します。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku14.jpg

こちらはリアアンダーです。 画像では見えませんが、左右のタイヤハウス内の回り込みも制作してありますよ。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku15.jpg

リアウイングです。 懸念していた材質の違いから来る密着部分の剥離に関しては、一旦制作した密着部分のアダプターに相当するゲタを、変成シリコンで接着し、乾くまでビスで打ち込んで固定する方法で解決しました。 その後フチ部分をパテで成形し、サフェーサーで仕上げて完成です。 車体への接着も同様の方法で変成シリコン&ビスで固定する予定です。
今回、ストップランプ部分は点灯させずにボディー色で塗装してしまう予定です。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku16.jpg

リアバンパーにアンダーをかぶせてみたところ。  スッキリしていてなかなか良いじゃない?!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku17.jpg

サイドステップを仮あわせしてみました。 密着部分もFRPで成形してあるので、ピタっとはまります。 おおっ! まるでミニカ用のステップではないですか?w

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku18.jpg

今度はアイラインの制作。 社外品で設定あるのか?無いのかわかりませんが、買うつもりはさらさら無いので作ります。
同じくマスキングして、ワックス塗って、PVA塗って部分積層するだけです。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku19.jpg

乾燥後、剥がしたアイラインをカットして、パテで表面の成形。
でけた!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku20.jpg

車体の方はジャッカルさんに依頼。  ジャッキアップして下回りのサビを落として下回り全般のブラック塗装をしてもらいました。
サビだらけになって大変でした。 ご苦労様です! 
 並行して凹み/キズをなおしました。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku21.jpg

つづく。
関連記事
  1. 2017/10/14(土) 10:36:15|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:0

H42Aミニカ 廃車予定からの復活劇 その1

事の発端は、当方の車両展示場に置いてあったこのミニカとの出会いでした。

当方の展示場が場所を移動することとなり、ジャカルさんに手を借りつつ少しづつ展示車両を移動していました。
最後の数台になったときに、展示場一番奥の端でポツーンと汚れてたたずむ1台のミニカ。
 オートマだけど、4ナンバーで今時パワーウインドウも無い車は売れるはずもなく、数年そこにありました。

ベース車両を入手したときは、全体を磨いて、フロントバンパーのキズを直し、パンパー塗装し、タイミングベルト交換等も行いこことは別の展示場にしばらく置いていました。 でもやはり声はかからず、売れ残ってしまう始末。
 プライスを下げたり、展示場を変更したりとしましたが、やはり売れ残りました。(ToT)

正直、もう捨ててしまおうと思っていましたが、一番奥にあったたため引っ張り出すのも面倒くさい・・・w。

今回の展示場の引っ越しで最後の車両(自走)回送での順番になったときに、そういえば、ここに持ってくる前も2年くらい置きっぱなしで、バッテリーは駄目だったけど一発でエンジンもかかって、調子もバッチリだったんだよなぁ・・・と思い出しました。  他の車はこれより後に入庫してきても、不調に陥ってしまうものや、エンジンがかからなくなってしまうものもあるなかで、コイツは1発でエンジンがかかっていました。 まだ走りたいのか? そんな風に聞こえました。



バッテリーはとうの昔に死んでしまっていたので、代わりのバッテリーに載せ替え、とりあえずセルモーターを回す。
ギ、ギギギ、カッカッっと一瞬周り損ねてそれっきりセルは回らず。  恐らく長期不動だったため、セルモーターの固着のようで、エンジンはかからず。  当て木をしてセルモーターをハンマーでひっぱたくとブルンッとエンジンはかかりました。
3年ぶり?になろうかと言うところでしたが、エンジンは静かで安定している。普通ならベルトがキュルキュルギャーとでも鳴きそうなものだが、全然問題なさそう。 コイツはイケるかもしれない・・・。

そんなヤル気を感じたオイラは、販売車両としての余生が見込めないなら、いっそのこと独自のカスタムでもして代車にしてしまおう!と決めました。 手伝ってもらっていたジャッカルさんの意向を取り入れ、色は決めてOK!、塗り分けや内装の提案もOK!、目指すカスタムの方向性もお任せ!で出してきた提案を元に、方向性を決めて作業することになりました。

 ただし、今回は当方も仕事が詰まっているので、基本的なバラシや足付け、マスキング、パテ研ぎ、サビ取り、下回り塗装、その他はジャッカルさんの方で作業して頂き、その仕上げや調整、塗装などは当方がやるということで決まりました。 

元々はライムグリーンにカスタムした車両を乗りたい!と言っていましたが、車両は洗車前はコケで天然のライムグリーンになっていました。笑。   まずは洗車をしつもった汚れを洗い流します。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku02.jpg

