自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

FTOの事故修理  ボンネット加工/仕上げ

前回はボンネットのダクトかさ上げまでの掲載でした。
今回はダクト部の形状等が決まって仕上がったので、フィン部分の制作、および裏側の脱着式雨よけカバーの制作です。

FTOの後に制作された別車種のサメエラボンネット(たとえば70スープラや80スープラ)は表型の一体成形で一発抜きできるように形状を作成してあるんのですが、このFTOのボンネットがサメエラ形状での制作第一弾だったため、成形上の詰めが煮詰まっておらず(制作時は、かなり独特な形状だから買う人いねーっぺ!位の感覚でしたので(笑)あまり深く考えていませんでした)、フィンを後付けという面倒くさい制作方法になってしまいました。

ですので、型抜きされたボンネットはダクトのフイン部分が無い状態でできあがってきます。

白い部分が別で制作して1枚づつ裏貼りして接着したものです。(計6枚)
自分で作っておきながら面倒くさーい!(爆)



巣穴を拾って、サフェーサーまで仕上げたところです。

jyackalsan_FTO2_shuuri45.jpg

通常仕様のボンネットと違い、明らかにダクト部分が突出しています。 マイベック車のヘッド逃げの為です。 通常仕様のボンネットはマイベッック車でも取り付けできますが、雨避けカバーとオイルフィラーキャップが干渉してしまうんです。

jyackalsan_FTO2_shuuri46.jpg

雨避けカバーもダクト部に密着させてかさ上げするために、通常のカバー形状を加工してワンオフ制作しました。
あくまでも簡易的に脱着可能なカバーを目指しているので、脱着の手間も簡単にします。

 通常は片側3本のボルトにて固定ですが、今回は取付部の形状および方法も変更しましたので、片側ボルト2本&1箇所を差し込み式に変更しました。 画像では分かりませんが、完成後の仕様が違います。 
 これで、ダクト位置およびそれの下に付く雨避けカバーが全体的に上に移動しましたので、エンジンに干渉する心配も無いかと思います。 

うーん! このマニア過ぎる記事は、FTOオーナーさんじゃないと全然ピンと来ない内容でしょうね。 マニアック過ぎるなぁ・・・。(笑)
 
jyackalsan_FTO2_shuuri47.jpg

裏側から塗装します。
乾燥後、表側の塗装。フラットタイプのボンピン(エアロキャッチ)の取付です。

jyackalsan_FTO2_shuuri48.jpg

FTO完成、もうちょっとだ! 年内納車に向け頑張ります。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/15(火) 19:10:21|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2
<<S30Z レストア作業の続き 磨きからの組み付け作業。事件発生!からの修復&納車!! | ホーム | 時間がなくて、まともな更新ができませぬ。 残念~!(古っ!)>>

コメント

ダクト大好物っス!
中でもサメエラはやっぱり至高ですね♪
カッコイイ!!

Z34のエアロでも売り出しませんか~?
(* '艸')
  1. 2015/12/15(火) 19:47:27 |
  2. URL |
  3. ロッキー #-
  4. [ 編集 ]

ロッキーさん>作業待ち!待ち!ですみませんっ! 年内に預かるつもりが、身動き取れない状況で、来年になてしまいそうです・・・(泣) すんまそんっ! サメエラダクトは好みが分かれますが、かなりイカツイ印象にはなりますよね? 私も好きなので、いろんな車用につくっっちゃいました(爆)  Z35ってサメエラタイプって無いんですか?
  1. 2015/12/15(火) 20:10:51 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する