FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

サビサビワゴンRの簡易仕上げ。 (代車用?)

知り合いが車を乗り換えるというので、譲ってもらったMH23SワゴンR。

今まで乗っていた車ですので、特に不具合は無いようですが、見た目が不具合アリアリです。w
海に近いところだったので、サビ始めると一気にいってしまいますね。
今までの乗っていた車ですので、機関的な不具合はさそうなので、整備して、仕上げて代車でも十分使えるので速攻仕上げしました。

いうまでも無くボンネットは交換にて。
他はわりとサビの影響は無かったので、交換はボンネットだけで済みそう。
時間もないのでチャッチャと仕上げます。

下回りも確認しましたが、思っていたほどサビは出ていませんでした。  ボンネットだけ特にひどいですね。



コアサポートも多少サビの影響ありましたが、かるくサビを落として、バンパー/ヘッドライト/フードラッチ等を外し、マスキングして再塗装しました。(画像は作業前)

MH23S_sabisabi02.jpg

ボンネットは純正中古(色違い、エクボ等あり)を購入。  (今は社外新品のボンネットも結構安いんですよね)
画像はサビサビボンネット。

MH23S_sabisabi03.jpg

グリルはメッキ/金属磨きのブルーポリッシュを使って研磨。
一番上の段が磨いてみたところ。  ヨシッ! 十分じゃん!

MH23S_sabisabi05.jpg

ボンネット/フロントバンパー/リアバンパー(キズがあったので)を塗装。
手持ちの過去に作った色(パールホワイト/Z7T)の残りがあり、ほぼほぼ色身も合ったので細かい調整はせず、そのまま塗っちゃいました。w  まあほぼわからないでしょう。 
 
 車体全体も軽く磨いて、山が無かったタイヤも手持ちのホイールごとに入れ替えて一応完成!
車検を取る際には改めて整備して再使用したいと思います。 

MH23S_sabisabi06.jpg

ボンネット他は前日に塗ったばかりなので、このときはまだ磨きは行って無い状態です。 

MH23S_sabisabi07.jpg

代車としてでも十分でしょ! 
おしまい。
関連記事
  1. 2020/01/29(水) 11:38:04|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0

台風15号の後からずっと気になっているんだけどね・・・。&会社のにゃんこさん。

実家の近くの高校の側道なんですけどね。 台風15号の時に強風で傾いた電柱なんですが、直後はこんなに傾いていなかったのですが、日に日に傾いているんですよ・・・。 下を通るのも毎回ドキドキする・・・。
 もう4ヶ月になりますが、どうして電柱の交換作業をしてくれないんだろう・・・。 しかも高校のすぐ脇の道路で、高校のテニス部のコートもあるのに・・・。 学生が練習もしているんだし。



降りてまで確認はしていませんが、(雨が降っていたので、画像は停車して車内から撮影しています)張り紙はしてあり、注意書きのような感じですが、これさすがにヤバいような気がしますが・・・。  週明けに市役所に連絡しておこうかな・・・。

台風15号では千葉県内だけで約2000本の電柱が折れたそうです。 たしかに市内もバッキバキに折れた電柱が結構あったなぁ・・・。  東電さんが必死に復旧作業をしてくれましたが。

taifuu_dennchuu02.jpg

これ、民家も隣接しているし、通学路にもなっている箇所だからヤバいです。 
電柱の根元のアスファルト?(コンクリート?)が徐々に砕けてるんです。
実家に行くのにたびたび通りますが、だんだん傾いてる・・・。(ToT)No!!