見た目はこんなですが、洗ってみると意外にも5年も置かれていたとは思えないほどの塗装の状態でした。
想定外にも結構ピカピカになってしまった・・・。  まだ十分このままでも走れるじゃん?!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku03.jpg

とはいっても、カスタムすると決めてしまった以上はヤラなければならない宿命(?)なので、意を決して作業開始。

コンセプトは「お金はかけずに、あるものを使ってオンリーワンなものを!」なので、ほぼほぼ何も購入せず、あり合わせを加工して制作したいと思います。 

こちらは事務所の裏に転がっていた、(恐らく)MC系のワゴンRのメーカー不明のFRPサイドステップ左右。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku04.jpg

こちらはMC系ワゴンR?のリアウイングだったはず。 何用か?もすでに忘れました。
コイツもバッチリキレイに取り付けたいと思います。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku05.jpg

仮置きしてみると・・・悪くは無い。 小加工で装着出来るかと思う。 でもよい子のみんなはマネしないでください!

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku06.jpg

密着型を取るために、車体にマスキングテープを貼りワックスの塗り込み。
(画像はジャッカルさん)です。 
当方は顔出しNGなんでだしません・・・。w
 
また、保険として型にPVA(水溶性離型剤)の塗り込みもします。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku07.jpg

それぞれ密着部分に相当するカ所をFRPを積層してきます。

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku08.jpg

スズキ純正?ウイングとはいえ、取り付け角度が少し付くと急にレーシーに見えてしまうのがあら不思議・・・。
意外にも密着する3カ所はかなりミニカのリアゲートに近かったので、加工もさほど対したことはなさそう。ただ材質の違い(純正はABS樹脂、密着加工はFRP系の樹脂で加工しますので、本来は双方が接着はできません。そこをなんとかします)

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku09.jpg

H42A_minica_chikichikimachine_seisaku10.jpg

その2へ続く。
関連記事
  1. 2017/10/14(土) 00:47:12|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:7

ZRX1100ベース MADMAX トゥーカッター仕様制作 その4

メンバーさんの「GOOSE-K」さんが来店しました。
相変わらずバトルスーツで怖えーよ!(笑)
ガタイがデカイので、1400ccのバイクが400ccにしかみえませんよ。



これを制作してもうかれこれ3年近くなるっけ? 2年半? 時が経つのは早いもんだ・・・。

GOOSE_Ksan_raiten02.jpg

折角なので、現在進行中のZRX1100(グースカウル車)とツーショット。

GOOSE_Ksan_raiten03.jpg

GOOSE_Ksan_raiten04.jpg

良い眺めだね。  ZRX1100の完成が待ち遠しいよ・・・。

GOOSE_Ksan_raiten05.jpg

で、話を戻して、このZRX1100の作業の続きです。

カウルステー制作で前回掲載の方は中断となっていましたので続きとなります。

ミラーの方を仮あわせしました。 定番のルーカスタイプですね。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku45.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku46.jpg

未制作だった、アッパーカウルとアンダーカウルとを接続する部位のつり下げのステーです。 脱着できるように途中でボルト分離式にしてあります。 

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku47.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku48.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku49.jpg

こちらはフロントウインカーステーです。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku50.jpg

並行して外装関係も下地を作り、プラサフにて肌の仕上げ。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku51.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku52.jpg

今回はトゥカッター仕様をご希望との事ですので、単色のブラックになります。
本色の深みのある「ゼットブラック」を塗る前に、捨て吹きのブラックを塗装します。 染まりを良くするのと、肌の光沢具合を事前に把握するためです。  このあと乾燥後に、一旦研ぎして本塗装になります。

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku53.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku54.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku55.jpg

ZRX1100_TOECUTTERshiyouseisaku56.jpg

カウルの本塗装が完了したら、今度は車体の整備にも移ってゆきます。
なんとか10月末には公認車検まですませてしまいたいと思います。 頑張んべ~。
つづく。
関連記事
  1. 2017/10/11(水) 01:44:51|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:4

GTOのお色直し作業 その9

前回の塗装です。
で、塗りました。

フロントフェンダーもサフェーサーのままでしたので、これで前後フェンダーに色が入りました。



Bピラー、リアサイドガーニッシュですね。

hekirusan_GTO_shiage2017_115.jpg

本来でしたら側だけの再塗装なのでリアゲートは開けて塗りませんが、今までの加工分の痕跡や補修痕で見た目がよろしくなかったので、裏側も出来る範囲で再塗装しました。 見た目は大事だもんね。 うん、キレイになった!

