FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

bB塗装しました。他作業同時並行多数。

前回大問題発生のbBも色が入りました。 側をグルリとオールペン。



他の部品達も同時に塗装。

bB_WHITE_BANKIN27.jpg

bB_WHITE_BANKIN28.jpg

現在組み付け進み中。 仕上がったら再アップ予定です。
こちらはモビリオの板金・・・というか、中古のバックドアに交換&リアバンパーの補修&再塗装です。
綺麗な同色のバックドアが見つかりましたので、そのまま入れ替えです。

MOBILIO_01.jpg

MOBILIO_02.jpg

で、こちらは先日もアップした紫GTO。
側面の塗装も完了し、リア周りから取り付けています。 結局、両フロントフェンダー共にキズや割れがありましたので、補修してフロント周りもまるまる再塗装しました。

GTO_murasaki_shuuri10.jpg

GTOのサイドステップに取り付けるフィンです。 一体ではFRPで成型は出来ないため、別部品として製作しています。 もう10年以上前に作った型ですので痛みが激しいです。(笑)製作方法も当時の知識での範囲ですので、FRP型での流し込みの製品ですね。懐かしい。
 中に流しているのは、マイクロバルーンといわれるもので、FRPがガラスがベースなのに対して、マイクロバルーンはプラスチックの超微粒子粉です。 FRPの接着剤として使われるエアロジェル(エアロシルとも言う?)はガラスの粉にFRP樹脂を混ぜて、丁度、味噌の柔らかいような感じの感触のパテですが、マイクロバルーンはよりキメのの細かいプラスチック粒子の為、よりトロトロした感じがあります。 ベースは同じFRP樹脂を混ぜているのですが、ガラスの粉ベースとプラスチックの粉ベースでは全然、堅さや重さが異なります。
 ガラスベースの樹脂パテは非常に硬く、柔軟性がありません。 石の粉ベースのタルクパテも同じく樹脂パテ以上に非常に硬いですが、強度に粘りがあります。 プラスチック粉ベースのマイクロバルーンは強度はあまり無いものの、非常に軽く(軽石のよう)、切削も容易です。 このマイクロバルーンは本来はFRPなどの原型の製作等に使います。(作業性が良いため)

GTO_murasaki_shuuri11.jpg

マイクロバルーンを型に流して、気泡を抜き、固めたものがこちら。

GTO_murasaki_shuuri12.jpg

型からバリッと破がして、サクサクっとバリのカットをしたのがこちら。 とても軽くてちょっとだけ硬い軽量プラスチックです。 これを綺麗に仕上げて塗装してサイドステップのフィンとして取り付けます。

GTO_murasaki_shuuri13.jpg

こちらは同じく紫GTOのドアレギュレーターです。 
GTOはこの部品が弱く、頻繁に折れます。 折れると言ってもレギュレーターが折れるのではなく、滑車となっているプラスチックのテンショナーが劣化で折れます。

GTO_murasaki_shuuri14.jpg

この部品だけで出てくれれば良いのですが、残念ながらASSY交換となってしまいます。 ここが弱いのにもかかわらず、未だに純正新品を取り寄せると、同じプラスチックの材質の物が届きます。(いい加減にせい!)
 割れるの分かっているのだから材質変更するだとか、部品単体今供給してくれればよいものを・・・。
ASSYで購入すると、¥25000オーバーですよ! アホかい!?

GTO_murasaki_shuuri15.jpg 
 
関連記事
  1. 2013/10/23(水) 21:52:59|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<S30Z レストア作業の続き ガラスはめ込み他 | ホーム | bBの板金→オールペン  はぁ・・・また今日も雨っすか・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/166-378d93b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)