FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ストレス溜まって現実逃避! (爆)

最近、なかなか休みを取ることができなく、結果、趣味のバイクいじりやバイクに乗ることもできず、ストレスばかりがたまってしまう・・・。(涼しくなってきて、バイクには一番おいしい時期なのに・・・悔しい・・・)

 で、どうなってしまうかというと、どこかで溜まったストレスを解消しないと、やっぱり無理がたたってくる。

数年前から心が疲れると(え? ヤバイか?俺)、童心に返ってプラモを作ったりしていますが、前々から興味があった全高365ミリもある巨大なザク。 画像では見ていましたが、大きくなると動きのギミックもショボくて、プロポーションなども大味になってしまうケースが多々ありますが、どうやらコレはかなりバランスもよく、大きさの割に部品点数も少ないようで(部品点数180点位?)なので、空いた時間で気軽に作れるかなぁ・・・・なんて。 
 1/48というサイズで、市販の一般的なガンプラではもっとも巨大なシリーズのメガサイズというものです。 
これを縦にたった48個積み上げたものが本物(?)のザクって事ですよ。(爆) 

昔は1/60という約300ミリくらいのものが最大サイズだったとおもいます。
 
 墨入れや塗装もしてあるので参考画像はとても格好良いのですが、これに近い感じでサクサク組み立てられるようなので、ワクワクしてしまった。 
 バランスも良くて、格好良いよね。 私は、ガンダムよりも、ザクやグフの方が好きなタイプです。 量産型っていうのが特にキモ。



で、早速買ってみた。

























4個も!
もはや大暴走。

現在、嫁には知られていませんが、もしバレたら、
「なんだか良く分かんないんだけど、注文したら届いちゃった! てへぺろっ」ってごまかそうかと思っています。 箱で見つかるとすぐバレるから、組み上げてしまえば多分大丈夫だろう・・・と。

GANPURA_bakugai01.jpg

とんでもないデカイ箱で届きました。 オイオイ、マジか?!

お約束でシャア専用ザクを1個。
 量産型と付くのに1個じゃあそりゃあないよ!となってしまうので、大好きな量産型ザクを3個。

一番上のはパーフェクトグレードという種類の量産型ザクを1個。
(後で知りましたが、このパーフェクトグレードというのは、名前の通り、内部や細部まで徹底的にこだわって作られたモデルで、初心者は手を出してはいけない位、危険な?モデルらしいっす・・・。 部品点数が600点以上になるっぽい・・・。マジか? やってしまったか・・・?  新品定価で¥13000もするんですね? 少々古いモデルでしたが、某オクで¥8000もしました!泣)

 素組だけじゃあつまらないので、今回からは墨入れやつや消しコートなどもやってみようかと材料も買い込んでみました。(笑)

車を塗装する塗料なら、本物のザクを1機塗装するだけの塗料もありますが(笑)、プラモではスチロール樹脂のため、おそらく車用の塗料(アクリルウレタン樹脂塗料)じゃあ、ベロベロに溶けちゃうような気がする・・・。  プラモ用の塗料も買わなくてはいけないか・・・? 余計な出費が増えるなぁ・・・。

早速、メガサイズの中身を確認。
デカっ!  
左が1/144サイズのザク(全高約130ミリ)、右が1/100のザク(全高約180ミリ)。
ショルダーアーマーの大きさだけでもうお腹いっぱいです。
(私は手頃さと、作り込みの多さ、動きの楽しさから1/100のマスターグレード(MG)というのが好きです。 写真の右のザクはMGのVer1.0です。

GANPURA_bakugai03.jpg

一応念のためパーフェクトグレード(PG)のパッケージも開いてみました。

GANPURA_bakugai02.jpg

目がチカチカするほどの部品点数。
部品の袋は2枚のランナーが一袋に重なって入っているので、見た目の倍の量の部品点数です。

GANPURA_bakugai04.jpg

制作時の画像をネットにて転載させていただきました。 (画像主さんすみません)
こりゃあアカン。 ちょっと、今のオイラには無理だ・・・・。

GANPURA_bakugai09.jpg

そっと箱に戻してフタをしめました。(いつかまた会いましょう!)

かくして、簡単な?メガサイズザクから制作。笑
(ずっとプラモ作ってばかりでもいられませんので、休憩の合間に少しづつ進めました。)  でも、大きいだけで、モデルの発売自体が新しいので組み立て方も凝っていて、非常に楽で簡単。  併せランナーで部品を製作するのが新しい試みですね。 ザクの鬼門(?)の動力パイプが、MGなんかだとあのビーズのような部品をひたすら切り離して、バリを取って、スプリングに通して・・・と気が遠くなる作業ですが、このあたりがパチパチ簡単にできちゃう! イライラ感が溜まらず、スバラしい作り。 可動の範囲も大きくはないから、これでできるのでしょうね。

 足のみと、1/100(18センチ)との比較。
チョーデカいんですけど・・・。
このザク用のヒートホーク(武器)をMGに持たせてみたら、同じ大きさでやんの。 爆笑!

GANPURA_bakugai05.jpg

サクッと(素組で)完成できたので、とりあえず、事務所のプラモコーナー(?)に置いてみた。
デカイッす! あと、3機も置けるのか? いや、そもそも作る暇もあるのか?

GANPURA_bakugai06.jpg

GANPURA_bakugai07.jpg

まっ、ちょっとだけストレス解消になったから良かったです。
あと1機は自分で作って、残りの2機は息子に作らせよう!!(爆)

GANPURA_bakugai11.jpg





関連記事
  1. 2015/10/05(月) 09:54:38|
  2. プラモデル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<EKワゴンちゃんの作業。 ちょっとビビリ・・・だって新車だもん!(前編) | ホーム | Z34の作業とか、ミラジーノのサス交換とか。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://kazeblog6066.blog.fc2.com/tb.php/449-cf68ae54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)