自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

お別れ。

出会いは4年半前の暑い8月の夜でした。

嫁が、「家の前の橋の下で鳴き声がするんだけど、パパちょっと見てきてよ!」と。
    「昨日から聞こえるんだよね。もしかしたら何か鳴いてるのかも?」

懐中電灯を片手に、家の目の前の橋の下まで降りておおい茂った草をかき分け見つかったのは1匹の子猫。

衰弱して、汚れて、でも必死にニャーニャー鳴いてました。

このままじゃさすがに死んじゃうから、一旦保護しよう!となって、とりあえず家に連れて帰りました。

会社にも実家にもワンコが居るし、これ以上は生き物は面倒見切れないよ、という説得をしましたが、さすがに放っておくのもかわいそうということで、タオルで汚れを拭いて、ドラッグストアに子猫用のえさを買いに行ってきました。 
 興味津々と言うこともあり、嫁も子供達もみんな総出で見守っていました。 とりあえずは脱走しないように家にあったダンボールにタオルを敷いて、エサの時は出してきて与えるという感じでした。

とりあえずは元気になるまで!と言い聞かせて2日目の夜、仕事を終えて家に帰ると、元気になった子猫が家の中を走り回っていて、家の中にはなにやら見慣れないモノが・・・。
オレ「何コレ?」
嫁「ネコちゃんの家!」
オレ「は?  いつの間にキャットハウスとかあるわけ??? このネコ用トイレもか?」

すでに家族として迎える準備万端だったようです。

最初は私もあまり良い顔はしなかったのですが、元気になった子ネコと、笑顔が増えた家の中を見て、仕方ないか・・・となりました。

オレ「名前が決まった!  風から取って、ふーちゃん(メス)。決定!」

arigatou_FUUchan001.jpg

こうしてウチの家族が増えました。 ふーちゃんを中心に会話も増えた。  みんながかわいがった。

arigatou_FUUchan003.jpg

 家ネコとして中だけで飼うとはいえ、一応予防接種や避妊手術もした。 元々免疫もあまり強くないようで、皮膚が荒れたり、血小板の数値が低く、貧血気味だったりとしょっちゅうかかりつけの病院にいっていました。 

arigatou_FUUchan005.jpg

入院もしていた。  心配で毎日朝/夕方と、様子を見に行っていた。

arigatou_FUUchan004.jpg

エリマキトカゲ?姿もしょっちゅうでした。 

arigatou_FUUchan006.jpg

たくさん手もかかって、心配ばかりだったけど、嫌だとは一度も思わなかった。
みんな、その仕草や愛くるしい姿が大好きだったから・・・。

arigatou_FUUchan007.jpg

狭いのに、箱や袋に入るのが好きだった。

arigatou_FUUchan008.jpg

鏡餅のような後ろ姿も大好きでした。


arigatou_FUUchan009.jpg

抱っこされるのは苦手なようで、1分と抱っこさせてくれなかったけど、寝そべったままおなかに顔を埋めてフガフガはオイラの日課だった。(笑) いつもノドをゴロゴロ鳴らしてくれた。

arigatou_FUUchan002.jpg

寒いこの時期には、布団に入って一緒に寝たね。 入れて入れてと、いつも顔をトントンしてきました。

でも、数日前突然のお別れ・・・。

先天的に心臓に疾患があり、薬も毎日飲んでいて、数日前にも定期検診にもいって血液検査もしたばかりでした。

数日前の朝方、ふーちゃんの様子がおかしい!と、あわてて病院に。  あいにく日曜日でいつもより診察時間が1時間遅い・・。
それでも駐車場で待機したまま、先生やスタッフの方のが見えるのをひたすら待った・・・。
 1時間半後ようやく先生の姿が確認でき、内容を伝え応急処置に。
すでに両後ろ足は動かず、時折苦しそうに・・・。
 なんとなくの予想はしていましたが、恐らく心臓から飛んだ血栓が詰まって麻痺しているんだろう・・・と。
ネコの心臓疾患(ふーちゃんの場合は肥大型心筋症)の場合は、この血栓が腰の血管に詰まり、下半身をマヒさせ、高い確率で亡くなってしまうか、下半身マヒ。 それでも生還した場合の再発率も非常に高く、高確率で死は免れない・・・と良くないことばかりがネットでの情報で出てくる。

 でも、ふーちゃんは強い子だ! いままでもがんばってきた。 家族みんながついているから応援しよう!ふーちゃんも戦ってる!

