FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

エルフ積載車の仕上げ/整備作業 その6

ちょいと前に掲載したエルフ積載車の作業経過です。

外装も一通り組み上げまして、ヘッドライトユニットを新品に入れ替えたついでに、バルブ類をLEDに一式交換。
暗くて夜間走行が怖かったのが、これで解消されるかと思います。
 割れてたメッキミラーカバーも新調。 コーナーパネルも新調しました。

塗装面はまだ時間が取れないので磨き作業をできていませんが、磨きをやり、自社ロゴをカッティングマシーンで切り出して仕上げる予定です。  



片方なくなっていた雨よけバイザーも新調。  実はエルフでも型違いを購入してしまったらしく、先端形状や全体の寸法も少し違っていましたが、曲がっていた先端を切断し、両面テープ止めの上にビス打ちでごまかしました。 まあピッタリくっついたので良しとします。

ELF_sekisaisha68.jpg

内装も現状、レザーシートカバーとハンドルカバー付いていますが、いかんせん内装色が昭和の車のような茶色い小汚い(笑)色身なので、時間を見てダッシュボードを外して、ドア内張り共々ブラック系で塗りなおしたいと思います。 そのときにオーディオも(現在前オーナーがやっつけでつけたインチキオーディオ配線になっており、色々配線関係もメチャクチャですので、修正をしたいと思っています)

ELF_sekisaisha69.jpg

とりあえずは様子を見ながら使用するつもりでいましたが、数箇所気になるところもあったので、保全交換しました。

画像はラジエターファン。 クランク直結のタイプですので、いまどきの電動ファンではありませんが、常時回っているものですので、ファンのヒビが気になっていたので交換。   右は新品。

ELF_sekisaisha70.jpg

根元がヒビヒビで外れて飛んでいってしまわないか?不安なので、見てしまった以上交換です。
以前のブログでも掲載しましたが、キャンタートラックのエンジン載せ替えでも同様の状況を作業しましたが、割とヒビヒビになってしまうんですね。

ELF_sekisaisha71.jpg

交換完了!

ELF_sekisaisha72.jpg

でそれと負圧のホース類。  画像は作業後ですが、この青いホース類が全部なくなっていました。 劣化して落ちた?
調べてみるとこの内1本が排気ブレーキの負圧ホースの様で、このせいで排気ブレーキが効かなかったのかと・・・。  
その他はアクチュエーターのダイヤフラムから出ているホース。 フレーム脇のソレノイドに刺さっていたようです。
 丁度、このエンジン(4HE1-T)の整備解説書を購入してあったので、調べて修正ができました。 今まで無いまま乗っていたんかい!?w  

ELF_sekisaisha73.jpg

そして、水周りのホース(ラジエターホース/ヒーターホース類)の交換。
これから暑くなる時期に備えて、出先でホースが破裂した!なんてことがないように、ゴム類も交換です。
見た目以上に、部品金額が高くてビックリ・・・。  こんな細いヒーターホース1本で7000円もするとは・・・・。(ToT)

ELF_sekisaisha74.jpg

交換後。  ホースは始めて?の交換か、ラジエター側は特にカチカチでした。 
良いタイミングだったかと・・・。

ELF_sekisaisha75.jpg

これで冷却系は一通り安心かな?(前回にサーモスタット交換は実施済)

ELF_sekisaisha76.jpg

ナンバー灯も塗装時にはずしたままでしたが、これがまたインチキ取り付けされていて、再使用はする気はなかったので、ネットで汎用品(24V対応)を取り寄せ加工取り付け。
  配線もかなりインチキ配線がされていたので、根元から作りなおして、アースも取りなおし。

ELF_sekisaisha77.jpg

購入したナンバー灯のサイズが思ったより小さかったため、急遽FRPの板を切り出してベースプレートを製作し、ガンメタで塗装。
無事点灯確認。  あーこれで積載車使える・・・。

ELF_sekisaisha78.jpg

この後、荷台を下ろしてチェーンや稼動部にグリスアップを実施。 
まだまだやることあるけど、とりあえずは使用できるようになりました。

近日、インターセプターを戻しに水戸方面まで走る予定なので、途中トラブル無いようにもうちょっと整備をやっておきたいと思います。

関連記事
  1. 2020/05/28(木) 13:11:42|
  2. トラックネタ
  3. | コメント:3
<<ハイゼットトラック(AT 4WD) のオールペン仕上げ作業 前編 | ホーム | ミニキャブトラックの仕上げ 荷台載せ替えからの板金&オールペイント その4>>

コメント

とても いそがしそうで大変ですね・。そんな中 とても恐縮なのですが、GTOの4000回転の息継ぎの件なのですが、いろいろとしらべてみたのですが、もしかしたら?というものがありまして・、ウエストゲートがうまく開かなくなって 燃料がリーンになってしまって息継ぎがおきてしまうのでは? などいろいろとありました。https://www.team-mho.com/wagonr-mc22-4500-1184/ ここに ワゴンRですが 同じような症状のクルマありました。いろいろと調べてみても 素人ですのでどうにもできなくて・、がんばってKAZEさまに持って行って お任せいたしたく思っております! ECUかも?などと言っておりましたが、2台ありますので できれば予備を確保しておきたいので、今 、いろいろと探しております。
息継ぎの件、よろしくお願いします!
  1. 2020/05/29(金) 14:08:57 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

jean-lucさん>リンク確認しました。 なるほど~参考になりますね。 前回はこれに近い部位のソレノイドのホースがゆるゆるすっぽ抜け直前状態でしたので、スロットル近くのホース類を中心に交換しました。 アクチュエーターホースはフロントバンク側は比較的見えやすいですが、リアバンク側はかなり見づらい位置にあったように思います。 要確認ですね。
  1. 2020/05/31(日) 01:46:38 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます!よろしくおねがいします!
  1. 2020/06/01(月) 08:00:19 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する