自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

20セルシオ板金修理&パワステ修理

接触事故で残念な状態で入庫の20セルシオくんです。
板金ついでに、パワステの方の修理も依頼されました。
 パワステが効かず、重ステ状態です。 
 さすがにこの重量の車で重ステは鬼です。   両腕筋肉ムキムキになっちゃいますよ。

まずは状態の確認。
*左ヘッドライト割れ
*コーナーランプ2個共にどっかに行っちゃってる・・・
*バンパー切れ&外れ
*フロントフェンダー曲がり(折れ)
など・・・。



20CERSIOR_bankin_shuuri02.jpg

バンパーを外してみると・・・ありゃりゃ。 バンパーステーもひん曲がってお辞儀しちゃっていますね・・・。
メインの骨格の方まで影響していなかったのが幸い。

20CERSIOR_bankin_shuuri03.jpg

安く済ませたいという意向で(あたりまえか)、中古部品を取り寄せて修理となります。  同色のフェンダーやバンパーがあれば、上手くすればポン付けで終了!となったかもしれませんが、なかなかそう都合良く見つかるわけもなく、色違いのバンパー/フェンダーが届きました。 まあ仕方ないっすね。  
 まずは仮合わせです。
画像はバンパーステーを修復(交換すると高いのでトンカンやって直しました。もったいないもんね!)して中古フェンダーを取りつけたところです。

20CERSIOR_bankin_shuuri04.jpg

車両を持ち上げているついでにパワステの状況も確認しましょうかね?
 フルードも空っぽでしたので、まずは補充して様子を見ます。
するとしばらくしてリザーブタンクからブワワワワッと吹き返しがっ!  ゲロゲロっ!?  まじか? 漏れじゃなくてこっちか?!

パワステのベーンポンプからもウイーンとうなり音がしています。(おそらく空だったからエアーを噛んでいるのでしょうね?)

20CERSIOR_bankin_shuuri05.jpg

とりあえず、パワステポンプのリビルト品を発注。  周辺もオイルまみれで、吹き返し以外にも漏れがあるのか?無いのか?も判断できないくらいにフルードでビタビタです。   漏れたフルードでポンプ下にあるオルタネーターも壊れてしまうよ・・・。

20CERSIOR_bankin_shuuri06.jpg

20CERSIOR_bankin_shuuri07.jpg

とりあえず、部品が来るまでに板金/塗装の方を先に終わらせることにします。
バンパーはすでにツートンで塗装しましたので、フェンダーの上半分のシルバーの塗装。 
フェンダーからドアにかけてボカシで2パネル塗装しました。

20CERSIOR_bankin_shuuri08.jpg

板金/塗装の方はとりあえず完了です。

20CERSIOR_bankin_shuuri09.jpg

ウン、ハンサム顔が戻りましたね。

20CERSIOR_bankin_shuuri10.jpg

さて、さて、パワステポンプが届きましたので交換です。 なかなかやっかいなところに付いています。 しかも周辺は今まで漏れまくっていたパワステフルードまみれでエライことになっています。 手を突っ込むのがイヤだなぁ・・・(笑)

20CERSIOR_bankin_shuuri11.jpg

上から/下からとゴニョゴニョやって摘出完了!
ポンプを外すよりも、繋がっているホース(元はゴムホースだったと思うが、すでにプラスチックのように硬化しちゃってる・・・)を壊さず外す方が大変だったりしました。

20CERSIOR_bankin_shuuri12.jpg

ポンプはリビルトですが、プーリーとエアーなんちゃらバルブ?は引っ越しなのですが、このエアーなんちゃらがめっちゃんこ堅くて全然緩まねぇ・・・・。 しまいには破壊してしまうそうだったので、冷静になってポンプを万力に固定して、レンチに鉄パイプを引っかけて「うぉりゃああぁぁ!!」   パキンッ!
となんとか緩みました。 危うく破壊してしまうところだったぜぇ・・・。
ロックタイトが入っているような場所でもないのに、なんでこんなに堅いのん?
 シールテープをまき直して、リビルト品へと装着。

20CERSIOR_bankin_shuuri13.jpg

ポンプも無事戻して、ほぼ元状態に組み上げてから、エンジン始動の前にフルード注入!
よーし!エンジン始動して、もう終わっちゃうよ!  と調子ぶっこいた矢先に、車体の下にポタポタしずくが・・・。
「???にゃんですと~!!(怒)」

たった今入れた新鮮なフルードが床に池になっているではないですか? うそーん?