酸素室に入れられ、血栓を溶かす?点滴も行い、できる処置をお願いし祈る思いで一旦帰宅しました。
何かあった場合はすぐに連絡をします!との約束で。

夕方仕事を早めに切り上げて病院に様子をみに行きました。
薬が効いているのか、やや反応は遅かったけど、顔を見るなりニャーニャーと反応が。
思わず、「がんばれ! ふーちゃんがんばれ!」
なにもできない歯がゆさで嫁もオイラも顔をくしゃくしゃにしながら、顔をなでて病院を後にしました。

それが最後のふーちゃんの姿でした。

翌朝早朝の電話であわてて病院に向かいました。
様態が急変したとの事。

病院に到着すると、反応はなく、先生が必死に心臓マッサージを施していました。
心電図の反応もなく、ただただむなしい時間だけが過ぎてゆきました。

体をなでるとまだほのかに暖かい、でも足を触るとすでに冷たく、硬直しているようでした。

それ以上はふーちゃんの体を傷つけてしまうようで、処置の中止をお願いしました。

あまりに突然の別れで、もはや呆然。  とても受け入れられずに、涙だけがただただ溢れてきました。

昨日までは普通にじゃれ合ってたのに・・・なんで?どうして? 

数日経った、今でも家に帰ると、お迎えの挨拶で玄関まで迎えに来てくれた姿が、もうありません。

寝るときのトントンが、もうありません。

おなかでフガフガが、もうできません。

もうなんにもできません。 抱きしめる事もできません。

ツライ・・・つらすぎる。

このブログを書いている今も涙が止まりません。

今までは割とプライベートは書かないようにしていました。

このブログは、作業の依頼を受けた方に進行状況の説明や、同じような作業や工程の参考にして頂ける方向けにという意味合いで、書き続けて来た作業ブログなので、商売ベースの宣伝内容も書いたことはありませんし、自身の家庭の内容なども書かないようにしていました。

今回書いたのは、あまりにも受け止められなく、ため込んでいては私も駄目になってしまうように思ったからです。
ブログネタにするつもりはなかったのですが、家族を失ってしまった悲しみをぶつけるところが無く、文章にしてみました。

気持ちが落ち着いたらこの記事は削除すると思います。

きっかけは偶然?のような出会いからの同居でしたが、いつしか居なくてはならない中心の存在になっていました。
家では一番輝いていました。 私も大好きでしたが、それ以上に嫁がふーちゃんの事を思っていました。 それだけに落ち込みようもハンパではありません。

今の家の庭に埋葬したら、引っ越してしまった場合にあえなくなってしまうので、きちんと火葬をしてしばらくは家の中へ。最終的に引っ越したらそこにお墓を作ろうとなりました。 昨日出張火葬に来てもらい、私の会社で簡単な葬儀を行い、子供達とみんなで最後の見送りをしました。  

arigatou_FUUchan110.jpg

 小さく灰になってしまったけれど、たくさん撮った写真と思い出はずっと残るので、いつまでも忘れないでしょう。
ありがとう、ふーちゃん。  いつかまた逢いたいです。  

 あなたは私の3番目の子供でした。 ありがとう。

arigatou_FUUchan100.jpg



スポンサーサイト
  1. 2017/02/02(木) 00:31:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:8
<<ご心配おかけしました。  | ホーム | グースカウル ゼファー1100への装着&シングルシート併用のキャリアも加工 後編(完成)>>

