FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

走行中止まってしまったGTOのメンテナンス作業 その1

しばらく前に入庫してきました車両ですが、走行中に突然止まってしまったとレッカーで入庫してきました。
原因そのものはすぐにわかったのですが、その原因がちょっと難アリ。

元々はこの状態で中古車屋さんで購入されたようなのですが、購入当初から色々不具合がでてしまい、少々トラブル続きだったようです。  前期型GTOもすでに25年以上経過しているご老体ですので、当然色々壊れてはきます。  ほぼ故障の追っかけとなるのはある度覚悟の上かと思いますが、決して安くは無い金額でのご購入のようですので、そのあたりはなかなか困ってしまいますね。

まず、突然のエンストの原因としましては、スロットルボディーに入る通称「Y字管」という黒い樹脂性のインテークパイプがあるのですが、そこは固定のバンドが緩くなってくると抜けてしまう症状はたびたびあります。 それはバンドの増し締めまたは交換で解消できるのですが、そうではなくで、組み付けそのものの方法が間違っており、接触面にあるはずのゴムが外にまかれていて、樹脂部分の先端がそのままスロットルに刺さり、上からバンドで押さえられていた(ゴムで密着されていない)状態でしたので、ブーストを掛けると抜けるのは必然の状態でした。  また2次エアーも少なからず吸っていた可能性もあるので、アイドリング不良もでていたかもしれません。   



純正のインテークパイプも変形してしまっていたので、新品を取り寄せようとしましたが、すでに廃盤。 ゴム単体も出ないようなので、ここはあきらめて社外のアルミ製に変更する方向で段取りしました。  部品が届く間、別の箇所の作業も実施。  オイル滲みもあるので見てほしいとのことでしたので、インマニを外して前後のヘッドカバーを取り外し。 パッキン交換で様子見となりました。
 ついでに持ち込みのスパークプラグとプラグコードに変更。

ヘッドカバーの結晶塗装も劣化しているので、塗装もして欲しいとのことでしたので、外したついでに併せて作業実施。

GTO_purple_hayamasan02.jpg

剥離材で一旦すべて綺麗にして、

GTO_purple_hayamasan03.jpg

洗浄後、アルミの密着材(ウォッシュプライマー)を塗布。 

GTO_purple_hayamasan05.jpg

染まりが良いようにライトブルーで捨て吹き。

GTO_purple_hayamasan06.jpg

ボディーと同色を調合し、塗装。 

GTO_purple_hayamasan07.jpg

文字を磨き抜いて完成。

GTO_purple_hayamasan08.jpg

Y字管と併せて、ホースとバンド類も新品を取り寄せました。 数箇所細身のホースも劣化していたため、併せてシリコンホースに交換実施。  このときわかりましたが、バルクヘッドに取り付けられたアクチュエーターソレノイドのホースが硬化していて、触ってそのまますっぽ抜けました。 (???)  4000回転頭打ちで吹けなくなる原因コイツか?  怪しいです。   とりあえずここもすべてホース交換。

GTO_purple_hayamasan09.jpg

ヘッドカバーの内部は綺麗だったので安心しました。
初期生産型だったISCサーボも今回新品に交換しました。(これが不良を起こすと、過電流が流れてECUをパンクさせてしまうので、注意です)  スズキのキャリートラック(DA63T)などでも、同様の事例がありますね。

GTO_purple_hayamasan10.jpg

吹けない?原因は燃料系か?電気系か?現時点では不明ですが、この際一式確認して欲しいとのことでしたので、外したついでに燃料系も確認してゆきます。  インジェクターも燃料タンクのサビや不純物の混入で詰まってしまう場合もあるので、インマニを外したついでに取り外して洗浄チェック。  インジェクターの上下についているOリングとインシュレーターは再利用できませんので、新品に交換しました。

GTO_purple_hayamasan11.jpg

GTO_purple_hayamasan12.jpg

つづく。
関連記事
  1. 2020/02/15(土) 10:50:52|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:3
<<走行中止まってしまったGTOのメンテナンス作業 その2 | ホーム | 台風被害のN-WGNの修理 後編  & マジマジ拝見 S660 格好イイ!>>

コメント

ありがとうございました!

すみずみまで きれいしていただきありがとうございます! エンジンの調子のほうはしばらく動かしてみて様子を見てみたいと申しておりました、でも、今のところはの大丈夫そうです・。
4000rpmなんて まわせるところはあんまりないので、通常の運転には支障はないように思えます。これからもいろいろとお世話になると思いますが、よろしくお願いいたします!
  1. 2020/02/15(土) 23:47:51 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

GTOだい好きです!

GTOカッコ良いですね!
ディーラーに持って行くと、
ウチではチョットと言われてしまうお年頃
腕のあるメカニックが、
頼りになりますね!
復活まで楽しみにしています。
  1. 2020/02/16(日) 00:43:24 |
  2. URL |
  3. t34hayabsa #-
  4. [ 編集 ]

jean-luc さん>チョイチョイ問題?抱えているようですが、一つづつ改善してゆきましょう! 時間はたっぷりあります。 部品が出るうちに改善させて行きたいですね! 中古車屋さんというのは車を売るのが仕事なので、正直そこまで手間隙掛けて整備して納車まではしないと思います。(現状不具合なければそのままというふうに・・・) 初期型GTOだともう25年経過の半旧車ですので、不安無く乗るには必ず整備が必要になります。 見た目だけで判断しては駄目だということです。 

t34hayabsa さん>GTOやZ32、R32スカイライン、NSX、RX7や70/80スープラetcなど、バブルを象徴する車ももはや30年近く前の半旧車になりつつありますね。 コンディションのよい個体は年々減り、一部は海外へ渡ってしまい、現存するバブル期の楽しい車はどんどん減っていってしまっている状況ですね。 今の時代ではこのような車はもう生産されないでしょうし、幻になりつつあるのかもしれませんね。 当方のお客様ではGTO/FTOなどまだまだ乗られている方が多いので、敷地内では珍しくありませんが、街中ではめっきり見かけなくなりました。 もうあと10年もしたらビンテージの領域になってくるのだと思います。 本当に欲しい方は、この時代の車を入手するチャンスは今が最後かもしれませんね。 さみしいかぎりです。
  1. 2020/02/16(日) 10:50:28 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する