どこから漏れてるんだよ!と探してみると、今回一番気を遣って外したリザーバタンクからポンプへとゆくホース(カチカチ君)のど真ん中からドバドバお漏らししているではないですか・・・?
 どひー! あんなに苦労してあっためて外したのに、どうして駄目になっちゃうの???

もう開き直って、半べそをかきながら、パキパキになった差し込み部分を破壊しながらホースを取り出すと、見事に真ん中がわれてやんの。
ちーん。

作業はただ今夜です。 しかももう部品屋さんもディーラーさんも年末でやっておりません。
うーん、困った(「うんこ待った」ではないです)。

20CERSIOR_bankin_shuuri14.jpg

工場内をガサゴソ探すこと10分。
オイルクーラー用の社外のホースの端材を発見。 ミラクルなことに内径もドンピシャ。
最初からコレがあったら、カチコチのホースを気を遣って外さなかったのに・・・・。 遅いよ・・・。

 まあ、なんとかなったからヨシとしましょう!

20CERSIOR_bankin_shuuri15.jpg

で、2度目のチャレンジ!
エンジン始動!   ブーン ボボボボボボボッ。(同時にウイーン、ゴボボボボボ)で、若干リザーブタンクより吹き返し。
そしてエアーが抜けず、ずっとポンプは唸りっぱなし・・・。
 駄目じゃーん!

ということで、パワステタンクの取り外し。(もう何度目だ?)
 外して内部のフィルターも洗浄することに決定。(本来なら新品取り寄せたいところですが、それが出来ない状況ですので、洗浄で乗り越えたいと思います)

 取り外して、ゴムホースを付けて、その辺に転がっていたプラグと電球をブッ刺してフタをし、ムース状のエンジンコンディショナーをブシューと吹きつけ。
 しばし2時間ほど放置で付け置き。

一旦自宅に帰って夜ご飯を食べてきてから作業再開。(よーし! 体も温まったし、エネルギーチャージも出来たからヤル気がでたぜ!)

20CERSIOR_bankin_shuuri16.jpg

その後、灯油で内部を4回洗浄。   キレイキレイにしてから、エアーでプシュー!
フィルターの詰まりも、これで少しは良くなるっしょ。

20CERSIOR_bankin_shuuri17.jpg

最後は組み付けて、フルードの漏れが無いことを確認して、エアー抜きして終了。
なんとか年内納車完了しました。 セーフ。
 でも、まだ納車待ちと、塗装作業、出荷部品の準備があるんだなぁ・・・。
いよいよあと2日だ、ヤベーゾ。

20CERSIOR_bankin_shuuri18.jpg











スポンサーサイト
  1. 2015/12/29(火) 18:38:24|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:2
<<W220ベンツ(S430)のATF交換&点検等 | ホーム | FTOの事故修理  ボンネット塗装完了~納車まで。>>

コメント

お疲れさまです。
がんばって下さい。カゼ社長❗
俺も31日まで野菜の出荷とか苗の定植でフル回転です❗
この忙しさが5月中旬まで続きます❗
なのでレンプロとKubotaのトラクターは夏に頼みます。
身体に気をつけて❤
  1. 2015/12/29(火) 20:30:49 |
  2. URL |
  3. 茂 #-
  4. [ 編集 ]

茂さん>やべえやべえ、あと1日しか無いッス。    皆さんもいろいろ忙しいですよね。   5月まで続くんですか? それは果てしないなぁ・・・。 お体には気をつけて仕事してくださいね。   夏のトラクター!待っています。(笑)
  1. 2015/12/30(水) 21:09:52 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する