自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

HA3アクティトラック 全塗装仕上げ

ちょいと前の作業ですが、ついでなので軽トラック作業ネタを掲載してしまいます。
こちらはHA3アクティトラック。 H6年車?とかなり古いのですが、エンジンはタフなのでまだまだ現役の車両です。
当時の軽トラックでは稀少なAT車でエアコン付きというそこそこ珍しいグレードでしたので、復活のベースとなりました。

作業車だけあって、外観はあちらこちらベコベコです。 唯一の救いはクサリが全然なかったこと。 これは幸い。
凹み/キズはなんとかリカバリーできますが、根っこから腐ってしまっている塩害車などは処置が困難ですので。



まずはバラしを兼ねながら、洗浄と足付け作業を平行して行ってゆきます。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE02.jpg

比較的泥汚れなどは少ない車両でした。
街乗りが多かったのかな?

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE03.jpg

凹み/キズを引っ張り出しながら板金処理。
地味にあちこちへこんでる。 

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE04.jpg

ドアも引っ張り出して、トンカンして仕上げ。 画像だと分かりずらいですが、ドア下半分へこんでいます。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE05.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE06.jpg

車体の方は水を切るために1日乾燥。この後、細かい部品をさらに外して、奥まった部位の足付け。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE07.jpg

外した部品は順次塗装してゆきます。
今回はやや濃いめのブルーメタリック系。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE08.jpg

もちろんドア中も塗装。   ホンダのドア内張などのブチルテープ?は乾燥性の無いベッタベタな接着剤?が使われており、内張を剥がして何か?の作業をする際にはかならず腕回りにこのベッタベタな粘着剤がくっつき回ります。 これが非常にやっかい。 イヤイヤの元ですね。 毎回思うが、ホンダさんコイツだけはやめてくれ。 作業性が悪すぎる。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE09.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE10.jpg

乾燥したらひっくり返して今度は外側。
(3コートパールの場合は色味の違いが出てしまわないように、ドア外などは車体に付けてから一緒に塗りますが、今回は普通のメタリック系なので、外したままで表裏塗装してしまいます。 水平に置き塗りした方が塗装の肌が綺麗になります。)

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE11.jpg

車体も板金完了したので塗装してゆきます。
サフェーサーの部位は凹み/キズを板金したところです。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE12.jpg

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE13.jpg

中までちゃんと塗ると気持ちが良いね。  さらに本格的にやるなら、室内もダッシュボードやイス、天張りも剥がして中の塗装もしますが、今回はそこまでは行いません。 

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE14.jpg

こちらは定番の内装の劣化具合。 紫外線で白っぽく劣化しています。
拭いたり、内装のコーティング剤をやったりしてもすぐに白くなってしまうので、今回は内装色に合わせて調色しました。 塗装で復元します。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE15.jpg

センターコンソールなども真っ白け。  これじゃあ外装綺麗でも、内装でがっかり具合が増してしまいますので、綺麗綺麗にします。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE16.jpg

塗装で復元。  ほら、綺麗になっちゃった。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE17.jpg

塗料に軟化剤とつや消し剤(フラットベース)を入れて、塗装前に樹脂部品にプラスチック製品密着剤(PPプライマー)を塗布して、密着を上げてから塗装しています。  これならちょっとやそっとのぶつけくらいでも剥がれません。  半ツヤなので、純正ぽくもなるしね。 

ドア内もこんなに綺麗に。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE18.jpg

内装は新品のレザーシートカバーを装着しました。  この型のアクティ系には汎用のトラック用布製シートカバーしか設定が無く、ショボすぎるので、奮発して別車種のものを加工して装着しました。 グレードアップしました!(画像に写っていませんが、ヘッドレストも同様にレザーシートカバーで巻いています)

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE19.jpg

ホイールは余っていたダイハツ純正?の13インチをガンメタリックブロンズで再塗装。 タイヤも新品に。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE20.jpg

当方オリジナル品のリップスポイラーも装着。(スポイラー端の固定がまだの状態ですので、ドアとの隙間が見えますがご愛敬。 この後ステーを装着して密着させました。)

あとはウインカーを後期型のクリアータイプに変更予定です。
こちらも整備が完了したら売却予定です。 

ヤボったい感じからかなりスタイリッシュにカスタム出来たと思います。
やっぱり、この型のアクティが一番格好イイなぁ・・・。

HA3_ACTYtruck_bankin_paintSHIAGE21.jpg

以上、4日で完成でした。


スポンサーサイト
  1. 2017/04/25(火) 00:48:20|
  2. エアロ加工/塗装 など
  3. | コメント:2
<<MADMAXなBBQ2017 春  開催しました。 | ホーム | サンバートラック 板金/全塗装>>

コメント

なんか、GUFU みたいな色でかっこいいですー!
  1. 2017/04/26(水) 08:00:32 |
  2. URL |
  3. Jean-luc #SHLDkvn6
  4. [ 編集 ]

Jean-lucさん>軽トラはオールペイントもかんたんだし、商用車からのイメージもガラリと変わるのでおもしろいですよ。 ツノ付ければグフッぽいですね。(笑) あとはグリーンと赤のトラックあも作らないとw。
 今回のMADMAX BBQでもガンダムネタ(特にパチモンネタ)で盛り上がりました。 今になって検索すると、「あったあった!」と懐かしくなるような物がいっぱい出てきます。 親が間違えて買って来ちゃった「コレジャナイ!」シリーズもありましたね~。 大爆笑してしまいました。  
  1. 2017/05/01(月) 10:38:17 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する