話は変わって、

台風前後から居つくようになったにゃんこさん。
にゃんこが居候してから、事務所や工場のネズミの気配(たまに姿も)が一切なくなりました。
すごい!ネコ効果。   夜間事務所でデスクワークしていると、屋根裏をダダダダー!たまに室内の隅をチョロチョロー!と駆け回っていたのが、一切気配もなくなりました。
 これに関してはありがたや。 

白にゃんこ。(名前はない)オス

isourou_nyanko01.jpg

isourou_nyanko04.jpg

ハチワレ(こっちも名前はない)

isourou_nyanko02.jpg

毛がフッサフサ。 丸々太ってしかもチョーデカい。(オス)  野良のサイズじゃないよオマエさん。  どこかの地域ネコか?笑

isourou_nyanko03.jpg

よく食べます。

秋に会社の愛犬のチビ太をなくしてからポッカリ穴が開いてしまいましたが、この子たちが癒しをくれました。
チビ太の昔の画像を探していますが、どこのDVDに焼いたのかわからなくなってしまった・・・。 探しています。
見つかったらチビ太メモリアルで記事書きたいです。(常連さんたちはみな知っているワンコでしたので)

そういえば、昨年末に気がついたのですが、このブログを始めて、昨年末ですでに記事数が1000を超えていました。
これにはビックリ!  そんなに書いたのかぁ・・・。???   2012年の7月からはじめたから、もう7年半も経つのか・・・。
よく続いたもんだ・・・。  
関連記事
  1. 2020/01/26(日) 18:31:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:5

台風で傷んでしまった事務所の屋根修理。 お友達の大工さんが修理してくれました!

昨年秋の台風15号などでの被害は以前のブログでも掲載していましたが、事務所も窓ガラス&室内だけでなく、屋根もやられていまして、飛びはしませんでしたがトタンが風圧で膨れ上がって、固定している釘がみな飛び出してしまい、浮いている状況でした。
もちろん台風後の雨で事務所内もドリフさながらの室内雨漏り状態。 そっちこっちにトレーを置いて、雨漏りをしのいでいました。

被害を受けたのは市内全域(それ以上)なので、当然大工さんや屋根屋さんも超大忙し。
年は明けてしまいましたが、それでもかなり無理してスケジュールを入れてくれまして、2日で屋根の張替えと補強などをやってくれました。  ありがたいー!  

画像はとりあえずのしのぎで応急処置の状態。  トタンの繋ぎ目や釘の上などもシーリングで塞いでいました。



作業してくれたのは友人でもありお客さんでもある方たち。 本当にありがたいです!!

jimusho_yane_shuuri02.jpg

jimusho_yane_shuuri03.jpg

トタンを剥がしてはじめて知ったのですが、なんとトタンの下はコンパネも防水シートもやっておらず、断熱材も入っていませんでした。(泣)  側面の壁は断熱材は入っていました。  この工場を開業するにあたり、21年前にかなり安く建ててもらったので、当時の大工さんには文句は言えませんが、まさかトタン屋根1枚だったとは・・・。どおりで夏冬冷暖房の効きが悪かったはずだ・・・。

jimusho_yane_shuuri05.jpg

古いトタンを剥がして、天井に断熱マットを敷いてゆきます。
平行して屋根材としてコンパネを貼ってゆきます。

jimusho_yane_shuuri06.jpg

jimusho_yane_shuuri07.jpg

風も強く、大変な中がんばってくれました。

jimusho_yane_shuuri08.jpg

3分割だったトタンを1枚ものの長モノ(6メートル)で製作して、雨漏りの要因を減らしてもらいました。
なぜだか?釘打ちでワッシャーも無い形でトタンを打ち込んでありましたが、今回はトタン固定用のワッシャー付きのビス(防水パッキン付き)で高密度に打ち込んでもらいました。  これで屋根は安心でしょう! 屋根材の木材は腐りやカビなどなかったようなので安心しました。 よかったぁ・・・。

jimusho_yane_shuuri09.jpg

最後にフチの処理(板金したトタンのカバー?をつけていました)をして、部分シーリングして無事完了。

jimusho_yane_shuuri10.jpg

今回作業してくれたお仲間さんたち。
左からSHO(ショウ)くん、JOE(ジョー)くん、AIKI(アイキ)くん。
実は皆彼らはハーフの方たちです。 通常の会話はほぼすべて英語。
私と話するときは日本語。w
私の英語の先生達でもあります。笑

jimusho_yane_shuuri11.jpg

SHOくんは建築系で働く傍ら、プロのボクサーでもあります。
JOEくんはバスケットの上手なプロの大工さん。
AIKIくんは大工さんでもあり、猟銃を使うハンターでもあり、プロの紀州犬のブリーダーでもあります。