hekirusan_GTO_shiage2017_116.jpg

色が入ると、よりエッジラインが強調されて見えますね。 
 仕上がりの車体幅は一緒なのですが、エッジ付きのリアフェンダーで組んだので、このラインがあると上面の幅広さが強調されてよりワイドに見えます。 

hekirusan_GTO_shiage2017_117.jpg

マスキング剥がしてリアサイドガーニッシュを取り付けたところ。 ちょっとツブツブに見えるのは7色のフレークが入っているため反射しているからです。 

hekirusan_GTO_shiage2017_118.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_119.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_120.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_121.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_122.jpg

ちょいと駆け足でしたが、塗装完了。

残すはGTウイングとAピラー、リアバンパーの再塗装、サイドステップの加工→塗装で大まかな作業は完了でしょうか?
一通り車体が完成したら各部チェックで車検で完了?
順調にいってくれることを願います。

さて、他の作業も並行して進めないと・・・。

関連記事
  1. 2017/10/08(日) 08:08:36|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:1

GTOのお色直し作業 その8

前回はリアゲートに貼ってあったスポイラー兼用のカバー下が、水の浸食で内部がサビだらけになるという、ある種想定内の事態で、めくってみたら想像以上の状況に絶句して涙ながらに(?)剥離剤で塗装や今までのパテ補修などの部位をすべて剥ぎ取る作業に追われました。 そのままでは錆びてしまいますし、サビ部分の進行を止めるためにもサビ転換剤を塗り、その後にプラサフ厚塗りにてサビ止め処理を実施しました。  今回はこの続きからです。

リアゲ-ト、リアフェンダー共に同時進行で作業します。

hekirusan_GTO_shiage2017_94.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_95.jpg

剥がしたリアゲートのパネルをあてがってみます。 真ん中のGTウイングの足部分装着に伴い、くり抜いた部位のシーリングを抜けて水が進入した模様です。 前側のガラスモールからの進入ももちろんあるかと思います。 オーナーさんも承知の上での装着でしたので仕方ないです。  なので、今回はこのカバーは使わない方法で・・・と一旦は話が落ち着きましたが、なんとか形状を残せないか?という要望があり、再考。

hekirusan_GTO_shiage2017_96.jpg

こんな形で切って残せば後ろ側だけでも使えるかな?
ウイングの足部分はくりぬき形状はやめましょう!となりました。

hekirusan_GTO_shiage2017_97.jpg

仮置きして、足りない部分を制作します。 GTウイングの足よりは後方へ傾斜面を新規に制作。

hekirusan_GTO_shiage2017_98.jpg

これならほぼ元の形状のままで残せますね。 コレでゆこう!

hekirusan_GTO_shiage2017_99.jpg

リアフェンダーも仮あわせして位置決めと密着確認を行います。 このときに左右の出ツラも合わせます。

hekirusan_GTO_shiage2017_100.jpg

リアゲートの上面も過去の板金処理、サビ、接着荒れ等にて表面がメタメタになっていたため、再穴埋め処理&総パテにてスムージング処理。 

hekirusan_GTO_shiage2017_101.jpg

良いんじゃないですか? 前後でのボリューム感もハッキリでるし、今回はエッジのあるタイプのリアフェンダーにて制作し直します。 こちらの方がよりワイド感が出ますね。

hekirusan_GTO_shiage2017_102.jpg

リアフェンダーの貼り合わせをしつつ、リアゲートも並行して接着→スムージング処理をします。

hekirusan_GTO_shiage2017_103.jpg

リアフェンダー側は接着が乾くまでしばし乾燥待ち。  樹脂接着剤なのでかなり接着力は高いです。 剥がす方が大変(笑)

hekirusan_GTO_shiage2017_104.jpg

固定ビスを抜いたら、さらに樹脂接着剤にてツラ出し。
普通の板金パテだと後々痩せてしまうんです。

hekirusan_GTO_shiage2017_105.jpg

リアゲートも荒だし後、板金パテにて面出し中。 なめらかにするのに非常に手間がかかります。 

hekirusan_GTO_shiage2017_106.jpg

リアフェンダーも仕上げながら、フェンダー両サイドのガーニッシュも形状変更。
新規のリアフェンダーのエッジラインに合わせ樹脂パテ&板金パテにて成型中。

hekirusan_GTO_shiage2017_107.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_108.jpg

