自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOとFTOの整備作業。

またまたGTOとFTOネタです。 もう最近連続です。w

今回のGTOは、もう10数年以上の常連さん。 車両は久しぶりの作業で入庫しました。 といっても数時間の日帰り作業でしたけど。



今回はパワステベルトの交換と、その他作業の打ち合わせ等でした。
ベルト交換は久しぶりに作業したけど、まあ狭いなぁ・・・。  なので、主に上からと下からとで作業です。

YAHAGISAN_GTO_seibi02.jpg

右が新品ベルトで左が外したモノ。 2割くらい細くなってしまっていますね。 Vベルトなので、その分溝に落ち込んで、テンションが甘くなりベルト泣きがでていたんでしょうね。 引っ張り調整ではなく、交換です。

 今回はオーナーさんがご自身で部品を持ち込まれましたが、社外品ベルトでたまたま?(数ミリ短いものと間違えた?のか)、テンショナーを固定するボルトを入れられるだけの遊びがベルトにありませんでした。 下からバールでグイグイとテンションをかけながらなんとかボルトを取付。  2本のベルトを重ね合わせてまでは確認しなかったので詳細は分かりませんが、実寸が短かったみたいで、ベルトテンショナーの取付がなかなか大変でした。

なんとか作業も完了! 足回りの現在の状態の話をしながら、今後の作業の打ち合わせをして完了となりました。

 YAHAGISAN_GTO_seibi03.jpg

派手派手ですねぇ~。

YAHAGISAN_GTO_seibi04.jpg


続いて!FTO。
以前にオーナーさんと下回りの状況確認時にお話ししていた、エンジン/ミッションマウントの交換作業に入りました。
部品は既に取り寄せていたので、早速作業開始です。

 YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan01.jpg

エンジンマウントとミッションマウントで合計4カ所です。 上から作業は、運転席/助手席部に分かれた左右のマウントです。
下からの作業になるのは、クロスメンバーの前後に取り付いている、前後のマウントです。

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan02.jpg

まずは運転席側にあたる部分の交換。  ここは楽勝!
みたまんまで当たり前ですが、上が新品で下が取り外し品。

ま、見えていたから作業前から分かっていたけど、なかなかヤレテいますね。 見た目はさほど切れていませんが、中央のシャフトが通るカラーの位置が全然違います。(新品に比べて約15ミリ潰れています) それだけ劣化などが進み、エンジン重量で潰れていたんでしょうね。

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan03.jpg

今度は助手席側。
コイツは・・・・・どひ~!

もうマウントの役目は0%です。 むしろマイナスです。
砕けてすっぽ抜けています。 既に中で脱落していました。

逆にこれだけ状況がひどいと、交換した達成感がありますね。(笑)
脇で、オーナーさんも思わず爆笑していました。

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan04.jpg

気を取り直して、車体下側のマウント。
こちらは前側。(セルモーター脇になりますね)
フロントパイプもすぐ近くを通っているので、熱害も受けやすいと思います。

これもなかなかドイヒー。
もう粉砕寸前ですぜ。 危なかった~。

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan05.jpg

こちらは後ろ側。 まだ見た目はまともな方ですが、これもシャフトカラーの位置が既にずれています。  どのみちここも駄目でした。  全部交換したので、エンジン位置も上がり、今までゴリゴリいっていたミッションケースとクロスメンバーとの干渉も無くなりました。

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan06.jpg

この銀色に光っている3カ所がミッションケースの底とクロスメンバーが干渉していたようです。
擦れた痕がありますね。 危なかったねぇ~。 アルミの鋳物だから、最悪はケースが割れてしまいますね。

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan07.jpg

エンジン位置が相対的に持ち上がったことで、いままでギリギリのクリアランスだったボンネット裏の雨避けカバー(シールド)が、オイルフィーラーキャップと干渉するようになってしまいました。 なので、カバーの一部を丸くくりぬいて、干渉していたオイルフィラーキャップの部位をくり抜きました。(ちょっと画像分かりずらいね)

 ※当方のオリジナルボンネット裏には、雨避けようの脱着式カバーが付いています。 コレがオイルフィラーと干渉してしまったんです。 元々はGRはGSなどのノーマルヘッド用のボンネットなので、ヘッド高の高いMIVEC車は当たってしまうんですよ。
 その箇所を丸くくりぬいて逃がし、事なきを得ました。

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan08.jpg

作業が終わった時には既に日が落ちて真っ暗。  折角なので、帰る前に電飾点けてパチリ。
ずいぶん派手になりましたねぇ~!(爆)

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan09.jpg

YAMAGUCHISAN_FTO_MOUNT_koukan10.jpg


スポンサーサイト
  1. 2015/11/25(水) 01:53:51|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2
<<GTOの仕様変更&キズ補修&車検預かりです。 その1 | ホーム | BMW K100RS 4Vの転倒キズ修理。>>

コメント

いつもお世話になります エンジンマウント交換したら 底突きしている様なゴツゴツ感がなくなり 車体の振動も劇的に減り マイルドな乗り心地になりました 交換して大正解でした 近いうちまた遊びに行きます
  1. 2015/11/26(木) 02:56:01 |
  2. URL |
  3. ジャッカル #5wp0qRG2
  4. [ 編集 ]

ジャッカルさん>状態の方、大分良くなったようでよかったですね。 これで一つ不安材料が消えましたね。 (^^)
  1. 2015/11/27(金) 00:36:45 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する