自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

FTOのエアロ取付作業他。  

ブログを更新しなくちゃ!と思っていた矢先に、数日前に携帯(ガラケー)からパソコンにデータを移行するマイクロSDが、不手際で2つに折ってしまいまして(大泣)、データの移行が出来ずに停滞しておりました。  携帯はスマホではなく、ガラケーの為、他にiPADminiを持っていますが、作業しながら気軽に画像撮影するのはガラケーの写メの方が断然効率が良いので、未だにガラケー愛用者でございます。 しかももう5年以上前の旧型機種のため、(今回分かったのですが)2GBまでしがSDカードを認識できず、一般的には4GBや8GB~しかほぼ新品流通していないので、2GBのマイクロSDカードを入手するのに3軒もお店を回ってしまいました。(爆)  しかも8GBの安いのと値段が変わらん!(けしからん!)
 まあ昨晩なんとか入手が出来ましたので、無事データーの移行が完了しました。  幸いにも携帯本体には元データーが残っているのと、昨年末に一度SDカードのバックアップをとっておいたので(エライ!俺!)、実質的なデータの被害はありませんでした。 12月末以降にファイル名を変更した大部分のものは、ファイル名が無くなってしまいましたが・・・・。
 何事もバックアップは大事ですね。 背筋が凍る思いでした。

さて、話を戻して、FTOのリアバンパーをぶつけられてしまったので、修理(今回は最終的にはバンパーを交換しました)と、他に付けたい部品があるので、持ち込んで、加工/塗装/取付をお願いしたいとのことでのお預かりです。

熱烈な館山のFTOオーナーさんも駆けつけ(笑)、親睦を深めておりました。 同じFTOオーナーさん同士なので、話も弾んでおりました。 



FTO_amanosan_AERO_toritsuke02.jpg

FTO_amanosan_AERO_toritsuke03.jpg

FTO_amanosan_AERO_toritsuke04.jpg

さて、作業開始です。

ヴェイルサイド製のリアバンパーでしたが、今回は修理せず、イメチェンで、当方のリアバンパーを取りつけたいとのお申し出。
(アザース!)

ワンオフマフラーをつけておられます。 マフラーのテールエンドがヤンチャな方向を向いていますので(爆)、この辺りは多少修正が必要そうです。
以下今回の作業予定です。
*リアバンパーの交換
*サイドステップの取付(当方所有の在庫品)
*社外ドアミラーの塗装
*社外ボンネットの塗装&ボンピン取付&脱着式雨避けカバーの制作
*フロントアンダースポイラーの新規取付(破損のため別部品に交換)
等です。 盛りだくさんです。 あざーす!

まずは、リアバンパーの仮合わせ。 すり合わせながら現物合わせしてゆきます。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke05.jpg

FTO_amanosan_AERO_toritsuke06.jpg

仮合わせ後、サフェーサーまで入りました。 縦のディフェーサーも仮取付してあります。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke07.jpg

リアバンパー、サイドステップ等も塗装中。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke08.jpg

乾燥させている合間に、新品のプロF製フロントエアロが届きましたので仮合わせです。
上側の元のバンパーがヴェイルサイド製で、加工して取りつけられるとの事ですので、干渉部分を削り合わせながらすり合わせを行います。  切り取り範囲は大きかったですが、取りつけてしまえば見えませんし、なかなか分からないように付いてしまうもんですね。 よかったよかった!
 この後、サフェーサーを入れて下地の確認です。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke09.jpg

フロントハーフスポイラーの塗装準備中に、平行してボンネットピンの位置合わせを行います。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke10.jpg

その後、ボンネット、ドアミラー、ハーフスポイラーを塗装。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke11.jpg

FTO_amanosan_AERO_toritsuke12.jpg

こんな感じで、大胆にスポイラーサイド(内側)を切り取りました。(装着後は見えません)

FTO_amanosan_AERO_toritsuke13.jpg

こちらは、ボンネット裏側の雨避けカバーの製作です。 マイベック車ですのでヘッド高が気になりましたが、こちらのボンネットではギリギリ大丈夫でした。 しかし、装着されている社外のエアーチャンバー(アルミ製BOX)がかなり突出しており、ここは逃げられませんでした。  

FTO_amanosan_AERO_toritsuke14.jpg

なので、位置を確認しながら干渉部分をカット。  
 結果、こんな感じに部分的に露出する形となりました。(カバーはこの後ブラックで塗装します)

FTO_amanosan_AERO_toritsuke15.jpg

ボンピンの取付位置ですが、持ち込まれたボンネットがすでにエアロキャッチが取付されている状態でしたので、必然的にピンの位置は決定となります。  FTOの場合は、コアサポートのすぐ下(3センチも隙間が無い位?)に、エアコンのコンデンサーが構えており、コアサポートへの穴開けをミスるとコンデンサーに穴を開けて大惨事になってしまいます。

なので、事前に穴開け時のドリル刃突出防止のため、保護用の鉄板を作成しました。 これがあれば、万が一ドリルの刃が向こうに抜けても、コンデンサーに影響を与えなくてすみます。(保険代わりです)
 ボンピン取付お考えの方、位置によっては危険ですので良く確認してから作業してみてくださいね。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke16.jpg

雨避けカバーも塗装完了し、取付できました。 チャンバー干渉部の逃げが一目瞭然です。
無事干渉しなかったので一安心です。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke17.jpg

このチャンバーの角が当たってしまうんです。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke18.jpg

ドアミラーも取付完了! イイね!

FTO_amanosan_AERO_toritsuke19.jpg

最後にマフラーですが、バンパーを変更した関係で、マフラー出口が一部干渉してしまいました。
画像矢印部分を一度V字切り込みをして、内側に寝かせた後、再溶接します。

FTO_amanosan_AERO_toritsuke20.jpg

ちょいと溶接がへたくそですが、あまり突っ込まないように!
ちゃんと付いていますので問題ナッシングです。 

FTO_amanosan_AERO_toritsuke21.jpg

位置変更にて干渉しなくなりました。 OKでしょう!

FTO_amanosan_AERO_toritsuke22.jpg

FTO_amanosan_AERO_toritsuke23.jpg

あとは、仮履きしていたアルミを元に戻して、洗車して完了です!
雰囲気変わりましたね!



スポンサーサイト
  1. 2016/02/13(土) 10:49:08|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:0
<<FTOに17インチブレーキを付けましょう!の巻 | ホーム | H42Aミニカ ハブベアリング交換他>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する