FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

10アルファード オーバーヒート修理

少し前の修理です。 (まだ積載車がオールペイント前の状態ですね)

お客さんから電話。
「車から煙がでてきたんであわててとめたんですけどどうしたら・・・」と。

状況を聞くと、水温計の針が上までいっていて、エアコンも効かなくなってきていて、ガクガクしていた・・・と。
オーバーヒートですね。

私は会社に居なかったため、とりあえずボンネットを開けて車を冷ましてから、コンビニで水を買ってきて水を入れてみてくださいとお願い。(細かい説明やラジエターキャップ開閉時の注意事項の説明などは記事では省略。注意をして作業してくださいと伝えてあります)

その後電話で確認。  水温計の針は下がって、とりあえず落ち着いたとのこと。
家まで帰れそうだとのことでしたので、あらためて積載車で車を預かりに行くと約束。

で、以下の画像です。



ローダウンで純正エアロの付いているアルファードなので、結構低い・・・。
擦らずになんとか積み込み帰社。 またまた、フラトップで助かった・・・。
車体が重いので、フラット時での積み込みはできるだけアスファルトでの方が良さそうですね。
ウチの敷地内ですとすべて砕石なので、車体が重いと積み込み時にガガガッ!と壊れてしまいそうな音がします。www

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri02.jpg

で、早速バラして検証・・・。

水を入れ、エアー抜きをした状態で診断機で確認。
水温も安定して、水温センサーも正常。  ラジエターファンも95度(だったかな?)で作動確認。

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri12.jpg

よく見てみるとラジエター助手席側からほんの少し水が垂れてきます。
コイツか・・・。
15年経過、約13万km走破ならそろそろラジエターも駄目になってきてもおかしくはないタイミング。

でも、ヘッドガスケットが抜けていなかったからヨカッタぁ。

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri03.jpg

(社外)新品ラジエターと、

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri04.jpg

保全でラジエターホース(アッパー/ロワー)、ヒーターホース(IN/OUT)とラジエターキャップも用意。

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri05.jpg

早速バラし開始。

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri06.jpg

この手のアルファードは(この時期のトヨタ車全般?)は、VOXYのときもそうだったのですが、ヒーターホースジョイントがプラ製で経年劣化で破損し、オーバーヒート症状を起こします。 なので、今回ラジエターだけでなく、保全でヒーターホースごと交換しておきます。 触れただけで折れてしまうほど劣化が進んでいるものもあるので。

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri07.jpg

奥側(バルクヘッド側)にあるジョイント部が、遠くて手が届かず、体制的にツラいです。w
なんとか取り外し・・・。

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri08.jpg

右が新品、左が取り外し品。  ホースだけではなくてジョイントごとのASSYになります。
ナゼに未だにプラ製? 金属にしないの???

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri09.jpg

新旧ラジエターさん。  お疲れ様でした。
しなみにこのラジエターの下側に見える黒いブラケットの上にエアコンのコンデンサーが乗っかっているため、回り込んでいてなかなか外しづらい位置関係にあったりします。(茨城のU君が言っていたのがコレか・・・。ちょっとコツがいるよと)

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri10.jpg

ラジエター交換後エアー抜きして、電動ファン回るの確認して、冷ましてからサブタンクに冷却水足して終了。
冷却水のエアー抜き箇所がラジエター(助手席側の真上)にあり、6角のプラ製プラグになっているのですが、なんでこんなにやりづらいところにあるの?しかも内6角って・・・・。  ヘキサゴンレンチ入れづらいし・・・。  と、グチってみました。

10ALFARD_OVERHEAT_shuuri14.jpg

とりあえずその後の引渡し後の経過も問題なさそうなので一安心。
現在、暑くなってきて、エアコンの相談が増えてきています。
関連記事
  1. 2020/06/14(日) 10:17:14|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2
<<MJ23S AZワゴン 仕上げ直し作業 | ホーム | HA6アクティトラック 自己流カスタム その3 汎用テールをインストールしてみよう!>>

コメント

この前、浴室乾燥換気から、バタバタと異音がしてて、バラして確認すると、ファンの一部が破損してたんで、メーカーに部品の取り寄せの電話をしたところ、ユニット全交換になります、との事?後日交換されたユニットは、旧型と、見た目ほぼ同じ?業者さんも、ファンの破損がほとんどの、原因との事?そこで、やっと、長くなりましたが、なんで、金属にしないの(爆)
  1. 2020/06/15(月) 10:40:44 |
  2. URL |
  3. のり #-
  4. [ 編集 ]

のりさん>あまりに耐久性があって壊れないと、メーカーとしては次の商品が売れなくなってしまうので、ある程度で壊れるようにつくってあるのかもしれんませんね。(昔ソニータイマーなどといわれて、保障が切れるタイミングで壊れるなんて都市伝説もありましたよね。笑)  部品単位で出てくれればユーザーとしては助かりますが、メーカーとしては儲からないから新品丸ごと買ってくれ!なんでしょうね。 
  1. 2020/06/24(水) 02:16:51 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する