FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTO クラッチ故障及びオイル漏れ修理、タイミングベルト交換等 その1

GTOの重整備2台目です。
タイトルの通り複合作業となりそうな予感です。
こちらもクラッチマスターの不具合で移動できず、またエンジンかけると思いっきりエンジン回転が吹き上がってしまうとのこと。
激しいオイル漏れもあるようで、とりあえず全部見て欲しいと回送車で持ち込まれました。 お預かりから2ヶ月ほど経過してしまったのですが、会社も不動車だらけになってきたので動くようにして収めないと敷地が身動きとれなくなりつつある状況で・・・。



エンジンルーム全体が結構オイリーな状態なのですが、ベルトカバー外してみると中もオイルでシットリです。 むむむ? ベルトに縦線入っているけどなんざんしょ?  ベルトもオイルを吸っています。 ゴムの劣化が早まるので注意ですね。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan02.jpg

1本線で削れてますね。  まあ今回タイミングベルト交換も実施するのでよいのですが、縦線が気になる・・・。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan03.jpg

バンパー下のアンダーカバーもオイルが溜まっていました。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan04.jpg

インマニを外してみると、なんじゃぁーあ?これは。  すごい汚れで、スロットルボディーが固着して動きません。w
エンジンかけるとアクセルが吹けあがってしまっていたというのはこれが原因でしょうね。 開いたまま戻らなくなっていたのかと・・・。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan05.jpg

車体下のクロスメンバーもオイルまみれです。 エンジン/ミッション周りはほぼオイル漬けの状況でした。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan06.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan07.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan08.jpg

ドライブシャフトブーツやロアアームジョイントブーツも切れていました。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan09.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan10.jpg

急遽予定を変更して、車上整備ではなく、エンジンまるごと降ろして、下で整備しようとなりました。
その方が全周からエンジンの状態(オイル漏れなど)も確認/清掃できるのと、クラッチもタイベルもとなると両面から結構バラさないといけないので、降ろせばいっぺんに作業ができるので、そのほうがトータルで良いだろうとの判断です。 

つづく。



関連記事
  1. 2020/05/06(水) 13:11:19|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<GTO クラッチ故障及びオイル漏れ修理、タイミングベルト交換等 その2 | ホーム | GTOクラッチスベリにて不動車両の修理 →クラッチ一式交換>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する