みなそれぞれ個性豊かなお仲間さんたちです。 
無事屋根修理完了しました。
ありがとうございましたー!感謝感謝!!
関連記事
  1. 2020/01/23(木) 01:12:12|
  2. 台風/水害での修理&板金
  3. | コメント:0

TT2サンバー タイベル交換/アイドリング不調と異音の原因とは・・・? その2

とりあえず、スーパーチャージャーを購入。  
TT1/TT2サンバー用スーパーチャージャーの安くてよさそうな出物が無かったため、たぶんつけられるっしょ?!的な考えて、RA1プレオ用スーパーチャージャー(マイルドチャージャー?)を購入。 2600円也。  安っ!

画像左がプレオ用、右が取り外したサンバー用。  IN/OUTのパイプ形状が違いますが、本体ケースは同じ形状っぽいので、なんとかなりそうです。  プーリーのサイズも違いますね。 



チャージャーを外したエンジン側。  チャージャー本体は12ミリのボルト3本で止まっているだけです。 IN/OUTのパイプとスロットルボディー、ホース2~3本を外せばサクッと外せます。 簡単簡単!

TT2_CHARGERkoukan17.jpg

これが元々付いていたサンバーのチャージャー。 アイシン製で、型式がAMR.500の(14408-KA250)。 

TT2_CHARGERkoukan18.jpg

こっちは格安購入したRA1プレオのチャージャー。 同じくアイシン製で、型式がAMR.500の(14408-KA111)。 
AMR.500同士だから、たぶん大丈夫だっぺぇという安直な判断。

TT2_CHARGERkoukan19.jpg

ぱっと見は、パイプの形状と向きが違う程度。 こんなの引越ししてしまえばよいので、問題ナッシング。 

TT2_CHARGERkoukan20.jpg

新品のチャージャーなんぞ10万円位しそうな勢いなので、とてもじゃないですが、勝負できません。
2600円ならチャレンジしてみる価値は十分あるでしょう!w

TT2_CHARGERkoukan21.jpg

プーリーも径が違ったので、元のプーリーを引越しして使います。

TT2_CHARGERkoukan22.jpg

交換するにあたって、SUBARU製のチャージャーオイル(500ml)は製造中止だったか?高額だったか?で断念。
調べたらトヨタ純正のチャージャーオイルがあるそうなので、こちらを注文。 50mlしか入っていないのに、1450円もした!
高けぇ・・・。  キットに注射器も入ってます。

TT2_CHARGERkoukan23.jpg

古いオイルを捨てて、新しいオイルを注入。  ちなみに注入/排出用ドレンの区別は無く、1箇所しか穴がないので、排出したところから再度注入。  注射器はまた何か?に使えそうなので、洗って保管しておきました。 基本、貧乏性なので・・・。

TT2_CHARGERkoukan24.jpg

ぐりんぐりんと手でプーリーを回してオイルを浸透させてからエンジンに取り付け。
始動確認して完了!

で、今回思ったのが、何をやっても完治しなかったアイドリングが高い症状が改善されました。
ガスケットとホースは前に交換したのですが直らず、今回(中古チャージャーでしたが)交換してOK!
ガタが出ていたベアリングシール等から、2次エアーでも吸っていたんでしょうかね?
 結果はオーライだったのでよかったです。

ガラガラ言っていたエンジン音も静かになりました。
 
TT2_CHARGERkoukan26.jpg

おしまい!
関連記事
  1. 2020/01/22(水) 08:57:26|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2

TT2サンバー タイベル交換/アイドリング不調と異音の原因とは・・・? その1

こちらも以前に仕上げたサンバー スーパーチャージャー仕様ダンプの作業です。
未掲載でしたので追記で。

11万kmでしたがタイベルの交換履歴が不明でしたので、折角なので確認をかねて一式交換整備しました。
他に少し違和感(アイドリングが高いのとガラガラ音がする)があったので、ついでに点検をかねています。



