FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

グースカウル車(メンバー車)公認車検他。

メンバーさんのGSX1400です。
昨年カウル取付加工等行ったのですが、まだ正式に公認(記載変更)を取得していませんでしたので、改めて公認取得して登録したいと思います。
 でいきなりの車検場。 この車検自体に行ったのはもう10~14日ほど前の話ですが、その後の小作業がありましたので、オーナーさんへの報告も兼ねてのアップとなります。 画像が多いですがご勘弁を!



でもって、書類申請も済んでいざ検査コースへ。 
まあもう何台もやっているので今更感はありますが、バイクコースが新規にできたので、なかなか装置に慣れずに苦戦してしまいますが、なんとか取得できましたのでOKです。 よかったぁ~。 晴れて公認車両です。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota02.jpg

隣のレーンでは、傾斜角のテストを行っていました。 スゲー!初めて見た。 こんなに傾斜するの?

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota03.jpg

で会社に戻ってから、時間を見て、残った作業を行いました。
*持ち込みの社外ホイール(ゲイルスピード製)前後入れ替え、およびタイヤも外して指定のガンメタリックにて再塗装、でタイヤ組み込み車体装着。

*持ち込みのカーボンフェンダー(クリヤー塗装ムラ?)と、現在装着中のカーボン外装(サイド、テールカウル、リアフェンダー)のクリアー塗装。

等です。

フロントフォークを外すにあたって、アクスルボルト(24ミリ)を回そうとしましたが、自作のSSTのレバー本体がグニャリと曲がるほどの締め付けよう。 これじゃあイカン!と仲間から借りてきたスナップオンの24ミリのソケットを使い、60センチのブレーカーバーに短管パイプを差し込んで、
「ふぬぅ~~~!!!!!!ぷぷぷぷっ・・・・」
と、うんこ漏れそうなくらいキバってなんとかゆるみました。
 なんちゅ~締め付けトルク。 ここってこんなに締め付けるところじゃないっしょ?! その下のトルクスのボルト2本づつをしっかり止めておけば大丈夫でしょ。 ホイールのハブベアリングが壊れちゃいますよ・・・。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota04.jpg

エンジンクレーンで上からつり上げて、フロントを浮かせて足付け&脱脂&マスキング。
今回はフロントフォークは外さずに固定状態で塗装します。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota05.jpg

で、塗装完了。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota06.jpg

こちらが取付予定のゲイルスピードさん。 めっさ軽い。 さすがアルミ鍛造ホイール。
デザインもイイね。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota07.jpg

タイヤチェンジャーでサクサクタイヤを外して、

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota08.jpg

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota10.jpg

足付け&脱脂を念入りに行い、イザ塗装へ!

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota11.jpg

ピカピカに塗れました。 クリアーも4回ぬったでよ。 十分だっぺ。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota12.jpg

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota13.jpg

元のカーボン部品も、擦れて白くなり始めていたので、足付け後クリアー塗装。
これで劣化も最小限に抑えられるし、多少のキズが付いても磨いて復元することが可能です。
透明度も上がるし効果大です。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota14.jpg

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota15.jpg

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota16.jpg

元画像を載せなかったけど、クリアー失敗なのか?ザラザラの肌でした。
再塗装にてピカピカツヤツヤになりました。 

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota17.jpg

それ以外はさほど劣化は進んでいませんでしたが、劣化する前に・・・ということでこれらもピカピカに。

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota18.jpg

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota19.jpg

ホイールもグレードアップで

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota20.jpg

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota21.jpg

完成! 後日引き渡しとなります。
6月6日のMADMAXコンベンションが楽しみっすね!

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota22.jpg

hayanamisan_GSX1400_shaken_sonota23.jpg
関連記事
  1. 2015/05/03(日) 23:32:58|
  2. バイクネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<マイクロバスの板金・・・GWに突入したのに、急ぎの仕上げの為返上作業!泣。 | ホーム | FTO加工作業 その11>>

コメント

転角の検査は僕も数回やりましたけど
新しい陸事とかは写真のような転倒防止パッド?みたいなのあるけど
古い設備のところはそれがないんすよ

唯一の安全装置がアクスル等に掛けるワイヤー
しかもギリギリの車両の場合リヤアクスルの片輪が浮いたりするんすよ
でもフロントアクスルが設置してればOK
フレームのネジレってやつですね

いつやっても心臓に悪いです
  1. 2015/05/04(月) 20:44:14 |
  2. URL |
  3. ナガツマン #-
  4. [ 編集 ]

ナガツマンさん>ご無沙汰しております。  転角の検査っていうんですか? 私はやったことないので、どういう状況でこの検査が必要になるのか分からないのですが、架装したときなどなのですか? みていてスッテンコロリンってなりそうな状況ですね。 関係ない外野の私がや冷やしてしまいました。(笑)  あれ、ワイヤーでひっぱっただけとかまじ怖いですよね。 
  1. 2015/05/04(月) 22:54:33 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/376-cc83c198
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)