自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

アリスト エアコン修理。(コンプレッサー圧縮不良)

アリストのエアコン修理です。
まずテストしてみると温風しか出てこない。

ゲージを接続して確認してみました。
ガスは入っていましたが、低圧と高圧が同じ値のまま針は動かず。
コンプレッサーのクラッチは入っているようです。

※当初一人で作業していたので、クラッチの作動音がイマイチ聞こえておらず、クラッチが作動しているか?のチェックで、マグネットクラッチリレーの点検、回路の導通確認、コンプレッサーのクラッチに12Vを入力してクラッチの単体作動の点検も確認しました。→OK。

ここで私の経験不足もありましたが、一般的なコンプレッサーの圧縮不良と判断し、中古良品のコンプレッサーを入手。 
コンプレッサー交換後、真空引き→漏れが無いか?のチェック後ガス補充。

これでOKだべ?と思ったのも残念ながら状況同じ。

使用したのが良品とはいえあくまでも中古なので、交換したコンプレッサー自体が駄目かどうか?も確実性がなく、色々模索しました。 一つやっていなかったのが、レシーバー(のフィルター)の交換。  本来はコンプレッサーと同時交換が基本ですが、流用したコンプレッサーが中古ということもあり、おろそかにしてしまった私のミスだったかと思います。

 レシーバーのフィルターキットも用意し、あらためてガスを抜いてバラし作業。

バンパー外さないと無理かな~と思っていたら、コアサポートもボルト方式だし、エアクリーナーケースを撤去して、ラジエターブラケットを2カ所外せば、ラジエターが後ろにのけぞる格好になるので、その隙間からコンデンサーが摘出できそう。

思いの外楽に外せました。助かった~!

shibamotosan_arist_aircon02.jpg

ゴミが入らないように、配管接続部はテーピングしておきます。



コイツが一体型レシーバー。(車によっては、缶ジュースの感のようになっていて、頭にサイドグラス(のぞき窓)が付いている別体のものもありますね。 交換は別体の方が一般的には簡単かと思いますが、フィルターだけの一体型の方が金額的には安いので助かりますね。 アルミの腐食で元の塗装が取れてしまっていたので、この後、軽くワイヤリングしてから再塗装して組み付けました。   上に見えるキャップ(装着時は実際は下になります)をあけると、ストレーナーと、活性炭のフィルターがお目見えします。

shibamotosan_arist_aircon03.jpg

取り出した活性炭フィルター。 汚ねぇ・・・。 本来は真っ白です。 下の袋に入ったものが新品フィルターです。 装着前のゴミの付着や水分の吸引をさせたくなかったので、装着直前まで封を切っていませんので、画像はありません。 小さいゴミが混入してもエアコンの詰まり(エキパンの詰まり)にもなりかねないので神経質になります。

コンプレッサー交換時もそうですが、配管等の接続部は毎回必ずOリングは交換しましょう。  蛍光剤をいれないとガスは目視出来ないので、結果的にガス漏れを起こして不良や2次被害になってしまうと思います。 もちろん今回もすべて交換しています。 

 本来は接続部のボルト(M6ボルト)も交換が基本らしいです。 私はダイスでボルトの山を清掃して再使用しました。
確かに配管やコンデンサーがアルミでボルトが鉄だと、種類の異なる金属同士が接すると、微量の電位差が生じてサビ/腐食の発生原因になると聞いたことがあります。 たしかにエアコン配管のボルトは殆どがサビていますよね。 

shibamotosan_arist_aircon04.jpg

交換後、真空引きして放置。 OKだったのでガスを入れます。  このときすでに夕方で外気温も低くなってきていたので、高圧も15kまでは上がっていませんでしたが、ガス3本(600g)入りましたので、OKでしょう。(オイル補充は前回コンプレッサー交換時に済んでいるので、今回はガスのみの注入)  
 その後しばらく使用していただいていますが、問題なく冷えているようです。 ヨカッタヨカッタ。

shibamotosan_arist_aircon05.jpg

圧縮不良だからといって必ずしもコンプレッサー不良だとは限りませんね。 私の経験不足でした。
今回は、交換後状況まったく変わらなかったので、恐らく元のコンプレッサーも問題は無かったような気がします。
(ヤッテシマッタ・・・)
レシーバーは毎回必ず交換しましょうね!という教訓でした。 良い勉強になりました。

スポンサーサイト
  1. 2017/06/15(木) 09:38:55|
  2. 修理/整備
  3. | コメント:0
<<C25セレナ フロントガラス交換 | ホーム | 最近、特に寂しく・・・また猫ちゃんを迎えたくて仕方がない・・・。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する