上は一般的なタイミングベルト交換/プラグのセットですね。 こちらの作業はいたって普通なので割愛です。笑

下のゴムホースのジョイントとガスケットはスーパーチャージャー部の交換部品です。 

TT2_CHARGERkoukan02.jpg

このホースがよく亀裂が入り、2次エアーを吸いこんで、アイドリングがあがってしまったり、不安定になったりとあるようです。
以前の整備でISCVを清掃したり、別のと入れ替えたり、ISCVの初期化をしたりとやりましたが結果はNGでした。

このホース周辺にパーツクリーナーをかけると若干アイドルが上がったりという症状もあったので、確認を兼ねて交換してみます。

TT2_CHARGERkoukan03.jpg

ヘッドカバー内部は、汚れのほうは可も無く不可も無くといったところでしょうか? 年式相応かと思います。

TT2_CHARGERkoukan04.jpg

ここはお約束のパッキンとOリングの交換です。

TT2_CHARGERkoukan05.jpg

右上に見えるのがスーパーチャージャーユニット。
ここのテンションプーリーも少しガタあるので交換前提の方がいいかなぁ・・・。

TT2_CHARGERkoukan06.jpg

チャージャーを上から見たところです。 赤丸の部分のゴムホースを交換するのですが、画像のように交換したくても入れ替えできるだけの十分なスペースがないのでできません。 インテーク部をズラして隙間をつくるしか方法がなさそうです。 (画像はゴムを切断して取り外しました)

TT2_CHARGERkoukan07.jpg

せっ・・・狭い・・・。

TT2_CHARGERkoukan08.jpg

ズラして隙間をつくったところです。 これだけ開けばホースを入れ替えできます。 

TT2_CHARGERkoukan09.jpg

インテークの接合部のガスケットも交換します。 

TT2_CHARGERkoukan10.jpg

ガスケットの汚れをみてガッカリ。  チャージャー内部が汚れでなかなか大変なことになっています・・・。  そしてこの時ある事に気がついてしまいました。

TT2_CHARGERkoukan11.jpg

チャージャーのプーリーをゴリゴリ回したときに、シャフト部がガタガタ&抵抗感あって、プーリ-外して、フロントカバーを取ったら、ベアリングのシールリップが脱落してきて、目が点。  マジか・・・?  ゴリゴリ音の原因はオマエか?
 ベアリング内部で玉が寄ってしまって、正常な動きができていません。 いつロックしてもおかしくない状況。
こいつはヤバい・・・。

TT2_CHARGERkoukan13.jpg

ベアリングを選定して打ちかえればなんとかなるかな?  くらいに考えていましたが、

ここのベアリングが品番から検索しても単体で入手ができなさそう・・・。 ベアリング屋さんならあるかも知れないが・・・。
特殊品番のようです。 ちなみにKOYO製でした。

TT2_CHARGERkoukan14.jpg

チャージャー内部もエラく汚れが入っていたので、いっそのこと、チャージャーごと交換した方がよくね?となり、中古のチャージャーに交換する方向にしました。

TT2_CHARGERkoukan15.jpg

つづく。
関連記事
  1. 2020/01/18(土) 11:41:40|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0

追突されたバモス。 修理ついでに側だけフレーク入り再塗装。

追突されてしまったバモスです。
リアゲートがご覧のとおりグッチャリいってしまってまして、バンパーもNG。 フロアも押されて入っています。



VAMOS_REAR_shuuri02.jpg

リアゲートとリアバンパーも用意しまして、押されたフロアを引っ張ってゆきます。

VAMOS_REAR_shuuri03.jpg

リアゲートを交換し、立て付けの調整をしてゆきます。

VAMOS_REAR_shuuri04.jpg

VAMOS_REAR_shuuri05.jpg

以前からフロント周りの飛び石キズやサビの補修も相談を受けていましたので、ついでに側(ガワ)を塗装してしまいます。 
ボンネットはサビの補修も実施。 ルーフは以前に塗装済の為今回は塗りません。
 ボンネットは元の塗装もほぼされていないような常態なので、サビ処理した後、裏側も塗装しました。

