自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

ご心配おかけしました。 

いまだにふーちゃんロスからは抜け出せておりませんが、ようやく少し落ち着きつつあります。

仕事をしているとあまり考えなくて済むので気が楽になりますが、いざ家に帰るといまだにふーちゃんの遊び道具やキャットタワー、その他そのままにしてあるので、思い出してしまいます。(忘れるつもりはもちろん無いですが、悲しんでばかり居ても良くないですし、前を向いて進んでゆこう!と。)   他の方もそうだと思いますが、寝食を共にしていたペット(いや、家族)は、その存在が居なくなってしまうと、とんでもない寂しさにかられ不安になります。 それはネコちゃんやワンコに限らず、溺愛していたペットならどの生き物も同じだと思います。 



私の場合は、まだ良かったのは、会社にもワンコがおりまして、かれこれ15年のおばあちゃん犬のチビタです。 この子が会社には常にいますので、癒されて心のケアになったかと思います。 
 もうかれこれ嫁と同じくらいのつきあいですから、子供というよりは良きパートナーであり、会社の守り神(?)的マスコット犬であり、お客さんのお連れさんやお子さんの相手をする良きスタッフでもあります(笑)。 

  常連のお客さんは散歩に連れて行ってくれたり、おやつをもらったり、遊んでくれたりとたくさんの方達に愛されているワンコです。

chibita01.jpg

 そのチビタも過去に2回大きな手術をして、命もあわやと言うことがありました。
1回目は2年ちょと前の11月。 子宮蓄膿症という病気で、子宮に膿が溜まり、おなかの中でそれが破裂すると(腹膜炎?で)ショック死してしまうというほどのものでした。 食欲がなく水ばかり飲む日が続いたので、ネットで調べてみると上記の疑いがありと書いていたので、あわててかかりつけの病院へ。  検査後かなりの急を要すると言われ、あと1日2日遅ければ死んでしまったかもしれないと・・・。

 緊急入院で、血液検査や他の健康状態もチェックし翌日手術。 子宮を摘出し無事成功。  1週間ほどで退院できました。

2回目の手術は昨年末。  下腹部にシコリを発見。 病院に連れて行くと乳腺の腫瘍の可能性が大とのこと。 良性/悪性の判断もあるが、どのみち放っておいても大きくなって皮膚より出てきてしまう可能性があると言われたので、手術の体力があり、命に別状が無いならお願いしますと依頼。  →検査後摘出手術となりました。

 現在は回復し元気でいてくれていますが、なにぶんおばあちゃん犬なので、このまま順調に余生を過ごしてくれれば良いと願っています。  
 
 ふーちゃんもこのチビタもどちらも捨て猫(迷い猫?)、捨て犬だった子を保護してそのまま飼ってしまったケースです。
 どちらも最初はそんな気はなかったつもりが、世話をして愛情が移ってしまうと離せなくなってしまうんですよね。 雑種だからとか血統書付きだからとかではなく、一つの大事な命なんです。 種類は関係ない。 かわいいものはかわいいんです。 

 飼う(一緒に生活する)以上は、愛情を持って接して、最後に旅立つまで見届ける義務もあります。
ノラ犬や野良猫を見たり、聞いたりすると飼ってあげたいと思ってしまいますが、さすがにそんなに複数面倒見れるだけの余裕はありませんが、保健所の話なども聞くと、なんとかできないものか・・・とはがゆくなります。

話が逸れました。

 ふーちゃんの事は忘れる事はできません。(一緒に暮らしていたペットを無くしてしまった方はみな同じ気持ちと思います)
いつか、また別の形で? 再会できるような気がしてなりません。 人間の勝手なエゴ?かもしれませんが、そのくらいの絆があったと思いたいです。  決して長くはなかったけれど、幸せな4年半だったと、ふーちゃんが思ってくれていたら私たちも幸せです。

jean-lucさんより頂いたコメントで、すごい共感できたお話をいただいたのでこちらに貼り付けておきます。
ペット好きの方は是非見てみてください。
よいお話をありがとうございます。

ふわふわのくに   http://www.geocities.jp/urya_com/fwafwa.html

思わず会社で一人大号泣してしまいました。 (嫁にも見るのを勧めました) 
 ふーちゃん、また逢えるといいな。

次回はようやくちゃんとした記事に戻りたいと思います。

コメントや連絡頂いた方、ありがとうございます。  
がんばります。
 
スポンサーサイト
  1. 2017/02/04(土) 01:15:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:3
<<ジャッカルさんFTO エンジンOH完了しました! 前編 | ホーム | お別れ。>>

コメント

ふうちゃんロス・・。

つらいですよね・、ふわふわの国 見ているとほんとに泣けてきます・。でも不思議と共感できて・、おととしの春に17年近く生きて亡くなった ミヤちゃん なのですが、
そっくりな ララちゃん がドリプレローズガーデンにしばらくして現れました。奇妙なことに声までそっくりで、三男は ミヤちゃん のうまれかわりかも?と喜んでいますが・。
ドリプレは猫にとって天国のようなところです、たまに会いにいって よかったね 今度はもっとながいきしなくちゃね! と、お土産持参で行ってます。
ふうちゃんは、KAZEさんのところが一番の天国のようなところだったと思います、なにかのめぐりあわせで帰ってくることでしょう・。
  1. 2017/02/05(日) 00:33:01 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

ふわふわの国
涙とまらなくなりました
大泣きしてます
小学生の時から飼っていたネコが、20の、ときに、亡くなり
やはりショックでした

ちび太
命あぶなかったんですね
ふうちゃんには、あえなかったけど幸せそうな顔してます
KAZEさん家族に出会えて、ふうちゃんも喜んでいたと思います

そして、わんこのゴロウが亡くなった時もショックでした
言葉にならなかったです

自分は。動物から一方的に、喜ばれたり、付きまとわれたりしてますが
ぜんぜん。犬や猫は大好きなので逆に嬉しいです

うちのネコのミーも飼いはじめて8年目
いつか、お別れがくると思うと恐いですが
。可愛がりたいと思います

KAZEさん
すぐに立ち直ることなんて無理だと思います

辛いと思いますが一歩づつ前に進んでいきましょう
わたしも、号泣してます。・゜・(ノД`)・゜・。
  1. 2017/02/05(日) 17:21:33 |
  2. URL |
  3. 紅へきる #-
  4. [ 編集 ]

jean-lucさん>ようやく落ち着いてきました。 寂しいですがくよくよしていても始まりませんので、思い出を大切にがんばりたいと思います。 いつかまた違ったかたちで逢えると思っています。 ウチたち家族と一緒で幸せだったと思ってくれていたらうれしいですね。

紅へきるさん>いつか来てしまうとはいえ、お別れは寂しいですよね。 今までもゴロウくんや(実家の2匹のワンコ)、今回のふーちゃん、いつかはチビタも・・・とは考えてしまいますが、精一杯生きている内はかわいがって接してあげようと思います。  チビタもお客さんたちにかわいがられ幸せ者だと思います。   
  1. 2017/02/09(木) 11:13:27 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する