自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ホイールの修理&塗装作業他。

曲がりは無かったのですが、外周のガリキズ、塗装面の劣化などで綺麗にしたいとのご要望です。
GTOはビッグキャリパーでFFベースの4WDという特性上、ホイールのサイズや逃げが特殊なため、昔から選択肢が少ない傾向にあります。 容易に買い換えもなかなか難しいので、リペアして使用するという手も大いにアリだと思います。

まずは現状の画像。 使用には問題ありませんが、少々残念な見た目。 



足付け/洗浄して、リムキズを補修した後、サフェーサーを塗装した状態です。
一旦リセットすると気持ちがよいですね。

WHELL_shuuri_kawakamisan02.jpg

基本は、同じようなイメージでの塗装で復元しますが、超ディープリムのため、元は、リム奥まで赤色が入っているのですが、マスキングでの塗装塗り分けでは奥が深いと肌の限界があるため、今回はリム外周で塗り分けとなりました。 もう一つの理由が、外周で塗り分けた方が、見た目がホイールが大きく見えるという目的もあります。

まずは赤色の発色を良くするために、下色のピンクをリム部分に塗装します。

WHELL_shuuri_kawakamisan03.jpg

明るいのでピンクとの変化が乏しいですが、赤を塗装したところです。
元々の赤いアルマイト処理のレッドに比べて、あえて原色に近いソリッドの赤で塗装しました。(オーナーさんの希望です)

WHELL_shuuri_kawakamisan04.jpg

乾燥後、次にリム外周をマスキングして、オリジナルで調合したガンメタリックで塗装します。
マスキングを剥がして、赤/ガンメタリックを一緒にクリアーでトップコート塗装です。

WHELL_shuuri_kawakamisan05.jpg

センターキャップも平行して塗装。
(センターロックはゴールドアルマイトの為、そのままでイジりません)

WHELL_shuuri_kawakamisan06.jpg

しばし乾燥待ちです。 遠方のお客様のため、乾燥後は宅急便にて発送です。

WHELL_shuuri_kawakamisan07.jpg

こちらは最近はたまにしか作業をしない、マイクロバルーンでの抜き型成型作業です。
GTOのサイドステップフィンの制作時に使用しています。

昔は結構頻繁に注文/製作していましたが、最近はたまにポツーンとステップ&ドアパネルの注文がはいるとそれに併せて製作しています。 FRPの積層とは作業が異なり、裏表の型に流動物を流し込んで固めて抜き取るといった作業です。

あまりこういった成型は今はやらないでしょうし、ウチももう15年も前に製作した型なので、こういう作業も今は行っていません。
昔ながらの方法?でしょうか?
 型はFRPの成型ものと同じく、型用の材料で製作した型になります。 レジンキャストで複製するガレージキットのような感覚でしょうかね? あっちはシリコンゴム成型ですが。

流し込んでいる中身はマイクロバルーンと言われる、プラスチックの超微粒子粉です。 メチャンコ小さな球体で、空気を含んでいるので非常に軽い粉です。  このマイクロバルーンをFRP樹脂と混ぜ合わせてトロトロの流動物にします。
 硬化剤と一緒に硬化促進剤を入れることにより、乾燥状態が確認できない密閉型の内部を急速硬化させて成型します。
硬化前はシェークのようなやや堅いドロドロした流動物ですが、硬化するとカチカチキンキンのプラスチックになります。 FRP樹脂単体と違い、空気の層が入った樹脂なので、水に浮かべると浮きます。 それくらい軽くて堅いです。 しかし、ペーパーで削るとシャリシャリと簡単に削れるという、変わった特性のプラスチックなんです。  

FIN_seisaku01.jpg

乾燥後抜き取った成型品はまだ結構バリが付いています。
すでにカチンコチンのプラスチックです。  でも非常に軽いです。(軽石みたいな感じ)

FIN_seisaku02.jpg

バリを削って、形を整えた状態。
この後巣穴を拾って、サフェーサーで肌を仕上げて完成です。
フェラーリ(テスタロッサ)タイプのサイドステップに付属する部品の一部となります。

FIN_seisaku03.jpg

最近は、たまにしか作業しないモノですので、記事で書いてみました。
 元はこのマイクロバルーンは、FRPの新作や試作品を製作する際に、作業性が良いので使用していました。 ただし、乾燥時に(FRP樹脂を含んでいるため)熱反応がでるので、原型が熱反りするというデメリットもあり、最近は原型でも使用していませんでした。 まあ、低発熱型のFRP樹脂を使用すれば多少は回避できるんでしょうけどね。 
 
スポンサーサイト
  1. 2015/12/19(土) 23:34:37|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:2
<<更新する余裕がありましぇ~ん!  ユンボの板金完了! | ホーム | ミニキャブトラックのタイミングベルト交換他。>>

コメント

お疲れ様です
スーパーアドバンですね
18インチなのにap6potの、355パイローターが入る、GTOのゆういつのホイールかと思います
昔使わせてもらった記憶があります

サイドステップのフィンはジミニ良くみていたりします(^_^;)
今週末あたり、またどこかに?飛ばされるみたいです((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
やはり、タイミングベルト関係の作業やっておいて正解でしたm(__)m
ありがとうございますm(__)m
  1. 2015/12/21(月) 15:39:07 |
  2. URL |
  3. へきる #-
  4. [ 編集 ]

へきるさん>スーパーアドバン懐かしいですよね。 GTOでは定番ホイールでしたね。  6POT/355が入るホイールだったんですね? 

 最近長距離仕事が多いようですが、師走であちこち混んでいますので、気を付けてくださいね。むりなさらないように・・・。
  1. 2015/12/25(金) 18:51:06 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する