VAMOS_REAR_shuuri06.jpg

先にバンパーやステップ類を塗装。  純正のバイオレットカラーの上に7色のフレークをいれてくれとの依頼です。
(バイオットももちろん塗りなおしてあります) 

VAMOS_REAR_shuuri07.jpg

車体を塗装。 

VAMOS_REAR_shuuri08.jpg

VAMOS_REAR_shuuri10.jpg

VAMOS_REAR_shuuri11.jpg

ガラケーの写メなのでちょっと写り方が綺麗にゆきませんね。 水銀灯などの白色光などがあたるとよりキラキラ光ります。 

VAMOS_REAR_shuuri12.jpg

モールやカウルトップパネルはつや消しブラックで塗装。 

VAMOS_REAR_shuuri13.jpg

完成!

VAMOS_REAR_shuuri14.jpg

VAMOS_REAR_shuuri15.jpg

関連記事
  1. 2020/01/17(金) 01:04:39|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0

台風15号被害での板金塗装修理/ホンダ N-ONE  その2

ルーフの補修が完了しましたので、外回りの細かい補修と塗装に入ってゆきます。
今回は、元のルーフがブラックだったのに比べて、再塗装は純正のN-ONEのレッドでとのご要望なので、ルーフの色替えです。
またフロントガラス脇のAピラーが、純正では黒いつや消しのシートが貼られていますが、これを剥がしてボディー色のイエローパールで塗装して欲しいとのことでした。  しかーし!この黒いシートが非常に曲者で、とにかく剥がしづらい・・・。  めちゃんこ剥がしづらい・・・。なんでこんなに強力なのよ???と言いたくなる位に。   
 
 ゲンナリしながらもなんとか剥がし終わり、養生してイエロー部分の塗装準備にかかります。



カラーの中でもイエローというのは厄介な色で、とにかく染まりが悪い代表格です。
下の色がとても透けるんです。   なので、サフェーサーやピラー部の黒塗装の部位を一旦消すことから始めます。 

また、今回ルーフの黒→赤にすることにより、リアゲート部の潜りの部分も色を入れなければなりませんので、リアゲート自体を外して個別で塗装することにしました。 (黒部分を赤に変更するため)

taifuu15gou_Noneshuuri13.jpg

本色の発色をよくする為、下色により明るいイエロー(にごり系の色)を塗って、一旦下色を染めてしまいます。

taifuu15gou_Noneshuuri14.jpg

屋根の黒部分もすべて一度(下色の)イエローにします。

taifuu15gou_Noneshuuri15.jpg

リアゲートはガラスから下はイエローパール、上の帽子部分はレッドになります。

taifuu15gou_Noneshuuri16.jpg

その後、本色のより濃いイエローに塗装。  この後、イエローパール、クリアーと3コート塗装での仕上げになります。 

taifuu15gou_Noneshuuri17.jpg

taifuu15gou_Noneshuuri18.jpg

イエローパール乾燥後、養生してルーフのレッドを塗装します。

taifuu15gou_Noneshuuri19.jpg

この後は、ルーフ両端の側面をレッドで塗装してゆきます。(ドア部の色の潜りがあるため、ドアを開けた状態で塗装の予定です。)

つづく。
関連記事
  1. 2020/01/15(水) 23:23:57|
  2. 台風/水害での修理&板金
  3. | コメント:0

台風15号被害での板金塗装修理/ホンダ N-ONE  その1

まだまだ台風被害の車両修理も残っており、継続して載せてゆきたいと思います。

画像はホンダN-ONE。  結構カスタムしてありまして、新車から大事に乗られている車両です。
屋根にかわらが落ちてきて、べっこり凹み、ボンネットやその他多数、凹み/キズができてしまいました。 
台風被害なので、全方位でキズヘコミがあるのがやっかいです。



