自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

MR2 SW20のECV取付。

ちょいと前に公認取得して茨城県まで納車したMR2(SW20)のブリスターオープンカー。
以前に当方でワンオフでマフラーを加工したのですが、今の住まいの関係で音量も少々気にしているので静かにする方法がないか?ということで、ワイヤーにて排気音量を調整するECVを装着することになりました。

 MR2ですとリアエンジンの関係で、マフラーの取り回しや部品の配置などで一般的なフランジに挟み込みタイプが装着しづらい方です。  なので、今回はECVの本体が邪魔をしない箇所に設置する関係で、差し込み/溶接タイプを選択しました。

 本来はECV本体に若干差し込んで、フチをグルっと溶接等するタイプですが、現在装着しているマフラーパイプ口径(外径)の関係上、キット設定がある汎用サイズ(外形)と、装着マフラーの口径(外形)が同じで差し込めないため、ツラに併せて溶接する方法となりました。

 まずは、ジャッキアップして装着位置の確認。



一部脱着できるので、ここにインサートすることに決定。

SW20_MUFFULER_kakouECV02.jpg

で、カットしてこんな感じですげ替えです。
ちょと思ったのが、溶接するのにキットのECV本体は何でメッキ加工しちゃって?るのかなぁ・・・・。 溶接箇所も焼けちゃうし、スパッタも余計にでるので溶接がしづらいです。

SW20_MUFFULER_kakouECV03.jpg

オイラの溶接がへたくそなのはご勘弁。 肉盛りしてあるので大丈夫だとおもいます。

SW20_MUFFULER_kakouECV04.jpg

今回は電気式ではなく、機械式ワイヤータイプなので、車体下から室内にワイヤーを引き込みます。

SW20_MUFFULER_kakouECV05.jpg

ワイヤーの調整ノブはこの位置に決定。 このノブ(ロッド)を押したり/引いたりで排気の量を調整できます。 トラックでいう排気ブレーキみたいなもんだね。 強制的に開閉できます。

SW20_MUFFULER_kakouECV06.jpg

チェックランプ点灯の件もしばらく前に言われていたので診断機にてチェック。 この年式は「まだOBD規格のダイアグじゃなかったんだね。 (初めて知った・・・)

作業終了は夜になってしまいましたが、なんとか日帰り弾丸作業は終了。
 
SW20_MUFFULER_kakouECV07.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/06/20(土) 20:14:18|
  2. 加工取り付け/ワンオフ製作ほか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<三菱レグナムの磨き作業&エアロ塗装&加工。 | ホーム | ウチの回送車の車検です。毎年は大変だぁ・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/398-36921138
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)