自動車/バイク改造屋日記

FRPのオリジナル商品製作や加工が主な仕事ですが、基本的にカスタム全般含めて、車/バイク/トラックと何でもやってます。 仕事の事から、趣味、その他のプライベートな事など書いて行こうと思います。  MADMAXが好きで名前の由来もまんまボスの「トゥーカッター」をパクッってます。(爆)

GTOのお色直し作業 その1

常連さんのGTOです。
タイミングベルト交換他の整備関係と、外装関係の痛みの修理でお預かりしている車両です。
かなりお待たせしてしまっていますので、こちらもボチボチ作業に入りたいと思います。
現在、GTOだけでも3台の車両を持ち回りで並行作業しています。(合間に一般車両も作業)
なかなかしんどい状況っす・・・。



整備関係からやっつけようと思いましたが、外装作業もやるまえに、気になるカ所を見つけてしまいました・・・。
サビの盛り盛り状態のカ所です。 
 整備作業を一旦中断し、外装の前にコヤツを処置してしまおうと思います。

まずはフロント周りのバラし作業から。
ジャンジャンバラします。

hekirusan_GTO_shiage2017_02.jpg

問題のカ所がコチラ。  左右共に同じカ所が腐ってきています。

hekirusan_GTO_shiage2017_04.jpg

助手席側も・・・。

hekirusan_GTO_shiage2017_05.jpg

サビのカ所を削り落としてみました。
やべぇ・・・意外にサビの根が深いなぁ・・・。 
鉄板も切り取って

hekirusan_GTO_shiage2017_06.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_07.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_08.jpg

サビを削り落とします。 このあとサビ転換剤を塗りしばらく放置。
こちらは助手席側。

hekirusan_GTO_shiage2017_09.jpg

サビも極力削り落としました。  あまり極端に削りすぎると元の鉄板もペラペラになってしまうので、気を付けます。 こちらは運転席側。 見えてる表面のみだけの処置ですと、またすぐに下からサビが出てきてしまうので、駄目なカ所は切り取って新たに鉄板を溶接し直します。  

hekirusan_GTO_shiage2017_10.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_11.jpg

溶接は見た目悪いですがw、出力を上げてしまうと、下地の鉄板もすでに薄くなっているので熔けて無くなってしまう為、溶接機の出力を絞って溶接したので見た目が少々悪いです。 勘弁!  まあ、最終的にシーリングして塗装してしまうので、分からないと思います。

hekirusan_GTO_shiage2017_12.jpg

こちらは助手席側。 新規に鉄板をその形に切り出して溶接します。

hekirusan_GTO_shiage2017_13.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_14.jpg

転換剤塗布後、サビ止め処置。

hekirusan_GTO_shiage2017_15.jpg

hekirusan_GTO_shiage2017_16.jpg

この後、シーリング処理をして、ここは一旦完了です。 

つづく。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/12(水) 23:18:55|
  2. 自動車★ 板金、塗装、レストア
  3. | コメント:2
<<GTOのお色直し作業 その2 | ホーム | ハイゼットダンプのサビ取りからの全塗装 その2>>

コメント

お疲れ様です
前々から気になっておりまして、もしかして治せるかなって思ってましたが、写真をみて、びっくり こんなスゴいことになっていたんですね(泣)
錆びて朽ち果てなくて、よかったです
  1. 2017/07/14(金) 00:03:47 |
  2. URL |
  3. へきる #-
  4. [ 編集 ]

へきるさん>表面上で見えるサビと実際に浸食しているサビではかなり違いますよね。 少しでも早い処置が重要だと思います。 
  1. 2017/07/14(金) 23:46:38 |
  2. URL |
  3. KAZE #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する