見た目が一番大きなヘコミ。  よくフロントガラス割れなかったなぁというほどのサイズと位置です。 

taifuu15gou_Noneshuuri02.jpg

ボンネットもかわらの破片やらで、複数へこんでしまっています。 

taifuu15gou_Noneshuuri03.jpg

あちこちキズ凹み。

taifuu15gou_Noneshuuri04.jpg

ルーフも前だけでなく、後ろ側もかなりゆがんでいましたので、本来はフールまるごと交換が望ましいのですが、交換してしまうと事故車扱いとなってしまいます。 オーナーさんも事故暦アリは避けたいとのご意向でしたので、なんとか修理で作業します。

ガラスに火の粉が飛ばないように養生して、引っ張り出し用の金属チップを溶接してゆきます。
結構広範囲にゆがみがでています。 今の鉄板は高張力鋼板を使用していますので、引っ張り強度が高く丈夫なのですが、一度変形してしまうと元に戻すのが難しい鋼鈑です。  こっちを引っ張るとあっちが凹んで、あっちを戻すとそっちがゆがんで・・・と大変です。 どこかにプレスラインが入っていれば、そこで波及は止まるのですが、ルーフのようにプレスラインが何もないとひたすらゆがみ取りが大変です。 昔、ダイハツタントのドアの板金で地獄をみました。(笑) ドアなら素直に交換したほうが作業が早いくらいです。w

taifuu15gou_Noneshuuri05.jpg

ルーフ後方も落下物が直撃していますので、広範囲でゆがんでいます。 
突起のアンテナ?部分にも直撃したようで、アンテナカバーが欠け、その下が大きくゆがんでしまっています。

taifuu15gou_Noneshuuri06.jpg

キズへこみ修理しながら、丸裸にしてゆきますので、ウマに上げて作業します。
外注ぐるっと補修なので、今回は全塗装になります。

taifuu15gou_Noneshuuri07.jpg

ボンネットとフェンダーの補修完了。 サフェーサーで肌の確認。
ボンネットからルーフ/リアゲートにかけて入っているアクセントのデカールが剥がすのが大変で非常に難儀しました。
暖めて剥がそうとしてもプチプチ細かく切れるだけで剥がせないし、密着超強力だし・・・。  泣きそう・・・。

taifuu15gou_Noneshuuri08.jpg

専用の溶液に浸して、スクレーパーでなんとか剥がしましたが、キズだらけになってしまったので、デカールラインを総パテ。
いやいや、コレ大変ですって・・・。   (>_<)

taifuu15gou_Noneshuuri09.jpg

引っ張り出し後は、盛っては削っての繰り返し。  ルーフの半分ほどの面積が補修となってしまいました。
これならフール切断/交換のほうが早かったかも・・・。

taifuu15gou_Noneshuuri10.jpg

とりあえず、サフェーサーで仕上げ完了。

taifuu15gou_Noneshuuri11.jpg

つづく。
関連記事
  1. 2020/01/14(火) 02:06:36|
  2. 台風/水害での修理&板金
  3. | コメント:0

積載車の買い替え準備

当方の積載車ですが、ちょいと不具合出てしばらく乗っていなかったのですが、いよいよ買い換えようかなぁ・・・と思っていた矢先に台風等の災害でのびのびになってしまってました。 今現在もまだ作業できる余裕は無いのですが、助っ人くんが手伝いますよといってくれたので、バイトでお願いしました。 まあ不具合箇所は別として、仕上げなおしは下回りを中心としたサビ落としと下回りの再塗装。 
 ずーと洗車もしていなかったので、大分くたびれててしまった・・・。
とりあえずバッテリーを充電してエンジン始動のチェック。
エンジン/ミッションなどは調子もよかったので一発始動。

