自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

S30Z レストア作業の続き

 先日記事を掲載した続きです。

ボンネット先端のパテの割れを剥がすまでは掲載していました。 
鉄板の切れやサビ/穴などもありましたので、補強を兼ねてサビ止めしてゆきます。
ボンネットを裏返した状態です。先端裏側も腐食して穴が空いています。



 先端両脇のコの字の部位が弱く切れてきてしますので、鉄板にてふさぎ補強します。
水抜けがなくなってしまうので、先端裏側に水の逃げ穴をつくっておきます。

S30Z_RES_20.jpg
S30Z_RES_21.jpg
S30Z_RES_22.jpg

穴の空いていた部位を除去し、鉄板にて補強します。ここは見えない部位なので、表から鉄板を貼り(溶接)ました。 同時にサビの除去をサビ止め処理をしておきます。

S30Z_RES_23.jpg

表側もサビ止め処理。

S30Z_RES_24.jpg

パテにて面を作り。(本当はすべての入っている過去の板金時のパテを除去したいところですが、それをやってしまうととんでもないことになってしまうので、今回は周りのツラに合わせて面だしにてフィニッシュです。 残念・・・)

S30Z_RES_25.jpg

サフェーサーを入れて面を出します。

S30Z_RES_26.jpg

こちらは、ヘッドライトベゼル。 当初はFRP製かとおもっていましたが、鉄板でした。 FRPはZ432(240ZG?)だったでしたっけ? よくわかんないや。(笑) インチキな知識でした。
 こちらも過去の板金時のパテ割れ。 この下は同じく錆びているんでしょうね? どの位パテはいっているんだろう?

S30Z_RES_27.jpg

削って行くと・・・・。にょわ~?! 最深部は5ミリ近く層になってますがな・・・。 こんなに盛らんとも、元の板金作業でもうちょっと復元してから盛ればよいものを・・・。 完全にパテで形を作ってしまっています。(爆)

S30Z_RES_28.jpg

裏側も当然錆びてます。

S30Z_RES_29.jpg

錆還元剤を塗布し、錆止め後、樹脂パテにて成形&板金パテにて面だし&サフェーサー仕上げです。
 塗膜表面も無数のひび割れやヒケなどでていましたので、この際綺麗に処理しました。


S30Z_RES_30.jpg

カウルトップパネルの裏側は以前に作業しましたので、今度は表側です。
表側の錆をガリガリと削り落とし、スリット周辺の塗膜が欠落した部分の段差をパテにてなだらかにしてゆきます。 しかし、これがものすごく大変で地味。 1本1本の周辺と淵のアールをすべて手研ぎでペーパーでシコシコと地味に仕上げて行きました。 今回の作業で一番キツイかもしれない・・・。(もう泣きそう・・・)

S30Z_RES_32.jpg
S30Z_RES_33.jpg

頑張ってなんとかサフェーサーまで仕上げました。

S30Z_RES_34.jpg

併せて、ヘッドライトベゼルの裏側もフィニッシュ。

S30Z_RES_31.jpg

フロントフェンダーのサビも取って行きます。
欠損している部位も鉄板を張りました。
他と同じく仕上げます。(仕上げ後の画像がどっかにいっちゃいました。(すんまそ)

S30Z_RES_35.jpg
S30Z_RES_36.jpg

ボディフロント周りも錆止めまでほぼ完了。
S30Z_RES_38.jpg
スポンサーサイト
  1. 2013/06/04(火) 00:47:16|
  2. レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<グースタイプカウル GPZ編 その2 | ホーム | グースタイプカウル GPZ編 その1>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/119-5c1eb860
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)