FC2ブログ

自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOセンテニアルの車検 と、ワゴンR 1日半板金仕上げ(笑)

もう制作して6年経つんですね。 早いものです。
2年に一度横浜から車検の為に持ち込んでいただいているGTO(センテニアル)。
H11年式の最終型ツインターボがベース車です。
 2メートルをゆうにオーバーしている巨体はもちろん公認取得済みのガルウイング車両です。

この仕様で通っていますので各部点検の後、管轄陸運局に直接持ち込み継続検査となります。



後ろからみると既にGTOの面影はテールランプくらいしか残っていません。 給油口も加工してバイク用(鍵付き)をインストールしています。  1代目の白センテニアル(現在秋田のオーナーさんの元にあります)は、給油口は上面に移設しました。

4WDベースですが、前後のタイヤ外形差を計算して前後で幅違いのタイヤをはかせていますのでミッションやトランスファーの故障も起きておりません。 大丈夫です。

shaken_CENTHINIAL02.jpg

左のウインカーカバーが片方だけ脱落紛失してしまっていたので(預かり時に)、念のため当方の予備セットを一式装着して通しました。 なので、ウインカーはクリアー(でも日焼けして黄ばんでいます。笑)を装着になっています。

shaken_CENTHINIAL03.jpg

この後途中でオーナーさんと合流し無事引き渡し完了!

で、こっちもちょいと前の作業画像。

フロント左をクラッシュしているワゴンR(MH22S)。
車両の状況をみるに、左前方側面よりタックルされた感じの当たり方です。
全体的に運転席側(右側)にコアサポートをはじめとしたフロント部分が寄ってしまっています。

このまま外装部品を組み込んでも寸法は出ないため、ライトバッフル含めてコアサポートを引っ張り出してやる必要がありそうです。

今回、ラッキーな事に同色のフロント周り一式の部品を持っていましたので、できたら塗らずにそのまま組み込んで仕上げたいと思います。 

MH21S_BLUE_bankinshuuri01.jpg

一見して、見た目は全然対したことなさそうで、そのまま組み直せばよいんじゃね?って感じですが、残念ながら右に降られているので、左に引っ張り出さないとなりません。
 まずはフロント周りのじゃまな部品をはずしてゆきます。

MH21S_BLUE_bankinshuuri02.jpg

車体を固定し、フレーム修正用のクランプでパネルをくわえ込んで、ギリギリと引っ張りながら同時にたたくところは叩いて、元位置に矯正してゆきます。

クシャクシャになった画面中央下のフェンダーブラケットは、スポット溶接をはがして新品部品に交換します。

くわえる位置を変えながら、徐々に元位置まで引っ張り出します。

MH21S_BLUE_bankinshuuri03.jpg

偶然にもストックしてあった同型/同色のフロントパネル類。(ボンネット/左フェンダー/フロントバンパー、左右ライトを使用しました)
 

MH21S_BLUE_bankinshuuri04.jpg

コアサポートの修正(交換はしていません)を行い、フェンダーブラケットを再溶接をして各パネル部品の立て付け/チリ調整を行います。 今回塗装したのは、このフェンダーブラケッットだけ。
 あとは調整しながら組み立てるだけです。

MH21S_BLUE_bankinshuuri05.jpg

作業開始より1日半で完成! 
まあこれでヨシとします。

MH21S_BLUE_bankinshuuri06.jpg

MH21S_BLUE_bankinshuuri07.jpg
関連記事
  1. 2016/08/14(日) 00:41:19|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:0
<<最近テンションあがらず、更新がおサボリ気味です・・・はぁ・・・。 | ホーム | 先週金曜日にパソコンが壊れまして、つい先日までPC環境から断絶状態でした・・・(泣)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する