自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

トラック修理作業。

2年ほど前にオールペイントを施工したユニック車です。 地元の土建屋さんのトラックです。
荷台をぶつけてしまったとの事で入庫しました。 ずいぶん前から言われていましたが(焦っ)今になってようやく入庫。
 すんませんっ!
 増トンとはいえ、ワイド車だからデカイねぇ・・・。2年前、よく塗ったなぁ・・・と自分に感心。(笑) クレーン部分も塗りました。



さてさて、荷台の状況確認です。
なかなかやっつけられちゃってます・・・。
アルミのアオリなので、裂けてしまっていますね。 これを戻すと折れ曲がった部分が破断してしまうんですよ、アルミっていうやつは・・・。 さて、どないしよう・・・。

morigumi_unic_aori_shuuri02.jpg

蝶版もグンニャリ。 イナバウアー状態です。  おわぁ?! 戻るか?コレ。

morigumi_unic_aori_shuuri03.jpg

ボルトも中で空回りでとり外せないので、ボルトの頭を切断。  ボルト/ナットで通して使うことにしました。
それ以前に、再使用できるんか?

morigumi_unic_aori_shuuri04.jpg

悩んでても仕方ないので、アッチンチンに熱して、トンカントンカンやってなんとか2枚共に戻しました。(純正部品だったら取り寄せした方がよほど早いし安いですが、仮装荷台の場合は部品の特定が困難なので、なんとかして使い回します。 

なんやかんやで戻りました。 はたしてちゃんと取り付けできるだろうか?

morigumi_unic_aori_shuuri05.jpg

付いた!!! やったー!

morigumi_unic_aori_shuuri06.jpg

morigumi_unic_aori_shuuri07.jpg

アオリの内側はグリグリ/トンカンやってある程度復元しましたが、やはり破断してしまった部位もあるので、薄鉄板(コレしかないし・・・)で簡易処置でふさぐことにしました。  こういうのは、ウチに持ってこないで、ボディー屋さんに持ってゆこうね(笑)

車体の後部も塗装を頼まれていたので、蝶版と合わせて塗装します。 
ウチのブースじゃあ増トンワイド車はほぼ無理ゲーのサイズっすよ。(爆) 幅が・・・。キッツキツです。

morigumi_unic_aori_shuuri08.jpg

アオリ内側も仮処置。 切れてビリビリよりは良いでしょ。 

morigumi_unic_aori_shuuri10.jpg

morigumi_unic_aori_shuuri09.jpg

チャチャっと塗装も完了。 さーて!もう納車できるじゃん?!と思っていた矢先、施工主から電話が。
「オイル漏れなのか?トラックの置いてある場所が濡れているんだよね。確認してちょ!」と。

どれどれ?と確認したら、あらま~!???

morigumi_unic_aori_shuuri11.jpg

オイルパンのレベルゲージガイドの根本から漏れてます。 
このトラックを置いてある場所が、海の脇なので、通常の車を遙かに凌ぐ腐食具合なのです。 下回りも多分に漏れず、まさかの腐食穴あき。 腐食で空いた穴は、油脂類を使う場所は基本的には溶接修理は向きませんので、新品交換の旨伝えました。

----まあ、オイルパンも、2~3万円くらいはしちゃうだろうね。
なんて思って。部品を調べたら
どひー!!!   オイルパン¥55000(税別)、パッキン¥7370(税別)、ガイド¥2520(税別)と、部品だけで締めて¥70081ー   ウソでしょ??  とはいっても交換しないわけには行かないので、事情を説明した上で部品を取り寄せました。  しっかし高けぇなぁ・・・。  車の部品感覚とはえらい違いですわ。

ガバッ!っと開けて、寝っ転がって、ヤシヤシ作業開始。 
折角アウトリガー(ハイジャッキ)付いていたから車体をあげれば少しはやりやすかったのですが、オイルを抜いた後にソレを思い出して残念賞。 既にエンジンかけられず、仕方ないのでそのまま痛くて狭い車体の下をゴロゴロ寝ながらの作業でした。 バカだねぇー!

morigumi_unic_aori_shuuri12.jpg

オイルパンを外したところ、でっかいクランクシャフトだこと。 ストレーナーも綺麗で、クランク内も綺麗でした。 
ただただ思った・・・。  オイルパンのボルト数がハンパねぇ。 40から50本くらい止まってるんじゃねえの?マジで。腱鞘炎になってしまうわっ!

morigumi_unic_aori_shuuri13.jpg

外したオイルパンと、新品部品たち。 比較用に缶コーヒーの缶を置いてみた。 なかなかデカイでしょ?
パッキンを見れば分かると思うけど、異様な?ボルトの数ですよね? オイルパン止めるのにこんなに必要なんかいな?(笑)

morigumi_unic_aori_shuuri14.jpg

施工後、エンジンオイルを12リッター呑み込んで、めでたく納車完了!
スポンサーサイト
  1. 2015/09/16(水) 18:47:29|
  2. トラックネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<オイラ 変態なんです。 | ホーム | FTOの事故修理作業からのワンオフ加工改造他 その13~完成!>>

コメント

カゼさんの回送車の飾りはどこでやったんですか?
  1. 2015/09/16(水) 21:10:27 |
  2. URL |
  3. 茂 #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは
乗り物集まれ~♪
働く車の修理お疲れ様でした。

普通ならポイな
蝶番修理、お見事です。

オイルパンのボルト数
見るだけでイヤーですねー
  1. 2015/09/16(水) 22:07:18 |
  2. URL |
  3. おがっち #-
  4. [ 編集 ]

茂さん>初めましてこんばんわ! 大きな飾り(バンパーやハシゴ、バイザー)などは中古品をレンジャーに合うように作り替えて使用しています。 テールボックスもそうですね。 10連テールだったものを、アオリの幅に合わせて寸詰めして再溶接しています。  跡の部品は自身で加工製作したり、知り合いの鉄工所で切断折り曲げ加工して貰って、自身で組んだりしています。 車体の下処理~塗装や、電飾加工やリレー配線等はすべて自身で行っています。 (過去のトラックカテゴリーの記事でこの積載車の一部製作過程を載せています)  昔はイベントなどにもいっていました。 

おがっちさん>こんばんわ。 働く車はあまり長期預かれないので、チャッチャとやらないといけないので、プレッシャー感じますね。(笑) イナバウアーのような蝶版でしたので(笑)どうしようか迷いましたが、仮装屋を調べて部品を取って、それから~なんてやっていたら日数掛かってしまうので、なんとかインチキ鍛冶屋もどきの作業で戻しました。 破断しなくてよかったですよ本当に。  
 オイルパンは参りましたね。 あの1/3位の数でいいんじゃね?って思いますけどね。 単なる受け皿だから圧力もかかんないし・・・。  しかも1本のボルトが10ミリ頭(6ミリ芯)じゃなくて、12ミリのボルト(8ミリ芯)使ってあの数ですよ! ありえん。  
  1. 2015/09/16(水) 22:50:22 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/440-5258831f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)