コメント

ふうちゃん・・。

たいへんでしたね・・、でも 今はもう苦しくなくてふわふわの国で走り回っていることでしょう。
うちのねこたちもみんななくなってしまうと、ふわふわの国に行って、また戻ってくる準備をしていることと思っています。http://www.geocities.jp/urya_com/fwafwa.html ふわふわの国 見ていると泣けてきます・。
後からきて、先に行ってしまう・・、わかっているけれどつらいです・・。
  1. 2017/02/02(木) 09:22:27 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

辛いですね
私もいろいろと思い出してしまいました
涙が止まりません…
  1. 2017/02/03(金) 07:07:57 |
  2. URL |
  3. 紅(へきる) #-
  4. [ 編集 ]

私も昔、手賀沼で猫を拾って帰りました所、賛成派のオヤジと反対派のお袋で夫婦喧嘩になりまして、しばらくそれが続いていました、でも「風」ちゃんは家族に快く迎え入れてもらってとても幸せな家族の一員だったと思います、お腹の毛をガシガシやるの気持ちいいですよねー、ご冥福をお祈りいたします。
  1. 2017/02/03(金) 12:19:00 |
  2. URL |
  3. 酒豪ターボ #-
  4. [ 編集 ]

jean-lucさん>良いお話ありがとうございます。 思わず大号泣してしまいました。 まさにこの状態です。 また再会できると信じています。 また私たち家族の元に来て欲しいです。 どうしてもペットは後から来て先に行ってしまいますよね。 でもそのぶん短い共に居られる時間を精一杯接したいと思っています。  動物好きの人に悪い人は居ないと(勝手に?)信じ込んでいます。

紅へきるさん>いつもチビタ(&ゴロウくんもでした)をかわいがっていただきありがとうございます。 常連さんはうちのワンコ達もいつもかわいがってくれますね。 なので、ワンコの方もきちんと覚えています。(察したときの鳴き方が違いますよね)  へきるさんも、ニャンコを飼われていると思います。 存分にかわいがってあげてください。  おいらはまだふーちゃんのぬくもりが恋しくて溜まりません。 おなかフガフガがしたいんです・・・泣。

酒豪ターボさん>コメントありがとうございます。  普通は犬や猫を拾ってきたとなれば確かに駄目駄目となりますよね。 ウチはほとんどならないんですよ。 私が犬も猫も大好きなので・・・。  ふーちゃんも幸せだったかな?と今更ながら思います。 幸せだったと思ってくれたらうれしいですね。 また生まれ変わって私たち家族の元に戻ってきて欲しいです。(切実)   酒豪ターボさんのムギちゃんもかわいいですね。 あの姿見たら1発でメロメロになっちゃいますね。   
  1. 2017/02/04(土) 01:30:35 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

ふうちゃん KAZEさんとこで絶対に幸せだったよ
ご冥福をお祈りいたします
  1. 2017/02/04(土) 21:13:22 |
  2. URL |
  3. ナガツマン #-
  4. [ 編集 ]

ナガツマンさん>ありがとうございます。 まだ寂しいですがようやく落ち着いてきました。 今度遊びに行ったときはチャックくんにも会わせてくださいね!(^^)

  1. 2017/02/09(木) 11:08:11 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

涙が出てきちゃいました・・・・ふうちゃん こんなに社長に愛されて幸せだったと思います うちも 猫のミーちゃんがいまして 家族で可愛がっていましたが 10年くらい前に 老衰で亡くなってます なので辛い気持ち痛い程解ります すごく可愛くて通じ合っていた分  お別れはとても辛いっすよね・・・・  でも  きっと天国から ふうちゃんが見守ってます        
  1. 2017/02/12(日) 06:10:35 |
  2. URL |
  3. ジャッカル #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ジャッカルさん>我が子のように可愛がっていたんですよ。 皆一緒にいるペットは、親ばかで一番かわいいとは思うのですが、それだけに失った時の寂しさといったらたまんないですね・・・。 会社に居るときはちびたが居ますし、仕事に集中していれば気は紛れますが、家に帰ると駄目です・・・。  今も家の居間のキャットタワーの上にはお骨と写真と花が飾ってあります。シクシク・・・。
  1. 2017/02/12(日) 19:25:07 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する