敷地も預かりや作業途中の車でギッチギチなので、入れ替えてなんとか作業スペースを確保。



まあ、まずはエンジンかかって良かったですが、ここでまたもやトラブル1個追加。
切り返しでハンドル切ったら急に重たくなって・・・。
パワステの配管に穴が開いてスーパー重ステになってしまいました。 
空荷とはいっても重量6トン。 そんなもん重ステで切り返せるほどムキムキマッチョではありません。
死ぬ気で踏ん張ってなんとか切り返し。 (増トン用の19,5インチアルミで245サイズにアップしているので、重さもハンパないんです。)

RENGER_sanbiotoshi02.jpg

もう、製作して約10年経ちますが、全盛期はこんなでした。
手前がこのレンジャーで、真ん中が一昨年売却してしまった4トン車3台積みのファイター。奥のが隣のレッカー屋さんのレンジャー。 3台揃ってお隣同士でデコトラ会開いてました。(笑)  ああっ懐かしい・・・。

RENGER_sanbiotoshi07.jpg

このころはイベントにも参加しにいっていて、楽しかったなぁ・・・。

RENGER_sanbiotoshi06.jpg

当時とはゆきませんが、腐って朽ちてしまう前に、手放す前に少しでもきれいにしてあげて、次の方に渡したいなぁ・・・と。
仕上げたらヤフオクにでも出すか・・・。爆。

次は1台積みの積載車が欲しいな。

久しぶりにキャビンのチルトアップ。
このついでにベルト交換と油脂類の交換もすませてしまおう。
穴開いてしまった配管は注文しました。w

RENGER_sanbiotoshi04.jpg

助っ人登場で下回りをメインにサビ落とし。

RENGER_sanbiotoshi05.jpg

助っ人くんにがんばってもらいますので、気長に進めたいと思います。

※付け加えておきますと、ちゃんと公認取得済ですので陸運局で登録済です。 
関連記事
  1. 2020/01/11(土) 10:21:31|
  2. トラックネタ
  3. | コメント:4

クノイチ(ミニカ)の嫁ぎ先が決まりましたので、車検取ってきました。

約2年前に(記事にも書きましたが)、半分冗談からスタートした「くの一」企画。  
女忍者の「くの一」をイメージして製作した(捨てる予定だった)ベース車ミニカをベースに、会社に転がっている部品を現物加工でワンオフ製作して製作していった車両です。 やっている内にだんだんガチで本気になってきて(笑)、なかなか手間のかかった作品(?)になりました。 折角つくったからにはみんなに活用してもらわないとつまらん!ということで、常連さん向けの「代車」として貸し出すことにしました。 実際に乗ったオーナーさんは複数おります。(飾っておいてももったいないしね。 乗り倒した方が面白いじゃないですか?!)
 その後2年ほど活躍しまして、この度、めでたく嫁ぎ先が決まりまして、改めて整備、磨き/コーティング、継続車検取得してきました。 (画像は陸運局にて)  

ベースは4ナンバーのバン(オバチャン仕様)ですので、車検はバンタイヤで、バックドアには誇らしげに積載量200kgというステッカーもはりました。(爆)  この画像の状態で継続パスしています。 もちろんエアロ類もマフラーもすべて合法です。



以前に走行中にマフラーが錆びて腹下で折れてしまい、2度ほど溶接修理したのですが、やっつけで作業したため、リアエンドのカッター部分が少々曲がってついてしまいました。  それが気に入らなかったのと、また折れてもいけないので、前から全部のマフラーを別な純正と入れ替えて、あらたにカッターを引越し溶接して作り直しました。  これで安心!

※希望ナンバーの「971」は、武器のクナイからとっています。オリンピック白ナンバーで取ったから普通車ぽく見えますが、軽バンです。 しかもくるくるウインドウ。

kunoichi_keizokushaken13.jpg

元はオバチャン仕様とは思えないほど、以外にも結構キマっちゃったんです。
詳しくは、当方ブログの2017年10月ごろを参照してみてください。 2ヶ月ほどに渡り「くの一」製作の記事が掲載してあります。

kunoichi_keizokushaken02.jpg

純正から4インチアップの16インチホイールデザインも手裏剣をイメージしたものです。

kunoichi_keizokushaken06.jpg

ボディーカラーはバイオレットパールとブルーパールを調合したオリジナルピンクで、ガンメタリック部は当方が好んで使用するオリジナルカラーのガンメタリックブロンズです。 

