自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOフロントバンパーの他車種流用ワンオフ加工 前編

最近はバイクネタばかりでしたので、車ネタが溜まってしまいましたので、ここらで書いてゆきたいと思います。
バイクやさんと勘違いされている方もいらっしゃるかと思いますが、私はバイク屋でも、車修理(整備)屋でも、板金屋でもありません。 本来はエアロ屋さんでございます。 
 ようやく、らしい仕事に戻って参りました。(笑)
やっと本気モードだぜ!

以前にサイド&リアのエアロ取り付けを行っていました最終型GTO。
 フロントのエアロワンオフ加工を残すところとなっておりました。
吊しのエアロを付けるだけではおもしろくないとのことで、今回は全然違う車種からのベースエアロを移植してみました。
 もちろん、車種も違えば、長さも違う、アールも違えば高さも違う・・・すんなりとすげ替えできるほど甘くはありません。 それでは始まり~。

 まずは、純正のフロントバンパーを外したところの状態です。 画像ではレインフォースメントを含め、フォグランプASSYやアンダーカバーなど、作業するに邪魔な物は一旦取り外してあります。



こちらが今回取り付けるバンパー。 もちろんGTO用ではありません。
なんの車種がこれだけで分かる方はかなりのスポーツカーマニア。 ・・・・・・・そう、JZA80スープラ、二台目のモデルのトヨタのスポーツカーです。  元々スープラはアメリカンスポーツを意識してつくられているようで、その心臓部には2JZというとても強力なエンジンが搭載されています。 GTOのV型6気筒エンジン(GTOはしかも横置きレイアウト)に対して、直6エンジンを縦置きにしております。 フロントのノーズが長く、全体的に丸っこいデザインをしています。 そのためか、GTOに比べ、フロントバンパーのノーズが長く、角もすぼまり、やや先細りのような感じを受けます。
 デビューしたてのまだ目に慣れないうちは、黒いスープラがどうしてもナマズのように見えてしまい、どうにもスポーツカーとしてなじめなかった感はあります。(いまではそんなことありませんが・・・)

 GTOに取り付けてある白い部分が、当方のGTOエアロの型から部分抜きしたアッパー部分です。 もちろんFRPで出来ています。

GTO_F_BMP_3koichi_02.jpg

ヘッドライト下のあたりが全然アールが違いますね。 スープラの方が絞られています。

GTO_F_BMP_3koichi_03.jpg

で、まずはおおざっぱに寸法を測って、ズバーっと真っ二つに切り落とし、上下のラインを確認します。

GTO_F_BMP_3koichi_04.jpg

先端部のアールの方は、スープラの方がややアールが緩いです。GTOの方が尖っていますね。
一応、取り付け部分のメインは上のGTOを元に構築して行くので、今回は上に併せて加工して行きます。

GTO_F_BMP_3koichi_05.jpg

もちろん、この時点ではまったく合いませんし、どの位置を基準にしたらよいか検討もつきません。

GTO_F_BMP_3koichi_06.jpg

なので、いつものバラバラ解体モードです。 やけっぱちになって、壊してませんよ。 ちゃんと左右同じ位置でカットしています。(先に上下で合わせた状態で、どこを先に併せて基準にするかを見極めておきます。 目を細めて見て、何となくを頭の中でイメージしておきます。)

GTO_F_BMP_3koichi_07.jpg

大体のイメージ構成が終わったら、まずはセンター出し。 基準位置のセンターと、完成時の高さを決めてしまいます。
 あまりシャコタンで作ってしまうと、完成後どこにも行けない仕様になってしまうので、ローダウンとしてのエアロの下がり具合、張り出し具合、現在車高よりさらに車高調で下げたときの下げ幅を大体計算しておきます)

GTO_F_BMP_3koichi_08.jpg

仮固定しながら、左右をカットして構成部品をあてがい、大体の再構成の形を出して行きます。
ヘッドライト下のアールはあまりにも合わないので、ここの加工は一番最後に、バランスを見ながら帳尻合わせしたいとおもいます。

GTO_F_BMP_3koichi_09.jpg

左右共に、何となくのイメージで形が出来てきました。 この時、バンパー下の高さが均一に(平らに)なるように調整しながら作業をすすめてゆきます。水平ラインも揃っていないとおかしいもんね。

GTO_F_BMP_3koichi_10.jpg

GTO_F_BMP_3koichi_11.jpg

各部位をステーで仮固定しながら、徐々に加工範囲を広げて行きます。 
この時、ステー他による仮固定をしながら、裏面から数回に分けてFRPにて接合を行ってゆきます。
あまりバラバラな状態で一気に作業をおこなうと。歪みが発生し、最終的に車体に合わせた際に全然合わなくなるので、順番をへて、数回の接着を要します。

GTO_F_BMP_3koichi_12.jpg

接合も一通り終わり、ほぼ完成型のアウトラインができました。 
この後、接合部分や肌の調整をして、パテにてラインが自然になるように修正してゆきます。

GTO_F_BMP_3koichi_13.jpg

GTO_F_BMP_3koichi_14.jpg


車の作業がかなり溜まっているので、明日以降順次掲載して行きたいと思います。
もうすぐ年内も終わりです。 納車/納品予定が詰まってヤバい状況です。 
周りには「年内はいつまでやるの?」
と聞かれますが、
「終わるまで!」
と答えています。
納車を待っていられる方もいらっしゃるので、頑張ります。

スポンサーサイト
  1. 2013/12/24(火) 00:20:35|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<ブレーキやクラッチ関係ばかりの作業が続きました。 | ホーム | グースタイプカウル GSX1400編 その8.5(最後の記事残り掲載です)>>

コメント

男の意地を見せるでやんす
  1. 2013/12/24(火) 17:43:58 |
  2. URL |
  3. ヒロキング #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/195-d7783da4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)