サフェーサーにて肌の確認。 微妙なエッジラインが浮き出ていますね。 純正はおまんじゅうのようにツルっとしています。

hekirusan_GTO_shiage2017_109.jpg

リアフェンダー、リアゲート共にサフェーサーで仕上げへ。(画像は塗装前の最終確認での状態です。(水研ぎ後です))

hekirusan_GTO_shiage2017_110.jpg

イイ感じのボリュームラインが出ましたね。 ムキムキマッチョです。 

hekirusan_GTO_shiage2017_111.jpg

リアゲートの再構築ライン、リアフェンダーとサイドガーニッシュとの新規形状。 この後塗装工程です。

hekirusan_GTO_shiage2017_112.jpg

なんとか、先が見えた気がする・・・。w

hekirusan_GTO_shiage2017_113.jpg

さーて、がんばろう!
関連記事
  1. 2017/10/07(土) 10:52:47|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0

FTO ブレーキオーバーホール

タイトルとは何ら関係有りませんが、当方はホイール屋さんではありません。
某オクで安かったので入札しておいたら、想定外に落札してしまって、合計22本も購入するハメになってしまった結果です。
どうすんの?コレ  笑。
しまう場所にも困ってしまうよ・・・。   19インチと20インチです。 デケぇよ・・・しまう場所ねえし・・・。
まあ後で考えよう・・・。 ぷっ(白目)



話は戻って、FTOのブレーキキャリパーのオーバーホール。

少し前に作業も完了して納車していたFTO(フェニックス)ですが、速度が出ているときにブレーキ踏むとジャダーが出るので一度見てもらいたいと戻ってきました。 走行距離もかなり進んでいる個体ですので、ローター研磨とキャリパーもオーバーホールしましょうか?と言う話でお預かりしました。  ブレーキパッドは前後共に5部山残っていたので、今回は続投。

PHENIX_BRAKE_seibi01.jpg

で前後のキャリパーシールキットが届いたので、チャッチャとやってかたづけてしまおうと始めた結果・・・。

PHENIX_BRAKE_seibi02.jpg

どっしぇ~!!! 駄目だこりゃ・・・。  ジャダーの原因はおまえか!?
サビでピストンが盛り盛りくんになっております。  これじゃあ踏み戻りができないじゃん!

PHENIX_BRAKE_seibi04.jpg

もう1個のピストン(グレードがGPXなので片押し2ピストンです)もヤバめでしたが、磨いたらなんとか使えそうなので続投要求。
でも、上記のピストンでは磨いてもカジリ(どころか腐食でエグレてやんの)は戻らないので、強制的にピストンを新品に交換となりました。 →部品注文。

PHENIX_BRAKE_seibi03.jpg

反対側のキャリパーもバラしてみてみると、1個はなんとか使えそうでしたが、もう1個ははやりNG。 なのでピストンを2個注文で作業は延期になりました。 とほほ。

PHENIX_BRAKE_seibi05.jpg

併せてリア側のキャリパーも取り外してオーバーホール。 リアはサイドブレーキと兼用になっているのでフロントと構造が違います。 回転式のピストンです。 こちらもバラして洗浄、ホーニング、シール類交換で組み付けました。 エアー抜きも、サイドブレーキをギコギコ引いて戻してをやって、ピストン出し切ってからエアー抜きしないといつまでたってもエアーは抜けない・・・。
 ワイヤー併用なので、取り外しがちょっと面倒ですね。 でも1回ちゃんと整備しておけば長く乗れますので良いことだと思います。  こっちのピストンは磨いてギリギリ再使用できる状態でした。 

PHENIX_BRAKE_seibi06.jpg

部品来たのでフロントの作業を再開。

左が残念賞、右が新品。 これじゃあ続投は無理だよね。

PHENIX_BRAKE_seibi07.jpg

ローターも左右研磨し、タイロッドエンドブーツも左右共に切れていため併せて交換。 
リフレッシュ完了です。

PHENIX_BRAKE_seibi09.jpg

キッチリエアー抜きして、フルードも全量入れ替え、テスト走行でもジャダーも消えてブレーキもちゃんと効くようになりました。
ヨカッタヨカッタ!

