FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

FTO水回りの修理 その1

オーナーさんより、水回りのホースが劣化してきているみたいなのでホースを取り寄せて欲しいとのことで、スロットルボディー周辺とヒーターホースを取り寄せました。  
 ご自身で作業するので・・・との事でしたのでお任せしましたが、ここでハプニング。

「ヤバいっす! ホースの差込み部分が粉砕しちゃいました!!」
とあわてて駆け寄ってきました。
 みてみるとヒーターホース部の根本の樹脂部分が綺麗にポッキリ折れていました。 アウトォー!



見事に無くなっています・・・。
経年劣化で脆くなっていたんでしょうね。 まあ仕方ないことです。

とりあえず、注文する部品が増えまして、
「これからの時期はヒーターはしばらくいらないでしょうから、後日改めて部品を取って交換なりの対処をしましょう!」
となりました。 なので、エンジン側から出ているヒーターホース(INとOUTの2本)をUターンさせて、室内のヒーターコアに水を行かないようにして応急処置をしておこうか?と急遽予定変更。

FTO_mizumawarinoshuuri02.jpg

と思った矢先! ホースを外すと、今後はエンジン側のヒーターホース差し込み部分が腐食で脆くなっていました。 穴も開いちゃってました!!
こりゃあまずいぞ・・・。と、ちょっと血の気が引く。

FTO_mizumawarinoshuuri03.jpg

早速部品商に在庫の有無と価格を問い合わせるが、一番のメイン(希望)のサーモケースASSYはすでにメーカー生産終了に付き入手できず。(¥14400の部品でした)  これまた仕方ないので、サーモケースASSYをエンジン本体から切り離して、まずは状態を確認しました。  うーん・・・なかなか昔のサビがスゲぇなぁ・・・。
 (3年ほど前にオーナーさんが部品取り車として購入してきた車体でした。 部品取りでそのまま潰してしまうのは惜しい・・・との希望で復活させてきた車体です。 かなり水回りも洗浄して、ラジエター/サーモスタット/アッパー&ロワーホース等々をそのときに交換したんですけどね。 水の入れ替えも20回くらい行いました・・しかし・・・。)

FTO_mizumawarinoshuuri04.jpg

ここの差し込みが一体品(圧入)で単体部品が出ません。 しかもケースASSY自体も生産終了で新品がもう買えません。

じゃあ仕方ねぇ!ってんで、この腐食の進んだ差し込み部分を新規に作り直してやろーじゃねぇかぁ!!と意気込みました。

FTO_mizumawarinoshuuri05.jpg

外した中もこんなジャリジャリの状態。(号泣)

FTO_mizumawarinoshuuri06.jpg

サーモケース取付部(エンジン本体側)です。 真ん中のウォーターパイプも取り外します。

FTO_mizumawarinoshuuri07.jpg

取付部のOリングも交換。  Oリング取付前に、このウォーターパイプをサビを落としてにリペイントしておきました。

FTO_mizumawarinoshuuri08.jpg

圧入された差込部分の残った破断部をケースからなんとかかんとか引き抜きます。

FTO_mizumawarinoshuuri09.jpg

傷つけずに抜き取れました!!  よかったぁ・・・。

FTO_mizumawarinoshuuri10.jpg

次回に続く。
関連記事
  1. 2016/05/02(月) 02:11:53|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<FTO水回りの修理 その2 | ホーム | V-TEC搭載最速バン登場!!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する