自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ワゴンR エアロ加工&マフラー制作

本日は、東日本大震災から丁度2年の月日が経ちましたね。 はやいものです。 被災された方達はなかなか先が見えない2年だったとおもいます。 無くなられた方達のご冥福をお祈り致します。
 普段なにげに生活しているられる事が、非常に幸せだと思わなくてはいけませんね。 そんな事を思い起こさせる1日でした。
 
 ちょっと前の作業ですが、車関係の記事が久しぶりなので掲載です。

 ワゴンRスティングレーのフルエアロ等加工取り付けおよび、左右出しマフラーのワンオフ制作他の作業です。




まずは純正外装を取り外し、エアロの仮合わせを行います。  モードパルファム製で作りが非常に良いので、フッティングもほぼバッチリでした。

フロントとサイドはほぼそのままで塗装取り付けとなるので、ここではほぼ省略します。

純正は右1本だしの寂しいマフラーなので、これをゴージャスにしたいとおもいます。
純正のマフラーに合わせた作りですので、左右で出口形状は当然ながら違います。この右側も、W出しマフラーを入れるには小さすぎるので、拡大加工します。(要は左右共に作り直しです)

stnglay02.jpg

使用するマフラー出口(カッター)に合わせて採寸し、両左右をくり抜きます。


stnglay03.jpg

でもって、切りっぱなしですと当然格好悪いので、返しを作り、ちょっと高級感なんぞを出しちゃったりします。
ここで気を付けなければならないのが、

1) 左右で対称に返し形状を作ること。
2) ほぼFRPだけで成形し、できるだけパテは使用しないこと。(痩せや割れの原因になるため)

stnglay04.jpg

こんな感じで、左右共にFRP樹脂で成形します。

stnglay05.jpg
stnglay06.jpg

左右共にほぼ良い感じです。

stnglay07.jpg

これをパテで表面の成形をします。

stnglay08.jpg

ほぼ完成型。 サフェーサーを入れました。(写真が縦ですみません。 のちほど訂正します)

stnglay09.jpg
stnglay10.jpg

フロントとサイドは先行して塗装しちゃいました。 この後、グリルなどの色分けをおこなってゆきます。(それは乾燥後、後ほど)

stnglay12.jpg

stnglay13.jpg

stnglay14.jpg

で、今度はマフラーの制作に入って行きます。 中間まではノーマルを使い、腹下のリアピ-ス以降を制作して行きます。 こちらは今回使用するステンレスの曲げ材(50パイ)です。 主に、90度/60度/45度を用意しておきます。 あとストレート管ですね。 溶接はTIGとなります。 私はTIG溶接はあまり得意ではないので、仕上がり綺麗にはなかなかできません。(泣) MIGは簡単なんですけどね。(当たり前か・・・笑)

stnglay15.jpg

こちらは使用するいろんな種類のマフラーの吊りゴムです。 

stnglay16.jpg

外したノーマルマフラーのリアピースです。

stnglay17.jpg

今回、大きく違うのは、左右だしになるのもそうですが、ノーマルはリアのアクスルの上を通っていますが、今回はセンター分けする関係と排気効率?(本当か?)もあり、アクスル下を通しての極力ストレート形状で作ります。 もちろん吊り金位置も違いますので、吊りも新規で車体下のフレームに溶接して行きます。(丸棒をトーチで炙って曲げ加工)

stnglay18.jpg

出口のカッターを良さげな位置に仮固定します。 緻密に計算された雑誌の高さです。(爆) この高さ調整は、ヤングマガジンでないとできません。(ウソ)


stnglay19.jpg

 曲げ材をすりあわせしながらカットしてゆき、仮付け(点溶接)して行きます。 分岐の所は、溶接前に、プラズマカッターで楕円にくり抜きます。 溶接職人ではないので、綺麗な仕上がりではないので、あまり突っ込まないでください。

stnglay20.jpg

出口の左右バランスを見ながら微調整して行きます。 TIGで非常に熱を持つので、溶接時に引っ張られての熱変形が凄いです。(さすがに職人さんの様にはなかなかゆきませんね・・・) 炙って、冷やしてで修正を入れて行きますが、思ってた以上に熱変形の嵐でゲンナリしました・・・。  画像に写っている溶接機はMIG(半自動溶接機)です。 (MIGも一部使用しましたので)    TIGは機械自体も違いますし、使用するガスも違います。(アルゴンガスです)  

stnglay21.jpg
stnglay22.jpg

こんな感じのレイアウト。

stnglay23.jpg

なんとか形になりました。 この後、研磨してゆきます。 やっぱり溶接は難しいなぁ・・・。奥が深い。
もっと努力と経験が必要ですね。 職人さんに見られたら笑われてしまいます。

stnglay24.jpg
stnglay25.jpg

この後、リアバンパーの塗装や前後バンパーの塗り分け。 各部灯火類の配線加工&取り付けになります。
後日掲載。
スポンサーサイト
  1. 2013/03/11(月) 23:10:32|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<トゥーカッター仕様 制作の巻 (その10) | ホーム | 本日納車3台。 頑張りました。&トゥー制作(その9)>>

コメント

すごいうらやましいです。
かっこいい(*´ω`*)
  1. 2013/12/05(木) 19:57:49 |
  2. URL |
  3. 友 #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして! コメントありがとうございます。
これだけいじっていて、オーナーさんは女の子だったりします。 シブイです!
 是非、自分だけのオリジナルの車にのってください。(^^)

カスタム、整備等お気軽にご相談くださいませ。
  1. 2013/12/05(木) 21:56:43 |
  2. URL |
  3. TOECUTTER #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/106-f9763282
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)