FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTO 整備からの全塗装作業 その3

整備の方も大まかなところはおおむね終了しましたので、車体の全塗装作業にはいってゆきます。
まずはバラしから。



内外装ともにジャンジャン外して行きます。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan74.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan75.jpg

今回は、ベースはホワイトですが、上塗りのパールを純正のホワイト系ではなくて、イエロー系にて3コートで塗装。
屋根はブラックベースで同じくイエロー系の2コートパールで塗装してゆきます。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan76.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan77.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan78.jpg

取り外し後、内装、再塗装の外装、塗装等ない外装と分けて保管、塗装予定品は洗浄/足付け工程へ。

内装もドンガラにしてゆきます。
このあたりはいつものGTO塗装作業の流れです。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan79.jpg

工場内に移動しまして、さらに外して行きます。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan80.jpg

ルーフと左側面が元の塗装の劣化が進んでいたため、肌の修正を行いました。
画像はサフェーサーまで入ったところです。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan81.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan82.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan83.jpg

その後、両ドア、ボンネット、リアゲートなど大物を外して、足付け/洗浄/脱脂後マスキングして内側部分の塗装。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan84.jpg

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan85.jpg

裏側も装着状態で塗装した方が外す手間はかからないと思いますが、きちんと奥まで塗装の肌も良く塗るには、やはり外して個別で塗装して、その後組み上げて外側を塗る方法の方がちゃんと塗れて良いと思うんですよ。

GTO_CLUCHkoukan_imamurasan86.jpg

つづく。

関連記事
  1. 2020/06/29(月) 01:24:59|
  2. オールペイント など。
  3. | コメント:0
<<GTO 整備からの全塗装作業 その4 | ホーム | GTO 整備からの全塗装作業 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する