FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

セルシオヘッドカバーパッキン交換のはずが・・・。

身内の車なのですが、暮れから近いうちにやらないといけないなぁ・・・・と思いつつも、なかなか作業できる時間を作れず、先日オイル交換の際に下回りを見たらもはや漏れたオイルでヒタヒタ・・・。
 こりゃあイカンとなって、急遽このGWの仕事の合間での作業となりました。

V8の割には左右バンクはさほどギュウギュウの印象はないので、夕方からやってもなんとかなるかな?位の感覚でした。



さてさて、作業開始です。 画像は左バンクですが、実はすでにもう右バンクは作業完了して、残す左バンク作業中の画像です。

UCF31_gascket_koukan02.jpg

もう、右バンクを見た際にグワァォオ?! なんじゃこりゃあ~!???の状態は分かっていたのですが、左バンクもひどい状態でした。
 購入したのは1年半ほど前。 以前(いつのか?)のオーナーのオイル管理が悪かったのでしょうね、オイルカスがそこら中に付着/沈殿していて、酷い有様。 よく焼き付かなかったなぁ・・・と思ってしまうような状態。 正直知りたくはなかったぁ・・・。
 ハイ、そうですか?と見過ごす訳にもゆきませんので、取れる範囲で掃除機で吸い込みながらカリカリそぎ落としてゆきました。
 異音や白煙などもなかったので、内部がこんな状態とは思いもよりませんでした。

あまり無理してこそぎ落としても、剥がしたスラッジがオイルラインを詰まらせて最悪は焼き付きなんで事にもなりかねませんので、残念ながら無理なそぎ落としはしません(できません)でした。 (あ~全バラして綺麗に洗浄してぇ・・・)

UCF31_gascket_koukan03.jpg

タペットカバー裏面もこの通り。  駄目だこりゃ・・・。  久しぶりにこんなの見ましたわ・・・。
とりあえずこれもこそぎ落として、できるだけ綺麗にします。 もちろん、組み付け時はタペットカバーパッキンとプラグホールパッキンも新品交換して組み付けます。 その前に、オイルカスでプラグホールパッキンがみえねぇ・・・。 掘り出さないと(笑)

ダイハツやトヨタはこのタペットカバー(ヘッドカバー)の内側が2重鉄板になっていまして、この鉄板に押さえられてプラグホールパッキンが固定されています。 このカバーの背面も凄いことになっているんだろうなぁ・・・。 強力な洗浄剤に漬け込みたい・・・。

UCF31_gascket_koukan04.jpg

こそぎ落とした一部と、パキパキに硬化したパッキン類。  エンジンルーム内の熱量もすごいんでしょうね。

UCF31_gascket_koukan05.jpg

組み付け後に、車体を持ち上げて、下回りを高圧洗浄で洗い流し。  オイル漏れも止まったか少し様子を見てみたいと思います。

時間の関係上出来るだけの事をしたまでになってしまいましたが、改めて今度はオイルパンを外して内部を洗浄したいと思います。 オイルストレーナーも詰まっていそうでコワイです。
 最低限、オイルと水位は定期点検/交換しないと駄目ッすよ!  と前のオーナーに言いたい!  自分のところで乗るようになってからは5000km未満で必ず交換していましたョ。 
関連記事
  1. 2016/05/04(水) 01:33:08|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<H81 EKワゴンの車検整備 | ホーム | FTO水回りの修理 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する