関連記事
  1. 2017/10/06(金) 18:59:40|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2

バネットトラック(ボンゴトラック)の腐り修理からのカスタム仕様への作業 その11

以前に別の車から外しておいたナビやらモニターやらスピーカーやらです。
折角なので、今回こちらのトラックにも装着してしまおうと思います。 また、元々キーレスも無いようですので、社外品のキーレスを取り付けたいと思います。 右側パッケージに入っているのがそのキーレスのキットです。

運転席のカギを回しても集中ロックはなさそうですし、念のため事前に運転席のドア内張を外して確認したらドアロックアクチュエーターはありませんでした。 なので、用意したのは、アクチュエーター付きのキーレスのキットになります。 ネットで購入しましたが、今はかなり安いですね。 ¥5000しなかったと思います。

さておっ始めたいと思います。



まずは、こちらは右がショボイ純正の10センチスピーカー(ダッシュボード両角上面に着いているもの)で、左が手持ちのアルパイン製小型スピーカー(元は恐らくつり下げ式のリアスピーカーか何かだと思います)です。 新規で社外の10センチタイプの新品を購入するのももったいないのと、純正は天井に向かって装着されていますが、このボックスタイプでしたら、乗車員の方に向けられるので、聞こえも良いでしょうからこちらを使用したいと思います。 
 当方は音質にはこだわりませんので、スピーカーラインを新規に引き直しだとかはしません。w   なので、単純に元々のラインに接続しているだけです。   んでもって、純正のスピーカーパネルの上にドカっとこのボックスを固定したのみで終了! 
 ハイ、次!

VANETTE_TRUCK_shiage177.jpg

オーディオ周りのパネルを取り外します。 
マツダ車全般にいえますが、オーディオの取り付けが外車のようにネジ固定ではなく、ツメの返しで引っかけて固定する方法をとっています。 ですので、一般的な社外オーディオ等を固定するには、マツダ車用の枠を用意しないといけません。 当方も中古のストックがあったのでソレを使用しました。 お金をかけずにイジるのがモットーですので。

VANETTE_TRUCK_shiage178.jpg

このように返しのツメで枠に引っかかっています。 一般的には両サイドにブラケットを固定して、そのブラケットが全面からビスによって固定されています。 そろそろマツダ車も右へならえしてくれよぉ~。 独自過ぎるだろ。

VANETTE_TRUCK_shiage179.jpg

純正の物入れになっていたスペースに社外の2DINナビを入れる予定ですが、当然入りません。
枠ごとザックリ切り取り、先に言った社外の固定枠(マツダ用)を取り付けて、ナビをインストールします。 

VANETTE_TRUCK_shiage180.jpg

ナビ関係の配線も行いながら、並行して社外キーレスの取り付けも行いました。
車速やリバース信号はメーターに来ている配線から分配。
 現在使用中のSE58系のバネット(ボンゴトラック)はH7年と古いから、ナビの車速信号を取るのは、ミッションのスピードメーターケーブルに割り込ませる機械式の車速パルス装置を付けて室内に引っ張ったりと面倒くさかったけど、この型(SK82系)は電気式だから楽で良いね!

VANETTE_TRUCK_shiage181.jpg

ドア内に後付けのアクチュエーターを取り付けますが、よさげな位置が見あたらない・・・。 なんだかへんてこりんな位置によくわからんただの鉄板が入っていたが、本来はその位置にアクチュエーターが来るのではなかろうか?などと思いながら、仕方なく他に付けられそうな場所をさがして、結局ここしかスペースとれなかったので、ブラケットを制作して固定。
 アクチュエーターの配線も室内に引き込みました。

VANETTE_TRUCK_shiage182.jpg

こちらは助手席側。 なんと! 矢印の裏側に純正と思わしきドアロックアクチュエーターがあるじゃないの?(運転席側はただの鉄板が取り付けられていた。 ナゼ?   折角すでに付いているのなら利用する手はないので、引き込んだ後付け配線のロック/アンロック信号を純正のアクチュエーターの信号に接続し、社外キーレスでコントロールするようにしました。 でもなんで助手席側だけアクチュエーターがついていたんだろう・・・? ハーネスもしっかり繋がっていたんだよなあぁ・・・。 不思議。

VANETTE_TRUCK_shiage183.jpg

ナビ関係の配線も接続し、10インチくらい?のオンダッシュモニターもあまっていたので、この際取り付け。
ナビからの出力映像等もみれるし、画面も大きくて見やすいしで満足満足。 (画像は仮接続にてテスト中)

元の1DINの純正ラジオがあったところには1DINの収納BOXを取り付け、ETCをビルトイン。
オーディオ下の収納スペースには地デジチューナーユニットを収納。(3人乗りの為、ここしか空きスペースが無かった)

VANETTE_TRUCK_shiage184.jpg

こんな感じになりました。 見える範囲の配線の処理はまだ施工途中です。
ダッシュボードにある後付けの緑のスイッチは、荷台の作業灯用と、ドア下を照らすフットランプのONN/OFF用のスイッチとして使用予定です。(これから配線予定)

VANETTE_TRUCK_shiage185.jpg
関連記事
  1. 2017/10/02(月) 11:43:49|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | コメント:3