自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

FTO水回りの修理 その2

前回の続きです。
腐食で穴が開き、くたくたになったホースの差込口を撤去し、新たな差込口を作ります。

既にメーカー側では生産終了(在庫無し)との状態らしいので、同様の事が起こった場合は、中古で手に入れる(運良く入手出来るかがカギ?)か、今回のようにスリーブ打ち替えになるのでしょうかね? 困っちゃいますね。

用意した材料はこちら。  
メス穴径に対して、このパイプは約1ミリ細いですが、その分パイプの方を若干フレア加工してキツくしてから打ち込みたいと考えています。 上の黒い部品は部品取りの車からもぎ取ってきた部位です。 使えそうで持ってきましたが、ちょいと短いのと、1個しかなかったので別で材料を用意しました。
 近所のホームセンサーで売っていたアルミ中空パイプです。



必要な長さに切り出します。(2本用意)

FTO_mizumawarinoshuuri12.jpg

そのままだとユルユルなので、エアコンなどの銅管をフレア加工(広がり目)するのに、SSTを引っ張り出してきました。
こいつで若干のテーパーを付けて、抜けにくくしました。 ホースが刺さる側も少しフレア形状にしてホースが抜けずらくしました。

FTO_mizumawarinoshuuri13.jpg

少しキツ目に調整して埋め込み、液体ガスケットで接着。(2カ所ともに)

FTO_mizumawarinoshuuri14.jpg

こちらはサーモスタットケース。 これらも新品に入れ替えました。

FTO_mizumawarinoshuuri15.jpg

ガスケット類も新品に交換して再度エンジン側に戻し完了。

で、一旦エンジンルーム側はほぼ終了なので、お休みです。
今度はヒーターコアを交換するために内装のダッシュボ-ド外しから入ってゆきます。
(既にバラし始めています)

FTO_mizumawarinoshuuri16.jpg

FTO_mizumawarinoshuuri17.jpg

ジャンジャンバラします。
ヒーターケース外すのにまさかのダッシュボードの脱着になってしまうとは・・・。 残念~!!

FTO_mizumawarinoshuuri19.jpg

こちらはエアコンのエバポレーターの入ったケース

FTO_mizumawarinoshuuri20.jpg

摘出したヒーターケース。
これを取り出すには上記のエアコンのエバポレーターを先に取り出さなくてはゆけません。 一旦、エアコンガスも抜きその奥のヒーターコアに到達します。

FTO_mizumawarinoshuuri21.jpg

バラしてみて新旧部品の比較。  現行の新品部品もやはり樹脂製のジョイントなんですね。 10年後にまた樹脂部品が折れたら(?)そのときは部品が果たして入手できるのかいな?なんて余計なことを考える。 真鍮か何かで作っておけばサビで穴までは開かないでしょうに・・・・。

FTO_mizumawarinoshuuri22.jpg

FTOはエアコンのフィルターというものが存在しないため、エアコンのエバポレーターが非常に汚れます。  今回のもそこそこ汚れていました。  この後、ブラッシングしながらホコリ溜まりと汚れを洗い流しました。
 天日干しして水を切ります。

FTO_mizumawarinoshuuri23.jpg

組み込んだら折り返しで、室内を組み上げてゆきます。

FTO_mizumawarinoshuuri24.jpg

新たに冷却水を入れエアー抜き。   平行してエアコンも、真空引きしてからガスを注入。

 FTO_mizumawarinoshuuri25.jpg

メカ系の動作確認もOKそうです。
エアコンガスも規定量(630g~670g)に充填。

試乗もOKでしたので、これにて水回り作業は終了です。
スポンサーサイト
  1. 2016/05/02(月) 23:25:31|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:2
<<セルシオヘッドカバーパッキン交換のはずが・・・。 | ホーム | FTO水回りの修理 その1>>

コメント

お忙しい中 余計な仕事作ってしまい ほんと申し訳ありませんでした。 ホース交換なら自分でできると 軽い気持ちでしたが

・・・・まさか コア側だけでなく エンジン側も あんなにボロボロだったとは・・・・・・そんな状態で今まで 大きなトラブルもなく よく無事に走行していたものです 。 

 部品の在庫が無いと聞いた時は 目の前が真っ暗になりましたが。 KAZEさんとマックさんのお陰で また元気に走りだす事ができました  。 

チューニングカーも拝見できて良かったです 発想が凄いですね 羊の皮を被った狼仕様 憧れます

正直助手席に乗せてもらうまでは 足回りは突き上げ感があるのでは? と思ってましたけど   完璧な足回りに驚きました 

ハイグリップタイヤの恩恵もプラス (ポテンザRE71よりグリップしていた様な・・)   路面にしっかり吸い付いて しかもVTECが入るのも早くて驚きました 

8400辺りからレットゾーンだったので 高回転型のエンジンなんですね トルクで体が 強引に押さえられる感じは たまりませんでした

もっと距離があれば さらに 余裕で加速できそーな気がしました  回しても エンジンが凄く静かなのには驚きました (もしかしてコンプリートエンジンなんですかね)

またマックさんが遊びに来たときは連絡してください 飛んでいきます

機会があれば呑みたいです  きっといい酒に・・・・・(笑)  

 いつも助けてもらいありがとうございます  マックさんにも よろしくお伝えください





  1. 2016/05/04(水) 03:52:37 |
  2. URL |
  3. ジャッカル #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ジャッカルさん>返信遅くなって申し訳ないですっ!  V-TEC載せは笑えましたね。 FTOはその後も順調なようでなによりです。 GWに間に合ってよかった!  次回、機会があればマックさん交えて飲み交わしたいですね。(^^)
  1. 2016/05/08(日) 11:09:00 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する