自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

グースカウル ゼファー1100への装着&シングルシート併用のキャリアも加工 前編

昨年末の最後のバイク作業ネタです。
ゼファー1100ベースでの加工は2台目だったのですが、今回は少々今までと趣向が違いまして、オーナーさんはこのゼファーでもたびたび長距離ツーリングに行かれるそうで、荷物を詰めるスペースは確保したい、でもグースのスタイルもそのままでなんとか両立できないものか?とのご提案。  事前に一度ベース車は拝見させて頂いていたので、なんとかなりそうですとの回答で制作に入りました。

 入庫の際は、できるだけ持ち帰りの部品を少なくする関係上、無くても走ってこれる部位に関しては外してきて頂きましたので、シートカウルやその他一部の部品は無い状態でのお預かりです。

足回りはダイマグホイールにオーリンズショック、ヨシムラのキャブに補強入りのスイングアームetcなどと結構走り重視のカスタムが施された車体です。  エンジンの反応もゼファーとは思えないようなレスポンスでした。



この、純正シートカウル対応のキャリアをなんとか加工してシングルシートカウル装着の状態で併用(脱着できるように)と考えています。 ロングツーリング時は装着。 それ以外でMADMAXを満喫したい場合は、スタイルを損なわずに綺麗にシングルシート仕様に5分程度で戻せることを目指します。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_02.jpg

まずはいつものようにバラしから始めて行きましょう。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_03.jpg

さて、作業開始!と思ったら、ウチにあるレーシングスタンドでは車体を持ち上げることができないの事が発覚! 
レーシングタイプのアタッチメントが無いと駄目なのねん? 買うのもバカらしいし、それまで待つのも我慢できないので、丁度の寸法の角パイプ(偶然あった)と、5ミリ厚の鉄板を引っ張り出してきて、プラズマカッターで切り出して急遽制作。 見た目はアレだが、まあ用を足せば良いので・・・。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_06.jpg

アッパーカウル保持部のプレート溶接です。 ここはガッチリ固定します。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_04.jpg

平行してアッパーカウルに対するカウルステーの制作。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_05.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_07.jpg

カウルの水平度やハンドル噛み込み猶予の確保、マフラーの逃げなどを加工しながら位置を出してステーを溶接。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_08.jpg

とりあえずアッパーカウルの位置は出ましたので、引き続きアンダーカウルの位置出しとステーの制作。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_09.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_10.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_11.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_12.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_13.jpg

んでもって、シートカウルの方も位置出しして固定してしまいます。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_14.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_15.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_16.jpg

GOOSE_STYLE_Zepher1100_17.jpg

シートは純正を寸詰めして、内側に巻き込んだだけの状態。 改めてオーナーさんが張り替えるか?そのままで行くかは検討するとのことですので、とりあえずアウトラインのみ整形しておきました。

GOOSE_STYLE_Zepher1100_19.jpg

さてさて、次はシートキャリアの加工です。 次回です。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/27(金) 10:04:20|
  2. バイクネタ
  3. | コメント:0
<<グースカウル ゼファー1100への装着&シングルシート併用のキャリアも加工 中編 | ホーム | 平成元年式キャリー 走行4万キロ・・・マジで?! 整備です。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する