FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

マッドマックス インターセプター残りの仕上げ作業 その1

少し前にも記事で書きましたが、昨年の台風で緊急避難していたインターセプターが、半年振りに戻ってきました。
リア周りのセクションは預かってもらっていた板金屋さんにてリアオーバーフェンダーの張替え(施工してあるのを剥がして、別形状のものをあらたに加工取り付け&スムージングして、肌の仕上げ直しをしベースのブラック塗装まで作業されていました。(つや消し部分の作業は、フロント周りを追加で塗装した後に、最後に施工されるようです。

今回、当方は残っていたフロント周りの各部仕上げ作業と、ウインカーなどの灯火類の配線や加工、スーパーチャージャーの設置、組み上げ、パトライト台座の製作、バックランプの変更、シフトレバー部のシャージャー作動スイッチの設置等です。

久々登場のインターセプターさん。 
凛々しいお顔です。 



ウインカーレンズは位置決めをしてレンズ部だけは仮固定してありましたが、以前のブログ記事にも書いたかもしれませんが、レンズ部しか無く(オーナーさんもコレしか受け取っていないらしい・・・)、肝心のバルブ等が収まる奥のケース(ハウジング)部がない状況。
色々調べたり採寸した感じでは、昔の日産車のS13シルビアのバンパーウインカーがほぼドンピシャということがわかり、早速ウインカー左右を用意。  入手したS13ウインカーはレンズ面が取り外せず接合されているタイプでしたので、まずはレンズ面を切断しケース単体に分離しました。 

INTERCEPTOR_shiage02.jpg

レンズ部に合わせて仮固定したケース部(ハウジング)はこんな感じ。  
さーてどうやってこのハウジングを固定しようかなぁ・・・と考え、

INTERCEPTOR_shiage03.jpg

いつもの、コレが一番手っ取り早くて、材質関係なく接着できるなぁと、変性シリコン。
これは硬化すると硬質ゴムになり、シーリングの効果もあるので防水にも最適。
よし、コレで決定。
 バルブのソケット部は、S13用のソケットが入手できなかったので、なんとか代用品を見つけ、加工して取り付けたいと思います。

INTERCEPTOR_shiage04.jpg

乾燥までしばし放置。

INTERCEPTOR_shiage06.jpg

今度はフェンダー部に付くウインカー。
これも本来は無いのですが、日本国内の車検基準に合わせるため後付けで設置です。
あまり目立たせたくないので、社外のスモークタイプのウインカーを準備。

この位置で穴を開け設置です。 

INTERCEPTOR_shiage07.jpg

INTERCEPTOR_shiage08.jpg

今度は、バンパーを外したついでに、ヘッドライトの光をさえぎる遮光板です。  このままですと、ライト点灯時にグリル側(四角い穴が開いている部位)の方まで光が漏れてしまい、見た目にもちょっと「残念」になってしまうので、仕切りの板を設置です。
 型取りした治具から転写して、FRPの板を切り出して、バンパー(アッパー側)の内側にFRP接着。

INTERCEPTOR_shiage09.jpg

縦方向の強度も上がるし、光も漏れなくなるので、一石二鳥かなと。

INTERCEPTOR_shiage10.jpg

仕切り板(遮光板)装着後のイメージです。  この内側もブラックで塗装すれば板も目立ちませんし、良いかと。

INTERCEPTOR_shiage11.jpg

つづく。
関連記事
  1. 2020/05/21(木) 02:11:49|
  2. MADMAX インターセプター 関係作業
  3. | コメント:0
<<マッドマックス インターセプター残りの仕上げ作業 その2 | ホーム | エルフ積載車の仕上げ/整備作業 その5>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する