kunoichi_keizokushaken07.jpg

内装も外装に負けないくらいになかなかハデです。

kunoichi_keizokushaken09.jpg

内/外装の電飾もぬかりはないです。

kunoichi_keizokushaken08.jpg

kunoichi_keizokushaken05.jpg

kunoichi_keizokushaken03.jpg

最大搭乗忍者数は4人までですので、是非忍者コスプレして4人乗ってもらいたいです。

kunoichi_keizokushaken12.jpg

くるくるハンドルにドアモニターもあるよ。

kunoichi_keizokushaken11.jpg

また時間的な余裕ができたら別なベース車で、本気に遊べる遊び車を製作したいなぁ・・・。

関連記事
  1. 2020/01/09(木) 01:17:08|
  2. 車ネタ
  3. | コメント:3

ねこになりたいにゃ~。

毎年のことですが、正月休みというものはほぼ無く、なにかしら会社でセコセコやっていました。
今は愛犬のちび太も居なくなってしまったので、毎朝の散歩もなくなってしまったのですが、会社ご飯を食べにくるにゃんこもいるのでいままでと変わらず結局毎日会社にでてます。  

※以下画像は自宅のにゃんこズですが。



nyankos2020_02.jpg

ああっ・・・俺もねこになりたい・・・。

nyankos2020_03.jpg

nyankos2020_04.jpg

特に意味のない記事でした。笑。

さーて本調子に戻って仕事しますかー!
関連記事
  1. 2020/01/06(月) 12:12:58|
  2. にゃんこ&わんこ
  3. | コメント:0

サンバーダンプ TT2 仕上げ作業 その3

年明けは例年よりすこしゆっくり目に動いていました。 会社には出ていたのですが、ほぼ仕事はせずに片付けやら、年賀状の返信書きやら、アマゾンプライムビデオでウォーキングデッド9を見たりとか(笑)。 

書きかけ記事があったので、忘れてしまわないうちに書いてしまいます。 

前回の続きで、車体本体及び荷台、シャ-シの塗装にはいってゆきます。



シャーシは目立ったサビはなかったので、表面サビをとってウレタンブラックで塗装。

SUMMBER_TT2_DUMP_SC260.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC24.jpg

平行して車体もドアetcを外して丸裸に・・・。

SUMMBER_TT2_DUMP_SC26.jpg

部品も順次塗装してゆきます。 画像はリアフェンダーとトリイかな?

SUMMBER_TT2_DUMP_SC27.jpg

純正はソリッドホワイトですが、今回はパールホワイトへ塗装。
軽トラックで3コートオパールは珍しいかもしれませんね。

SUMMBER_TT2_DUMP_SC28.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC29.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC30.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC22.jpg

塗り分けのガンメタリックブロンズの部分も塗装。

SUMMBER_TT2_DUMP_SC31.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC32.jpg

ダンプ根元の部位も少し腐食があったので、上から50角のアングル材で覆って溶接補強。 裏表両面から実施。

SUMMBER_TT2_DUMP_SC33.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC43.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC35.jpg

で、完成。 綺麗になりました。 

SUMMBER_TT2_DUMP_SC36.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC37.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC38.jpg

ボロボロだったシートもまるごと交換。

SUMMBER_TT2_DUMP_SC39.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC40.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC41.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC42.jpg

SUMMBER_TT2_DUMP_SC44.jpg

関連記事
  1. 2020/01/03(金) 10:14:25|
  2. 軽トラック仕上げ作業
  3. | コメント:0

あけましておめでとうございます。

なんだかあっという間の令和元年でした。
今年は穏やかな年であって欲しいと切に願います。
よい年でありますように。



本年もよろしくお願いいたします。

                                                       エアロクラフトKAZE
                                                        代表  野倉 弘次
関連記事
  1. 2020/01/01(水) 01:09:10|
  2. 未分類
  3. | コメント:5