FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOリアバンパーの再構築

 常連さんでもあるS氏。 すでに結構ヘビーにボディーを加工/仕様変更されていますが、以前よりやりたかったらしい、V社のリアバンパーをブリスター化して装着したいとの事。 ただし、残念なことにすでにV社のエアロパーツの生産はずいぶん前から廃盤となっており、現在では新品が手に入らないレアな商品です。 
 2つの方法があります。 まずは一般的に中古品が出るのを待つ。これはすでにしばらく前から動いていたようで、GTOオーナー間での個人買やヤフオク等でアンテナを張っていたようですが、これがなかなか出てこない。
 仕方ないということでもう一つの方法。 海外からの逆輸入。 逆輸入とい言っても、海外に正規品の新品があるわけではなく、いわゆるコピー品と言われる物です。 他に方法がないのでお客様自身の手配により海外(アメリカ?)からはるばる送られてきましたリアバンパー。 
 巨大な箱で届きました。 エアロ自体は正規品ほど高くはないそうですが、なにせ大型冷蔵庫を横倒しにしたくらいの大きさの箱。 運賃だけで6~7万したようです。(うっわ~!高い!・・・私にはそんな運賃払えないっっす・・・焦)
 ウチにいらっしゃるお客様では、結構海外から部品を取り寄せして装着をされているツワモノがたくさんおります。 そんなオーナーさん達のヤル気を私自身が見習わなくてはいけませんね。 インナーネットの普及ということもありますが、かなりグローバルな時代になりました。

 以下の画像は今回の施工前です。 すでにフルエアロ/ブリスターで、既にもうやるとこないんじゃない?的な感じですが、そこはオーナーさんのコダワリ。 やはり完成型のイメージがあるようです。 



で、こちらがはるばるアメリカからやってきたGTO用のリアバンパーさんです。


suzukisan_GTO_RB02.jpg


仮合わせしました。
むむむっ・・・。つきません・・・。

suzukisan_GTO_RB03.jpg

suzukisan_GTO_RB04.jpg



ていうか、全然届きません。 5センチ位・・・。
ある程度の覚悟と加工の想定はしていましたが、思っていた以上に歪みと縮小が出ています。
エアロなどを複製してゆくと、オス型(原型)からメス型(量産用の型)を抜くと、毎回抜いて行くたびに1~2%程縮小や熱変形(ヒケともいいます)してゆきます。 そのFRP樹脂の特性を分かった上で型抜きや加工をしてゆかないと、複製(この場合ではコピーのことを指しています)の段階で、どんどん形の崩れた製品になっていってしまいます。 当たり前ですが、オス型の出来次第でメス型(量産用の複製型)の形もきまってしまい、メス型が崩れた状態ですと、量産した製品はすべて崩れた形状の製品ができあがってしまいます。 

 海外製はこのような事案が多々あります。 コピーでなくとも、海外メーカーの正規品でもよくある状況です。 結構アバウトなようです。 というか、コレを付けるアメリカ人も結構な加工のウデを持っているな?と感心します。 

今回の場合ですと、リアバンパー上半分が酷く変形しており、正規の取り付け位置まで足りない状態です。
下半分も縮みとカット位置の短縮がでており、回り込みが足りない状態です。
 泣き言をいっていても始まりませんので、早速作業開始です。

2つの方法があります。
一つは、上半分の距離が足りない部分の修正(細かく切ってアールの再構築)
もうひとつは、完全に上半分のすげ替え。

時間の関係と、仕上がりの関係で、今回は2番を選択しました。
丁度、ウチのオリジナルバンパーの型が会社の方に戻ってきていたので、すぐに部分制作に取りかかれました。
 なので、早速半分にバッサリとカット。 この上の部分は使いません。(笑)

suzukisan_GTO_RB05.jpg



で弊社のエアロ(リアバンパー)上半分のみ成形しました。

suzukisan_GTO_RB06.jpg

並べてみると、高さが全然違います。 
 それだけ変形している証拠です。

suzukisan_GTO_RB07.jpg

新規に制作した上半分を車体に取り付け、下半分を仮合わせします。

suzukisan_GTO_RB08.jpg

suzukisan_GTO_RB09.jpg

 で、接合しました。

suzukisan_GTO_RB10.jpg

suzukisan_GTO_RB11.jpg

suzukisan_GTO_RB12.jpg

そのままですと両サイドのボリュ-ムが足りませんので、一旦両端を切り離して、ブリスターフェンダーに合わせて、拡幅加工も行います。

suzukisan_GTO_RB13.jpg

suzukisan_GTO_RB14.jpg

拡幅にて再接合。

suzukisan_GTO_RB15.jpg

suzukisan_GTO_RB16.jpg

接合面を仕上げて再度車体に仮合わせです。 今度は良いですね!

suzukisan_GTO_RB17.jpg

suzukisan_GTO_RB18.jpg

suzukisan_GTO_RB19.jpg

 塗装して、装着です。 完成!

suzukisan_GTO_RB20.jpg

suzukisan_GTO_RB21.jpg

suzukisan_GTO_RB22.jpg
関連記事
  1. 2013/05/27(月) 09:05:00|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グースタイプカウル GPZ編 その1 | ホーム | フォルティス続き その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/117-d2f32f07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)