自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

MH34SワゴンR エアコン AUTO点滅で 温風出てこない・・・寒いっす!

一般的にエアコン文字(ランプ)が点滅の場合はエアコンシステムに不具合がある場合が多いかと思います。
お客様が事故にあわれて廃車になってしまい、同型の車両を見つけてきて納車する直前に発覚した件でした。
当方の確認ミスもあったのですが、納車前日がえらく寒い日で、各部のチェックの為走行テストを行っているときに、あれれ?
暖房が出てこないぞ?!となり、よく見たらAUTOが点滅してたというオチです。

 この寒い中に暖房が効かないと生死に関わりますので、ガマンと言うわけにはゆきませんので、確認してゆきます。

まずはエアコンパネルの表示がAUTOの点滅のまま温風が出てこなく、温度調整をしても足下左にあるエアーミスクチャーダンパーが動いていません。(近くにモードダンパーのモーターもありますが、こちらもエラーになっているためか動きません)

モーター自体の不良か?制御系か・・・?



テスターでの詳細はこのように、ミクスチャダンパーが異常っすよ!と出ています。

MH34S_aircon_shuuri02.jpg

ライブデータを見てみると、目標値まで届いていませんぜ!ってな感じっぽい。

MH34S_aircon_shuuri03.jpg

狭い足下に体をつっこんで、サイドブレーキを外して、苦労してエアーミクスチャーダンパーを取り外し、単体試験で12Vを加圧してみると、きちんと動くじゃありませんか?! こいつは犯人じゃなさげでした。
 となると、制御信号が怪しいか・・・?

こんな新しい車(H24年車)のデータはウチにはありませんので、困った時のナガツマン!
助けて~アニキ~!と、ヘルプのお電話。

多忙にもかかわらず、いつものニコニコ対応をして頂けました。
エアコンパネル系の配線図やいろいろと資料をFAX番号頂きまして、あざーす!!!  
とっても助かりました。  

いただいた資料を元にパネル周辺をばらして配線のチェックと各信号線/電圧等のチェックを実施。

MH34S_aircon_shuuri04.jpg

配線を辿ってゆくと・・・おやぁ???  なんだか様子がおかしいところがあるぞぃ?

ヒーターケースの脇の配線を止めている箇所がなにやらプラプラしています。

MH34S_aircon_shuuri05.jpg

めっけ! コイツが真犯人だ!
恐らく、ここに配線かなにかをタイラップ?で止めていたのを切った際に、余計に配線まで切ってしまった様な感じでしょう。
「切るならもっと上手に切れよ~!」  とんだ手間がかかっちゃったじゃねーのよ!とひとりブツブツ。

無事配線もハンダで修正し再度テスターでチェック。
念のためリセットも施して完了です。
あ~寒かったぁ・・・。

MH34S_aircon_shuuri07.jpg

AUTOの点滅も消えました。 

MH34S_aircon_shuuri08.jpg

最近の車はみんなコンピューター同士で通信を行っているから、難しくてわかんねぇっぺよぉ。
スポンサーサイト
  1. 2017/02/20(月) 11:09:59|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<FTOにガルウイング取り付け。 何用かわからんけど加工流用。 | ホーム | GTOにR32用のエアロを接合作業他。 その4>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する