FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

本日GTO納車 / FRPエアロ修理の話

先日より作業していましたGTOを納車しました。 ガルウイング加工、エアロ取り付け、車高調取り付け、車検他の作業でした。 重戦車のような出で立ちです。 良くも悪くも、もうこういうような個性的な車は発売されないんでしょうねぇ・・・。 このGTOがデビューしたのはバブル真っ直中のH2年。 絶版になってもう12年が経とうとしています。 無駄も多かったですが、そのころの日本車はいろんな意味で元気があったような気がします。 高級車のセルシオやピュアスポーツカーのNSXなどもこの頃のデビューでした。 町中ではハイブリッド車が目立ち、低燃費エコや環境排出などの観点からクリーンな車になってきています。時代の流れで必然かも知れませんが、ちょっと寂しいような気がしますね。 最近、ようやくトヨタ86やススバルBRZなどのスポーツマニュアル車が出てきましたが、またそのような時代がくれば、スポーツカー/カスタムカー業界ももう少し活気が出るような気がしますね。
Pap_0235.jpg
Pap_0234.jpg


話は変わって・・・。私の本業はエアロ屋なので、FRP屋です。
もちろんオリジナルのエアロを開発し、原型を作り、メス型を作り、製品も作ります(数を多数作る製品は同業の外注である貼り子屋さんに出します)。 エアロを作るだけでなく、一品モノの加工もやれば修理もあります。
今回は修理のお話。

 乗用車用のエアロですが、前後のバンパーが大きく破損しており、一般的な板金屋さんの見解ですと、恐らく交
換の判断となる破損状況です。 基本的には、割れていても、欠損があってもFRPであれば直す事は可能です。(純正バンパーなどのABS樹脂系ですと、補修が困難な場合も多いです)
 
 今回の破損状況は、小割れ多数、欠損箇所もあり、長く広範囲に割れて分割してしまっている箇所もあります。
上から順に補修前(黒いマーキングの部分が主な補修対象)。 2枚目補修中。 3枚目補修後最初のサフェーサーです。 この後ラインや面の際補修および素穴の確認をして塗装となります。今回はサフェーサーまでの画像です。 FRPの割れの場合は、割れ方によっても補修方法は変わりますが、基本的には、割れている箇所および内部で粉砕骨折している箇所は一度切除し、面を合わせてFRP樹脂により再構築します。 方法に関してはまた改めて記事にしたいと思います。

フロントバンパー。
Pap_0222.jpg
Pap_0217.jpg
Pap_0226.jpg
フロントバンパー反対側。
Pap_0221.jpg
Pap_0218.jpg
Pap_0225.jpg
リアバンパー。(リアバンパー反対側も数カ所割れていますが、同じような補修を行っています)
Pap_0224.jpg
Pap_0220.jpg
Pap_0228.jpg

交換してしまうのはより簡単ですが、元のエアロが高価だったり、絶版だったり、入手困難だったりなどと簡単に交換が出来ない場合、修理金額とのかねあいで、新品交換せずに大がかりな補修を行うことも多々あります。
 結構複雑なラインのエアロもあったりで、結構大変な思いをする場合もあります。 でも、元通りの形に復元して行く様をみるのも結構おもしろいです。 納車の際に、「え~!!?」って言ってもらえるときが最高ですね。 もう変態だとおもいます。(笑)









関連記事
  1. 2012/07/15(日) 19:57:45|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MADMAX風!? ハマってしまっているものその1(ブーツ編) | ホーム | 本日オレンジFTO納車。 明日はGTO納車です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/10-5edc0475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)