自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

HH3 アクティバン Tベルト他交換 HID取付

HH3アクティバンです。 以前に板金&パールホワイトにオールペイントで仕上げた車です。
今回は車検とタイミングベルト交換、持ち込みHIDキットの取付です。



この手のE07A型エンジンはとても丈夫ですよね。  もう20年選手ですが、全然元気です。
私も同型のアクティバンを通勤仕様で使っていますが、19万kmですが全然調子が良い。 もちろんそれに伴っての整備もしっかりやってはいますが、この後の方のE07Z型に比べると古いですが致命的な故障は少ないですね。  良いエンジンだとおもいます。

もうさんざんHH3やHH5などのホンダリアエンジンはやりましたので、サッサと進めます。 
JB型のライフやザッツなどのフロント横置きエンジンよりこっちのリアエンジンの方が作業性が良いと感じるのは私だけ?
 フロントエンジン作業用のホンダ用のクランクプーリーホルダーもありますが、どうにも狭いのであの手はあまり好きではないです。  どうしてホンダはこうクセのある造りなんでしょうね?
 ベルトも削れて、アイドラーやテンショナーにベルト粉が付着していますね。

タイミングベルトよりも、見た目はオルタネーター/エアコンのベルトの方が痛みが進んでいました。
良いタイミングで一式交換できたかもしれません。 もちろん周辺部品一式での交換です。

HH3ACTY_SEIBI_SHIAGE02.jpg

持ち込みでのHIDキットの取付です。
このHH3型などはヘッドライトを外側から固定して付けるタイプでライト裏が袋になっていて、バックスペースが狭く通常ではHIDなどの外部キットは物理的に装着できません。(バラストやイグナイターなどの置き場がありません)
 バックパネルに穴を開けて、グロメットを併用して配線を室内側に通して逃がして取りつけました。
もちろん防水処理も行っていますよ。  これで旧型でもHIDが装着可能です。
 今回装着したのはリレーレスタイプです。  モノによってはバーナー後部が干渉してしまうケースもあるので、バックスペースを少したたき出すか、ヘッドライトユニット取付時にワッシャーを噛ませて少し位置を前に逃がすなどの処理が必要な場合もあります。 使用するキットのサイズによります)

 無事装着完了。

HH3ACTY_SEIBI_SHIAGE03.jpg

リップスポイラーも当方のオリジナル品です。
この頃の旧規格のバンの方が、新規格(ボンネット突出タイプ)よりもスマートで格好が良いですよね。
アルミホイールはトヨタの初代bBです。  6Jの+38なので、正直ちょいと車体からハミ出ます(笑) 見た目はヨシですが。
センターハブのサイズが違うので、リアに5ミリスペーサーを入れてかわしています。 フロントはハブ面がフラットなのでそのまま取付可能。 でも、ホイール内側とサスとのクリアランスが1~2ミリしかないので、そのままだと場合によってはハンドル切ったときに若干干渉する場合があります。 その場合は3ミリスペーサーで回避可能。

ドアバイザーは確か旧型サンバーバン純正を流用したような覚えがあるなぁ・・・・。 試したら、サイズがビンゴだったような・・・。(笑)
ライトハイジングやワイパーと同色に塗り直してあります。

ウン、凛々しい面構えです。

完成! バンパーやミラー、アウターハンドルなどが同色になるだけでもちょいと一体感が出ますね。
今は後付けのキーレスやパワーウインドウキットなどもあるので結構充実装備仕様にすることもできるので流用しがいがありますね。 今度私のバンにも後付けパワーウインドウキットを付けてみたいと思います。(^^)

このHH3型は、車体の気密性も甘いのですが、エンジン自体の静粛性は低いので、リアの荷室にこの後の型のアクティバン(HH5)やバモス(HM1)などの純正のリアカーペットを敷くと室内はかなり静かになります。 
 HH3の純正荷室シートは、ペラッペラのビニールシート1枚です。

HH5アクティ/HM1バモスの荷室カーペットは非常に重厚に作られているので、静音効果は高いです。 エンジンの熱も室内に入りにくくなるので、夏場のエアコンの効きも良くなります。 中古で手に入れて、アクティ以外でのバンなどへの流用も効果が高いと思います。 おすすめです。 HH5アクティの表面はビニールレザー仕上げ、HM1バモスの表面はモケット?仕上げで違います。 荷物を頻繁に載せる方はHH5の方が汚れを気にしなくて良いかもしれません。

HH3ACTY_SEIBI_SHIAGE04.jpg

 
スポンサーサイト
  1. 2016/03/24(木) 22:15:05|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<GTOの車高調交換のはずが・・・・。他 | ホーム | 2トンダンプ 板金からのオールペイント作業 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する